スカーレット|第3週・13話ネタバレと感想。喜美子、6年ぶりの生まれ故郷大阪へ! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』13話が2019年10月14日(月)に放送されましたね。

ドラまる
今週は、大阪へ!

個性的な人たちとの出会いが描かれるんだね!

ラマちゃん
信楽のみなさんがすでに恋しいんだけど…。

今週は草間さん出るかなぁ。

そして、また木曜日に帰っていったら面白いんだけど…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」13話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」13話のネタバレあらすじ

昭和28年。

喜美子(戸田恵梨香)の働き口を常治(北村一輝)が見つけてきました。

「春からおまえは大阪や。」

信楽を離れる前に訪れた場所で見つけたのは、焼き物の欠片。

その欠片を、喜美子は旅のお供にしました。

喜美子は生まれ故郷の大阪に、たった一人で、6年ぶりに戻ってきたのです。

「あか~ん。うちにはデザインのセンスがない~。」

とある大阪の会社でそんな嘆きを響かせていたのは、荒木商事の社長・荒木さだ(羽野晶紀)です。

「あれ?今日…何か用事があったような…。」

そう、喜美子との待ち合わせです。

喜美子がいつまで待っても荒木商事の荒木さだ社長はやってきません。

待ちゆく人に、会社の場所を訪ねようにも、いらちな大阪人、急いでいるからと全く喜美子の話に取り合ってくれません。

そして、更に少しの時間が経った頃…荒木商事にお巡りさんが訪ねてきました。

「川原喜美子さんと待ち合わせしはりました?」

そう尋ねられたさだは、思い出しました。

「あ~せやった!せやせや!ちょっとまってなぁ~♪」

「ここでおうてた。もう安心やで。」

お巡りさんは、そう喜美子に告げると去っていきました。

「ありがとうございました。」

中に迎えられた喜美子に、さだはあっけらかんとした物言いで、お詫びをします。

「ほんまごめんなぁ!下着ショーのことで、もう頭が一杯でなぁ!」

「し…下着ショー?」

この頃、少し前まで、『乳バンド』と呼ばれていたものが、洋装が一般的になり、それに合わせて乳パットを入れた『ブラジャー』と呼ばれるようになりました。

「美しく着こなせる下着を作っているの~♪」

さだは一通り会社の社員を紹介します。

ところが、どう見てもこの場所は人が足りています。

そして、一番若手の社員は、モデル兼縫子さんだと言います。

『もしや専任のモデル…。』

喜美子の頭に、そんな衝撃が駆け巡りましたが、ここで逃げては帰れません。

「も…モデルですね!わ…わかりました。」

そう言って、試着品を胸に宛ててみますが、喜美子にとっては、一安心なのか衝撃なのか…微妙なラインな言葉が飛び出しました。

「…あのね…あなたが働くのは、ここやないの。」

すこし言いよどみながら、さだは言います。

「お父さんに、何て聞いてきはったかわからんけどな…。」

「いとこやって。」

「ううん。お母さんの方の遠い親戚なのよ。で、無理くり伝手をたどって、ここに来て…。」

常治は何度も何度も頭を下げ、その熱意に押され、何とか自分が住む荒木荘の女中という形で仕事を見つけたのだと言われました。

このキラキラした会社で働けるのかと、すこしだけ期待してしまった喜美子は、女中と聞いて、ちょっぴりがっかりしてしまいましたが、すぐに笑顔でお礼を言いました。

その頃、その荒木荘では古くから働いている女中の大久保のぶ子(三林京子)が窓の立て付けが直らず苦戦していました。

そこへ帰ってきたのは、下宿人の酒田圭介(溝端淳平)です。

「新しい人来たの?」

「それが…まだなのよ…。」

さわやかに声をかけた圭介は、中から直してみるといいました。

のぶ子はお礼を言うと、その作業を託しました。

さて、やっとのことで、さだに案内されて荒木荘へとやってきた喜美子。

さだがのぶ子を探す最中、部屋の場所を教えてもらい、荷物を置くために扉を開けると…なんと部屋の中には男性が!

先ほど、窓の立て付けを見てあげると約束した圭介ですが、喜美子はそんなこと知りません。

男性と同室なのだと勘違いした喜美子は、腹をくくって、挨拶をし、一区画使わせてもらうと挨拶をします。

驚いたのは圭介ですが、喜美子の勘違いにすぐ気づき、笑いながら言います。

「かわいらしなぁ。かわいらしいこと言うてるなぁ思って(笑)ここに住んでるけど、こことちゃうよ?僕が住んでるのは2階や。酒田圭介言います。僕とここで暮らすと思うたん?かわいらしなぁ。」

そこへ、のぶ子を見つけたさだが部屋にやってきました。

「まぁ!いつのまにこんな女の子を!」

のぶ子が圭介を注意しますが、さだが紹介をします。

「このこよ!信楽からくるっていう子♪」

のぶ子は、喜美子の若さに驚きます。

そして、のぶ子は元々荒木家の女中さんであり、今は近所に住んで、手伝いに来てくれているのでした。

「仕事は全部大久保さんから教えてもらってね♪明日からでいいわよね!?」

「そうだんな。」

のぶ子は、何となく不服そうでしたが、さだは喜美子が不安にならぬよう声をかけます。

「ほな、今日はご飯食べて、ゆっくりしてね!」

「え?」

「賄いつきよ!」

「えぇ!?あ…それにこの部屋…。」

「あぁ。狭うて堪忍なぁ。」

喜美子にとっては、初めての一人部屋。

立派な布団。

しかも、ごはんがもらえる。

それらがすべて、喜美子にとって初めての事でした。

皆が出ていくとすぐ畳にごろごろと転がり、大喜びです。

その声をさだはニコニコ聞いていましたが、のぶ子はしかめっ面。

「あんな子どもには、任せられません!信楽に帰しましょう!」

さだに文句を言っています。

そんなこととは露知らず、喜美子は部屋の中で大喜びのでんぐり返し。

ところが…。

その勢い余って、喜美子はふすまをぶち抜いてしまいます。

しかも、襖が倒れた先には、お隣の住人が。

喜美子は、みるみる青ざめていくのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」13話の感想は?

黒猫葵
喜美ちゃんの喜び具合が…いや~15歳でしたね~♪

31歳の戸田恵梨香さん…すごい(笑)

初めての一人部屋、自分だけの布団、それにご飯がもらえる。

信楽での生活を考えたら、喜美ちゃんにとってはパラダイスですよね(汗)

でも、やっぱり、さすがに荒木商事の若手モデル兼縫子さんは年相応の女優さんって感じだったので、喜美ちゃんの方がお姉さんに見えましたよね(笑)

そして、溝端淳平さん…学ランに似合いますね♪

医学生ということは…20歳くらい?

喜美ちゃんとは5歳くらい違う設定なんですね。

さて、さださんは、とても明るい方って感じですね♪

セリフの後ろに全部♪が見えるレベルです(笑)

そして、すこ~し気難しそうなのぶ子さん。

でも、なんだかんだ、喜美ちゃんの大阪のお母ちゃん的な存在になってくれそうですよね♪

そういえば、うっかりしてましたけど、まだ3週目なんですよね(笑)

何か、もう1月以上は見ているような気分になります。

ということは、信楽に戻ってからをゆっくり描いてくれるのかなぁって楽しみになってきました♪

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」13話のネット上の反応や評価は?

◇朝ドラではたくさんのドラマが生まれるアパートにウキウキ!

ドラまる
朝ドラのアパートは、何だかとってもハートフルだよね~。

現実で、こんなにプライバシー無い感じだったら、本当は嫌かもしれないけど。

ドラマの中みたいな世界なら、ちょっといいなぁって思っちゃうのが不思議(笑)

ラマちゃん
そんなものよね…。

またここでもたくさんのドラマが生まれそうで楽しみだわ~!

◇戸田恵梨香さんが15歳に見える不思議

ドラまる
何か、15歳に見えてくるから不思議だよね…。
ラマちゃん
基本、朝ドラは無茶な年齢を演じさせるところもあるけど、ちゃんと見えるように努力してくれるのよね。

スタッフさんも俳優さんも…だから見えないときは…こほん。

◇一瞬の登場なのに、存在感が半端ない水野美紀さん

ドラまる
ちゅらさんの菅野美穂さんを思い出すね~。

だから、きっとヒロインの辛いとき、寄り添ってくれると思ってるよ♪

ラマちゃん
って、今日あのラスト数秒しか出てないのよ…。

すごい存在感ね…。

◇BK作品の雰囲気を感じるスカーレット

ドラまる
わかる。わかる。

今日の荒木商事の雰囲気は、べっぴんさんぽかったね!

ラマちゃん
照ちゃんと喜美ちゃんの関係は、カーネーションぽいしね♪

何か、懐かしさを感じるわ~。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」14話の予告あらすじ

喜美子(戸田恵梨香)の仕事は下宿屋での住み込み女中。

医学生の圭介(溝端淳平)始め住人たちとの挨拶もそこそこに、隣室のふすまを蹴り倒す失態を犯す。

慌てる喜美子を元女中の大久保(三林京子)が冷ややかに見つめ「あんたにはムリや」と言い放つ。

喜美子が食い下がるも大久保は受け入れない。

オーナー・さだ(羽野晶紀)も交えた協議の末、喜美子は翌日、信楽に帰ることに。

落ち込む喜美子が荷物を広げると思わぬものが出て…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」13話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
え~!

喜美ちゃん、信楽に帰っちゃうの…。

ラマちゃん
いえ、でも喜美ちゃんなら、絶対に説得してくれると思うわ!
黒猫葵
ここで信楽に帰るわけがありません。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA