スカーレット|第3週・18話ネタバレと感想。喜美子に給料5倍の引き抜きの話が!?どうする?? 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』18話が2019年10月19日(土)に放送されましたね。

ドラまる
今日は、初めてのお休み、初めてのお出かけみたいだよ!
ラマちゃん
さださんの下着ショーを見に行くのね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」18話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」18話のネタバレあらすじ

信楽の川原家に現金書留が届きました。

喜美子(戸田恵梨香)からの仕送りです。

喜美子は、少ないお給料を全額実家に送りました。

大卒の初任給が6,000円といわれていた頃です。

喜美子のお給料は1,000円でした。

現状、のぶ子(三林京子)から仕事を教えてもらう見習いの状態。

のぶ子が隠居して、初めて荒木荘の女中の仕事を任されるということになります。

更に、のぶ子がどこぞから持ってくるストッキングの修繕もまだ終わっていませんでした。

「ちゃっちゃとやりなはれ!」

「はい!!」

喜美子は、少なくともストッキングの修繕は、荒木荘の仕事ではないと思っていたので、なぜこれをやらなくてはいけないのか…。

夜なべ仕事が続き、睡眠不足でイライラも募っていました。

そのイライラを受け止めるのは、枕です。

枕に柔道の技をぶつけ、発奮していました。

喜美子がストッキングの修繕をしていると、夜も深くなった頃、ちや子(水野美紀)が帰ってきました。

「起きてたん?」

「ごはん温めますか?」

ずっと疲れ果て、食事もまともにとれていなかったちや子です。

「あ~…うん。お願いしようかな!」

そうして、お茶漬けを食べるちや子の横で、喜美子はお給料1,000円の話をしました。

「お給料全額仕送りするって約束やったんですけど、もう少しあったら、すこ~し抜いて…あれしようと思ってたんです。」

喜美子は、荒木商事でメイクの指導をしてくれていたホステスのお姉さんが、元気のないときに口紅を塗ると気分も明るくなると言われたことを話しました。

「せやから、口紅の1本でも買うてあげたいなって…。」

「誰に?」

喜美子は、ちや子を見つめます。

まさか、自分のこととも思わない、ちや子は思わず自分の後ろに誰かいるのかと振り返り、誰もいないことを確認すると尋ねました。

「うち?」

喜美子は、頷きます。

ずっと疲れた様子のちや子を心配していたのでした。

「あ~じゃ~あのペン立てとコーヒー無料券も!」

再び頷く喜美子。

「それは…気ぃ遣わせてしもうたな…。お礼いわなって思ってたんよ。ありがとう。」

ぺこりと頭を下げたちや子は、会社であった先輩引き抜き事件のことを話して聞かせました。

急に辞めた先輩というのは、他社からの引き抜きにあい、全ての仕事を放り投げて辞めてしまったのだと言います。

喜美子は、お給料がたくさん出る方に行きたいという気持ちだけは理解できました。

すこし沈黙が続いて、ちや子は尋ねました。

「下着ショーいくんやて?」

「あ!はい!一緒に行けます?」

「あ~うん。カメラを会社に取りに行くけど!」

そして、下着ショーの日です。

喜美子はお休みをもらいました。

信楽を出る時に、陽子(財前直見)たちが、あつらえてくれたブラウスとスカートを身にまとった喜美子。

しかし、気が付いてしまいました。

「もう一回着替えていいですか?」

「なんで!?」

「よう考えたら、この服に似合う靴が無いんです…。」

それを聞いたちや子は…。

「あ~それなら…って、こっちの近いな。」

そういって、襖を開けて自分の部屋へショートカットすると、ペン立てとコーヒー無料券のお礼と言って、素敵な靴を貸してくれました。

「唄える喫茶どうでした?」

「まだ行けてないんよ…。あ!帰り寄ろか!それに、旅のお供も、会社に寄るから持って行ってみよう!」

旅のお供とは、あの喜美子が信楽をでる時に、拾った焼き物の欠片のことです。

一度、見てもらおうという話がようやく実現します。

ちや子が勤めるデイリー大阪は、戦後創刊された大阪の夕刊紙です。

編集部の扉を開けると、ぐしゃぐしゃに丸められた没原稿がちや子のおでこにクリーンヒットしました。

編集長の平本(辻本茂雄)もやれやれという顔で、形ばかりの仲裁をします。

「はいはい!もうのいたのいた。お客さんやで。」

そういって、諫めるちや子の後ろで、喜美子は丸められた原稿を片付けるべく拾っていきます。

「ゴミちゃいます!」

「ゴミや!」

さて、焼き物に詳しいというのは、この編集長のことだったようで、虫眼鏡を片手に見つめ…。

「価値があるようなないような…ないようなあるような…。」

大丈夫でしょうか…。

「どっかで見てもらってあげてくださいよ!」

「そんなら、大学の先生やな!預かってええの?」

「無くさんといてくださいよ!」

そんなやり取りも、喜美子半分くらいしか聞こえていません。

というのも…。

「あの…この湯飲み…。」

「あ~こっちは九谷焼、こっちは有田焼や!」

「夫婦茶碗の片割れね(笑)」

「いや、洗ってきてもええですか?汚れたまんまが気になって…。」

そんなことを言いだした喜美子に、全員が…。

「ほな俺のも!」

「僕のも!」

「ちょっと!」

喜美子は、汚いのが気になってしょうがなくなってしまい、洗い物を申し出ました。

「ほな…。」

結局、掃除までしてきた喜美子。

何はともあれ、平田が焼き物の欠片を預かって調べてくれるというので、結果を楽しみにしていました。

そして、下着ショーです。

「あ~来た来た!かいらしかっこうして♪」

さだ(羽野晶紀)が出迎えてくれました。

まずは、控室に一緒に行き、インタビューをするちや子の横で、モデルさんたちが、きれいに仕上がっていくのを、キラキラした瞳で見つめていました。

緊張するモデルさんたちを見て、喜美子は甲斐甲斐しくお茶を入れていました。

そして、始まったショー。

そのキラキラとした世界を喜美子はうっとりと見ていました。

下着ショーの取材を終えて、喫茶さえずりで、ちや子は早々に記事を書き上げました。

「ちょっと電話してくるね!」

そういって、席を立ったちや子と入れ違いに。

「よう来てくれたね♪」

マスター(オール阪神)は、コーヒーを置いて、歓迎してくれました。

「歌集もあるで!」

喜美子は、興味津々で歌集を見ます。

すると、突然、聞こえてくる歌声…。

振り返るとそこには…。

「え?雄太郎さん!?何してはるんですか!?」

そこで歌っていたのは、荒木荘の住人・雄太郎(木本武宏)でした。

しかし、そんな疑問も吹き飛ぶような事件が起きました。

「大変や!引き抜きや!」

ちや子は、そう言って駆け戻ってきました。

「え?ちや子さん引き抜かれたんですか!?」

「違う!喜美ちゃんや!」

「は?」

「きれいに、ササ~って片付けて行ったやろ!…って、雄太郎さんや!」

「あ!そうなんです。雄太郎さんなんです。いや、あの…。」

「しかも、上手いやん!」

気になる事が同時並行、中々話が進みません。

「あの…うちが?」

「あ!そうや。引き抜かれたで!お給料、今の5倍だすて!」

「えぇ!?」

果たして、喜美子はどうなってしまうのでしょうか…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」18話の感想は?

黒猫葵
へぇさんだぁ!!!

と、叫んだ朝。

ちや子さんの上司・平田役で「あさが来た」のへぇさんこと辻本茂雄さんが出演されていましたね♪

今回もあるいみへぇさんと呼べますね(笑)

さて、今日は大阪に来て、初めてのお休みでしたね~。

やっと、信楽でお祝いにもらったブラウスとスカートを着ることができました♪

それに似合う靴を貸してくれるちや子さんも良き…。

喜美ちゃんの周りには、優しい大人が一杯です。

そんな中、編集部に立ち寄ったときの立ち回りで、給料5倍で引き抜きの話が…。

この事件が、きっとストッキングの修繕の意味がわかりそう…そんな気がします。

え?

引き抜かれると思ってませんから(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」18話のネット上の反応や評価は?

◇喜美ちゃんとちや子さんの関係が良き

ドラまる
根っからの長女な喜美ちゃんにとって、お姉ちゃんだよね!

ちや子さんは!

ラマちゃん
うんうん。

なんだかんだ、部屋もお隣だし、これからの関係が楽しみだわ♪

◇歌う雄太郎さん

ドラまる
こういうところは、大阪って感じだね(笑)
ラマちゃん
雄太郎さん、アルバイトなのかしら…。

◇本日の第5の住人

ドラまる
閑話休題的な時に差し込まれる三毛猫ちゃん…。

荒木荘の住猫だよね??

ラマちゃん
やっぱり、最初にこっそり愛でている姿は、のぶ子さんがいいわぁ。

◇へぇさん登場!

ドラまる
あさが来たのへぇさんが登場だね!
ラマちゃん
思わずへぇさんだぁ!って叫んじゃったわよ(笑)

◇本日のスカーレットイラスト!

ドラまる
大久保さん、確かに気が付いていそうだよね…。

そして、それも仕事をするのに必要って、黙認してそう(笑)

ラマちゃん
皆さんのイラストがスカーレット視聴者のお供よね~♪

◇予告まとめ

ドラまる
予告から、色々想像できないのが楽しみであり、じれったくもあるよね!

それが楽しいけど(笑)

ラマちゃん
でも、お父ちゃん…前借にって…何をしでかしたのかしら…。

心配だわ…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」第4週のあらすじは?

2019年10月21日(月)~10月26日(土)8時〜放送のドラマ『スカーレット』第4週のあらすじをご紹介します

大阪で荒木荘の女中として働きはじめた喜美子(戸田恵梨香)だが、ちや子(水野美紀)の勤める新聞社から、雑用係として、引き抜きの声がかかる。

喜美子は男性ばかりの新聞社でがむしゃらにがんばるちや子の姿を目の当たりにする。

心が動くが、自分が女中として大久保(三林京子)に認められていないことを考え、荒木荘に留まる。

一方、信楽では川原家に泥棒が入る事件が。

常治(北村一輝)は金の無心のために喜美子を訪ね、わずかな間に成長した姿を目にする。

一人前になるまでは信楽に帰らないと宣言する喜美子に、頼もしさと寂しさを感じるのだった。

2年半の月日がすぎ、喜美子は17歳。

すっかり荒木荘の女中仕事を任されている。

ちや子は相変わらず記者として忙しい。

雄太郎(木本武宏)は映画の端役として売れず、歌える喫茶「さえずり」で雇われる。

そして医学生の圭介(溝端淳平)は、まるで兄のように喜美子に優しい存在だ。

そんな圭介の前にあき子(佐津川愛美)というかわいらしい女性が現れる。

犬の散歩をする姿を見染めたものの、近づくきっかけのない圭介に、喜美子は協力を申し出る。

「妹」として圭介を応援する喜美子だが、自分の想いには気づいていなかった。

公式サイトより引用

「スカーレット」19話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は新聞記者のちや子(水野美紀)の職場で女中としての細やかな働きぶりが認められ、引き抜きのオファーを受ける。

5倍の給料を払うという破格の条件に喜美子は即決。

しかし女中の先輩・大久保(三林京子)に言い出せず、悩む喜美子。

住人たちに相談すると、意見が対立し、見かねた雄太郎(木本武宏)の提案で、喜美子は大久保に黙って、ちや子の職場で試し働きすることに。

ところが訪れた職場では怒号が響き…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」18話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~引き抜き話が出てきた喜美ちゃん。

どうするのかなぁ…。

ラマちゃん
そうね~…。

でも、最終的に、大久保さんからまだ学ぶことがあるって思いとどまる気がするわ…。

黒猫葵
来週はお父ちゃんが前借にくるって懸念事項もあるので、不安でいっぱいです。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA