なつぞら|第25週・149話ネタバレと感想。千遥と親方の合縁奇縁にホロリ…天丼の味の謎が解けた 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』149話が2019年9月20日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」149話!

千遥の離婚問題は、無事解決するかな? 

ラマちゃん
早く笑顔でごはんとか食べてほしいわね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」149話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」149話のネタバレあらすじ

ある雪の日の十勝に電話が鳴り響きます。

剛男(藤木直人)が電話に出ると、それは東京から千遥(清原果耶)とのことについての連絡でした。

そんな電話を受けている頃、牧場の横で小さなカフェ的なことをやろうと考えている富士子(松嶋菜々子)砂良(北乃きい)が、夕見子(福地桃子)にアドバイスをもらっていました。

売店では、ミルク、いちごミルク、小豆ミルクを作ろうと思っているといい、『雪月』での小豆のアイスの味のヒミツを聞き出そうとしますが、夕見子にそんな小細工は通用しません。

「企業秘密だから。」

あっさりと返されてしまった二人は、不満げに夕見子を見つめます。

そこへ、電話を終えた剛男がやってきました。

そして、千遥が離婚しようとしていること、そしてそれを見届けるために、東京に行こうと思うと言い出したのです。

「はぁ?あんたが行ってどうなるの!」

「いや、どうにもならんかもしれんけど。俺には、責任があると思うんさ。」

そして、咲太郎(岡田将生)と2人、千遥の話し合いの場へ向かいました。

店に入ると、置屋で千遥を引き取り育ててくれたなほ子(原日出子)と千遥がいました。

初めての対面に挨拶とお礼を伝えました。

逆になほ子は、自分は2人に恨まれているのではと思っていました。

何しろ、千遥が結婚するときに、昔の家族とは縁を切るよう進言したのは、なほこだったからです。

しかし、咲太郎はすぐにその言葉に首を振りました。

何よりも、千遥を思ってのことだと分かっていたからです。

そこへ、雅子(浅茅陽子)と夫の清二(渡辺大)がやってきました。

雅子は、突然現れた千遥の兄と姉に、目を白黒させています。

そして、置屋にくる前までの、千遥の状況を嘘偽りなく伝えました。

「つまり、そういうことを隠して、うちに嫁に来たわけね!」

雅子の厳しい言葉を、清二は制止します。

千遥が『いわくつき』であるという事は、清二が求婚したときから、およそ察しはついていたはずだと言います。

もちろん、雅子は清二が、結婚したいと言い出した時、千遥の身辺を調べ、置屋に売られたことまではわかっていたと言います。

それでも、清二が惚れていたことや、千遥の親方であり、雅子の夫である先代の鶴の一声で、特に問いたださなかったのだと言います。

更に、清二は、自分よりも父親が千遥を可愛がっていたこと、そして、そんな父が亡くなった今、千遥がこの店にいる理由が無いことを並べ立て、吐き捨てるように言いました。

「よくこの店を辞める決心がついたな。俺は、千遥さえよければいつ別れてもいいと思ってたんだ。」

「千遥さんは、この店をつぶしてもいいんですか。」

「はい…。すみません。養育費も何もいりません。千夏といられれば、それだけでいいんです。」

しかし、雅子の返答は非情なものでした。

「そうはいきませんよ!千夏は、うちの大事な孫ですからね。ここを出て、あなたが一体どうやって育てていけるというの?」

「仕事はすぐに見つけます。」

「それに私たちがいます。家族がいます。どうか、千遥から、千夏ちゃんを奪うようなことだけはしないでください。これからは、家族が必ず支えていきます。」

「千夏は、ちゃんと育てます。」

そんな2人を見て、やれやれといったため息をつく雅子に、1人冷静さを保ち、咲太郎が雅子に言います。

「女将さん。実は、千遥の…我々の戦死した父も料理人だったんです。日本橋で、小さな料理屋をしていました。その前は、浅草の料亭にいて、そこで女中をしていた母と知り合って、独立したんです。2人とも、子どもの頃から、奉公に出されて、頼れる人は少なかったといっていましたが…。その小さな店で、本当に私達家族は幸せだったんです。戦争さえなければ…。その店を、私が再建したいと思っています。千遥には、いずれ、その店を継がせたいと思います。だから、安心してください。」

そんな具体的な今後のプランを説明する咲太郎を制止し、雅子が尋ねました。

「今、お父様が、浅草の料亭にいたっていったけど、何ていうお店?」

しかし、咲太郎は、その料亭の名前までは知りませんでした。

「…亡くなったうちの人も…若い頃は、浅草の料亭で修業をしていたんですよ。…もしかしたら、そのころから、あなたとうちの人は、縁があったのかもしれないわね。」

そう呟くと、千遥に向き直り、雅子は言いました。

「あなたたちの気持ちは、よくわかりました。夫婦の関係に関しては、こっちが悪いんでしょうから、離婚は認めます。いいわね?」

「はい。」

「だけどね、千遥さん。あなたは、何か思い違いをしているようだけど、この店は、今、あなたがいないとやっていけないのよ。この店の味は、あなたの味なの。あなたは、うちの人が見込んだ料理人なのよ。私はね…うちの人が残したこの店を。できれば続けたいの。離婚しても…この店は、やってもらえないかしら。清二にも父親としての責任は残りますからね。まぁ、どんな形にせよ、この店は、あなたが受け継いで。千夏も、ここで安心して暮らせるほうがいいでしょ?」

「お義母さん…本当にそれでいいんですか?」

「引き受けてもらえる?」

「女将さん!」

千遥にとって、これほどの条件はない中、足を崩して清二が言います。

「さすが母さんだ。」

「お前がいうな!」

バカ息子にぴしゃりと言ってのける雅子は、さすが神楽坂の料亭を仕切ってきただけのことはあるといった感じです。

清二は、崩した足をもう一度正座に戻しました。

「はぁ!これですっきりしたわね!」

そう言って笑う雅子に、千遥は深く頭を下げました。

こうして、千遥の離婚問題は解決しました。

そして、咲太郎は確信していました。

「やっぱりそうだよ。絶対にそうだ!千遥の親方と俺たちの親は、同じ浅草の料亭にいたんだ。そこで、同じの出汁のとりかたを覚えた。だから、千遥は、同じ天丼が作れたんだよ!」

「もしそうなら嬉しいけど…。」

「絶対にそうだよ!」

千遥は、微笑みを浮かべました。

そんなすべてが丸く収まったころ、『杉の子』に、剛男が到着しました。

見せの前に立っていると、小学校から帰ってきた千夏(粟野咲莉)に遭遇しました。

その顔を見て、すぐにわかりました。

「千夏ちゃんかい!やっぱりそうだ!」

天から、父(内村光良)も心配してきてくれた剛男に感謝するのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」149話の感想は?

黒猫葵
雅子さんは、実は最初からそのつもりだったんでしょうかね。

それとも、咲太郎の話を聞いて、夫と千遥の父が修行仲間だったかもという話を聞いてなのか…。

でも、何となくですが、千遥がいないと『杉の子』が回らないのは確実で。

夫の遺した店も守りたい。

しかも、離婚事由的には、こっちが超不利。

だから、元々慰謝料がわりに店はやるつもりだったのかなぁって。

だけど、結婚の時に嘘ついてたのは、間違いないので、そこの点については、きっぱりと物申しておきたかったって所でしょうか。

その中で、千遥が店も捨てたいのか、料理人は続けたいのか…探ってたのかなぁって。

慰謝料でやったものの、あっという間に売り払われちゃ敵わんですもんね。

どうやって落としどころをつけようかと思ってたところに、渡りに船といわんばかりの咲太郎の話でいい落としどころを見つけたって感じですかね(笑)

咲太郎は、すごい具体的に千遥を助けるためのプランを考えてて、光子というしっかりものの奥さんもらって、咲太郎は本当にいい兄ちゃんになりましたねぇ…。

咲太郎がいてよかったですよ。

天丼の味の謎もおそらくそういう事なんでしょう。

そして、何よりもすべて丸く収まったころに到着しちゃう剛男さんの間の悪さ…大好きです(笑)

剛男さんは、わかりますよね…千夏ちゃんを見て…あの頃のヒロインそっくりですからね♪

明日は、剛男さんが何か持ってきたみたいですから…気になりますね~。

だって、場所はお店兼自宅。

あれも千遥の手元にあるはず。

交換するのかなぁ♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」149話のネット上の反応や評価は?

◇義母は意外といい人だった

ドラまる
僕も多分、最初から着地点は決まってたんだと思うんだよね…。

でも、千遥のついた嘘については、まっすぐな人という信さん情報からいくと、きちんとしておきたかったのかなぁって。

ラマちゃん
怒ってから、いかように落とし込もうと思ってたのかなぁって気になるけど。

考えてたことより、いい話が咲太郎から舞い込んできたって感じもしたわよね(笑)

◇咲太郎…いい兄ちゃんになったなぁ

ドラまる
本当に、咲太郎はいい兄ちゃんになったね~。

最初はどうなることやらって思ったけど…。

ラマちゃん
これも、何気に憎まれ口をたたきつつも、ずっとそばにいた光子さんのおかげかなぁって思うわね(笑)

◇藤木直人さんと粟野咲莉ちゃん

ドラまる
剛男さん、肝心なところに間に合わないのまじ剛男さんだけど、きっとあの手に持ってるのは千遥が十勝に置いて行ったワンピースだと思うんだよね。

それが届いて、千遥が姿を消したときに着ていったあのオーバーオールとが揃って…

ラマちゃん
あ~…

明日が待ち遠しい♪

◇渡辺大さんのダメ夫・ダメ息子の演技がすごい!

ドラまる
この一瞬の出演で、本当いいダメっぷりを披露してくれたよね♪
ラマちゃん
うんうん。

「コノヤロー!」って一気に思わせてくれたわよね!

いいお手本がこんなに周りにあるのに…。

こほん…。

この人、別の女のところでもヒモなんですかねぇ(笑)

◇あさイチまとめ

ドラまる
今日のあさイチ、面白いねぇ!!

そうなんだよ…朝ドラと時間続きのあさイチに朝ドラの出演者がゲストで来ると、こういう雰囲気になるはずなんだよね!

今日は、孫二人も来てくれて、すごい楽しい!

ラマちゃん
今回は草刈正雄さんの「なつぞら」の夕見子や照男兄ちゃん、映画「記憶にございません!」出演の宣伝を兼ねて三谷幸喜さんまで登場して面白かったわね~!

裏話もたくさん聞けたし、来週で終わるけど、ラストまでおんじにはお元気でいてほしいわ~!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」150話の予告あらすじ

千遥(清原果耶)にあるものを届けにきた剛男(藤木直人)は、父の手紙が咲太郎(岡田将生)となつ(広瀬すず)と千遥の三兄妹全員に届いたことを知り…。

なつは、剛男に夏休みになったら優(増田光桜)と千遥と千夏(粟野咲莉)を連れて遊びに行くと話す。

そんな時、剛男は、最近、泰樹(草刈正雄)が穏やかになったと話し…。

そして十勝では、泰樹が富士子(松嶋菜々子)にある思いを話す。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」149話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
今日の朝ドラからのあさイチがいいね!
ラマちゃん
千遥の離婚問題もなんとかなりそうだし、あさイチは楽しいし!

来週のプレミアムトークのゲストが気になるわね…あるのかなぁ…。

黒猫葵
剛男さんも登場の明日が楽しみですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA