スカーレット|第1週・4話ネタバレと感想。喜美子が得意なことは…まさかアニメーションを描く⁉ 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』4話が2019年10月3日(木)に放送されましたね。

ドラまる
さ~給食費問題は、解決できるのかなぁ…。
ラマちゃん
喜美ちゃんの明るさに救われつつも心配だわ…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」4話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」4話のネタバレあらすじ

常治(北村一輝)草間(佐藤隆太)拾ってきたことで、喜美子(川島夕空)の家の家計は、もっと苦しくなってきました。

給食という至福の時間が奪われるかもしれない。

それは、喜美子にとって、一大事でした。

草間を探しに行った喜美子は、先日遭遇した陶工の慶野川(村上ショージ)と一緒にいるところを見つけました。

「お兄さん、わかるんけ?信楽の土の良さ!」

「いえ。でも、昔は、このあたりまで琵琶湖だったと聞きます。それで、こういった独特の肌の粗さがあるんでしょうか…。あったかい感じがします。」

「あったかい?ええこといわはるわ!どんどんもってき!」

機嫌をよくした慶野川は、草間の手にどんと土をのせます。

「どんな焼き物を作るんですか?」

「この辺は、火鉢だな~!」

「いえ、慶野川さんは。」

「わしか?わしは~…茶碗やな。」

「見てみたいな~どんな茶碗だろ~。」

慶野川は、謙遜のような照れのような表情を浮かべ固辞しますが、その様子を見ていた喜美子が口を挟みました。

「見せてあげてください!」

喜美子には、それが草間の心の栄養になるかもしれない。

ひいては、元気になって、家を出て行ってくれるかもしれない。

すなわちそれは、喜美子の大事な給食の時間を守ることにつながるからです。

早速、慶野川の自宅に連れて行ってもらった草間と喜美子。

草間は、満州にいたころ、上司の家に飾ってあった、大きな陶磁器のお皿に心が動かされたと言います。

「懐かしいなぁ…。」

「それは、心に栄養が染みわたってことちゃう?」

喜美子は尋ねました。

草間は、医者からの話をよく覚えていなかったのか、常治が信楽につれてきてくれた理由を何となく察したようです。

そこへ、恥ずかしそうに、慶野川は渾身の茶碗を持ってきました。

恥ずかしそうに焦らす慶野川の手から茶碗をひったくった喜美子は包んである新聞紙を開きます。

中から出てきたのは、言ってしまえば普通の茶碗。

慶野川自身も、保管が悪く少し剥げてきてしまった部分を見つけてしまいました。

そんな状態ですから、喜美子には、全くその良さが理解できません。

「あかんやん。そんなんただのごみや~。」

慶野川のショックを受けたような表情にも気づかず、喜美子は茶碗を酷評しました。

そんな茶碗では、草間は元気にならない。

つまり、家から出て行かないからです。

草間は、そんな喜美子の心を見透かしているかのようでした。

その夜、夕食の片づけをしながら、マツ(富田靖子)は、給食費を心配する喜美子に、自分も近々働きに出るからと約束をします。

しかし、喜美子は大反対!

「あかんよ!お母ちゃんは…え~ほら数字みたいな…1・2・3…あ!さんご!産後の肥立ちがわるぅて寝込んだやん!体弱いねんから、無理したらあかん!」

マツは、そう言って気遣う喜美子に、草間へ水を持っていくようお願いしました。

喜美子は、水を持って草間が寝泊まりしている部屋に茶碗を持っていきました。

そこで、草間の具合を尋ねます。

ところが…。

「今日、ひどかったね。」

「あ~慶野川さんの作品?ひどかったなぁ。心動かされるどころか、がっかりやった!」

そういって笑う喜美子に、草間はぴしゃりと言いました。

「人の心を動かすのは、作品じゃない。人の心だよ。作った人の心が、作品を通してこちらの心を動かす。ひどかったのは、君だ。子どもだからといって、ああいう態度はいけないよ。一生懸命作った人に失礼だ。慶野川さんに失礼だ。」

思いがけない厳しい草間の言葉に、喜美子は落ち込んでしまいました。

翌日の学校でも、落ち込む喜美子。

そうとは知らず、昨日教わった草間のマネの腕を上げた信作(中村謙信)が声をかけます。

でも、今の喜美子には届きません。

そんな2人のやり取りを、照子(横溝菜帆)が割って入り、信作に声をかけます。

「紙芝居屋のお菓子が新しくなったんよ!一緒に食べてあげてもええよ?ポン煎餅っていうんだけど…。」

それに食いついたのは、信作ではなく喜美子です。

どんな味なのかが気になってしまったのです。

その日の放課後、喜美子は直子(やくわなつみ)を連れて、紙芝居屋に行きました。

しかし、順番に並んで、そのお菓子にはお金がいることがわかりました。

何とか直子にだけ、こっそりもらえないかと交渉しますが、紙芝居屋さんも慈善事業ではありません。

そこへ、いじめっこ集団もやってきて、笑いながら言います。

「どけよ!お金ないくせに厚かましいど!」

喜美子は、悔しそうに直子を連れて帰ろうとしますが、またもや直子のわがままがさく裂。

紙芝居が見たいとだだをこね始めたのです。

紙芝居屋のおじさんは、紙芝居だけならタダでいいと声をかけてくれますが、周りはみんなお金を払って買ったポン煎餅を食べながら見ています。

その、子ども達の冷たい視線に耐えられなかった喜美子は、直子の腕を強く引き、家へと帰りました。

家に戻って洗濯の手伝いを始めた喜美子の横で、直子はだだをこねていますが、喜美子はその一切に返事をせず、黙々と洗濯をするのでした。

その翌日のことです。

喜美子は、慶野川の家に行きました。

驚く慶野川に、喜美子は謝りに行ったのです。

しかし、慶野川は、そんな素直な喜美子を笑い、名前を尋ねました。

「喜美ちゃん!気にしんでええよ!もうな~焼きもんは若いもんに任せてな、田舎に帰ろう思うてる!ほんそこやけどな!畑があるさけ、細々暮らしていくわ!最後に…ええ茶碗1つ作りたかったなぁ。」

「ええ茶碗でした!」

「ふふ!無理しなや!」

「はい…。」

慶野川は、喜美子に言いました。

「ずっと、陶工やりながら、陶芸家に憧れてた…。」

喜美子は、それは両方同じだと思っていたので、驚きました。

「そうは言うたけどな、わしの中ではちょっとちゃう。自分だけの作品をつくる芸術家や!わからんけ?まぁええわ。陶芸家はアカンいう話や。そもそもお金にならへん!大変なんや!陶芸家になんかなったらあかんで!」

「お金にならんことはしません!」

「頼もしいなぁ!」

そんな喜美子を見て笑う慶野川。

喜美子は改めてひどいことを言ったことを謝りました。

「こちらこそ、ひどい作品を見せてしまってすみませんでした(笑)」

そういって頭を下げあう喜美子と慶野川。

その時、喜美子の目に紙が見えました。

その紙を分けてもらった喜美子。

更には、絵の具を大野雑貨店の陽子(財前直見)にお古の絵の具を分けてもらいました。

その夜、喜美子が鉛筆を削っていると、酔っぱらった常治が帰ってきました。

その酒臭さに、喜美子は早く寝るよう促しますが、なんだかんだと喜美子に絡んできます。

社長の娘の照子と仲良くしろや、草間の様子を教えろと…。

「いつになったら、元気になって出ていくのかなぁ。あんなん誰が連れてきた~。俺や~」

そんな酔っ払い常治を寝かすと、喜美子は紙の前に腕を組んで座ります。

喜美子は、読み書きは苦手でしたが、得意なことがありました。

それは…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」4話の感想は?

黒猫葵
段々、ちょっと直子ちゃん…鼻についてきましたよ…。

何が怖いって、あの家、喜美ちゃんの我慢の限界が来て爆発したら、ガチで成り立たない点ですねぇ…。

普通に言ったら、あと数年でぐれてもおかしくなさそうです(笑)

でも、登場人物を見る限り、ぐれるのは直子っぽいですねぇ…。

直子がだだをこねるのはしょうがない…が、もう少し両親たちは、喜美子の側に立ってあげてほしい…。

ちょっと心が痛くなってきます…。

今日は、喜美ちゃんも、中々の暴言を吐いていましたが、言われれば理解して謝りに行くくらいの素直さがありますからね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」4話のネット上の反応や評価は?

◇喜美子が心配

ドラまる
喜美ちゃんが草間さんとのふれあいで、お勉強とか人付き合いとか覚えていくのかなぁ。
ラマちゃん
何となくそんな感じするわよね。

喜美ちゃの心にもやすらぎを…。

◇草間さんは心の師になるのかな

ドラまる
草間さんは、心の師になりそうだね!

登場人物紹介を見る限り、遠くない将来、信楽は出ちゃうみたい。

でも、折に触れて喜美子の前に現れる謎の旅人って書かれてるよ!

何と言うか、「まんぷく」の神戸に真一さんを足して割った感じだね~(笑)

ラマちゃん
スナフキンみたいね(笑)

何か「風のハルカ」の猿丸さんみたいね…え?将来喜美ちゃんと結婚する!?

ちなみに、「風のハルカ」で猿丸さんは、最終的にヒロインと結婚します。

いったん、幼なじみと婚約するんだけど…相手が結納の日に逃げて破談するのよね…その後、幼なじみグループの違う女子…っていうかヒロインの親友とくっつくのよ。

その流れでくると、林遣都くんと戸田恵梨香が一瞬言い雰囲気なのに…逃げるってパターンか…その後大島優子さんと…。

そんなことになるのかしら(笑)

何となくその雰囲気を思い出すのよね…草間さんを見てると…。

◇直子にちょっとモヤモヤ

ドラまる
直子の恐怖を思えば、喜美子は文句を言いにくいのはわかるけど、両親はそろそろダメなことはちゃんとダメって言わないといけないなぁって思うよね。

それこそ、今日の草間さんじゃないけど、「子どもだからといって、ああいう態度はいけないよ。」

ラマちゃん
ギャーギャー言わせて発散させる必要はあるかもしれないけど、両親によるアフターフォローが全くないのが気になるところではあるのよね…。

もちろん、喜美ちゃんをないがしろにしてるわけじゃなくて、愛情がないわけではないことだけはみてわかるんだけど…。

◇いい人が一杯

ドラまる
今のところ、ただの悪人は出てきてないかなぁ。
ラマちゃん
照ちゃん、信作、喜美ちゃんが早く仲良くなってほしいなぁ。

それに大人たちも、みんな見守ってくれてる感がいいわぁ…。

お父ちゃんもあかんたれだけど、憎めないのよね…。

◇紙芝居屋さんの正体は…。

ドラまる
華大さんの動機だそうだよ!
ラマちゃん
すでに村上ショージさんも出てるし、今回は芸人さん多め化もしれないわね♪

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
でも、普段のスルーを見てると、今日は珍しく乗ってくれてるって思ったよ(笑)

ツンデレのデレが出た感じ(笑)

ラマちゃん
あさイチは、信楽の取材だったり、草間さんがゲストだったり…

でも、受けは紙芝居屋さんが大さんの同期という事で、その点だったわ!

喜美ちゃんがアニメーション描き始めたら、面白いけどね(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」5話の予告あらすじ

昭和22年滋賀・信楽。

9歳の川原喜美子(川島夕空)は得意な絵描きで、給食費を稼ごうと考える。

お金がなくて見られなかった紙芝居を自ら作るつもりだ。

絵を描き始めると、居候の草間(佐藤隆太)に絵をほめられ、喜美子は喜ぶ。

没頭するあまり、学校へ行くのを忘れてしまうほど。

出会ったタヌキ、きらめく琵琶湖、大切な家族。

喜美子が絵を描き終えると、家族と草間の前で披露する。

ところが思わぬ家族の言葉で、予期せぬ事件が…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」4話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~…どうやら、喜美ちゃんは紙芝居を作るみたいだねぇ…。
ラマちゃん
でも、何か事件が起こるみたいよ…

何だか心配だわ…。

黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA