スカーレット|第5週・28話ネタバレと感想。大久保さんは喜美子がいないと『寂しおまっしゃやないか!』 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』28話が2019年10月31日(木)に放送されましたね。

ドラまる
圭ちゃんが荒木荘を出ることを決めたね…。

喜美ちゃんの初恋は、これで終わりなのかなぁ…。

ラマちゃん
意外と展開が早いのよね…。

それに今日は、懐かしの顔に新キャラに…

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」28話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」28話のネタバレあらすじ

圭介(溝端淳平)が荒木荘を出ていく日が来ました。

「急にわがまま言うて、すみませんでした。」

「ほんま呆れるわ!まぁ。若いときは、そういうこともあるわな。電車ですぐやし、いつでも顔だし!」

さだ(羽野晶紀)雄太郎(木本武宏)が玄関の前で見送りをしていました。

「はい。雄太郎さんも時代劇出れることになったら、教えてくださいね。」

「知りたかったら、聞きにこい!ちや子は、二度と敷居またがせん言うとったわ。」

「キッツいなぁ…。ちや子さんにもよろしく伝えてください。」

「喜美ちゃ~ん!」

喜美子(戸田恵梨香)は慌てて出てきます。

「迷ったんですけど、良かったら。」

そういって、喜美子はおはぎを差し出しました。

あき子(佐津川愛美)が嫌いなおはぎ。

あき子の前では、大好物であることを隠しているおはぎです。

「嬉しいけど…。もう手が一杯や!…喜美ちゃんよかったら食べて。」

「はい。うちがいただいておきます。」

「それじゃ。行きます。喜美ちゃん。さいなら。」

「さいなら。」

それは、あっさりとした別れでした。

仕事に戻った喜美子は、圭介との別れを振り切るように、仕事に没頭しました。

しかし、受け取ってもらえなかったおはぎを見て、喜美子の頭の中には圭介との思い出が、駆け巡ります。

一口ずつおはぎをかみしめ、口に広がり甘さが、今日は何だかとてもしょっぱい気がしました。

恋なんて、二度とするもんかと…固く心に誓った喜美子。

恋物語は、こうして終わりを告げました。

そして、その年の暮れも押し迫り…、奈良の娘の所で隠居生活を送るのぶ子(三林京子)が喜美子のやりくりチェックに…おせちの黒豆の煮え具合のチェックにやってきました。

「ふ~ん。うん。ふ~ん。」

黒豆の炊け具合もやりくりも、万事及第点というところのようです。

「おまめさんはな。火の加減すんの始めから上手やった。」

「ほな、認めてあげたら?」

のぶ子は、無言で台所へと向かいます。

「喜美ちゃんも3年目や。『ようできるようになりました!』言うて、一人前のハンコ押してあげたら?」

「そんなハンコ押したら、荒木荘卒業してしまいますがな。寂しおまっしゃやないか。」

「そんな顔して…そんなこと言われても…。」

「はぁ…。」

のぶ子は、心の中では、もうとっくに喜美子を認めているようでした。

さて、そんなこととは露知らず、喜美子はルンルンした表情で帰ってきました。

それは、近所の子ども達が…。

「こんにちは!喜美ちゃん!何かあったん?」

と、聞くほどです。

「嬉しいことあってん♪」

喜美子は、満面の笑みで答えました。

一体、何があったのでしょうか…。

「ただいま戻りました!…大久保さんいらしてたんですか!」

「あんたが休みとったさかい、代わりに来ったんやないかい。」

「すいません。」

今日は、喜美子が行きたい学校3校の見学に行ってきたのです。

中卒の喜美子でも通える、美術に力を入れている高校2つと美術を専門に学ぶ研究所が1校です。

特に最後の研究所は、講師も生徒も個性的で面白かったといいます。

「そこに決めたん?」

「ここなら、週3日の絵画コースがあって、荒木荘の仕事と両立できます。」

「え?荒木荘辞めへんの?」

喜美子は、端から荒木荘の仕事を辞めるつもりはありませんでしたが、さだやのぶ子は辞めてしまうのではと考えていたようです。

「辞めたら…食べて行けへん…。両立させてもらうつもりでおります。…ダメですか?」

「大歓迎よ~!こっから学校通うん?」

「はい!」

のぶ子は、それを聞いて、割烹着を脱ぐと、帰ると言い出しました。

「え?もう帰るんですか?」

さだは、そんなのぶ子の心中を察してニヤニヤしていました。

「お孫さんの守をせんとならんのよね!」

のぶ子は、喜美子に一言だけ言いました。

「しっかり働き!」

「はい!」

荒木荘を出ると、のぶ子はこっそり満面の笑みを浮かべるのでした。

さて、その夜のことです。

喜美子は学校見学の報告をちや子(水野美紀)にしていました。

「ちや子さんの言うてた通り、そこ(研究所)が、一番活気ありました。」

「今年から、ジョージ藤川を特別講師に呼ぶくらいやからな。」

「どんな人です?」

「あ~サイン会があるんよ!」

そう言って、ちや子はチラシを渡しました。

喜美子が行きたいと思っている学校の特別講師、一度見に行ったらいいと思ったのです。

「日本を代表する芸術家やで!あれや、『自由は不自由やで!』言う人や!」

「へ~…。うちの父もジョージ言います。一杯賞とってはりますね。同じジョージでもえらい違いやわ。」

「お金は大丈夫?」

「何とか。着付けの仕事もぼちぼちいただいてるんで。」

さだから習っている着付けも、喜美子の内職に大活躍していました。

「問題はジョージ。」

「え?藤川?」

「うちの常治…。」

「お父さんな…。」

ちや子は、ここまでの常治(北村一輝)の話を喜美子から聞いています。

「絵なんて、腹の足しにならんもんって言われるにきまってます。」

「内職で自分のお金で行くんやから。行きたいんやろ?」

喜美子は力強く頷きます。

「今、一番興味あることなんで。先のことはわからへんけど、勉強したい。」

「ただいまぁ~!」

そんな真面目な話には似つかわしくないのんきな雄太郎の声が響きました。

「おかえりな…わぁ!」

喜美子は思わず驚きます。

満面の笑みの雄太郎が抱えていたのは、ギターです。

「ギターやん!どうしたのこれ?」

「マスターにもろてん!」

「すごいやん!もう唄える喫茶さえずりに骨うずめぇ!」

「うずめるかいな!」

「『大阪五人衆』の死体役も落ちたんやろ?」

まだ、圭介もいたあの時、みんなで草間流柔道をして、雄太郎を送り出したオーディションも残念ながら、落ちてしまったのでした。

「落ちてもかまへ~ん♪売れなくてもかまへ~ん♪」

突然歌いだした雄太郎を見て、ちや子は言いました。

「こういう人もいるから、先のことはわからんでも、やりたいことあったら、やったらええねん!」

「やったらええよ~♪ほな、おやすみぃ~♪」

数日後、ちや子の上司・平田(辻本茂雄)、通称・ヒラさんが荒木荘にやってきました。

圭介が荒木荘を出て、空き部屋になっていた部屋に、春から大学生になる平田の知り合いのお嬢さんを下宿させてほしいというのです。

案内役を買って出たちや子は、物干し場で、その真意を聞き出そうとします。

「ヒラさん、ほんまに下宿部屋見に来ただけ?知り合いのお嬢さんのために、わざわざ出向くやなんて。今、大変な時やのに。」

「そりゃ~大変は大変やけどな。」

ちや子の方に向き直ると、平田は思わず目を丸くします。

目の前に、女性用の下着が干してあったからです。

「これは、さださんの試着品です。」

「試着品?ほな、よく見とこか(笑)」

そう言って笑ったのもつかの間…平田は突然真面目な顔になりました。

「こんなとこで言う事やないけど…。うちの社、赤字続きは変わらんからな。お前も身の振り方、考えといたほうがいいぞ。」

「何言うてますの!うちは、新聞記者道をヒラさんに教わりました!ヒラさんに認めてもろたおかげで、今のうちがあるんです。うちは、ヒラさんについて行きます。辞めません!」

「そうか。」

「こんなとこで言う事やないけど。」

さて、今日は世界的芸術家・ジョージ藤川(西川貴教)のサイン会の日です。

ちや子に勧められ、喜美子は思い切ってやってきました。

そして、ジョージ藤川が登場しました。

「ボンジュール!ボンジュール!ジョージ藤川がきたで!」

こてこての大阪弁に驚いた喜美子ですが、このあと、更に驚くことが待ち受けていたのです。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」28話の感想は?

黒猫葵
お…大久保さ~ん!!!

後半のボンジュールなのに、こてこての大阪弁の西川のアニキに持ってかれた感はありますが、今日一の見どころは、喜美ちゃんがいないと寂しいと思ってて、荒木荘を辞めないとわかったら、ニッコニコニコニーな満面の笑みでスキップでもしそうな勢いで帰っていった大久保さんですよ(笑)

「寂しおまっしゃやないか」で、鼻の奥がツーンっと。

からのボンジュールなアニキで、すっかり忘れてましたけど、圭ちゃんはこりゃ、もうワンチャンもなさそうですね。

どっかで、その後が語られるくらいはありそうですけど。

キーワードのおはぎは、今日受け取らなかったことが、全ての答えで、衣食住喜美ちゃんにおんぶに抱っこだっだ喜美ちゃんからの卒業と考えると。

本気でもう出番ないなって思いました(笑)

まぁ、ちや子さん曰く「二度と敷居はまたがせん。」ってことでしたので、視聴者的にはちや子さんに同意って感じじゃないですか?(笑)

ただ、思った以上にあっさりいなくなったので、驚いてもおりますが(笑)

こうなってくると、喜美ちゃんの旦那さん候補は…

本命:信作(林遣都)
対抗:草間(佐藤隆太)
短穴:ジョージ藤川(西川貴教)
大穴:雄太郎(木本武宏)
更にまさかの突然登場するすげーイケメンに成長した次郎とか…。

あとは、陶工さんとして、これからやってくるキャラクターって可能性もあるんですかねぇ。

気になります。

あっ、草間さんは、奥さんが見つかったけど亡くなってるか、草間さんが戦死したと思って他の人と再婚してたりとか、奥さんとの生活に戻れなかった場合ということで。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」28話のネット上の反応や評価は?

◇大久保さん…(涙)

ドラまる
も~大久保さん♪

喜美ちゃんのこと大好きすぎだよね♪

ラマちゃん
大好きだから、甘やかすでなく、厳しいこと言うけど、ちゃんと喜美ちゃんの血となり肉となり…

いいわ…。

◇こてこての大阪弁なジョージ藤川

ドラまる
普通に西川のアニキだよね(笑)

ジョージ藤川って聞いても、ジョージ西川って思っちゃう気持ち、よくわかる(笑)

ラマちゃん
そうね。

まんま西川の兄貴ね(笑)

◇さよなら圭介さん

ドラまる
正直なこと言っていいかな。

いや、圭介さんは、ある意味、誠実だったと思うよ。

だから、喜美ちゃんのおはぎも受け取らなかったし、荒木荘も出たわけだし…

でも、何が寂しいってさ…。

ゴンが、もう登場しないってことだよね…。

ラマちゃん
正直、そっちの方が寂しいかもね(汗)

しょっぱいおはぎだったわね…。

◇ヒラさんとちや子さんの関係性が良き

ドラまる
ヒラさんとちや子の師弟関係いいね。

空室に入ったらいいなぁっておもったよ(笑)

ラマちゃん
でも、知り合いのお嬢さん…キャラが気になるわ!

どんな下宿人が入るのかしら♪

◇本日の第五の住人・三毛猫ちゃん

ドラまる
今日は頭から猫ちゃんだったね!
ラマちゃん
だけど、ゴンとのお別れが寂しいわ・・。

◇本日の気になったイラストたち

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」29話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は世界的な芸術家・ジョージ富士川(西川貴教)のサイン会を訪れる。

来年から美術学校で学ぶ夢を伝えると、激励されて感激。

さらに名前を呼ばれて振り向くと、かつて信楽の実家に居候していた草間(佐藤隆太)の姿。

喜美子は草間との再会を喜び、互いの近況報告をする。

草間からは終戦後、生き別れた妻の所在がわかったと明かされるも思わぬ事実が判明。

一方、新聞記者のちや子(水野美紀)の職場では事件が…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」28話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
こてこての大阪弁のジョージ藤川のサイン会で、驚きのことが起こるみたいなんだけど、何が起こるのかな…。
ラマちゃん
先週末の予告を考えると、そろそろ草間さんかしら…。
黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA