スカーレット|第4週・23話ネタバレと感想。広がる大久保さんロス…からの恋に落ちた圭介 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』23話が2019年10月25日(金)に放送されましたね。

ドラまる
昨日は、のぶ子さんが、喜美ちゃんを褒めてくれたシーンとそのあとの2人で台所に立つシーンで、ホロリからのクスリで…

何だか、朝からええもん見せてもらいました~!って気持ちになったよ!

ラマちゃん
何か、今日タイムスキップがあるっぽいのよね…。

のぶ子さんは…にゃんこも元気かしら…

色々心配かも…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」23話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」23話のネタバレあらすじ

「うち、荒木荘で頑張ることにした!信楽には帰らん!盆も正月も帰らん!大久保さんの後を引き継いで、荒木荘の何から何まで、目ぇつむってもできるくらい、しっかりできるようになるまで荒木荘はやめん!そやし、3年は帰らん!ほな!」

そう常治(北村一輝)に宣言した喜美子(戸田恵梨香)は、元気よく荒木荘に戻っていきました。

そして、昭和30年。

荒木荘での暮らしも、2年と半年が過ぎました。

「ええ秋晴れや!」

喜美子は、布団を干しながらベランダでニコニコ笑っていました。

喜美子、もうすぐ18歳です。

のぶ子(三林京子)のあとを無事に引き継ぐことができ、今では喜美子が一人で、荒木荘を切り盛りしています。

喜美子が信楽で見つけたかけらは、室町時代に焼かれたものだとわかりました。

今では、お守りのような存在です。

さて、喜美子には頭の痛い問題がありました。

さだ(羽野晶紀)に貼り薬をしながら、相談をする喜美子。

「そら、あかんわ。確かに…。今日こそ、喜美ちゃんが何とかせな。」

「やっぱりうちがですか…。」

「そら、それも喜美ちゃんの仕事やで~。大久保さんはやってたな~?」

「…はい!」

「ほな、次、腰なぁ!」

そこへ、圭介(溝端淳平)も起きてきました。

貼り薬を貼っている最中のさだにすけべ呼ばわりされながら、台所に背を向け食卓に座る圭介は、今、小児内科に進むか、外科に進むか迷っていました。

荒木商事は大きな下着会社に吸収され、さだは独立し、下着デザイナーを育成する仕事を始めました。

「ほな!」

「いってらっしゃいませ!」

そのため、試作品のブラジャーの洗濯も喜美子がしなければならなくなりました。

…が、洗濯機を必要経費として認めてくれ、おかげで洗濯は随分楽になりました。

洗濯ものを干していると、喜美子の頭痛の種を発見!

「きやった!」

喜美子は大急ぎで1階へと降りていきます。

その頭痛の種とは…雄太郎(木本武宏)です。

「雄太郎さん!ちょっとお話があります!雄太郎さん!どこ行くんですか!?」

慌てて、部屋に逃げ込む雄太郎。

喜美子は、雄太郎の部屋の襖を激しくノックし、雄太郎を呼びます。

「何?雄太郎ならおらんで。」

十八番の兄弟なりすましも健在ですが、2年半も暮らせば喜美子にそんな技が通用するわけもありません。

「ほなお兄さんでええです!お姉さんでもええです!」

お兄さんに変装しても、お姉さんに変装しても、喜美子は負けません。

「今日こそお話しましょ!」

そういって、リビングスペースまで雄太郎を連れてきました。

そして、雄太郎を前に、喜美子は話を始めます。

喜美子の頭痛の種。

それは、雄太郎の下宿代金の滞納でした。

「荒木荘の運営は、毎月、皆さんからいただく下宿代金で賄われています。」

「聞いた!」

「聞いてない!聞いた言うんは、ちゃんと忘れずにいることを聞いた言うの!雄太郎さんは、いつもこっちからこっちへ出ていくやんけ!そんなん聞いたとは言いません!」

喜美子は、耳の右から左へ抜けていくジェスチャーをしながら、雄太郎をまくし立てます。

雄太郎は、思わず嗚咽を漏らしますが、涙は出てません。

泣きまねです。

「泣いてもあかん!この帳面を見てください!毎月入ってくるお金は同じやねん!そこから、食費やら光熱費やらをうちがやりくりせなあかんの!うちのお給金もこっからでてるんやで!」

雄太郎は、左耳をふさぎました。

「何塞いでんの?」

「…出て行かんように…。」

「ほな、よう聞いてください!もう半年もたまってます!下宿代金いただかんと困ります!」

「たすけてぇや!」

そんな雄太郎を、喜美子は怒鳴ります。

「助けてきたやん!私の内職のお金、どんだけ雄太郎さんの下宿代で消えたおもてんの!ストッキングもここのところ、本数もお代も減ってきたし。畑や封筒作りは、そんなにもらえんし!」

そこまでいって、喜美子は雄太郎の変顔に、ふきだしてしまいました。

それでも、今日は強く言いました。

「雄太郎さん!本当に払ってもらわんと!こっから出て行ってもらう事になりますからね!日雇いでいいから、働いてください!お願いします!」

雄太郎は、2年半前、『大阪ここにあり』の映画1本に出て以来、何の仕事もありませんでした。

「夢も大事!ほやけど、お金あっての夢ですよ!」

そこへ、ちや子(水野美紀)もやってきました。

「厳しくせんとなぁ?厳しくせんと、後で大久保さんに怒られるんわ喜美ちゃんや!」

「大久保さん、辞めたやん。」

「辞めても、時々孫連れて、のぞきにきてるやろ!お金のやりくりもできるようになって、初めて喜美ちゃんは、大久保さんに認めてもらえるんやで!」

「はい!」

「じゃ~…僕がおる限り、認めてもらえんな。」

そんな雄太郎にため息をつきつつ、ちや子は喜美子に数冊の冊子を渡しました。

それは、学校のパンフレットでした。

「え?喜美ちゃん、学校いくん?」

「話したやんけ!」

「こっちから、こっちの人ですから。」

この2年半で、喜美子もすっかりたくましくなっていました。

「何の学校いくん?」

「美術関係?」

「まだ決めてません。お金もまだたまってませんし。」

そういって、雄太郎を見つめます。

「う~ん。誰かが下宿代ためてるからなぁ。」

咳ばらいをした雄太郎は、そっと逃げ出そうとしますが、ちや子はぴしゃりと言います。

「また、名画座行くなら、仕事探しや!唄える喫茶さえずりで店員、募集してたで!」

「募集は女の子や!」

しかし、その時の雄太郎のいでたちはソバージュヘアのロングヘア。

「女の子やん。」

「女の子や!行ってみるか!」

「行っとき、行っとき!」

ご機嫌に出かけて行った雄太郎と入れ違いに圭介が帰ってきました。

「え?もうそんな時間!?」

「今週は、いつもよりはやいんですよ!」

規則的な生活の圭介と不規則な生活のちや子が顔を合わせるのは、久しぶりのことでした。

「うちな、また1人辞めてん…。」

「え?今年はいって…。」

「2人目。」

ちや子のつかれた顔に、圭介は縁起でもないことを言います。

「人は辞めて、売れ行きも芳しくないとなると、つぶれるんちゃう?」

「せやから、大幅な誌面変更を強いられてん。エロい話を載せろ言うてな。圭ちゃん、エロの載った新聞、買う?」

そんなあけっぴろげなちや子に、眉間の皺を寄せた圭介は言います。

「エロ、エロって喜美ちゃんの前で…。」

「何言うてん!喜美ちゃんも、もう18やで!」

「うちは、エロい新聞は反対です。」

「男性の意見も聞きたいねん。どうエロ?」

圭介は、ちや子の勢いに、しどろもどろになってしまいます。

「弱小新聞の生き残りがかかってんねん!ほな、もううちいかな!また意見聞かせてや!」

そう言って、嵐のようにちや子は出勤していきました。

「何や…大変やな…。」

「何か食べます?あ!おはぎのこってますよ!」

「食べる!食べる!」

さて、実は喜美子には、頭痛の種がもう一つ。

最近、夕方になると荒木荘の前に、犬を連れた強面のオヤジがやってくると言うのです。

早く帰ってきた圭介は、今日はと様子を見に行きました。

喜美子に今わかっているのは、犬の名前は『ゴン』で、最近越してきたました。

そして、その強面のオヤジの何に困っているかというと…。

犬のう〇ちを持って帰らないというのです。

「僕が、びしっと言うたる!」

「ホンマに強面で、体も大きいですよ?うちが言わないかんのに…。でも、なんで荒木荘の前なんやろ…。」

「カワイイ妹に、毎日犬の糞の片づけをさせるなんて、なんてやつや!」

「ありがとうございます!」

そこへ、犬の鳴き声が!

「あ!ゴンや!」

圭介が目をやると、思いがけず、ゴンを連れてきたのは、美しい女性(佐津川愛美)

それが、圭介の恋物語の始まりだったのです。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」23話の感想は?

黒猫葵
大久保さん…

やっぱり、昨日までだったんですね…。

でも、お話の中では、たまに孫を連れて遊びに来てるってことなんで、それはよかったかなぁと♪

昨日から、約2年半がスキップしまして、今日は基本的にその間の皆さんが語られました。

喜美ちゃんは、ほぼ1人前で切り盛りはほぼ1人でやれるようになりました。

困ったときに相談できる大人もいるからいいですね。

圭ちゃんは、大学の卒業も目前のようです。

小児内科か外科で悩んでいるようです。

まだ、小児外科は一般的じゃないんですかね。

ちや子さんの会社は、ちょっと危ない感じです。

さださんは下着会社から独立して育成の方に力を入れ始めていました。

強いお姉さま方から、すけべだなエロだの…中々さわやかに発してくれるので、だいぶ面白かったです(笑)

そして、雄太郎さんは下宿代滞納中…しかも、喜美ちゃんが内職で補填してるとは…

もう雄太郎さんたら。

そして、部屋に貼られた絵だけですが、信楽のご家族も多分元気そうです。

百合子ちゃんの3姉妹の絵を微笑んで見つめていましたから、最近は心配が少ないのだと思わせてくれました。

そう言えば、喜美ちゃんの髪型もサザエさんぽくなってましたね♪

おさげから、ちょっと大人になったなぁって思いました。

下宿の女中さんとして、下宿人に毅然と物を言えるようになってるところもグッドでした、でも、真面目な話してる時の雄太郎の変顔にふきだしちゃう感じにちゃんと若さが描かれていて、18歳だな~って思いました♪

そして、今日のラストは、恋に落ちた圭介さん…。

喜美ちゃんの言う、「強面で体のでかいおやじ」は犬の方だったんですかね(笑)

それとも、たまたま佐津川さん演じる女性が、その日は連れてきたのかな…

いや、それなら喜美ちゃんが、いつもの人と違うっていう反応を示すはずですから…。

てか、顔がきれいでも、愛犬の糞を片付けない人はきれいな人ではありません。

あ!佐津川さんが悪いわけじゃないんですけどね!

さて、喜美ちゃんは、ずっと「カワイイ」って言ってくれる、圭ちゃんにほのかな憧れくらいは、すでに抱いていそうですが…

でも、「カワイイ妹」って言ってましたね~…。

そして、何気に今日のあさイチが溝端淳平さんなんですよ…。

何となく結ばれるなら、今日じゃない気がする…。

人物紹介で、すでに喜美ちゃんが好きになるってことは、わかっているのですが…。

この初恋は…ほろ苦い予感ですかね。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」23話のネット上の反応や評価は?

◇広がる大久保さんロス

ドラまる
大久保さんロスが広がってるね…

お別れのシーンが欲しかった人、無くてよかった人…

どっちの気持ちもわかるな。

ラマちゃん
でも、やっぱり見たかったなぁ。

多分、すごいドライに、「ほな、きばりや!」くらいで喜美ちゃんの肩をポンポンってして、ささって行っちゃう感じだった気がするわ…。

その背中に深く頭を下げる喜美ちゃん的な…。

◇圭介の恋物語が始まる

ドラまる
この恋は、どうなるのかなぁ。

少なくとも、佐津川さん演じる女性に恋をしたことは間違いなさそうだから、付き合うのか付き合わないのか。

喜美ちゃんは、圭ちゃんが好きなのかどうなのか…。

ラマちゃん
う~ん。

朝ドラも、初恋が実るタイプと、散るタイプと両方あるからなぁ…。

う~ん。

◇チャウチャウちゃう?

ドラまる
まんぷくファン的には、みんな思ったよね。

「犬…。チャウチャウちゃう?」って(笑)

ラマちゃん
強面で体が大きいのはこの子だったのね…。

って、そう認識してるんだけどあってるかな?

◇本日の第五の住人・三毛猫ちゃん

ドラまる
今日は猫ちゃんはお休み。

その代わりにチャウチャウだったのかな?

ラマちゃん
早緋色の人は、その前のおしん見てるとにゃんこでてわね♪

チャウチャウとケンカしたらどうしようって心配…。

◇本日の気になったイラストたち

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
圭介さんが、喜美ちゃんの初恋の人(自覚的に)なるのは確定だとおもうんだけど…。

前作の時も天陽くんこと吉沢亮くんは旦那さん本命かと思いきや、あさイチ5月の2週目っていう序盤の登場で、結ばれはしなかったんだよね…。

ラマちゃん
そんなこと行ったら、前作の旦那さん中川大志さんはプレミアムトークじゃなかったんだから、わかんないわよ~。

喜美ちゃんの逆転もあるかもしれない…って、でもお医者さんになった圭ちゃんを信楽にっていうのは現実的じゃないかしらね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」24話の予告あらすじ

18歳になった喜美子(戸田恵梨香)の元に、信楽の友人・照子(大島優子)から度々手紙が届く。

内容は恋愛にまつわるものばかり。

喜美子は幼い頃、照子としたファーストキスを思い出す。

荒木荘でも医学生の圭介(溝端淳平)に恋の予感。

喜美子は食欲のない圭介を心配して声をかけると「胸がうずくねん」と言われ、意中の相手は先日、道ですれ違った名も知らぬ女性だと打ち明けられる。

喜美子は圭介の恋に協力を申し出るが、実は…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」23話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
おや…明日は、照ちゃんが登場するかな?

お手紙だけかもしれないけど(笑)

ラマちゃん
なんだかんだ文通してるとしたら、何かほほえましいわね♪
黒猫葵
圭ちゃんの恋物語も進展があるのでしょうか…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA