スカーレット|第6週・33話ネタバレと感想。喜美子、決意を抱いて大阪へ帰る 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』33話が2019年11月6日(水)に放送されましたね。

ドラまる
喜美ちゃん、大阪に戻るのやめるのかな。
ラマちゃん
でも…そんな感じよね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」33話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」33話のネタバレあらすじ

信楽の父・常治(北村一輝)から電話がありました。

母・マツ(富田靖子)が倒れたという知らせです。

しかし、その知らせは、反抗期の直子(桜庭ななみ)を持て余し、川原家の重たい空気を払拭するべく、喜美子(戸田恵梨香)を呼び戻すための嘘でした。

さすがの喜美子も反発し、翌朝、常治の起きてくる前に家を出た喜美子です。

ところが、妹の百合子(住田萌乃)が小学校とは別の方向へ行くのを見て、不信感を覚えます。

直子も多くを語ろうとしないところへ、信作(林遣都)が通りかかりました。

直子と百合子が常治から、きつく川原家の現状について話さないようにしていることを知っていた信作は、自分が話したのなら、怒られないだろうと、喜美子に現状を告げました。

百合子が、学校とは反対方向へ向かっていたのは、病院へいくため。

そして、それはマツのクスリをもらいに行くためでした。

ツケがたくさんたまってしまった川原家では、大人が薬をもらいにいけば、ツケを払えと迫られます。

でも、子どもの百合子が学校にも行かず取りに行けば、同情して薬をもらえるということだったのです。

喜美子は、ただの一度も仕送りを送れなかったことなどありませんでした。

それなのに、薬代が払えないとは、どういうことかと考えます。

すると、直子が泥棒に入られ、喜美子の所に常治が給料の前借りに来た後のことを話してくれました。

泥棒に入られた後、常治は無理をして借金し、オート三輪を買ったこと。

従業員が急に2人いなくなり、それでも一人で張り切って頑張った結果、転んで足をくじき、しばらくの間、仕事ができなかったこと。

それなのに、酒ばかり飲んでいたこと。

病院のツケも、飲み屋のツケもたまり、借金が膨れ上がっていることを、涙をこぼし教えてくれました。

それを聞いて、大阪へ帰れるわけなどありませんでした。

喜美子が自宅へ引き返すと、庭で薪を割るマツの姿がありました。

「そんなんお父ちゃんに任しぃ?」

「喜美子!?忘れ物?」

静かに首を振ると、喜美子は病院からもらってきた薬を渡しました。

あの足で、喜美子は病院へ向かい、少しだけではありますが支払いをしてきたのです。

「ほかにもあるんやろ?」

喜美子は、マツに川原家の借金について尋ねますが、喜美子を犠牲にしてはならぬとマツはあまり多くを語りません。

「足くじいたとこ痛いとかいうてサボってんちゃうの?」

「余計なこと…大阪帰り!」

「帰るよ!でも、全部でいくらたまってんの?」

「何とかなるよ…。」

「何とかならへんよ!ならへんから、家を呼びつけたんとちゃうの?」

喜美子は、マツのつけている家計簿をチェックし始めました。

そろばんをはじきながら、喜美子は思わず大笑いしてしまいます。

「あかんわ!もうあかんて!」

「何、わろうてんの!」

あまりに大笑いする喜美子に、マツも思わずつられてしまいます。

「わかってる!でも、これもう笑わなしゃあないで(笑)こんな仰山、ツケ、ツケ、ツケ!これ、全部ツケやん!」

「まだあるよ!」

「もういらん!」

中には、『1円』という、普通に返せるであろうツケまでありました。

それでも、信楽のみんなは優しく、足をくじいた時もたくさん助けてもらったと言います。

「せやから、1円でも返さな!ってお父ちゃん。」

「それで返さんかったら、一緒やん!」

そう言いながら、喜美子はおおむね借金の額を把握しました。

「黙ってないで、言うてほしかったわ。」

喜美子は、突然あんな強引なことをした理由がわかりました。

「言うたら、大阪帰らへんの?」

「…少しお金あるさかい。戻ったら送るわ。それに…仕送りも増やす。」

「お金だけじゃないのよ?本当は、お父ちゃん、喜美子に戻ってきてほしいのよ?」

「お母ちゃんも?」

マツは、何も言いませんでしたが、その横顔には戻ってきてほしいと書いてあるようでした。

「お茶でもいれよか。」

「あ!うちがいれるよ。」

久しぶりの母と娘の会話。

父と母が出会ったころのことを尋ねたり、圭介のことを話題に出せるくらいには、喜美子の初恋の傷も癒えているようでした。

「信作くん、キャーキャー言われてるで?」

喜美子は、タヌキの前でカッコつけていた信作を思い出していました。

「照ちゃんも、何や楽しそうに学校いってる。」

「手紙もらうわ。」

「丸熊陶業盛況でな。最近、若い人募集してるんよ?雑用やけど。今度こそ、喜美子を雇える言うてな。」

「18歳の女でも?」

「せや。それで、お父ちゃん、その気になってな。」

求人募集を見つけて、そのまま丸熊陶業まで駆けて行ったと言います。

「言い出したら、聞かんさかい。」

「これ、飲んだら行くわ。」

「うん。」

喜美子は、後ろ髪惹かれる思いもありましたが、大阪へと帰路を歩み始めました。

しかし、その足は、駅ではなく違う方向へ。

向かった先は、丸熊陶業でした。

照子の父で社長の熊谷(阪田マサノブ)を探します。

ところが、見つけた矢先、何やらもめごとの香りが…。

声をかけられず立ち尽くす喜美子。

そこへ…

「喜美子?」

懐かしい声が聞こえました。

照子(大島優子)です。

「照子!学校は?」

「今日から試験や!何でここにいんの?うちが午前中で学校終わるの知って、会いに来てくれた~ん?」

「ちゃうわ照子のお父さんに会いに来たんや…。でも、何や取り込み中やし…。」

しかし、喜美子に会えて嬉しい照子の耳に、そんな言葉は届いていませんでした。

「喜美子可愛くなった?私は、大人になったやろ?」

「人の話を聞け!」

「お父さん、絵付けの親方ともめてんのよ。話ならうちが聞くよ。喜美子が大阪引き払うて、丸熊陶業で働くいう話やろ?おとといやったかな?お父さんと喜美子のお父さんで話付けてたわ。ホンマに大阪引き払うん?」

「雇うてくれんの?」

「今度は一筆書いたって、お母さん言うてたわ。」

「ありがとう!汽車の時間やから。」

喜美子はそれを聞いて、歩き始めました。

「え?働くの?働かへんの?」

「試験やろ?勉強しぃ!」

「勉強しんでもできる!喜美子おらへんと寂しい!…喜美子が~うちがいいひんと寂しい!待っとるで。帰ってきてな?」

「またな。」

名言はせず、喜美子は大阪へ向かいました。

その胸に、1つの決意を抱いて。

その頃、荒木荘には、常治から届いた不躾な電報が届いていました。

『キミコモドラン スマン』

『キミコノニモツオクレ スマン』

「どっちも喜美ちゃんのお父さんからや…。」

さだ(羽野晶紀)雄太郎(木本武宏)はしょんぼりした顔で電報を見つめます。

「お母さんの具合、よっぽど悪いんやな…。」

大久保(三林京子)も心配しつつ、指示された通り、喜美子の荷物をまとめていました。

3年暮らしていたとは思えないほどの、少ない荷物。

大久保は寂しそうにため息をつきました。

「明日…運送屋さんに配送頼むわ。」

「ほなお給金もな。」

3人は、寂しそうにそう言いました。

しかし…。

「ただいま戻りました!」

喜美子の元気な声が響きました。

驚いた3人は、喜美子を出迎えました。

その喜美子の表情は、とても晴れ晴れとしたものなのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」33話の感想は?

黒猫葵
「返さんかったら一緒やん!」

そんな喜美ちゃんの一言に全視聴者が頷きましたよね(笑)

当面、常治をお父ちゃん呼ばわりしません。

この常治め。

まぁ、一応丸熊陶業に就職の一筆をもらってきたうえでの呼び戻し作戦だったことについては、考えてはいたのだということは認めます。

とはいえ、勝手に進めんなしって話なんですけどね。

それに帰ってきてほしいのは、どう贔屓目に見ても、喜美子がいなくて寂しいというよりは、直子は構ってくれないし、百合子は多分喜美子ほどエッジの効いたやり取りができなくて物足りないだけって感じがします。

喜美ちゃんへの依存がやばい…。

すっかり、常治が『まんぷく』世良ポジションになってますな。

これは、相当ないいことをしない限り、落とした株は上がりそうにありません。

だって、色々あったにせよ。

薬代や日々の食事のツケはともかく、飲み屋のツケは、全く同情できませんのでね。

オート三輪は…まぁ、人手が足りないのを、車にっていうのはしょうがないかなって思いますけどね。

さて、丸熊に行って、状況を確認した喜美ちゃん。

信楽を出る時は、きりっとした顔で、大阪着いたら笑顔でした。

汽車の中で、すっかり何もかも、自分の気持ちを決めたんだろうなって思いました。

明日で、大阪編はさようならでしょうか…。

三毛猫ちゃんとも…。

というか、今日もちや子さんがいない。

ちや子さんが心配すぎます。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」33話のネット上の反応や評価は?

◇『#常治に願いを』…浸透してないけどできると思う

ドラまる
大変なタグができてたよ…。
ラマちゃん
琵琶湖で八つ墓村って…

ちょっと投げたくなるかもね(汗)

◇少々お母ちゃんにもイライラ

ドラまる
薄々思ってたんだけど…お母ちゃんのずるさが今日は顕著だったね…。
ラマちゃん
信楽に帰ってくるの正解かなぁって思うほどに、大阪の人たちが喜美ちゃんにとって、そばにいるべき人間になっちゃったわよね。

◇心を決めてしまった喜美ちゃんの表情が辛い…

ドラまる
あの表情はそうだよね…

また喜美ちゃんは犠牲にしちゃうのかな…。

ラマちゃん
自分で決めた道だからって、無理しちゃいそう…。

はぁ…。

◇荒木荘の方がよっぽど家族だ。

ドラまる
荒木荘のみんなの方が、よっぽど喜美ちゃんのこと考えてくれてるよね…。
ラマちゃん
はぁ。

常治からの無礼な電報を見ても、喜美ちゃんと喜美ちゃんのお母さんを心配して…。

こっちにいた方がいいと思っちゃうわよね…。

◇相変わらずの喜美子好きーな照子

ドラまる
今日の癒しだったね。
ラマちゃん
照ちゃん、相変わらずのツンデレ風味で。

あれに元気づけられたのよね…きっと。

◇本日の気になったイラストたち

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
久しぶりの朝ドラ送り!

嬉しいな!

確かに、高瀬アナと林遣都さんちょっと似てるね(笑)

親子役とかやったらいいのに(笑)

ラマちゃん
あさイチは、強引な華丸さん(笑)

新人アナウンサーさんにいいところを見せようとしたのが面白かったわ!

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」34話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は実家の厳しい状況に決意を固めて大阪に戻る。

出迎えた荒木荘の仲間たちに、喜美子は美術学校に通う夢を諦め、女中の仕事も辞め、実家に戻ることを告げる。

翌日、世話になった人たちに別れの挨拶をすますも、夢を応援してくれた新聞記者のちや子(水野美紀)には会えずじまい。

喜美子は最近、ちや子が仕事を辞めて、自暴自棄になった話を聞き、ちや子に宛てた手紙を残す。

数日後ちや子が受け取った手紙には…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」33話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
大阪編終了の足音が…

こないで!!!

ラマちゃん
でも、ちゃんとお別れをいうために帰ってこられてよかった。

そんななか、ちや子さんの不在が心配で心配で…。

黒猫葵
明日には出てくれるのでしょうか…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA