スカーレット|第4週・20話ネタバレと感想。喜美子の15歳らしさを堪能! 戸田恵梨香さんすごい!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』20話が2019年10月22日(火)に放送されましたね。

ドラまる
ひとまず、お試しで新聞社で働かせてもらう事にした喜美ちゃん…。

さ~そんな現場を見てみて、どんなことを考えるのかなぁ。

ラマちゃん
のぶ子さんおおにぎりおいしそうだったなぁ…。

横のたくあんと昆布がまたニクイ…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」20話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」20話のネタバレあらすじ

ちや子(水野美紀)の新聞社で、今より高いお給料で雇ってもらえるという話が舞い込みました。

雄太郎(木本武宏)の提案で、ほんの数時間程度、実際に働かせてもらうことになった喜美子(戸田恵梨香)

バリバリと働くちや子、飛び交う怒号に、ただただ驚くばかりの喜美子なのでした。

さて、何とか片づけやお茶入れを進めていく中、編集長の平田(辻本茂雄)から、先日喜美子から預かった信楽焼の欠片を見てもらった大学の先生から戻ってきたと言います。

顔を輝かせる喜美子です。

残念ながら、割れてしまったものなので、価値云々というのはなかったようですが、とても古いものだという事がわかりました。

「ずっと昔、室町時代の焼き物やて!それはそれで、なかなかのものちゃう?」

喜美子は目をまん丸にして驚きます。

「そうですか。ほな大事にもっときます。ありがとうございました。」

さて、中々戻ってこないちや子を心配していると、打ち合わせの前には連絡が来るだろうと教えてくれました。

「鉄砲玉みたいですからね…ちや子さんは。」

そんな後輩のぼやきが聞こえてくると、平田は叱責します。

「その分、男の2倍は働くし、ブンヤの誇りも2倍は持ってるわ。」

「…その分、性格キツイ…。」

「ええから、お前はちゃっちゃと書き直せ!」

肩をすくめる若手記者はさておき、喜美子には、またわからない言葉が出てきました。

「あの…ブンヤって。」

「あ~。ブンヤってのは、新聞屋のこと。誇りってのは、この埃やないで!」

そう言って、テーブルの上の埃を手で拭いながら、冗談を交えて教えてくれました。

「仕事が好きなんや…好きやから、おろそかにせん!最後まで責任もって、やり遂げる。入社してから、並み居る男を押しのけて、女1人!」

ちや子の上司・平田…通称ヒラさんは、ちや子のこれまでの武勇伝を色々教えてくれました。

「初めての事件回りも女一人。サツ回り言うて、警察回るのも女一人。あげくに…そのうえ!」

「ほえ~!」

喜美子は、平田の話も興味津々に聞いて、荒木荘に帰る時間を迎えました。

喫茶店・さえずりで雄太郎と待ち合わせていた喜美子。

雄太郎は、アイスクリームをおごってくれました。

「どやった?」

「すごかったですよ!ちや子さんが、男の人に負けんと、うお~って出ていくんですよ!これまでの話を聞いても、ほんま一生懸命働いてはって…草間流柔道でいうと…」

すごい勢いで、ちや子について話し始めそうになる喜美子を制止し、雄太郎は尋ねます。

「わかった、わかった。草間流柔道もちや子も、一旦置いとけ。喜美ちゃんはどうやったんや?」

喜美子は、仕事そのものは難しくなかったこと、いつでも大歓迎だといってもらえたことを話します。

「ほな、先のことは?」

「ちや子さんとじっくり相談して決めたいと思います。」

「ほな、行ってみてよかったか?」

「はい!大久保さんに嘘ついたんは…ちょっとあれでしたけど。」

のぶ子(三林京子)に嘘をついたことだけが気がかりな喜美子を雄太郎は優しく諭します。

「人生、そういう時も必要や。」

そこへ、アイスクリームも到着。

「僕もな、嬉しいことあってん!」

「せやで!決まったんや!」

アイスクリームを持ってきたマスター(オール阪神)も大興奮しています。

「大阪、ここにあり?」

荒木荘に戻った雄太郎は、さだ(羽野晶紀)圭介(溝端淳平)にも報告していました。

「銀幕デビューが決まった!?」

そう、雄太郎は俳優を目指していたのです。

「お腹痛かったんと違うんか?」

喜美子は苦笑いを浮かべつつ、夕食を運びます。

実は、荒木荘の住人たちも、雄太郎が市役所を辞めた理由を知りませんでした。

まさか、俳優を目指していたとはと驚いています。

さだは、雄太郎の池田に雄太郎の姉と住む母親のことを心配しますが、雄太郎は売れるまでは言えないと言います。

「映画に出ても、お金にならんからな…。」

「え?映画俳優ってお金もらえないんですか!?」

喜美子は、またまたカルチャーショックです。

「いや、もらえるよ?」

「売れたらな。まぁ、でも、お金より夢や!カッコつけて言わせてもらうとな。お金より大事なもん見つけた!僕はな。」

「圭ちゃんが医者になんのが早いか…雄太郎さんが人気もんになんのが早いか…楽しみやなぁ♪」

「一緒にされた…。」

圭介は、何となく不服そうでした。

「で、セリフは?」

「ん?『うわ~…』」

どうやら、今回は殺される役のようですね…。

さて、ストッキングの修繕をのぶ子に渡した喜美子。

のぶ子は、そのストッキングをチェックします。

その横で、台所の片づけを終えた喜美子のチェックをします。

「うん…うん…うん。はい。ほな、これ持っていく出、また次のも頼むわ。」

そう言って、帰っていこうとするのぶ子を引き留める喜美子。

「あ…あの…この間のお休みの時、おむすびありがとうございました。」

「あんた、まだお給金安いさかいな。おむすびくらい。」

「ありがとうございました。助かりました。」

喜美子は、本当に話したかったことは話せませんでした。

その日、ちや子の帰りは、いつにも増して遅く…喜美子はうとうと眠ってしまい、ちや子の夢を見ました。

ちや子が、草間流柔道で、次々と男たちを投げ飛ばしていくのです。

そして、なぜか、圭介や雄太郎も登場…。

「とや~!」

思わず目を覚ました喜美子は考えていました。

そして、徐に色鉛筆を取り出し、何かを描き始めます。

絵を描きながら、喜美子は様々なことを考えていました。

そこへ、ちや子が帰宅。

皆を起こさないよう、そっと部屋に戻ります。

「おかえりなさい!」

「あ~やっぱ起こしてもうた?」

ちや子は、さすがに寝てるであろう喜美子を気遣ったつもりでしたが…。

喜美子は起きていたので、お茶漬けを用意するか尋ねます。

「いや、今日は、何もええで。何してたん?入ってええ?」

2人の部屋の間の襖から、喜美子の部屋に入ったちや子。

「絵、描いてました。何か眠れなくて…何となく思いつくまま花の絵を。」

「うん。わかった。じゃ~早く休みなさい。…あ!大事なこと。今日どやった?」

ちや子は、ほとんど社にいられなかったため、喜美子の様子を見ることができませんでした。

「あ!雄太郎さんがすごいんですよ!映画にではるんですって!」

「映画?は~…って。いやいや、今は人のことはええよ。喜美ちゃんや!試しに働いてみてどうやったん?」

さて、喜美子は、ちや子に何を話すのでしょうか。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」20話の感想は?

黒猫葵
今日は、とっても喜美ちゃんが15歳に見えました(笑)

雄太郎さんとちや子さんに時間差でツッコミを入れられていましたが、「今日、どうだった」に対して、その時、一番興味を持ったことを話してしまう感じが、幼さを感じました。

戸田さんスゴイ♪

さて、絵を描いてちや子さんを待っていた喜美ちゃんは、どんな結論を下すんですかね~…

どんなことを思ったのか、明日描かれるかと思うと楽しみです!

そして、今日も第5の住人・三毛猫ちゃんもいい味を出していました。

でも、まだ住人の誰ともかかわりが無いんですよね…。

荒木荘に居ついてる猫ってわけでもないのかなぁ…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」20話のネット上の反応や評価は?

◇喜美ちゃん、一杯考える

ドラまる
喜美ちゃんが、荒木荘で出会った大人たちを見て、たくさん考えてほしいなぁ。
ラマちゃん
喜美ちゃんの結論を待ちましょ♪

◇小道具が細かい

ドラまる
朝ドラのこういうと事、見逃せないんだよね~!
ラマちゃん
うんうん!

そして、見つけてくれる人に感謝ね♪

◇喜美ちゃんの15歳らしさ

ドラまる
最初は違和感を覚えていないといったらうそになるって感じだったのに、段々、設定年齢に見えてくるんだからすごいなぁ…。
ラマちゃん
朝ドラって、すごく細かくそう見えるように設定を詰めてくれてる気がするのよね。

だから、多少の違和感をポイってして、基本的には安心して見られるのよ!

◇荒木荘のゆかいな仲間たち

ドラまる
何か、段々めぞん一刻に見えてきた…。

元々、その気配はあったんだけどさ(笑)

ラマちゃん
そうね。

荒木荘の仕事を辞めたら、この人たちが出なくなっちゃうんだから、荒木荘に残るわよね♪

◇本日の第五の三毛猫ちゃん

ドラまる
大阪を去るまでに、この猫ちゃんの名前が知りたいなぁ♪
ラマちゃん
でも、きっと当たり前にいるのらちゃんなのかしらね…。

◇本日の気になるイラストさんたち

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」21話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は荒木荘の住人たちの様々な生き方を通じて、自分の将来を見つめ直す。

その結果、「女中の仕事を途中で投げ出して、転職はできない」とオファーをくれたちや子(水野美紀)に告げる。

女中として一人前になった後、「自分が本当にやりたい道に進む」と決意。

その視線の先には趣味で続ける描きかけの絵があった。

その頃、信楽では川原家に異変。

室内が荒らされ、家族が大切に取っておいた喜美子からの仕送りが…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」20話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~。

今日は、たくさんの大人たちの道を見て、色々思うところがあったって感じだね!

ラマちゃん
そうね~…。

やっぱり、ここは荒木荘に残るのよね。

きっとそうよね…。

そして、そろそろお父ちゃんが前借にくるのよね…。

黒猫葵
何だか不安になってきました。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA