スカーレット|第7週・37話ネタバレと感想。親の心喜美子知らず、喜美子の心親知らず 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』37話が2019年11月11日(月)に放送されましたね。

ドラまる
さ~作業場で出会ったイッセー尾形さんは、どんな人かな…

ちょっとくせ者感が強いけど…。

第二の大久保さんになるのかなぁ。

ラマちゃん
まずは、ファーストインパクト!

どうなるかしらね…。

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」37話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」37話のネタバレあらすじ

荒木荘を卒業し、信楽へと帰ってきた喜美子(戸田恵梨香)は、丸熊陶業で働き始めました。

そして、そこで、新しい道を見つけました。

陶器への絵付けという仕事です。

新しい道を見つけたことが、嬉しくて、嬉しくて…。

照子(大島優子)に言われた通り、翌朝作業場に行くと…。

そこには、見たことのない男がいたのでした。

そして、無言で作業場の外に出されてしまうのでした。

食堂の仕事をしながら、絵付けの作業場に変な男がいたと零す喜美子に、一緒に働く八重子(宮川サキ)緑(西村亜矢子)が新しく来た絵付けの職人だと教えてくれました。

照子の父で社長の秀男(阪田マサノブ)に尋ねると、城崎組と袂を分かつことになりそうなことは、とっくに考えていた秀男は新しい職人さんに声をかけていたのです。

だから、あんなにあっさり引き留めることもせずに、出ていくのを見送ったのでした。

新しくやってきたのは、日本画を描いていた深野心仙(イッセー尾形)という人でした。

そして、秀男はちゃんと照子の話を聞いて、深野に喜美子を紹介してくれました。

前任の親方とは違い、癖はありそうでしたが、鼻っ柱の高いタイプではなさそうです。

秀男は、照子の頼みなので、やんわりと喜美子に絵付けをやらせてもらえないかお願いしてみます。

すると…。

「ええよぉ!」

「先生がいいなら僕たちもかましません。」

思いがけないほどにあっさりと承諾されたのです。

「え!?ええんですか???」

大喜びで色んなことを教えてもらう喜美子。

1番弟子は池ノ内(夙川アトム)といい、2番弟子は磯貝(三谷昌登)と言いました。

「ん?1番に2番じゃない?」

そういって、磯貝、池ノ内と指をさす深野に訂正し、笑いながら言います。

「4年も経つのに、まだ覚えてくれてないねん。名前は、もっと憶えてくれはらへん(笑)せやから、1番、2番でええよ!」

「いや…それは…。」

「ええねん!慣れてるし!ほんで、先生が深野の『フカ』で『フカ先生』や。」

城崎組の親方がいた時とは打って変わって穏やかな空間。

「遅くなってもええの?」

「あ…晩ご飯までには…。」

「ほな、早速やってみよ!」

そういって、練習だからと安心させると、目印をつけてくれました。

まずは、深野が描いたデザインを火鉢に写していく作業です。

少し進めたところで、池ノ内と磯貝が見てくれました。

「はじめてにしてはええで!」

「こんなん好きなんか?」

「はい!楽しい!」

喜美子は、満面の笑みで答えました。

「女の子やのに、珍しいなぁ!ねぇ、先生!」

そう言って、目線をやると、深野は居眠りをしていました。

池ノ内と磯貝が咳ばらいをして起こし、今日は終わりにしようと声をかけます。

「もう少しだけやってもいいですか?」

喜美子が尋ねると、他の火鉢に触らなければいいと言ってくれました。

その頃、4時を過ぎても帰ってこない喜美子を待ちながら、直子(桜庭ななみ)百合子(住田萌乃)が洗濯物をたたんでいます。

いつもなら仏頂面の直子も文句を言いつつ、その表情は穏やかで百合子とふざけあっていました。

そして、みそを借りに行ったというマツ(富田靖子)は、大野雑貨店の陽子(財前直見)にあるおねがいをしに行っていました。

「ジョージ富士川!?あ~あの『自由は自由や』…いや、普通やな。あ!『不』や!『自由は不自由や~』いう人ね!その人がいる学校に喜美ちゃん行きたかったん?」

「そうなんや…。でも、信楽に帰ってきてくれて、そのために貯めてたお金も借金返済に使わせてしまった。せやから…。」

そう言って取り出したのは、まだ20円しか入っていない貯金箱でした。

といっても、空き瓶ですが。

「いつになるかわからんけど…貯めよう思って。」

「わかった!ほな、うちも手助け!」

そう言って、お金を取りに行こうとする陽子を慌てて止めるマツ。

「そうやないの!貯めるのはうち!お願いしたいんは…これを預かってほしいの。」

そうマツは、自宅に置いておくと泥棒の心配はもちろん、お金を見つければお酒にかえてしまう常治(北村一輝)の目の届かないところで安心してお金を貯めたかったのです。

家に置いておいては、どんなに隠していても見つけ出すからです。

「そういうことなら…わかった!うちの鏡台は誰にも触らせへんから、その下に大事にしまっておくわ。」

陽子は、快くマツのお願いを承諾しました。

「いつになるかわからへんけど、あの子が行きたい言うてた学校に行かせられるだけのお金…貯めてやりたい。」

「けど…まだ20円やで…。」

そんな母の思いを知る由もなく、絵付けの喜美子です。

そして、そんなマツのことも、喜美子のこともな~んにも考えず、相変わらず酒に酔った常治は、何やらまた何かしでかしそうな雰囲気です。

「婿いうんは難しいで?」

そう、常治は大野(マギー)と共に、喜美子の婿探しを始めたのです。

「おーちゃんとこにもう一人おったら、信作くんもらうのにな…。」

そう、それもお嫁にではなく婿養子をもらおうという算段です。

そんな父の思を知る由もなく…。

絵付けに夢中な喜美子は、外はすっかり日が暮れていることに気が付かないのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」37話の感想は?

黒猫葵
思った以上に、こりゃ曲者ですね…。

明日になったら、「ええよ」なんて言ってないと言い出しかねません。

でも、弟子たちがいるので、まぁ言った言わないは、大丈夫でしょうが…。

そして、お母ちゃんが貯金箱を大野雑貨店に預けるってのは、いい作戦でしたね!

確かに家において置いたら、常治に酒に換えられてしまいます…。

預かってくれた陽子さん、預かる前は募金までしようとしてくれるのが…いい人です…(笑)

何かコソコソすこ~し入れてくれそうですよね…。

マツにばれないように少し気にしない程度に…。

そして、常治がまた余計なことを…。

喜美ちゃんを手放したくないから、婿養子をもらおうってんだから…もう…って感じですね。

喜美ちゃん、まだ18歳ですよ…。

この時代にしたって、早いですよ。

かたや照子は短大に行くわけですからね…。

まぁ、よそにお嫁に行かれる前に先手ってことなんでしょうけど…。

まだまだトラブルの予感です。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」37話のネット上の反応や評価は?

◇マツの画期的貯金方法!

ドラまる
預けるってのを、もう少し早く思いついてたら…。

常治に隠れてお金をためて…。

ラマちゃん
薬代くらいはどうにかなったかもしれないね…。

でも、ちょっと怖いのは、飲み屋のツケもたまってるわけで…。

本当に優しいご近所さんなら、ツケじゃ飲ませず追い出してくれそう…

やっぱり、そこは商売人なのよね…なんて。

◇すんなり弟子入り??まさか…

ドラまる
こんなにあっさりと弟子入りするわけがない。

なんて思うのは、考えすぎかな…いや、そんなことないよね(汗)

ラマちゃん
あんまりあっさりだけど、確かに「絵付けをやってみたい」としか言ってないものね…。

体験入学って考えたら、すごく納得ね。

◇暴走機関車ジョウジ

ドラまる
ジョウジ…。

というか、このお酒は週に何回目のお酒何だろう…昨日も酔って帰ってきてたよね…。

ラマちゃん
週3日って言われてるのに…。

◇本日の気になったイラストたち

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」38話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は火鉢の絵付けに没頭し、気がつけば夜に。

慌てて家に帰った所、家族は父の常治(北村一輝)が大暴れした後始末の真っ最中。

直子(桜庭ななみ)が酔った常治に物言いしたことが原因と聞き、喜美子は直子を慰めようと声をかけるが、直子は「みんな嫌い!」と言い放つ。

翌朝、喜美子が向かった絵付けの作業場で予期せぬ事態が起こる。

その頃、川原家には喜美子を訪ねて、元新聞記者のちや子(水野美紀)が来て…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」37話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、すっかり夜も更けて家に帰ると、直子と常治の喧嘩が勃発してるみたいだね…。
ラマちゃん
それに、あんなにあっさり3番さんになれるわけもなさそう…。
黒猫葵
でも、ちや子さん到来の予感も…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA