スカーレット|第5週・25話ネタバレと感想。魔法の5文字『医学生(いがくせい)』 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』25話が2019年10月28日(月)に放送されましたね。

ドラまる
さて、ゴンの飼い主に一目惚れしちゃった圭ちゃん。

妹だからと言い聞かせるようにいう喜美ちゃんの表情が…

ラマちゃん
何が切ないって、まだ本人が恋って自覚してない点よね…。

18歳なんだわ…。

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」25話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」25話のネタバレあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)が荒木荘に来て、3度目の秋を迎えました。

荒木さだ(羽野晶紀)は、下着デザイナーを育成する仕事を始め、新聞記者のちや子(水野美紀)は相変わらず忙しく、自称映画俳優の雄太郎(木本武宏)は仕事がなく唄える喫茶さえずりで働くことになりました。

そして…小児科の医者を目指している圭介(溝端淳平)は…。

「恋みたいだ…。」

「圭介さん恋に落ちたんですか???」

喜美子は、圭介に協力を申し出ましたが、実のところ、恋のあれこれには全く疎く…、色気より食い気…今日は町内の人たちと近くの神社に銀杏をたくさん拾ってきました。

その帰り道、さえずりの前にいたのは…あのチャウチャウ…ゴンです!

喜美子は思い切ってさえずりの扉を開けようとしますが…そこから出てきたのは、いつもゴンの糞を始末しない強面のおじさんの方でした。

「あ!お父さん!」

そこへやってきたのは、あの圭介が恋に落ちた女性(佐津川愛美)でした。

「ねぇ、あのおばさんが持ってきたあれ、お断りしてもええ?気乗りせぇへん!」

娘には甘い顔を見せるのか、どうやら見合い話がきていたようですが、断っていいと上機嫌です。

「あき子にはな、もっとええ男がいると思うで♪」

こうして喜美子は、思いがけずその女性が『あき子』という名前であることがわかりました。

「あき子?あの人、あき子さんいうの?喜美ちゃん、すごいな!早速、名前聞いてくれたん?ほな、次は何してくれるん?」

圭介は、すっかり喜美子におんぶに抱っこ。

何せ、喜美子は自分よりも恋の経験者と思い込んでいますから…。

そんな2人の様子を、心配そうにじとっとした視線を送るさだと雄太郎です。

「それにしても、名前があき子さん、素晴らしい名前やな~麗しい名前や~。」

「いや…普通ちゃう?さえずりのマスターの亡くなった奥さんも明子いうたで、名画座もぎりのおばちゃんの名前も昭子いうな。この前見た…。」

「もうええから。」

さだは、雄太郎を制止します。

「喜美ちゃん、ぎんなんご飯、いつできる??」

話の流れを変えようと、さだは喜美子に尋ねました。

どうやら、ぎんなんご飯は明後日の食卓にはのぼりそうです。

「神社で、ぎょうさんとってきてくれたんやろ?タダやもんな♪すっかりやりくりうまなって~♪ホンマ助かるわ♪」

「恋の手伝いもするしな!」

またも、雄太郎が余計なことを言います。

恋という言葉を聞いて、圭介は顔を曇らせます。

実は、あき子に一目惚れをしてからというもの、どうも勉強の方がにっちもさっちもといった状況のようで、あき子が気になるものの、医学生が恋なんてしてる場合とちがうと思っていました。

「…いや…喜美ちゃん。実は、秋から、またカリキュラムが増えてな。医学生が恋なんてしてる場合とちゃうわ…。もう何とも思うてへんで!うん。親が聞いたら嘆くわ。亡くなった妹の仲良しの子もあき子いうたわ…。確かに、どこにでもある名前や。」

雄太郎は、自分が余計なことを言ったことにようやく気が付き、口をつぐみます。

さだは、無言で雄太郎に叱責の視線を送るのでした。

圭介が食事を終えて、自室にひっこむと3人は恋の作戦会議が始まります。

ここまで勉強一辺倒だった圭介の初めての恋、応援したい気持ちもあるわけで…。

そこで、さえずりにこわもてのおじさんがやってくるのなら、働いている雄太郎が、その人がきたら電話で喜美子を呼ぶというのはどうかと、さだが言い出しました。

「そしたら、仕事の手ぇ休めて飛んでってええからな♪」

喜美子は、先ほどの圭介の言葉を、その字面通り受け止めていました。

もちろん、雄太郎とさだは、そんなわけがないことをわかっていました。

「あの様子やと、結構本気やな♪」

「本気で惚れたんやな♪」

「え~!?」

さて、それからほどなく実際にそのこわもてのおじさんはさえずりにやってきて、雄太郎は喜美子を呼び出しました。

そして、恋の駆け引きもへったくれもありません。

喜美子は、ド直球でその強面のおじさんにお願いしました。

あき子と圭介を会わせたいと。

「言いたいことはよくわかった。ほんで、あんた一体何もんや?」

「うちは…ほやから、圭介さんと同じ荒木荘に住んでます。」

「その圭介いう男とは、どういう関係や?」

「え?それは、ええ関係です。3年前の春から、とてもようしてもらって。」

雄太郎は、そんな喜美子のセリフに驚きます。

思わず間に立ち、誤解を招きかねない喜美子のセリフを訂正します。

「はぁ。つまり、見合いを頼まれてつかいに来たいうことか。それならな、しかるべき人を間に立てなはれ、話は、それからや。」

そう言って、帰ってしまいました。

さて、問題は喜美子です。

「しかるべき人?」

まず、そのしかるべき人というのがどういう意味かわかりません。

雄太郎は、マスターにあの強面のおじさんがどんな人なのか尋ねます。

すると、泉田工業の会長をしており、今は息子に後を継がせ、悠々自適な生活をしていること、そして、それはそれは立派なお屋敷を構えて住んでいることがわかりました。

「ねぇ、雄太郎さん、しかるべき人って何?」

「そんなええわ!これ言うたら、効果てきめんな5文字!教えたるわ!」

雄太郎は、喜美子に耳打ちします。

それを聞いた喜美子は、店を飛びだして、その会長を呼び止めました。

「あの、大事なことをお伝えし忘れました。い・が・く・せ・い!圭介さんは、小児科のお医者さんを目指して、医大に通って張ります。医学生です。優しくて、真面目で、甘いもん大好きで。」

しかし、会長は無言で帰ってしまうのでした。

さて、荒木荘に戻った喜美子は、おはぎを作っていました。

そこへ、圭介が落ち込んだ…疲れた様子で帰ってきました。

「おかえりなさい!おはぎ作りました!食べます?」

「…食べる♪」

圭介の顔に、思わず笑みがこぼれました。

「う~ん。やっぱりうまいわ~」

そして、喜美子はあき子の父親に会ったけど、今一つうまくいかなかったことを謝ります。

「もうええ言うたのに。」

圭介は、そう自分に言い聞かせるようでした。

その時、食卓に乗った新聞に気が付きました。

それは、ちや子の新聞社が作っている新聞です。

「これ、何?」

「あ…。ちや子さんが、置いていきました。新しい欄の感想きかせてほしいて、置いてかれました。」

「新しい欄なぁ…。…『男と女の色々(エロエロ)相談』?…大手新聞社は、歴史小説の連載始めたいうのにな…。」

「ちやこさんかて、エロエロやりたいわけやないんですよ。売れんとしゃあないいうてはりましたし。」

「そやけど、これは品がないんとちゃう?」

そう言って、喜美子に圭介はその部分を見せました。

そこへ、玄関から来客の声が。

喜美子が玄関に向かうと、そこには、なぜかあき子が!!!

「こちらに、医学生の酒田圭介さん、いてはります?」

「いてはります…。」

「会いに来ました!」

「ちょっと待ってください!今すぐ!」

突然のあき子の来訪に、喜美子は驚き、リビングスペースに飛び込みました。

「圭介さん!圭介さん!あき子さんが来はりました!エロエロは置いといて!」

「え?いやいや?ちょちょちょちょ、どういうことや?なんで?あ!喜美ちゃんが言うてくれたんか!」

喜美子の計らいだと思った圭介ですが、中々玄関に向かえません。

「いや、今日の講義、解剖やったんや…。アルコール臭ない?こんなんでチューしたら、嫌われるんちゃうやろか?」

「え?もうチューするんですか??」

そんな小学生のやり取りが繰り広げられ、あき子は玄関に待ちぼうけなのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」25話の感想は?

黒猫葵
喜美ちゃん、大活躍ですね(笑)

そして、雄太郎さんが教えた魔法の5文字…。

『い・が・く・せ・い』

医学生!

思わず手を合わせますね…。(笑)

まぁ、あき子の父ちゃんも、医学生と聞いて、医大に通える頭があって、医大に通わせられる実家がある…まぁ、会わせてもいいかって思ったってことですかね??

しかし、まぁ、エロエロを読んでる時にくるとわ(笑)

そして、家に来ただけで、チューの心配をする圭介さん…。

恋の手習いは、小学生時代の照ちゃんより足りてないかもですね(汗)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」25話のネット上の反応や評価は?

◇魔法の5文字「医学生」

ドラまる
今日は、この魔法の5文字ばっかりが頭に残っちゃったよ。
ラマちゃん
結構な魔法の5文字だったわね(汗)

◇恋の勉強は、不足気味な圭ちゃん

ドラまる
あの、小学生の時の照ちゃんの方が、恋の手習いは優秀そうだね(汗)
ラマちゃん
いまいち、それを活かせてないような気もするけど…

それでも、もうチューの心配してる圭ちゃんよりはね(笑)

◇本日の第五の住人・三毛猫ちゃんとゴン

ドラまる
本日の癒しタイム♪
ラマちゃん
可愛いわぁ(笑)

いいアクセントよね♪

◇本日の気になったイラストたち

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
やるとおもったよ(笑)

華丸さんと大吉先生の合わせ技だね♪

ラマちゃん
うんうん。

仲良し受けにほっこりしたわ♪

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」26話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の直談判の結果、圭介(溝端淳平)が恋するあき子(佐津川愛美)が荒木荘を訪ねてくる。

突然の再会に舞い上がる圭介。

だが喜美子の気持ちは沈むばかり。

圭介はあき子に誘われるがまま外食に出かけて、喜美子は二人を見送る。

その夜、ほろ酔いで帰宅した圭介を出迎える喜美子。

「喜美ちゃんのおかげや」と感謝されるも、やはり素直に喜べない。

喜美子は住人のちや子(水野美紀)から「それが恋や」と指摘され…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」25話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、魔法の5文字「医学生」で、あき子さんがやってきたわけだけど…。

ひとまず再会して浮かれポンチの圭ちゃんが見れそうだね…。

ラマちゃん
さださんやちや子さんの圭ちゃん呼びが映ったわね(笑)

目線がそっちなんだわ…多分。

黒猫葵
何にしても、佐津川さんの嫌な恋敵役は結構好きなので、さてはて、どんなKYぶりを見せるのか…ちょっと楽しみです。

念のため、言っておきます。

褒めてます(笑)

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA