スカーレット|第1週・3話ネタバレと感想。喜美子、至福の給食を死守できるのか!? 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』3話が2019年10月2日(水)に放送されましたね。

ドラまる
お父ちゃんが、何やら大変な拾い物をしちゃったみたいだよ…。

川原家はどうなっちゃうのかな…。

ラマちゃん
う=ん。

福の神なのか…それとも疫病神なのか…。

心配ね~。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」3話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」3話のネタバレあらすじ

新しい学校生活には、これまでなかった時間があります。

学校給食です。

まだ、週2回の補助食程度で、主食は各家庭持参です。

喜美子(川島夕空)にはありません。

それでも、心浮き立つ嬉しい時間です。

いの一番に食べ終えた喜美子は、美味しいけれど…正直言うと、こんな表情を浮かべました。

『足りないなぁ…。』

思わず周囲を見渡します。

そんな喜美子を照子(横溝菜帆)は、これ見よがしコッペパンを食べながら振り返ります。

そして、隣の席の信作(中村謙信)のおにぎりを美味しそうに見つめます。

信作は、そっと喜美子に背中を向けておにぎりにかじりつきました。

喜美子にとって、主食はなくとも楽しみな給食。

しかし、そこにはつらい現実が…。

「え?給食費!?給食ってただじゃないの??」

母・マツ(富田靖子)は、お隣の陽子(財前直見)から、そんなはなしを聞いていました。

さて、放課後、喜美子は洗濯板で洗濯をしていました。

その様子を直子(やくわなつみ)は、素知らぬ顔で横にいます。

「直子もやってみるか?」

「嫌や。何でそんなつまらんことやらなあかんねん。」

すると、直子の手の中にあるふかし芋の存在に気が付きます。

「そのふかし芋、ねえちゃんのちゃうん?」

「ねえちゃんは、給食食べてきたやろ?」

「またそれ言う…。」

その時、大きな喜美子を呼ぶ声が。

「お父ちゃんや!」

常治(北村一輝)の声を聞きつけ、出迎えに走ると、喜美子に夕飯の指示を出す常治。

今日は、白いおかゆに卵を入れて、夕飯を作れというのです。

久しぶりに見る白いお米に、たくさんの卵を見て喜美子は大喜びです!

ところが…、直子の不思議な視線に気が付いた喜美子は、その目線の先を見てみました。

すると、そこには、軍服姿の男性が縁側に座っていたのです。

それは、大阪で暴漢に襲われた草間宗一郎(佐藤隆太)です。

病院へ連れっていってみると、けが自体は大したことが無さそうなのですが、心の方が心配だと言われ、どこか空気のいいところで養生したほうがいいと勧められ、思わず連れて帰ってきてしまったのです。

その夜、久しぶりの卵入りのおかゆでしたが、見栄っ張りの常治のせいで、ほとんど草間の茶碗の中に。

少ないと不平を言う直子に、喜美子は黙って自分の分を分けてあげました。

しかし、草間は1口食べて、箸を置いてしまいました。

『なんか変。』

喜美子は、この人は今までに会ってきたことのない、何かが違う。

そう思っていました。

そして、喜美子は気が付きました。

「わかった!この人、日本人とちゃうんでしょ!だって、言葉が違う!しゃべりが、何やムズムズする。どこの国の人?」

「何を言うてんねん。東京の言葉や!」

「東京?」

「東京は…日本がこうあったら…この辺。日本の真ん中よ!」

それを聞いて、喜美子は驚きます。

「え?日本の真ん中って、大阪と違うの!?」

「ちゃうわ!恥ずかしいなぁ!もう!」

「え!?お父ちゃん、そう言うてたやん!」

「言うてへんわ!黙っとけ!てい!」

そんな喜美子と家族のやり取りを見て、草間は、ほんの少しですが、初めて笑みを浮かべて言いました。

「生まれ育ったのは、東京ですが…。大学はこちらで。」

「あ…大学出てはるんですか」

やっと自分の事を話し始めた草間の偉い経歴に、常治は思わず足を正します。

「その後、おじに呼ばれて、満鉄に…。向こうで働いていました。終戦も向こうで迎えました。ようやっと、船に乗れて…日本に戻ってきたのは、この春です。」

「大変でしたな。」

「ご苦労様でした。」

常治とマツは、満州から引き揚げてきた人たちの、悲惨な状況はどこそことなく、耳にしていたので神妙な面持ちを浮かべて言います。

「向こうでの暮らしが長かったので…、どこの国の人かといわれてしまうのは…まぁ、確かに『中らずと雖も遠からず』です。」

マツは、喜美子の無礼とも聞こえてしまうかもしれない物言いを謝罪します。

しかし、草間はにっこりと喜美子を見つめて言いました。

「君は鋭いね。」

喜美子は、標準語で言われた、その言葉がすっかり骨身にしみてしまい、骨なしのぐにゃぐにゃともいえる勢いで喜んでいました。

それは、翌日、信作にマネをさせるほどでした。

「何や!友達いらん!言うてたやん!」

そんな2人を見て、照子は不満そうに声をかけます。

ところが喜美子は…。

「あ~友達ではない!」

そう言って、あっけらかんと教室に向かってしまいました。

もちろん、引っ込み思案の信作は、ただ無言でした。

さて、その頃、常治は大野(マギー)から、仕事を世話してもらい、ある会社に来ていました。

そう、『丸熊陶業』です。

運送屋として、挨拶に来たのです。

社長の熊谷秀男(阪田マサノブ)は、うっすらと話を聞いていたようです。

そして、近くを通りすがった照子を紹介します。

照子は、苗字を聞いて、おそらく喜美子の父であることを察したようでした。

常治の新しい仕事は、火鉢の運送です。

学校から帰ってきた喜美子は、常治が仕事に行っていると聞いて、一安心します。

ところが…。

「すぐにはお金、入ってきぃへん。このままだと給食費が払われへんわ…。」

草間が家に来たことで、食費を圧迫し、とても給食費に回せそうにないというのです。

喜美子にとって、今、学校にいく理由は給食といっても過言ではありません

あかん。それはあかん!給食は大事や!命綱や!何とかせな…。」

昨日のときめきはいずこやら、喜美子は給食を死守するために、考え始めるのでした。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」3話の感想は?

黒猫葵
喜美子のキャラ、いいですね~。

でも、段々と、先々の戸田恵梨香さんと桜庭ななみさんとの確執の火種が…と思えてなりません。

喜美子が、直子に対しては、わがままを全部受け入れている感じが不安でなりません。

子どもの内がお父ちゃんが、大人になってからは直子が、トラブルメーカーになりそうな雰囲気がひしひしと…。

これは、なかなかですね。

さて、そんなお父ちゃんが拾ってきた、佐藤隆太さんもとい草間さん。

何やら、いろいろ背負っていそうですが…。

でも、のどを通らないなら…このくらいは言ってほしかった。

「お腹いっぱいで食べられへんわ。喜美ちゃん、食べな。」

だって、少ないおかゆを草間に大盛りにしてたのを見てるはずだし、少ないっていう直子の不平に空くない自分のおかゆを分けてあげたの見てたわけですからね…。

さて、給食費問題は無事解決するんですかね…。

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」3話のネット上の反応や評価は?

◇明るすぎる喜美子が逆に心配

ドラまる
喜美子が明るくて救われてるけど…

色々、心配だなぁ。

ラマちゃん
そうね~…。

草間さんが、いい潤滑剤になるのかなぁ。

◇直子のわがまま…わかるけどモヤモヤ。

ドラまる
直子のわがままにモヤモヤするんだよね。

怖い目にもあったし、小学校にも上がらないくらいの年の頃だから、5歳とかそのくらいなんだろうし…。

そんな年から、喜美ちゃんレベルで聞きわけがいいとか、そんな馬鹿なって感じだしね…。

ラマちゃん
まぁ、登場人物紹介に「川原家の次女。3歳のときに空襲で一人取り残された記憶が、トラウマになっている。性格はわがままで自由奔放。家の手伝いは大嫌い。喜美子と自分を比べ、どうも損をしているような気がしている。早々に信楽を飛び出してしまうが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、喜美子にトラブルを持ち込んでくる。」って書いてあるから…。

その火種がぶすぶすと育ってるわね~…。

◇本日の照子

ドラまる
この間の照子との友達になってあげる、いらんの件は、いつか回収されるのかな。

どこかのタイミングで、「友達や!」って言いあうシーンとか出てきてら、あのシーンを思い出してジーンとしちゃいそう…。

ラマちゃん
今日の嫉妬の表情もかわいかったわ~♪

◇今日の父・ジョージ

ドラまる
あの正座に直すシーン、ちょっとクスってしっちゃったよ。

あの直前にお母ちゃんが「見栄っ張り」って言ってたのが、すごい回収されるシーンだったよね。

ラマちゃん
そうね~おかゆをもっと盛れって目で話したり、正座に足を直したり(笑)

卵をたくさん入れろっておかゆを指示したり…。

何と言うか…憎めないけどモヤモヤはするけど…きっと悪い人ではないんだってもうすこし我慢してみてみましょ(笑)

2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「スカーレット」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「スカーレット」4話の予告あらすじ

昭和22年滋賀・信楽。

9歳の川原喜美子(川島夕空)は学校の給食が大好き。

父・常治(北村一輝)が連れてきた謎の男・草間(佐藤隆太)の食費が増えたせいで給食費が払えない危機を知ると、喜美子は草間に早く出て行ってもらおうと考える。

心に栄養が足りないという草間を元気づけるため、陶芸家の家に押しかけ、焼き物を見せてもらう。

だが作品は喜美子にとって不格好で、悪気なくけなしてしまう。

草間から喜美子へ思わぬ言葉が…

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度後期NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」3話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
給食費問題は、一体どうなっちゃうんだろう…。
ラマちゃん
喜美子が笑顔で我慢を強いられてるのが…ちょっと不憫になってきたわ…。

何かハートフルな出来事、起きないかしらね…。

黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA