なつぞら|第21週・123話ネタバレと感想。朝ドラアベンジャーズ、2人登場!おしんと天花! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』123話が2019年8月21日(水)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」123話!

さて、昨日は明ちゃんに癒されたね~! 

ラマちゃん
マコプロダクションの方では、「ルパン三世」的アニメが!

イッキュウさんも、1年待ってもらえるみたいだし!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」123話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」123話のネタバレあらすじ

一久(中川大志)は、麻子(貫地谷しほり)が興した会社で働くことを決めました。

でも、1年は待ってほしい、そうお願いしてきてくれました。

子どもが産まれて、1年すれば預かってくれる保育園も見つかるかもしれなかったからでした。

ある日の産婦人科の待合室では、見知らぬ親子(藤澤恵麻)のほのぼのとした光景が見られました。

その子どもは『魔法使いアニー』の呪文を唱え楽しそうです。

そして、検診の時間…。

産婦人科医・高橋(田中裕子)が、しっかりと見てくれました。

「うん。赤ちゃんの心拍は正常です!元気!元気!」

「先生、それで、本当に生後6週間で仕事に復帰して大丈夫なんでしょうか?」

「それは…生まれてみなければ、何とも言えないけれど、大丈夫なようにするしかないんでしょ?坂場さんの場合は。私は、子どもを産んで1週間で仕事に復帰したわよ(笑)まだ産婆の頃の話だけどね。あのころは、産めや増やせやでね~お産が多かったから、休む間がなかったのよ…。まぁ、共働きで子どもを育てるのは大変なことだけど、そういうことも当たり前の世の中にならなくちゃね。医者としては、無理をするなとは言いいたいけれど、働く母親の先輩としては、頑張れというしかないわ。」

「はい。心強いです。」

一久は、少しでも生活費を増やそうと、今は翻訳の仕事に一生懸命取り組んでいます。

こうして、なつ(広瀬すず)は、安心して産む直前まで仕事を続けることができました。

そして、産休前の最終日、堀内(田村健太郎)そっくりな後輩に発破をかけ、荒井(橋本さとし)に最終原画を託し、堀内に後を託しました。

なつは、仲(井浦新)井戸原(小手伸也)にも、産休前のあいさつに行きます。

下山(川島明)も、声をかけます。

産休が明けたころ、下山は、もう麻子の会社に行っている予定でした。

神地(染谷将太)は、麻子がいて、下山がいて…いずれは一久も入るその会社がうらやましそうです。

「いいなぁ~。」

「お!君もか!」

「え?仲さん、一緒に行きましょうよ!」

「こらこら、裏切りの相談をするんじゃないよ!」

「僕は、まだ、ここで頑張っていくよ。」

「私もです。これからもよろしくお願いします。」

そんな笑いに包まれて、産休はスタートしました。

産休に入ると、すぐに福祉事務所へ保育園について相談に行きました。

福祉事務所では、中村(田中真弓)という職員が対応してくれました。

そして、そこで問われました…『どうして預けたいのか』

なつは、産後すぐに働きにでる旨を伝え、生活のためでもありますが、自身が働きたいという気持ちを伝えます。

すると、職員の返答はこうでした。

「子どもを犠牲にしてもですか?」

「犠牲?」

それは、なつにとっては、ショックな言葉でした。

「あ…いえ、共働きでなくては、生活できないご家庭があることも十分承知していますよ。そのために保育所はあるんです。けど、本来、子どもは母親が育てるものなんです。それを、勘違いされてませんか?」

帰宅したなつは、福祉事務所で言われた言葉に落ち込んでいました。

買い物から帰ってきた一久は、その雰囲気にすぐ気が付きました。

「どうしたの?」

「何でもない。大丈夫。」

「君が何でもないという時は、1人で我慢するときだ。」

「言いたくない。」

「なら、言わなくてもいいけど。」

結局、なつは、どこに子どもを預けるのか、その答えがでないまま、臨月を迎えました。

そして、ある夜、なつは腹痛を感じ始めました。

慌てる一久を止め、痛みの間隔を計り始めます。

高橋から、陣痛が10分間隔になったら来るように言われていたからです。

一久も寄り添い、なつをさすります。

「気分はどう?」

「子牛を生む母牛の気分…。」

「そういう事じゃなくって…。」

そして、10分間隔にならぬまま、朝を迎えてしまいました。

一久は、朝になったことだし、とにかく病院へ行こうと言います。

その時…来客を知らせるブザーが!

「誰だよ…こんな時に…」

「…早く出て!」

「いいよ!」

「いいから!」

焦る一久が開けた玄関の前には、富士子(松嶋菜々子)が!

「母さん!」

「なつ、どうしたの!?」

「母さん、助けて…!」

一番会いたかった富士子の顔を見たなつは、ようやく弱音を吐くのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」123話の感想は?

黒猫葵
朝ドラアベンジャーズ、豪華に2人でしたね~(笑)

下にまた、後進しておきますね♪

早ぞらしてると、直前におしんをやっていまして…佐賀の姑にいびられまくってしょんぼりしてたので、ニコニコしててくれると嬉しいものです。

なつの担当の先生が、田中裕子さんでした!

田中裕子さんとは日テレのドラマでも共演されてましたね~。

そして、待合室で出会った妊婦さんは、藤澤恵麻さん!

元ノンノモデルさんですよね!

私が愛読していたころ、めちゃめちゃノンノの中心でした♪

そこには、杏さんもいましたね~懐かしいものです。

ちなみに藤澤恵麻さんの旦那さん役は、チオビタ兄さんこと、平山浩行さんでしたね♪豆知識でした!

そして、昭和らしさがあまり見られない「なつぞら」の中で、珍しくザ・昭和な出来事が。

福祉事務所の職員さんの言葉、昭和らしかったですね~。

今、あんなこと言ったら、炎上しかねないですよ(笑)

「本来、子どもはお母さんが育てるものです。」

いやいや、本来子どもは「親」が中心となって育てるものです。

でも、昭和の時代なら、あの感覚は当たり前だったんですよね。

そんな職員さんが、まさかのルフィやクリリンの声でおなじみの声優・田中真弓さんでした!

どこかで出演するというのは、知っていたのですが、まさかこことは(笑)

おお~田中真弓さんだ~って思ったのもつかの間…。

またもやっとしてしまいました。

あれ、1回こっきりで、その後、へこんで何もせず臨月迎えてる!?

だって、生後6週間で復帰したいんでしょ?

「古臭いこと言ってんじゃね~よ。」で、探さなきゃ。

預けるとこ。

ここに来て、姫扱いで持ち上げられてきたヒロインが、きついこと言われるところには近寄らないみたいに見えてしまいますよ…。

イッキュウさんは、苦手な針仕事も何度も教えてもらいに行ってくれたり、調べものしてくれたり、産休の間の生活費をと思って、翻訳の仕事も家事もめっちゃしてくれてるのに…。

思わず、臨月を迎えたっていうナレーションを聞いて、テレビに裏手ツッコミを入れかけてしまいました…。

朝ドラヒロイン出演について

  • 第1話~:松嶋菜々子さん
  • 第54作目「ひまわり」:南田のぞみ役
    「なつぞら」では、なつの育ての母役(レギュラー)

  • 第2話:北林早苗さん
  • 第1作目「娘と私」:麻里役
    「なつぞら」では、回想シーンにてなつにお芋をくれるおばあさん

  • 第5話~:岩崎ひろみさん
  • 第55作目「ふたりっこ」:野田香子役
    「なつぞら」では、なつが通うことになった小学校の担任の先生

  • 第11話~:小林綾子さん
  • 第31作「おしん」:谷村しん役(幼少期)
    「なつぞら」では、なつの初恋の相手・天陽の母・山田タミ役

  • 第27話~:比嘉愛未さん
  • 第76作「どんど晴れ」:浅倉 夏美 → 加賀美 夏美役
    「なつぞら」では、東京でのなつを支える・マダム・前島光子役

  • 第30話~:山口智子さん
  • 第41作「純ちゃんの応援歌」:小野純子役
    「なつぞら」では、咲太郎を助けた元・人気ダンサーで現おでんや女将・岸川亜矢美役

  • 第55話~:貫地谷しほりさん
  • 第77作「ちりとてちん」:和田喜代美役
    「なつぞら」では、『東洋動画』の凄腕アニメーター・セカンド・大沢麻子役

  • 第83話:原日出子さん
  • 第28作「 本日も晴天なり」:桂木元子役
    「なつぞら」では、なつの妹・千遥を養女に迎えた置屋の女将・光山なほ子役

  • 第112話:三倉茉奈さん
  • 第55作「ふたりっ子」:野田麗子役(少女期)黒岩真実役(麗子の娘)
    第79作「だんだん」:田島(石橋)めぐみ役
    「なつぞら」では、佐々岡信哉(工藤阿須加)の妻でアナウンサーの佐々岡道子役

  • 第114話:藤田三保子さん
  • 第14作「鳩子の海」:鳩子役
    「なつぞら」では、坂場一久の母・坂場サト役

  • 第123話:藤澤恵麻さん←NEW!
  • 第70作「天花」:天花役
    「なつぞら」では、なつが妊婦健診に行った際に待合室で長女と優しく語らう妊婦役

  • 第123話:田中裕子さん←NEW!
  • 第31作「おしん」:おしん(青春期~青年期)役
    「なつぞら」では、産婦人科医・高橋秀子役

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」123話のネット上の反応や評価は?

◇朝ドラアベンジャーズ

ドラまる
もう少しばらけさせてもよかったのにね~(笑)
ラマちゃん
何か濃厚だったわね(笑)

というか、藤澤恵麻さんは、昔から柔らかい笑顔だけど、変わってなくて嬉しいわ~♪

田中裕子さんは、朝、おしんみたばっかりだから、いきなりお年を召したみたいで(笑)

◇声優・田中真弓さん登場!

ドラまる
このアベンジャーズに、声優さんまでぶち込んでくるんだから…
ラマちゃん
嫌なセリフ言ってたはずなのに、田中真弓さんだ~に持ってかれたわよ(笑)

◇今日のもやっと

ドラまる
今も根底は変わってない気がするけどね…。

これ、今言ったら、炎上案件だよね。

ここは昭和ですって思えば、この言葉自体には何とも思わないなぁ…

普通に保育園に入れたほうが、びっくりするかも(汗)

ラマちゃん
「お母さんが育てるもの」も、この時代だからと思えばこそ、セリフとして受け入れられるわよね。

むしろ、この1回の訪問でくじけて、臨月まで、それ以上のことはしてないなつにもやっとしたわよ…。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
わ~い!

近江ちゃん、おかえり!

ラマちゃん
ってやってたら、受けはなかったわね!

明日は、生まれるだろうし、ぜひ受けてほしいわ♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」124話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)がお腹の痛みを訴えた時、玄関の呼び鈴が鳴る。

慌てて坂場(中川大志)が戸を開けると、富士子(松嶋菜々子)の姿が。

さらに、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)までもが十勝からはるばる駆けつけてきたのだった。

いったん痛みが治まったなつは、久々に富士子らとともに食卓を囲み、和やかな時間を過ごす。

そんな時、富士子から夕見子(福地桃子)について思わぬ知らせを受け…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」123話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
富士子ママがやってきたよ…一人で来たのかな?

そんなはずないよね♪

ラマちゃん
赤ちゃんの子役ちゃんが楽しみ!

朝ドラの癒しよね~♪

黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA