なつぞら|第19週・114話ネタバレと感想。 泰樹おんじの涙にもらい泣き!いい最終回…じゃない!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』114話が2019年8月10日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」114話!

おめでとう~…雪次郎…夕見子… 

ラマちゃん
さ~今週もクライマックス!

天陽くんの登場ね!

今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」114話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」114話のネタバレあらすじ

なつ(広瀬すず)は、柴田家の縁側で『たんぽぽバター』の商標を考えていました。

そこへやってきたのは、富士子(松嶋菜々子)です。

ついに、娘を嫁に出すことになった富士子は、なつに1冊のノートを渡しました。

それは、昔からなつが柴田家で食べていた『おふくろの味』のレシピでした。

「夕見にもあげるの?」

富士子は首を振ります。

なぜなら、なつは昔から台所を手伝っていましたので、作り方を見れば、大体は作れるでしょう。

でも、夕見子(福地桃子)は、一切台所を手伝おうとしてきませんでした。

「あの子には、ノートではダメだわ。教えるなら、私が一から特訓しないと♪…しかし、あの子まで突然結婚とはね~…。なつが、また奇跡を運んできてくれたんだわ。」

「母さん…私が来たこと、奇跡だと思ってるの?」

「奇跡でしょ!なつが、この世に生まれて、私の娘になったことは。そう思わんかったら、あんたの亡くなられたご両親に申し訳ないわ。」

「私には、もうこれが普通だわ。」

「なつ、結婚しても、つらいことがあったら、いつでも我慢しないで帰ってきなさいよ。なつが生まれてくれて…本当によかったわ。」

なつと富士子は、涙をこぼしながら抱きしめあい、ほほ笑むのでした。

さて、なつは商標を描き上げ、坂場(中川大志)と一緒に、農協へ届けに行きました。

なつが描いた商標は、一見牛の顔ですが、よく見るとタンポポが描かれ、更にはアルファベットの『T』…つまり、タンポポの『T』、十勝の『T』をあしらったものでした。

田辺(宇梶剛士)は、大喜びです。

剛男(藤木直人)は、その絵を見て、なつが初めて十勝に来た日を思い出していました。

「これ、喜んで使わせてもらうよ!」

田辺は、病み上がりとは思えないほどウキウキしていました。

このバターをキッカケに、そのほかの乳製品、何より十勝の美味しい牛乳を消費者に届けたい…そう考えていました。

「夕見!十勝の牛乳のために頑張ってね!!」

「うん!飲めないけど、頑張る!」

「!?…まだ飲めないんだ…。」

その帰り、なつと坂場は、天陽(吉沢亮)の家にやってきました。

嬉しそうに天陽の絵を見る坂場。

天陽は、坂場のことは陽平(犬飼貴丈)から聞いていました。

なつは、天陽から絵を習い、今の自分があるのは天陽のおかげだと言います。

「それは、お互い様だよ。」

「天陽さんにとって、『絵』とは何ですか?」

坂場のいつもの展開が始まり、なつはため息をつきます。

「また始まった~…。」

「絵を描くことと、畑で作物を作ることは違いますか?」

「もちろん、違いますよ。」

「どう違いますか?」

なつは、無理に答える必要はないと制止しますが…。

「どちらも生きるためにすることですけど。畑仕事は食うためで、絵を描くことは排泄かな?我慢できなくなると漏らしてしまうでしょ?そういうものですよ。絵は。」

「なるほど…芸術的な価値を意識してないところに、あなたの絵の素晴らしさがあるんですね。」

「絵の価値を描くなんて、つまらないですよ。」

坂場は、珍しく一言で納得していました。

「でも、人に褒めらられば嬉しいし、けなされると悔しいです。」

そう言って、笑っていると、坂場はたくさんの馬の絵の中に、天陽を描いた絵を見つけました。

おそらく、すぐになつが描いたものだと気づいたのでしょう。

「僕が生きる場所を選んだように。なっちゃんも生きる場所を選んだだけなんだ。純粋に。アニメーションの世界は、僕にはわかりません。なっちゃんと一緒に生きられるのは、イッキュウさんだけなんです。どうか、なっちゃんのことよろしくお願いします。」

「あなたの絵を見て、僕も我慢できずに、漏らしそうです…。」

“天陽くんは、やっぱり、私の一番の目標です。”

天陽の家からの帰り道、坂場は空に向かって言いました。

「あ~早く新しいアニメーションを作りたいなぁ…。」

なつは、そんな坂場の手を取り、空の上の両親に向けて、声をかけました。

“私は、この人と…坂場一久という人と、結婚します。”

“未来のことは、まだ全然わからないけど、私は幸せです。”

“彼のご両親にもお会いして、一緒に食事をしました。”

すき焼きを食べに行ったなつは、調理をする坂場の母・サト(藤田三保子)に声をかけます。

しかし、そこへ坂場の父・一直(関根勤)の話が割り込み、相槌を打ちながらおろおろしています。

坂場は、全く意に介せず、パクパクと食べるばかりです。

サトも、面倒くさい話を延々とする一直の相手がいるとばかりに、せっせとすき焼きを作っていたのかもしれません…。

“お2人とも、とても素敵な人でした。”

“私の過去は、すぐに受け入れてくれて…。”

“というよりも、食事の間は、初めから終わりまで、ずっと考古学の話をしてくれました。”

“なんにでも興味を示すイッキュウさんが、その時ばかりは、いつになく全く興味なさそうにしているのが、妙におかしかったです。”

そして、翌年…昭和42年の春…十勝の地にタンポポの花が咲く頃に、なつは結婚式を挙げるため、再び十勝へやってきました。

白無垢に身を包んだなつは、泰樹(草刈正雄)に見せるべく、牛舎にやってきました。

「なつ…そったら格好で、こんなところへ来るな。汚れるべ…。」

「じいちゃんが、中々来てくれんから…。夕見も待ってるよ。」

「式には、間に合うって言ったべ。慌てるな。」

泰樹は、照れくさそうに、恥ずかしそうにうつむいてしまいます。

「じいちゃん。長い間、お世話になりました。」

「ありがとうな。」

「ありがとうは、おかしいべさ。育ててくれたじいちゃんが。」

「わしも、お前に育ててもらった。たくさん…。たくさん、夢をもろた…。ありがとう。」

泰樹は、涙をこぼしてなつに言いました。

「おめでとう…なつ。」

なつは、もう一度、深く泰樹にお礼を伝えました。

そして、迎えた合同結婚式、二組の夫婦の間には、雪之介お手製のたんぽぽなウエディングケーキが!

そして、会場には、にこやかな笑顔がたくさんありました。

坂場の家族とあいさつする明美(鳴海唯)や、十勝に初めてやってきたころを懐かしそうに話す菊介(音尾琢磨)悠吉(小林隆)、その後ろには嬉しそうにほほ笑む正治(戸次重幸)の姿もあります。

とよ(高畑淳子)妙子(仙道敦子)、富士子とタミ(小林綾子)もニコニコでお酒をたしなんでいます。

照男(清原翔)砂良(北乃きい)地平(吉田隼)も、弥市郎(中原丈雄)を交えて、笑っています。

そこには、信哉(工藤阿須加)と妻・道子(三倉茉奈)の姿もあります。

天陽と陽平(犬飼貴丈)も並んで、なつの花嫁姿に目を細めていました。

「なっちゃん、きれいだな!」

「あぁ。」

そして、もちろん咲太郎(岡田将生)光子(比嘉愛未)も十勝までやってきてくれました。

あとは、ここに千遥(清原果耶)もいてくれたらと…なつは少しだけ思いました。

それでも、この世に生まれたことを神様に感謝したいくらい、なつは喜びに満ち溢れていました。

なつは、空の上の両親に結婚を報告しました。

出席者全員で、写真を撮っている時、こんな声が聞こえてきたような気がします。

“私も映りたかったけど、やめておいた。なつ、未来永劫幸せになれよ。”

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」114話の感想は?

黒猫葵
いい最終回でしたね…って、また違う!!!!

でも、今日は、すごい最終回でしたよ(笑)

オープニングが最後に流れてスタッフロールが流れるって、朝ドラ最終回あるある出ないですか!

普通に、「あれ?今日終わるんだっけ?」って思いましたよ。

内村パパが「来週に続けよ」って言うまで(笑)

あの、セリフいまいち不人気ですけど、今日はちゃんとした指針になっていたのではないかと…

今日のもらい泣きポイントは、もう断然おんじですよね。

くしゃくしゃの顔で、目を真っ赤にして泣くおんじにもらい泣きしちゃいますよね…。

そして、特撮好きとしては、メテオとビルドの共演キターってなもんです(笑)

やっと、山田兄弟が大人になってから並びましたよ~♪

「なっちゃん、きれいだな!」

そういった陽平くんのにやり顔がちょっとたまりませんでしたよ…あれ?そういえばやっちゃんいました?

人が一杯いたから、ちょっと気づけなかったのかも(汗)

そして、亜矢美さんがいなかったのが…ちょっと残念でした…。

十勝の人たちとキャッキャしてる亜矢美さん見たかったです…。

あ!そういえば、またまた朝ドラアベンジャーズでしたね!

坂場ママは14作目「鳩子の海」ヒロインでした!

通算10人目です♪

朝ドラヒロイン出演について

  • 第1話~:松嶋菜々子さん
  • 第54作目「ひまわり」:南田のぞみ役
    「なつぞら」では、なつの育ての母役(レギュラー)

  • 第2話:北林早苗さん
  • 第1作目「娘と私」:麻里役
    「なつぞら」では、回想シーンにてなつにお芋をくれるおばあさん

  • 第5話~:岩崎ひろみさん
  • 第55作目「ふたりっこ」:野田香子役
    「なつぞら」では、なつが通うことになった小学校の担任の先生

  • 第11話~:小林綾子さん
  • 第31作「おしん」:谷村しん役(幼少期)
    「なつぞら」では、なつの初恋の相手・天陽の母・山田タミ役

  • 第27話~:比嘉愛未さん
  • 第76作「どんど晴れ」:浅倉 夏美 → 加賀美 夏美役
    「なつぞら」では、東京でのなつを支える・マダム・前島光子役

  • 第30話~:山口智子さん
  • 第41作「純ちゃんの応援歌」:小野純子役
    「なつぞら」では、咲太郎を助けた元・人気ダンサーで現おでんや女将・岸川亜矢美役

  • 第55話~:貫地谷しほりさん
  • 第77作「ちりとてちん」:和田喜代美役
    「なつぞら」では、『東洋動画』の凄腕アニメーター・セカンド・大沢麻子役

  • 第83話:原日出子さん
  • 第28作「 本日も晴天なり」:桂木元子役
    「なつぞら」では、なつの妹・千遥を養女に迎えた置屋の女将・光山なほ子役

  • 第112話:三倉茉奈さん
  • 第55作「ふたりっ子」:野田麗子役(少女期)黒岩真実役(麗子の娘)
    第79作「だんだん」:田島(石橋)めぐみ役
    「なつぞら」では、佐々岡信哉(工藤阿須加)の妻でアナウンサーの佐々岡道子役

  • 第114話:藤田三保子さん←NEW!
  • 第14作「鳩子の海」:鳩子役
    「なつぞら」では、坂場一久の母・坂場サト役

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」114話のネット上の反応や評価は?

◇おんじの涙にもらい泣き

ドラまる
本当、おんじの涙は反則だよね…(涙)

これは、もらい泣き必須だよ(汗)

ラマちゃん
そうね~…。

これまでもひっそり涙をこぼしていたことはあったけど、あんなに真っ赤な顔で泣かれてしまっては…。

もらい泣くしかないわわね…

おんじの目にも涙ね…。

◇仮面ライダー揃い踏み!

ドラまる
この二人が並ぶのを見たかったよね!
ラマちゃん
朝から眼福だったわね…。

◇坂場両親が、ちゃんと坂場両親味がすごい(笑)

ドラまる
まさかの伊勢大貴さんまで出演♪

さすが…東映をモデルにしてるだけあるな~(笑)

ラマちゃん
本当ね♪

そして、坂場父子が、そっくりなオーラを出してるところが、最高だったわ!

◇いい最終回でした。

ドラまる
だから、最終回じゃないってば!

でも、本当にそんな雰囲気だったよね(笑)

ラマちゃん
あの集合写真…アップしてほしいわ~。

ゆっくりみたいと思ったわ♪

◇次週予告まとめ

ドラまる
まだ結婚の流れは引き続くみたいだし、茜ちゃんにベビーが生まれそう!
ラマちゃん
そして、東洋動画にも何か動きがありそう…。

来週も気になっちゃうわね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第20週のあらすじは?

2019年8月12日(月)~8月17日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第20週のあらすじをご紹介します

なつ(広瀬すず)が東洋動画で働き、夫の坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事を行うという新婚生活が始まった。

アニメブームの中、なつは「魔法少女アニー」の原画という大役を任される。

その一方、茜(渡辺麻友)のおなかが大きくなりつつも仕事に取り組む姿を見て、働きながら子育てをする難しさを実感する。

そのころ、声優プロダクションが多忙になった咲太郎(岡田将生)は、野上(近藤芳正)から「川村屋」や「風車」を含む新宿一帯が再開発され、「風車」には立ち退きの話が出ており、「川村屋」も建て替わることを聞かされる。

咲太郎は光子へのプロポーズを決意し、「風車」になつたちを集め、結婚の報告会を開く。

そんな華やかな席の中、亜矢美(山口智子)だけはいつもの元気がない。

公式サイトより引用

「なつぞら」115話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)が東洋動画で働き、夫の坂場(中川大志)が翻訳の仕事をしながら家事を行う新婚生活が始まった。

アニメブームの中、なつは「魔法少女アニー」の原画を任される。

その一方、妊娠して仕事に取り組む茜(渡辺麻友)を見て、働きながら出産することの難しさを実感する。

その頃、声優プロダクションの仕事が多忙になった咲太郎(岡田将生)の元に、川村屋の野上(近藤芳正)が神妙な顔で訪ねてきて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」114話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
最終回と疑うほどの回だったね!

オンジの涙にニチアサ民のワクワクに、もう楽しかった♪

ラマちゃん
来週も、なんだか色々起きそうね!

目が離せないわ!

黒猫葵
来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA