なつぞら|第22週・129話ネタバレと感想。優が一気に成長!幼児の子役ちゃんもカワイイ! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』129話が2019年8月28日(水)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」129話!

子役ちゃんたちの名演技に目を奪われた昨日から一転、どうやら今日は保育園あるある的なことがあるみたい! 

ラマちゃん
優ちゃん、熱出しちゃうみたい…

心配だわ…。

そんな時に、どっちも迎えに行けない…どうしようなんてことがあるのよね…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」129話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」129話のネタバレあらすじ

ある日の『東洋動画・キックジャガー班』に、茜(渡辺麻友)から、電話がかかってきました。

優に少し熱があるのだというのです。

「大丈夫だとは思うけど、一応、伝えておこうと思って…。」

「できるだけ早く迎えに行きます。」

「はよ帰ったり!って…言ってやりたいとこやけどな…。」

電話の雰囲気で優の具合が悪いのだろうと察した荒井(橋本さとし)でしたが、とても帰っていいといってあげられる状況ではありませんでした。

「あら?なっちゃん?どうしたの。」

すぐに『マコプロダクション』に電話をし、一久(中川大志)がいるか尋ねますが、運の悪いことに、脚本家との打ち合わせで外してしまっていました。

麻子(貫地谷しほり)も、すぐに優のことだとわかりました。

「大丈夫です…ひとまずこっちで何とかしますから。」

しかし、結局、帰れたのは、いつもより早いとはいえ、決して早い時間ではありませんでした。

自宅では、眠る優の傍らに咲太郎(岡田将生)の姿がありました。

あの後も、どうしても一久と連絡が取れず、困りあぐね、咲太郎にヘルプを求めたのでした。

咲太郎は、優を茜の家へ迎えに行き、そのまま病院へ連れて行ってくれました。

「ただの風邪だってさ。薬をもらって、飲ませたら落ち着いたよ。…いつも、こんなに遅いのか?」

「これでも、今日は早く切り上げてきた方…。今は、放送前だから、直しも多くて大変なの…」

「それはわかるけど…優のことは、ちゃんと見てるのか?今朝から、様子がおかしいことはお前だってわかってたそうじゃないか。これからも、そんな時も茜さんに預けるしかないのか?」

「今度から、気を付けるから。病気の時は、一緒にいるようにするから。」

咲太郎は、目を合わせない妹に、尋ねます。

「できるのか?」

「できなくてもそうするしかないでしょ?いちいちそんなこと言わないでよ。わかってるから。」

苛立つ妹に、これ以上は何を言っても無駄だと、咲太郎はため息をつきました。

「ごめん迷惑かけたのに。」

「いや、俺はいいんだよ。優は可愛いからな。ただ、なつがかわいそうでな。こんなにカワイイ優と、いつも一緒にいられないのが。…いや、お前はいい母親だよ。余計なこといって悪かったな。」

咲太郎は、優の寝顔をいとおしそうに見つめ、それから1枚の写真に目をやり言いました。

「本当にかわいいな…。生まれたばかりの頃の千遥に似てるよな。」

その写真は、信哉(工藤阿須加)が撮った千遥(清原果耶)でした。

そして、改めて言います。

「なつ、優のことは、俺も一緒に守ってやるからな。」

そう言って、優しくほほ笑むと、帰っていきました。

ふと目をやると、優が目を覚ましていました。

愛娘を抱き上げると、咲太郎と入れ違いに一久が帰宅しました。

夕方には、麻子から優の風邪のことを聞いたという一久。

「夕方?だったら、なんですぐ連絡くれないの!?」

「ごめん。…明日から、家で仕事するよ・そうできるようにしてもらってきた。明ちゃんにうつるから、預けられないだろ。十分打ち合わせしてきたから。」

「…ごめんね…。作画監督なんか…引き受けなきゃよかったかな。」

「何言ってんだ。子どもが風邪をひくなんて、当たり前のことだよ!そんなことでいちいち動揺してたら、子どもなんか育てられない。2人で何とかすればいいんだ。いや、優と3人で頑張ろう。」

一久はそう言って、愛しい家族を抱きしめました。

「急にどうしたの…あ…お兄ちゃんに何か言われたんだ?」

慌てる一久、どうやら、咲太郎の差し金だったようです…。

夫婦の努力とみんなの思いやりで、優はまたすぐに元気を取り戻し、おかげで大きな病気もせずに、すくすくと育っていきました。

そして、3年が経ち、昭和47年の9月になりました。

優は4歳。

『キックジャガー』は大ヒット!

放送は、長く続いていました。

キックボクシングの放映を見ながら、スケッチしていくお母さんをマネしながら、優も絵を描くようになっていました。

そして、3歳になって、保育園に入れるようになりました。

しかし、保育園は夕方の18時までで…帰りが遅いときは、今でも茜の家で過ごしていました。

その帰り道、優は言いました。

「ママ~!公園で遊んで行こう!」

すっかり暗い夜道です。

何とか、言いくるめるのですが、優はどこか不満げです…。

そんなある夜、優に絵本をせがまれ、読み聞かせているうちに、朝になってしまいました。

隣に優が寝ていないことに気が付き慌てると、居間の椅子に座って、優が何かをしていました。

優は、持ち帰った仕事の動画用紙に絵を描いてしまっていたのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」129話の感想は?

黒猫葵
ごめんなさい。

これだけ言わせてください。

本当、何もしてないな…。

今日もいきなり3年スキップして、ナレーション曰く「働く母として成長した」らしいんですけど…正直な感想は「本当に?」です(汗)

今日してた母業は、家で優と『キックジャガーごっこ』して保育園に送っていって、絵本読んだくらいですかね。

よくある旦那への不満の中に、何とか見つけ出したやってくれることって感じしません(汗)

まぁ、こんなことでさえやってくれないって不満は、よく耳にしますけど…。

そして、周りはだいぶ気をつかってくれてますね…

この時代、こんな腫れ物扱いですかね?って、姫の扱いがこんな感じなのは、今に始まったことではありませんけどね(汗)

携帯のない時代ですし、すぐに連絡できないのもいたしかたないのに、あの怒り方…

遅くなった理由は、家で仕事できるように調整してたわけですからね…

もちろん、機材のことを考えたら、自分が家にっていう方が現実的って考えたからでしょうし。

うろたえるだけで、早く切り上げてきただけで、先のことを考えない…。

そりゃ、咲太郎兄ちゃんだって聞きますよ。

「できるのか?」って。

まだ、色々モヤモヤするけど…あんまり文句ばっかり言ってもしょうがないので、今日の癒されポイント。

優ちゃんが茜の家で、喃語でおしゃべりしてるの、超絶可愛かった♪

そして、幼児の優ちゃんもべっぴんさん♪

ヒロインの横で、マネして絵描いてるとことか、可愛いかった~♪

さらに、優を慈しむ咲太郎兄ちゃんのイケメンぶりが…。

いい兄ちゃんになりましたね~…

優ちゃんにとって、いい伯父ちゃんで、いいおじいちゃんで(笑)

それに、子育てと働くを考えたイッキュウさんが、昔の癖が嘘のように好転して、いいパパになりました!

そう言えば、ニュースになってましたけど、優ちゃんの乳児の子役ちゃん(新生児じゃなくて)3人との写真が、中川大志さんのInstagramにアップされてましたね~…

天使が4人でした(笑)

のこりもあと1か月ちょい…優ちゃんはどこまで成長するんですかね~?

本当なら、小学校中学年くらいまで行ってくれると小なつちゃん再起用もあるかと期待してるんですが…

そこまではないかなぁ…そこまで行くとおんじが90近くまで行ってしまうので…悲しい展開が描かれてしまうかも?

いや、おんじは長生きしそうだから、まだ元気なような気もしますけど(笑)

でも、何となくですが、小学校入学周辺で終わるかなぁというのが予想です!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」129話のネット上の反応や評価は?

◇イッキュウさん、いいパパだ

ドラまる
イッキュウさんは、ちゃんと先を考えて、合理的に動いてるよね。

「こっちで何とかする」といったなつ、その後の連絡がマコプロにないのなら、少なくとも今日については、何とかなってると考えるのは、ごく普通だよね。

ラマちゃん
それなら、明日以降をどうするか考えるってのは、イッキュウさんの性格なら、これまた普通よね。

少なくとも、ドラマをずっと見てた人なら、このイッキュウさんの行動には、何の不思議もないかな。

もちろん、姫に八つ当たられるのも込みでね。

◇ありがとう、咲太郎兄ちゃん

ドラまる
咲太郎兄ちゃんは、表情が無さ過ぎるし、完全に周囲が見えなくなってるヒロインを見て、発奮させるために、言ったんじゃないかな~。

あぁ言えば、瞬間湯沸かし器になるのは、これまでの付き合いで十分わかってるだろうし、そうすればガスが抜けるかなぁって。

で、自分になら、ちゃんとガスを抜くだろうってのも、咲太郎兄ちゃんは考えてる気がする。

ラマちゃん
そのうえで、ちゃんと周囲を見ろって意味での、自分も優を守るってことかなって。

本当、いいお兄ちゃんになったわ~。

◇ありがとう茜さん

ドラまる
どこかで、茜がママだっていうやり取りはありそうだよな~。

公園に行きたいってねだったのも、茜と明ちゃんといってるけど、ママと遊ぶ明ちゃんがうらやましかったからだと思うし…。

ラマちゃん
茜さん、正直に言えば、多少は家計の足しになるしって、その辺はちゃんとドライに割り切ってそうだけど。

少なくとも、仕事ぶりを見るとそんな感じはする(笑)

良くも悪くも言葉に表裏のないキャラクターっていうイメージは『東洋動画』にいたころからの茜さんでちゃんとわかってるから、「食費もらってるんだから(気にするな)」っていう感じは、すごく茜さんらしいと思うわ。

それでも、やっぱり、年子みたいな子を2人抱えて、お疲れさまって思うわよね。

すくすく育ったのは、本当茜さんの力は大いにあると思うわ。

◇ともかく子役はカワイイ!

ドラまる
乳児ちゃんは、今日でラスト!

もう少し見てたかったな~!

ラマちゃん
幼児優ちゃんもかわいいわ!

おしゃべりも上手になって~♪

成長が楽しみね!

◇働く母として成長…?

ドラまる
あのナレーション聞いて、頭に「?」が浮かんじゃったんだよね。

イッキュウさんが働く父として、成長していきましたじゃないのかなぁって(笑)

多分、お迎えとかも、描かれてないだけで、結構、イッキュウさんがとか、気を遣って早く帰してもらったりしてそうだよね。

ラマちゃん
うん。

働き始めて、急にしなくなったんじゃなくて、急に放送されなくなっただけな気がするわ…。

◇本日のもやっとまとめ

ドラまる
念のため、言っておくね。

これ、ほぼ本タグだよ。

ラマちゃん
元々、ツッコミどころが多かったけど、ここ数話中々モヤモヤするところが増えてきたものね(汗)

子役ちゃんの愛らしさが救いね~…。

いい人に囲まれてると思うんだけどなぁ…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」130話の予告あらすじ

ある朝、なつ(広瀬すず)が目を覚ますと娘の優の姿が見当たらない。

慌てて探すと、優はなつが仕事で持ち帰った動画用紙に絵を描いていた。

なぜこんなことをしたのか問いただすと、優からは思いもよらない言葉が返ってきて、思わず言葉を失うなつ。

そんな優の描いた絵を見て、坂場(中川大志)はあることに気付く。

その日、なつが東洋動画に出社すると、制作部長からは「キックジャガー」の最終回をどう描くのかと問われ…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」129話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
優ちゃん、なんていうのかな?

「お仕事の手伝いをしたかった。」かな?

そしたら、ママが早く帰ってきてくれるとか?

ラマちゃん
イッキュウさんが気づくのは、それが最終回を迎えてほしい優の気持ちかなぁ?

『キックジャガー』は嫌いじゃなさそうだけど、終わればお仕事がなくなるって思ってるかもしれないわね…。

そう考えたら、いじらしいけど…明日の放送に期待ね!

黒猫葵
そろそろ、神っちと揃ってマコプロへの移籍フラグでしょうか?

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA