なつぞら|第20週・116話ネタバレと感想。マダム・光子の結婚の決意!野上さん頑張って♪ 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』116話が2019年8月13日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」116話!

突然、マダムとの結婚を宣言した咲太郎! 

ラマちゃん
みんなの反応が気になるわね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」116話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」116話のネタバレあらすじ

「俺もけじめをつけることにした!」

突然、そんなことを言いだした咲太郎(岡田将生)の次の一言はもっと驚くものでした。

「結婚することにしたんだ!」

「誰と?」

「『川村屋』のマダムだ!」

「えぇ!!!」

「驚きすぎだろ。」

一久(中川大志)は、あきれ顔です。

「僕は…何となく、そうじゃないかなって気がしてたけど…。」

「どうして?」

「十勝の結婚式に来てくれた時の二人の雰囲気とかで…。」

「えぇ…いつからそんなことになってたの…。」

これは、視聴者が一番気になっているところですね…さぁ、咲太郎…どうぞ。

「う~ん。俺が、声優のプロダクション始めるあたりか…経営者になるなんて初めてだから、色々あいつに相談に乗ってもらってたんだよ。まぁ…そしたら…まぁ、うん。そういうことに。」

咲太郎は、光子(比嘉愛未)と結婚することで落ち着けば、亜矢美(山口智子)が、甘えてくれる…経済的にも頼ってくれるのではと思っていました。

さて、その翌日です。

「あ!野上さん!マダムは?」

そんな店内には、フーテン族が溢れており、驚きを隠せません。

野上(近藤芳正)は、慌てることもなく、プロフェッショナルです。

あまり快くは思っていないようですが…。

そこへ、光子がやってきました。

「なっちゃん!?」

気まずそうな光子です。

「お兄ちゃんから、話を聞きました!本当なんですか?」

「まぁ、なっちゃん、ここではなんだから…奥に行きましょう!」

そんな2人の姿を見つめ、野上はどことなくにんまり顔を浮かべるのでした。

「そうよ、本当に、私でいいのかしらって、こっちがなっちゃんに聞きたいところよ。私の方が咲ちゃんよりずっと年上だし、もう40ですからね。」

「そんなこと関係ありません!私にとっては、夢のような話です!」

「本当?喜んでくれるの?」

光子の話を聞いて、やっと現実味を帯びてきたようです。

「よかったぁ~!あんな兄ですが、どうかよろしくお願いします。」

「マダム!話題の人がお見えになりました。」

そう言って、通されたのは…咲太郎でした。

「なつが、そろそろここに来る頃かと思ってな。」

そういって、3人はソファーに座ります。

その時、光子が野上を呼び止めました。

「あ!野上さん!野上さんも、よかったら、ここにいてくださらない?」

少し、神妙な面持ちでその場に残る野上です。

「で?結婚式はいつするの?」

「そういうのはいいんだよ。」

「今さら、そういうのはなしにしようって言ってて。」

「野上さんから言われなかったら、結婚自体なくてもいいかと思ってたし。」

咲太郎が余計な一言を発します。

「あ~そういうこと…野上さんから言われたから、言い出したわけ?」

「いや!それは、キッカケというか…たまたまだよ!」

「何がたまたまよ!野上さんも余計なこと言ってくれたわね!」

「野上さんは悪くないよ!」

「当り前よ!悪いのはあなたでしょ!」

「はい…。」

「まぁ、そういうことなのよ!なっちゃん。」

言葉の応酬に気圧されていると、野上がつぶやきます。

「もはや…腐れ縁ですな。」

「まぁ…うん。そういうことです!」

そして、ここからが、光子の本題でした。

「それでね、野上さん。結婚したら、私…『川村屋』の経営からは手を退こうと思ってるのよ。ちょうどここをビルに建て替える時だし…。あとのことは…野上さんに任せたいの。」

「マダム!それは困りますよ!」

「野上さんに、責任を押し付けようっていうんじゃないのよ!もちろん、私もできるだけのことはします。でも、野上さんには、もうひと踏ん張り、次の後継者を育ててほしいの!」

「後継者を?」

「そう。私が、先代のマダム…そして、父から受け継いだこの店を、今度は野上さんが1つの会社組織として、つないでいってほしいの。もう…血縁者だけがのれんを守る時代じゃないわ。野上さんの信念で、これからも『川村屋』を大いに開拓してちょうだい。咲ちゃんには、『川村屋』の財産は、何一つ残しませんから!」

にやりと笑う光子に、咲太郎も言い返します。

「そんなもん、こっちだってもらう気はねぇよ。」

「野上さん…これが、私の結婚の決意です。」

「…わかりました。この不肖・野上。この命尽きるまで、この『川村屋』の未来を守って見せます。繋いでみせます!」

野上は、はっきりと光子に答えました。

「よし!すっきりしたところで、報告に行くか!」

こうして、ぞろぞろと3人は『風車』に向かう事にしました。

その頃、『風車』では、茂木(リリー・フランキー)が、言いづらそうに亜矢美に切り出していました。

「ママ…店のことなんだけど…。花園じゃいやだよね…。」

「花園かぁ…。」

「今は、『ゴールデン街』って言ってるんだけど…まぁ、いかがわしいところも残ってるけども…文化人なんかがさ…集まる店も増えてさ…。友達の作家なんかは、よく使ってるんだよ…。」

新しい店の場所を話しているところへ、咲太郎たちが到着しました。

光子の姿を見て、いつも笑顔の亜矢美の表情が凍り付きました。

「ちょっといいか?大事な話があるんだけど。」

「大事な話?うん!もちろんいいよ!」

店を閉めようとする亜矢美を制し…帰ろうとする茂木も止め、咲太郎は切り出しました。

「母ちゃん!…俺、今度、彼女と結婚することにしたんだ。」

「えぇ!!!」

亜矢美よりも先に驚きの声をあげる茂木。

亜矢美は、いつもの笑顔ではなく、真剣な表情で咲太郎の言葉に耳を傾けます。

「今まで、隠しててごめん。まぁ、そういうことなんで。」

「…ふふ。何だ…。知ってたよ!そんなことなら!お前が、私に隠しごとなんてできるわけないだろ!」

「知ってたのかよ!」

亜矢美は、いつもの笑顔を浮かべ、ニヤニヤと咲太郎をからかいます。

「う~ん!よかったじゃないの!おめでとう!なっちゃんがお嫁に行くまでは~って、ずっと待ってたんでしょ?」

「いや…そんなことはないけど。」

そして、光子は『川村屋』をビルに建て替えることになったことを機会に、経営からは退くこと、そして、これから咲太郎の会社を手伝うと言います。

「なによ~照れなくてもいいじゃない!乾杯しよ!あ~これで、私も肩の荷が下りた~♪」

放心状態の茂木はさておき、亜矢美はすっきりした表情を見せていました。

「はい!咲太郎!マダム…あ!光子さん!結婚おめでとうございます!かんぱ~い!」

グラスの当たる音が響き、一気にグラスをあけた亜矢美は、改めて光子に言いました。

「光子さん。咲太郎のこと、本当によろしくお願いしますね!」

「はい!こちらこそ!」

「バカだから!」

「おい!」

「知ってます!」

「おい!」

さて、閉店時間を迎えた『風車』では、咲太郎も店じまいを手伝っていました。

「母ちゃん!2人で、飲みなおそうよ。」

「いいね~!」

そして、咲太郎と亜矢美は、改めて2人で乾杯をするのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」116話の感想は?

黒猫葵
さて、亜矢美さん…咲太郎となつを笑顔で迎え入れた後、光子を見て表情が凍り付きましたね…。

雪次郎のポンコツ恋愛考察が初めて当たるんですかね~…。

いや、まぁ、照男兄ちゃん的寄りな…でももっと複雑な思い何でしょうが…。

でも、だからこそ、なつが照男兄ちゃんを、そういう風には見れないって思ったのと同じ気持ちを咲太郎も抱いていそうで…だからこそ、忙しさを理由に、あまり寝泊まりしなくなったのかと…。

そんな中で、腐れ縁のように一緒にいた光子の存在っていうのは、咲太郎にとっていないと変くらいになってたんですかね…。

はっきりとした付き合うっていうタイミングこそ、無さそうですけど…

なつがイッキュウさんに言った言葉はないですけど、「好きとか言われたことないし!」なんてこともありそうですよね…。

そんな何となくつきあうことになったらしいところのスピンオフ…お待ちしてます(笑)

そして、野上さん…昔ならのれん分けしてもらう的な奴なんですかね…。

ビルに移ってから、どんな店にするのか…楽しみですね~♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」116話のネット上の反応や評価は?

◇亜矢美さんの表情が切ない…

ドラまる
亜矢美さんの本心は、多分語られることは…ないのかなぁ…。

でも、この寂しさは肩の荷が下りただけではなさそうだよね…。

ラマちゃん
複雑ではあるわよね…。

光子の姿を見た亜矢美さんの表情が…なんとも言えなかったわ…。

◇まさかのトレンド入り

ドラまる
いや、これは、まぁ朝ドラあるあるなんだけど…マダムがとても40歳には見えない件(笑)
ラマちゃん
現代なら、いそうだけどね~。

それを言ったら、なつが30もとても見えないし…

そんな話は、朝ドラあるあるだから(笑)

◇野上さん応援してます!

ドラまる
社長になっちゃって、ギャルソン姿が見れないのは、ちょっと寂しいなぁ・・・。
ラマちゃん
それは、あるかもね…。

でも、新しい川村屋を応援しましょう!

◇カワイイ茂木社長

ドラまる
茂木社長は、本当にきれいな人が好きなんだね(笑)
ラマちゃん
今日の残念がり方が、冬彦さんっぽいって人がいて面白かった(笑)

咲太郎に持っていかれたってのが、また何となく解せないのよね~きっと♪

◇何はともあれおめでとう!

ドラまる
何はともあれおめでとう!

でも、マダムのお誕生日がいつかわかんないけど…そういう時でよかったんじゃ…。

ラマちゃん
そうね~。

一番近いお誕生日様がヒロインだったのかもしれないけど…ちょっと腑に落ちないわね~

◇意外と鋭かったイッキュウさん

ドラまる
イッキュウさんが気づいてるとは思わなんだ(笑)

でも、よ~く人のこと見てるから、結構そうなのかもね(笑)

ラマちゃん
そういわれると…納得ね。

しかし、声優プロダクション始めたころなんて…。そのタイミングは、ちょっと意外だったかも(笑)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
あさイチないのに、朝ドラ受けてくれてありがとう♪
ラマちゃん
素敵ね!華丸さん(笑)

でも、確かにおでんの持ち帰りアリだったのね~♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」117話の予告あらすじ

光子(比嘉愛未)との結婚を亜矢美(山口智子)に報告した咲太郎(岡田将生)。

皆が帰った後、二人で飲み直しているうちに、咲太郎は亜矢美と出会った頃のことを話し出す。

大人として成長した今、自分をもっと頼ってほしいという咲太郎に亜矢美はあるお願いをする。

一方、東洋動画では風邪を引いた茜(渡辺麻友)を気遣い、なつ(広瀬すず)は早めに帰宅させようとするが、茜はあまり大げさにしないで欲しいと言い…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」116話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~。

咲太郎と亜矢美さんの乾杯で終わったわけだけど…。

ラマちゃん
どんんな話をするのかしら…。

そして、それとは別に、仕事と育児の両立の問題もはじまるみたいね!

黒猫葵
まずは、咲太郎と亜矢美さんのお話に注目しちゃいますね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA