なつぞら|第21週・122話ネタバレと感想。昭和のこの時代にイクメンすぎるイッキュウさん 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』122話が2019年8月20日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」122話!

マコさんの帰還と、アニメーション会社を立ち上げたっていうダブルびっくりに、イッキュウさんのヘッドハンティングとは! 

ラマちゃん
でも、イッキュウさんが、働きにでるとなったら、保育園を探さなくっちゃ!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」122話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」122話のネタバレあらすじ

坂場家に、麻子(貫地谷しほり)がやってきました。

そして、その用件は…。

「イッキュウさん、またアニメーション作る気はない?」

「はい…それはどういうことでしょうか。」

「実は…会社を興したの。アニメーションを作る会社。」

何と、日本に帰国した麻子は、何とアニメーション会社を立ち上げたというのです。

そして、下山(川島明)も、そちらに移籍するつもりだと…。

「もちろん、あの漫画映画みたいに凝ったことはできないわよ?あくまでテレビ漫画主体だから。今は、あんまり絵を動かさないことがかっこいいの。それでもよかったら、一緒にやらない?」

一久(中川大志)は、黙りこくってしまいました。

「何で黙ってるの?こんないい話ないじゃない。」

「…君はどうなるんだ。僕が、働きに出てしまったら、君はどうやって働くの?生まれてから考えたって、もう遅いんだよ。のんきに喜んでる場合じゃない。」

「なっちゃんは、今の会社、辞めるわけにはいかないんでしょ?」

「…はい。」

「本当は、あなたのことも誘いたかったのよ。誰よりも真っ先に誘いたかった。」

麻子は、優しく言いました。

「私はね…とうとう子どもはできなかったわ。それで、旦那と相談して、自由に好きなことをしようって決めたの。」

そんな含みのある言い方に…誰もが麻子は離婚したのではと思っていました。

「くっついてるわよ!円満に♪それで、会社の名前は、『マコプロダクション』にしたの。名前は、旧姓のままです。よろしく。ここはね、母親のアニメーターが、安心して働ける場所にしたいと思ってるの。だから、いつか…そういう時が来たら、いつでも来てちょうだいよ。まぁ、まだ会社があればの話だけど。イッキュウさんも、現実的なことも考えて、できると思ったら、来てちょうだい!」

「ありがとうございます。本当に光栄です。」

「変わったわね。イッキュウさん。…だって物分かりがいいんだもん(笑)」

「何ですかそれは(笑)」

そういって笑う一久に、麻子ははっきりと言いました。

「だけど、イッキュウさんらしさを失ってほしくもないけど…私としては。」

「予算と締め切りを守らなくていいってことですか?(笑)」

「そういうことじゃないでしょ!」

麻子の帰宅後、一久の気持ちを尋ねます。

しかし、一久は、「今は、考えなくてもいい。」と言います。

一久は、生まれてくる子どものために、ベストな答えを見つけようとしていたのかもしれません。

「でも、それで、あなたがどんどん変わっていってしまうのは嫌だな…。」

「…なら、どうしろと言うんだ。昔みたいに、自分のことだけ考えろとでも言うのか?」

「一緒に考えるって言ったでしょ?2人とって、一番いい方法を。」

「とにかく、今は、今もらっている仕事をきちんとこなさなくてはいけない。君は、ちゃんと産まなくちゃならない。それが、一番大事なことだ。」

そんなある日、茜(渡辺麻友)の元を訪れました。

「赤ちゃんを預けるの?」

「うん。それしかないと思って。イッキュウさんは、働きにいきたいんだもん、ほんとは…。それを我慢してるのがわかるの。」

「なっちゃんは、本当にそれでいいの?困らないの?」

茜は、保育園探しの大変さを味わっていました。

「もう…大変よ!0歳児を預けられるところを見つけるなんて…。奇跡に近いかもね。せめて1歳くらいになってないと、預かってくれるところは、本当に少ないかも。」

「1年か…でも、イッキュウさんにも夢を諦めてほしくないんです。」

「イッキュウさんは、ただ諦めてるわけじゃないと思うわよ?実は、イッキュウさん、なっちゃんが、昼間働いてる間、ここに何度も来てるのよ。子育てのこと、教えてくれって。明子のおむつを取り替えてくれたり、ミルクの作り方を覚えたり…。あ!それに、おむつの縫い方まで覚えたのよ!恥ずかしいから、なっちゃんには内緒にしてくれって。」

「あの人が…」

「楽しそうに見えたな…待ちわびてるのよ。子どもが産まれてくるのを。」

その頃、一久はあるところを訪れていました。

それは…麻子の会社『マコプロダクション』です。

中にはいると、麻子と…下山の姿がありました。

下山も、すでに会社とは円満に話が済んでおり、退社日はもう少し先ですが、会社を整える準備をしていました。

『3代目カポネ』というアニメの企画を下山と打ち合わせていたという麻子。

「ここで、少数精鋭でやっていこうと思ってる。動画と仕上げは、更に外注したりしなくちゃいけないけど。だからこそ、好きなものが作れるのよ。」

「イッキュウさんも、ここで一緒にやろうよ!」

「…そうですね。面白そうですね。」

麻子の会社を見学して帰ってきた一久は、家でおむつを縫っていました。

「ただいま!遅くなってごめんね。あ…おむつ縫ってるの?私も手伝う。」

「うん。本を見て、縫い方を覚えたからね。」

そして、一久は言いました。

「実は…今日、行ってきたんだ。マコさんの会社だ。それで、君に相談せず悪いと思ったけど、決めてきた。」

「マコさんのところで働くことに?」

「うん。…でも、1年は待ってもらう事にした。生まれてから1年くらいすれば、預けられる保育園も見つかるかもしれない。生まれたばかりの赤ん坊を預けるのは、やはり難しいと思うんだ。それまでは、僕が家にいることにするよ。だけど、僕にもまだ、アニメーションに挑戦したいという気持ちはあるんだ。だから、それめで待ってもらう事にしたんだ。」

一久は、先々のことまで考え調べてくれていました。

「ごめんね…イッキュウさんに色々気を遣わせて…。」

「何を言ってるんだ。それも覚悟して、結婚したんじゃないか。…よかった…。」

一久は、笑顔をあふれさせるのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」122話の感想は?

黒猫葵
『3代目カポネ』!

多分、「ルパン3世」ですよね♪

下山さんのモデルとなった大塚康生さんがキャラクターデザインを手掛けていますしね!

そうなってくるとやっぱり近々神っちも移動してこないと…カリオストロが(笑)

さて、今日は、久しぶりになつのポンコツ失礼発言が飛び出してましたね…

まぁ、確かに、あの話を聞いたら、離婚したかなぁって一瞬思いますけど…てか、昨日から思ってましたけど、多分口に出さなくても、言葉に困った顔してれば、普通に「まぁ、円満ラブラブだけどね。」くらいは言ってくれたと思います(笑)

普通に、「別れちゃったんですかぁ…。」って、さすがなつだなぁって思ってしまいました(笑)

そんなもやっとの直後に明ちゃんが癒しでした(笑)

しかし、下山さん、赤ちゃんうまれたばっかりで、よく転職を決意したなぁと(笑)

そっちも驚いてしまいました(汗)

茜ちゃんが納得してれば、別に、全然いいんですけどね!

そして、何よりも、イッキュウさんのイクメンぶりが(笑)

個人的にイクメンという言葉は、好きではないのですが、わかりやすく表現するために使わせてもらいます。

色々、よく考え、産まれてくる子どものことをよく考えてますね~…。

この昭和という時代を考えたら、とんでもなく前衛的ですよね…。

相当珍しいタイプに分類されていたのでは?

ほんの少し、なつというキャラにも、その辺を考えてる姿が欲しいですね…(汗)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」122話のネット上の反応や評価は?

◇マコさんの会社は…手掛けるアニメは…

ドラまる
マコさん、女社長ぶりがあってる気がする(笑)
ラマちゃん
確かに!

Aプロとジブリが融合していくのかしらね…。

何となくだけど(笑)

話数的に、ここから失敗して新たにジブリとかちょっと無理だろうし、単純にイッキュウさんが来て、神っちが来て…最終的になつもきて…ジブリっぽい長編アニメーション映画をやるみたいな流れかしらね。

どうせなら、陽平くんも来てほしいけど(笑)

◇イッキュウさんの良きパパぶり

ドラまる
まぁ、個人的にイクメンっていう言葉の意味は解らないんだけど…。

だって、育児をする男性は「父」「パパ」でしょ?

でも、わかりやす言葉として使わせてもらうと、この時代には、最先端すぎて異端扱いされそうなレベルのイクメンだよね!

ラマちゃん
というか、なつが、昭和のパパすぎるんじゃないかしら(笑)

まぁ、お礼を言うだけましというとり方もできるかもしれないけど(笑)

◇もやっと

ドラまる
何と言うか…男女が「入れ替わってる~!?」って、「君の名は」オマージュ!

…いや、男女が入れ替わってるとしても、よくないけど(笑)

昭和という時代なら、入れ替わってるが正しいかな。

ラマちゃん
マコさんへの不用意な発言も…ため息が出ちゃうわね…。

◇からの癒し…

ドラまる
今日のもやもやからの癒しだね~。
ラマちゃん
あのほっぺおいしそうだったわね~♪

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
多分だけど…なぜかはわからないけど(なぜマコさんがなつにデレたのかいまいち納得がいかないから)、マコさんが一番誘いたかったのはなつ。

でも、一番信用してるのは、大変な時ずっと同じポジにいた下山さん。

だから、連絡をまめに取り合ってたのは下山さん。

というか、なつは結構な筆不精だから、手紙も少しはやりとりしてたたかもしれないけど、下山さんの方がまめそうだよね(笑)

そのうえで、そうなるとは思ってたけど、なつとイッキュウさんがつきあったものの破局してて、両方誘ってしまって気まずいという状況を避けるべく、状況を確認してから誘ったんじゃないかと思われ…。

ラマちゃん
それはありそう…口では毒づいても、とっても気づかいのできる人だからね(汗)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
大吉さんの無茶ぶりがいいね~(笑)
ラマちゃん
でも、昨日も今日も、当たり障りなくてよかったわよ(笑)

明日の近江ちゃんに、気の利いた受けのプレッシャーが(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」123話の予告あらすじ

帰宅したなつ(広瀬すず)に坂場(中川大志)は、なつの仕事中、麻子(貫地谷しほり)の会社に行ってきたことを打ち明ける。

坂場は、子供が生まれ、預けやすい年齢になるまで入社を待ってもらうと決めたと言う。

なつは保育園の事情を調べ、熟考の上決断をした坂場に感謝し、思わず涙を浮かべる。

いよいよ、出産の日が近づいてきたなつは、仲(井浦新)や下山(川島明)、神地(染谷将太)たちに見送られ、産休に入るが…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」122話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
もう生まれるんだ!

もう少し、おなかをいとおしそうにするシーン欲しかったなぁ~。

ラマちゃん
どちらかというと、常に重そうっていう印象だったわね(汗)

イッキュウさんのおなかにいた方がってちょっぴり思っちゃったわね(笑)

黒猫葵
さて、生まれということは、朝ドラアベンジャーズ記念すべき10人目が近いですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA