なつぞら|第19週・113話ネタバレと感想。雪次郎、夕見子への決死のプロポーズ!結果は… 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』113話が2019年8月9日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」113話!

信さんの結婚を祝う高揚感から、今日は雪次郎のお菓子だよ! 

ラマちゃん
でも、今週は結婚強化週間…。

雪次郎も何かある???

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」113話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」113話のネタバレあらすじ

雪次郎(山田裕貴)は、『雪月』に仲間たちを呼ぶと、自分が考えた新しいお菓子を披露しました。

「これが俺の新しい魂です。」

お菓子は、バター煎餅に何かが挟まっています…。

「もったいぶらないで早く言いなさいよ!」

夕見子(福地桃子)の言葉に、雪次郎は発表します。

「バターとあんこだ!バターとあんこをまぜあわせてみたんだ!」

「なして?」

皆は、今まででは考えられないような組み合わせに、少々眉をひそめます。

「題して…おバタ餡サンド!」

「なるほど~!小畑餡…『雪月』独自のあんこということだな。」

雪之介(安田顕)は、そのネーミングセンスに感心しています。

「今のところ感心してんのは、父親だけだな。」

とよ(高畑淳子)妙子(仙道敦子)は、苦笑いを浮かべます。

名前はともかく、まずは試食です。

最初に手を伸ばしたのは、天陽(吉沢亮)です。

そして、仲間たちは、次々に手を伸ばしました。

その反応は…

「うん!うまい!」

「おいしい!」

その大絶賛の嵐の中、最後まで黙っていたのは…もちろん夕見子です。

「夕見子ちゃん…どう?」

「ん?うん。たいしたもんだわ。結局、あんたには、お菓子屋があってたんだね!おいしいわ♪」

「やったー!」

仲間たちの絶賛を受けた雪次郎は、雪之介、とよ、妙子にも試食をお願いしました。

妙子ととよは、美味しいと褒めます。

そして、じっくりとその味を確かめた雪之介は…。

「こしあんも試したのかい?」

「こしあんは、バターと馴染みすぎるんだ。粒あんが6、バターが4くらいの割合がちょうどよかった。それに、一番相性がよかった焼き塩を隠し味に使ったんだわ。」

「初めて、お前に先越されたわ…。」

雪之介の言葉に、雪次郎は涙が浮かんできます。

「したら、これ…『雪月』で、売っていいんかい?」

「うん?売らなきゃ、そのうち誰かに作られてしまうべ。」

雪之介の笑顔に、雪次郎はガッツポーズを決めました。

「これで、やっと1人前だ!」

「それはまだ早い!」

そんな笑顔の中で、雪次郎は夕見子に切り出しました。

「夕見子ちゃん。おバタ餡サンドのバターは、今度夕見子ちゃんの工場で作るバターを使うつもりだ。」

「うん!そうして!」

「夕見子ちゃんの作るバターが、十勝の…『雪月』のお菓子になるってことだ。」

夕見子は、そんな大げさなことを言う雪次郎に苦笑いを浮かべます。

「夕見子ちゃんの作るバターと十勝の菓子がくっつくんだわ。これは、もう、夕見子ちゃんと十勝の菓子屋がくっつくのと一緒だべ?夕見子ちゃんと『雪月』が結ばれる運命だといっても過言ではねぇべ。」

雪次郎は、回りくどく夕見子に説明をしていきます。

そして…。

「過言過ぎて、意味がわからんわ。」

「したら、わかるように言うべ…。夕見子ちゃん、俺と結婚してくれ!」

「え?」

「俺と結婚してください!」

まさかの仲間たち、家族の前での公開プロポーズに、みな驚きます。

「俺、ずっとこの日を待ってたんだ。夕見子ちゃんにそう言える日を。今日、みんなに集まってもらったのもそのためだ。」

「よく言った!雪次郎!みんなの前なら、フラれても、すぐあきらめがつくからな!」

門倉(板橋駿谷)のピントのずれた励ましに、良子(富田望生)は、ツッコミをいれつつも…

「あんたは、あたしを諦めなかったべ♡」

なんだかんだラブラブな二人のようです。

「夕見子ちゃん…夕見子ちゃんは、夕見子ちゃんらしく、はっきり答えてくれ。」

「知らんわ。そったらこと。」

恥ずかしさのあまり、夕見子は席を立ってしまいます。

「待って!こうなったら、逃げるわけにはいかないべさ。」

雪次郎に背中を向けたまま、夕見子は言います。

「私でいいのかい?本当に…私でいいのかって聞いてんの!おじさん、おばさん、とよばあちゃん。私は、雪次郎くんと結婚するような…そんな資格はないかもしれないんです。」

「資格?そったらことあるわけねぇべさ。」

「そったらことあるわけないべさ!」

「東京に駆け落ちしたって話かい?あたしは、あれを聞いて、夕見子ちゃんを見直したね!そったらこと気にしてんのかい?」

雪之介も妙子もとよも、反対の気持ちなどさらさらないようです。

「したら、俺にも、そんな資格はねぇ。」

「結婚に必要なものは、資格ではない。」

倉田(柄本佑)も口を挟みます。

「覚悟だ。」

「俺にはある!結婚しても、夕見子ちゃんのしたいことすればいいべさ!うちの家族の前で、それを約束する。俺は夕見子ちゃんが好きだ!昔っからだ!今は、もっと好きだ!」

「私は、もし、結婚するとしたら、あんたしかいないと思ってた。」

「え…?いつ?いつから?」

「いつって…いつの間にか、そう思ってた!」

「本当かい?本当かい、夕見子ちゃん!やった!」

突然決まった夕見子と雪次郎の結婚に、拍手が鳴りやまぬ中、とよが叫びます。

「一つだけ、問題があるわ…。」

「なんだばあちゃん。」

「あの、柴田のじいさんと親戚になるってことだよ。」

一瞬、苦笑いを浮かべる雪之介と妙子の姿をみた坂場(中川大志)は尋ねます。

「おじいさんと仲が悪いの?」

「性格がぴったり似すぎてるだけ。」

そして、数日前に繰り広げられたばかりの光景が、その夜柴田家では、再度見ることができました。

「お嬢さんを僕にください!」

雪次郎が、柴田家に挨拶に来たのです。

「これは…びっくりするわね。」

砂良(北乃きい)も、さすがに驚いています。

「こったらこと、こんな短い間にあんのかい?」

富士子(松嶋菜々子)も目を丸くしています。

剛男(藤木直人)に至っては、口をあんぐりと開けて言います。

「これは偶然なのかい?」

「偶然みたい。」

泰樹(草刈正雄)も静かに驚いていました。

「夕見子、いつの間に雪次郎くんと…。」

「自分でもわかんない。いつの間にか、そういう覚悟はできてたみたい。」

「雪次郎くんでいいの?」

「え?」

「あ!変な意味でないの誤解しないでね。」

富士子の不穏な質問に、うろたえる雪次郎です。

「雪次郎くんのことを本気で好きなのか、結婚のことを真剣に考えてるのかってこと!」

「そったらこと、結婚してみなくちゃわからないでしょ!」

「いいんです!こういう夕見子ちゃんと結婚したいんです!」

「変わってるね~雪次郎くんは…。」

「昔からあってると思ってたよ~私は。」

明美(鳴海唯)も笑って言います。

富士子と剛男も、反対する理由はありませんでした。

「待って!じいちゃんは?」

ここまで、一言も発していなかった泰樹です。

泰樹は、雪次郎の作った『おバタ餡サンド』に手を伸ばし、口に運びました。

「うまいな。これ。」

それは、泰樹にとって、最高の賛成の言葉でした。

しかし、その時、泰樹は言いました。

「一つだけ、問題がある。『雪月』のばあさんと…親戚になるんだな。」

「すごい…ぴったり…。」

坂場は、昼間のとよと全く同じことをいう泰樹に目を丸くしました。

「それじゃ~。夕見子となつに、いっぺんに春が来たんだね~。」

「たんぽぽが咲いたってことさ。おめでとう夕見子。」

そんな剛男と富士子の嬉しそうな姿に、坂場は突然提案しました。

「それじゃ~いっぺんにやりませんか北海道で…結婚式を同じ時期に、この十勝で挙げるんです!」

「そんな!まだイッキュウさんの家族にもお会いしてないのに!」

「大丈夫!僕の家族も、きっと喜んでくれます。」

「そんなこと…できたら嬉しいわね。」

「うん。2組いっぺんにか…」

夕見子は、そんな坂場の意見に賛成のようです。

「うん!その方が、面倒くさくないし、恥ずかしくない!」

「その理由のが恥ずかしいべさ。」

そんな穏やかな雰囲気の中、天からも声が聞こえてくるようでした。

“私から、まだ、これを言っていなかったな…夕見子ちゃんよ…なつよ…おめでとう”

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」113話の感想は?

黒猫葵
これは…時間スキップとみましたよ!

明日やりましょうとかじゃなかったですもんね…

こりゃ、一旦帰って、改めて結婚式やるっぽくないですか?

明日、帰る前に、天陽の絵を見に行って…また来るねって帰って~…

坂場家との挨拶が数分で終わり…

半年くらいスキップして、十勝での結婚式のために十勝へやってきて、白無垢をおんじに見せて、来週に続くじゃないですかね?

で、来週の月曜、結婚式な雰囲気を少し引っ張って、新しい生活が始まるのかな…。

それにしても…雪次郎、夕見子おめでとうって感じですね~…。

お互い、回り道もしたけど、落ち着くところに落ち着いたって感じですな~。

初恋から、違う人を好きになってみたりもしたけど、社会人になって、また近くになったことで、初恋がきらめいちゃったという事でしょう。

そんなのも、またアリだな~って思わせてくれる雰囲気が良かったです(笑)

しかし、なつと坂場のあいさつに比べて、フランクな雰囲気の雪次郎と夕見子の挨拶(笑)

まぁ、雪次郎がくるっていっても、直近でなつがあって、そんな挨拶だと思わないですよね…

それに、夕見子が結婚に興味が無さ過ぎたから、結婚するっていうなら、やった~っていう感じだったんですかね?

それにしても…前世(真田丸)で夫婦だった二人は、転生したら親戚になった件ってなもんですよ(笑)

まぁ、何にしても、結婚おめでとうってなもんです♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」113話のネット上の反応や評価は?

◇雪次郎、夕見子おめでとう♪

ドラまる
もう、とにかくおめでとう♪

これに尽きるよね!

ラマちゃん
そうね…。

昔のことなんて、野暮なこといいっこなしね♪

◇やっぱり前世は夫婦な泰樹おんじととよばあちゃん

ドラまる
さすが、前世で夫婦って思ったよね(笑)
ラマちゃん
イッキュウさんが、感激してるのが、また面白かったわ~(笑)

◇そりゃ、柴田家も驚くよね(笑)

ドラまる
偶然とはいえ、まぁ、驚くよね(笑)
ラマちゃん
剛男さん的には、急に2人の娘が嫁に行くの…今はいいけど、式が近くなるにつれ、寂しくなっちゃいそうね(笑)

式も一緒にするわけだしね(汗)

◇なんだかんだラブラブな門倉夫妻♡

ドラまる
幸せそうで何よりだよ!”

再会直後の「なんでこんな人と結婚したの」っていうヒロインの暴言も、さほど耳に届かず、流してたんだね(笑)

ラマちゃん
本当は、ラブラブだから、流せるギャグってことよね(笑)

◇泰樹おんじお菓子絶賛

ドラまる
夕見子のツンデレは、じいちゃん譲りな1シーンだったね!
ラマちゃん
あのお菓子がおいしいということは、OKっていうのを、みんなが理解してるっていうのもよかったわ!

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日の気温みたいに熱い高瀬アナに安心するよ(笑)
ラマちゃん
今日、受けがあってほしかったわね…。

でも、華丸さんがつぶやいてくれてて、ちょっとほっこりしたわ!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」114話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)を嫁に出すことになり、わが子同然に育ててきた富士子(松嶋菜々子)は、1冊のノートをなつに手渡す。

そこに書かれた内容に、なつは深い愛情を感じる。

その後、なつは坂場(中川大志)と天陽(吉沢亮)の家を訪れる。

以前から天陽の描く絵に感銘を受けていた坂場は、描かれた絵を見つめ、いつものようにある疑問を天陽に投げかける。

すると、天陽は坂場の想像を上回る返答をするのだった…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」113話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、今週もクライマックス。

やっぱり、週末は天陽くんなんだね(笑)

ラマちゃん
明日は、時間スキップするのかしら…

さすがに、明日結婚式しましょうってわけにはいかないわよ。

だって、イッキュウさんの家族とは挨拶してないんだもの…。

黒猫葵
何が起こるか明日のなつぞら…

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA