なつぞら|第24週・142話ネタバレと感想。信さんと明美が東京へ転勤に! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』142話が2019年9月12日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」142話!

昨日は、ラストに向けて、突然の亜矢美さん帰還!

これは、千遥も再登場あるかな?

ニュースで子なつの子の再登場や前ヒロインの福ちゃんこと安藤サクラさんの声の出演も発表されたし、楽しみが増えたよ!

ラマちゃん
そうね…そうそうに『ソラ』の放送が始まりそうだし…って、もうできちゃうの?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」142話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」142話のネタバレあらすじ

ついに、『大草原の少女・ソラ』のデザインが出来上がりました。

前回と違って、みんなの感触もばっちりです。

全員、あの時の十勝で感じた少女のイメージに合っていたようです。

そして、一久(中川大志)も…。

「この子の日常なら、見たくなります。主人公の活躍よりも生きる力そのものを描きたいんだから。」

「そういう精神が、この作品全体に必要なんだろうな…。」

陽平(犬飼貴丈)も大きく頷きながら言いました。

ちなみに、優(増田光桜)は、保育園が終わった後、『マコプロ』で過ごすようになりました。

そして、ある日曜日。

北海道から信哉(工藤阿須加)明美(鳴海唯)が、坂場家にやってきました。

何と信哉と明美は、揃って東京の放送局に転勤になっていたのです。

明美は信哉の元でバリバリ働いているようです。

「そういえば、十勝に行ったんだって?」

そこで2人は、今度、開拓者の話をベースにしたテレビ漫画を作ることを話します。

「でも、知ってる人は、みんななつ姉ちゃんのことだって思わない?」

「僕は、それでもいいと思ってるんだ。それでも、恥ずかしくないような、リアリティにあるものにしたいと思ってるんです。もともと原案にしてるのも、作者の実体験ですし。」

「その方が面白いかもしれない。そういうのが見たいな。」

「そしたら…うん。千遥ちゃんが見ても、なつ姉ちゃんの話だって思うかもしれないね。うちの家族のことも知ってるわけだし。」

「ぜひ、見てほしいよ。どこかで。」

信哉と明美が帰った後、一久は改めて言いました。

「今度の物語だけど。本当に僕は、君の実体験と笠名得るように描いてもいいと思ってるんだ。いや、そうしなければ、君と作る意味が無いと思ってる。十勝に行って、泰樹さんの話を聞いて、開拓者精神の底には悲しみがあることを感じられた。人との結びつきを何よりも大切にする。他人を家族のように受け入れる。その優しさが生まれることも知ったから。それこそが、僕らの描くべき物語だと思ってる。」

「具体的には、どうするの?」

「新しい登場人物を作る。それは、子どもの頃の君であり、泰樹さんであり。それに、千遥ちゃんでもあるかもしれない。いつかは、君と千遥ちゃんが、また家族として結ばれることを信じてる。家族であるかどうかは、本当の家族かどうかではなく、それを望む意思があるかどうかなんだ。それを描きたい。そういう、自分のことのように、物語を描くことに抵抗はある?」

一久は、気遣います。

しかし、一久を信じてついて行くだけと、抵抗などありませんでした。

原案の『大草原の小さな家』に、これまでの経験も織り交ぜた新しい物語が生まれようとしていました。

そして、2人が生み出す物語は、ようやく形になり始めたのです。

製作スタッフには制作進行に石沢(大野泰広)町田(鈴鹿央士)が、動画チェックに立山(伊藤修子)が加わりました。

『マコプロ』には、メインスタッフが7名。

多くの作業を外注しなくてはいけません。

その間を石沢と町田が取り持ってくれるというわけです。

「それで、製作は成り立っていきます。しっかり締め切りを守っていきましょう!」

『はい!』

「返事だけは素晴らしい。」

確かに…こだわりが強いスタッフたち、その扱いは麻子(貫地谷しほり)の手腕にかかっているかもしれません。

そして、第1話の絵コンテが配られました。

一久は、1話の物語を説明し始めました。

「一家が旅をしています。」

荷物を荷馬車に積み荒野を走るのは、父さんと母さんと妹…そして、主人公のソラ。

住んでいた場所を洪水で流され、新天地を求めていました。

その旅の途中、川に流されている少年を発見します。

その時、少年の友達のリスが助けを呼ぶように鳴きます。

それに気づいたソラは、父さんに助けを求めました。

少年は、ソラの機転とその家族によって救われました。

少年の名は、レイ。

レイの家族は、洪水によって流されていました。

孤児となったレイは、ソラ達家族と一緒に新天地に向かって旅をすることになりました。

「その少年も、主人公の家族として、育っていくっていう話?」

陽平は、どこかで聞いたことのある展開に、にやりと目配せをして言いました。

この物語は、ソラとレイの二人の成長を通じて、開拓者家族の物語を描いていくことになりました。

物語に登場するキャラクターも固まり、作画作業がいよいよ進み始めました。

久しぶりの一久との作業は、懐かしくもあり、面倒くささもありました。

それでも、以前よりは的確なダメ出しになっていました。

締め切りは、パツパツで、麻子は若干不安げな表情を浮かべるのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」142話の感想は?

黒猫葵
さて、ここにきて、信さんと明美ちゃんが東京へ!

そんなことも、そりゃ~ありますよね(笑)

でも、中々そんな転勤無いよって思います(笑)

この二人の関係って、周りはある程度、理由を把握してるんでしょうかね??

でないと、不倫とかあらぬ疑惑の目で見られかねないですよね(汗)

そこは、ドラマですから、深く考えるのは辞めます。

何にせよ、またアレクサ信さんにならないことを祈りますが…

彼が転勤する理由はヒロイン様の都合ですから…。

ここで、彼が絡むとしたら、やっぱり千遥だと思うんですよね!

更に明美ちゃんまでもが上京することになったのだとすると…。

あの時、千遥と過ごし、上京しやすいのは、明美ちゃんです。

その辺りの再会のために転勤したんでしょうね…。

いずれにせよ、最終回を目前に信さんの出番増は、単純に嬉しいですけどね。

但し、こき使われなければの話ですが…

大団円を迎える時、その場にいてほしいですしね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」142話のネット上の反応や評価は?

◇信さんと明美ちゃんが東京へ!

ドラまる
信さんと明美ちゃんが東京へ!

でも、微妙にあれ、この二人夫婦だっけ?的な意見も散見してるね(汗)

確かに、そう見えなくもないっていうのが…(笑)

ラマちゃん
いっそ。

ヒロインを憎からず思っていた信さんが失恋し…なんとなく婚期を逃していたところに、ヒロインの結婚式であの時の幼かった明美ちゃんが美しく成長して、自分を追って放送局に入社したっていう流れからの結婚はありだったかもって思っちゃうわね。

もちろん、全てを受け入れて結婚した三倉茉奈さんに非はないのよ(汗)

いずれにせよ、これは千遥再登場フラグと思っているわ!

◇久々の演出家・イッキュウさん

ドラまる
久々のこの面倒な感じ!

いいね!(笑)

ラマちゃん
でも、明らかにダメ出しが的確になって、ちゃんと成長してるわよ!

何か、ちょっと楽しくなっちゃった!

◇やや不安げなマコさん

ドラまる
個人的には、全部入り混じってると思うんだ(笑)

イッキュウさんの指示が的確になってることへの「おお~!」みたいな感じも、相変わらずのこだわりとか、でも締め切りが~みたいな悲喜こもごも入り混じってる感じ。

ラマちゃん
それを一言も声を発さずにすべて表現するマコさん…すごいわ…。

少しだけ、ヒロインにもその一端が見えるといいんだけど…。

◇新たなスタッフ

ドラまる
マイマイだ~!!!

これは…町田くんと神っちでおっさんずラブが…

彼女のいるところに、おっさんずラブは始まるかもしれない(笑)

ラマちゃん
いやいや…さすがにないでしょ(笑)

でも、修子さんが画面の中にいるの、ちょっと楽しくて好きよ!

今回も、楽しいことたくさん言ってくれるといいな~(笑)

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
それは思うね…。
ラマちゃん
今までが出番少なすぎたのよ(笑)

ましてや、ヒロインの同郷でマコさんと同期でイッキュウさんが天陽くんの絵が好きでかかわりを持ちたがってるなら、もっと出番あってもよかったわよね(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」143話の予告あらすじ

マコプロダクションでは連日、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)を中心に「大草原の少女ソラ」の制作が進んでいく。

時に、泰樹(草刈正雄)の姿を想像しながら原画を描き続け、忙しいながらも充実した日々を過ごすなつ。

そんな中、声優のオーディションが行われ、咲太郎(岡田将生)の事務所に所属する蘭子(鈴木杏樹)やレミ子(藤本沙紀)の配役が決まっていく。

そして、ついに放送日がやってきて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」142話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~。

明日には、絵は出来上がりそうだね!

声優さんが決まるみたいだけど、どうせならオーディションから、アフレコシーンまでみたいね!

ラマちゃん
それに、前ヒロイン福ちゃんこと安藤サクラさんも出演するのよ!

何の役かしら…ソラが蘭子さんで、レイがレミ子…お母さんが安藤サクラさん演じる誰かかしらね…。

お父さんには、ぜひ山ちゃんで(笑)

黒猫葵
アフレコシーンが見られたら、嬉しいですね♪

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA