なつぞら|第18週・103話ネタバレと感想。相変わらず煮え切らない坂場との関係 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』103話が2019年7月29日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」103話!

雪次郎が北海道に帰っちゃったね…。 

ラマちゃん
何となく十勝風味が…なくてさみしいわ…。

でも、これで六花亭のバターサンドは無事生まれるかもとも思ったけどね!

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」103話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」103話のネタバレあらすじ

昭和39年のお正月。

なつ(広瀬すず)は、また新しい年を迎えました。

今日は、初出勤。

亜矢美(山口智子)に振袖を着付けてもらっています。

「なっちゃん!今年、いくつになるんだっけ?」

「この夏で27です。亜矢美さんは?」

そんな失礼な質問は、帯を締めあげる力でかき消されていました。

毎年1月3日に晴れ着で新年のあいさつに集まるのが、『東洋動画』の恒例となっていました。

社長の大杉(角野卓造)も登場し、新年のあいさつです。

そして、大杉から社長を退くという報告がなされました。

どよめく面々でしたが、会長としては残るようです。

「予算と期日を守ってがんばれ!」

清々しいほどの大杉の言葉に、神地(染谷将太)坂場(中川大志)は、渋い顔をしています。

しかし、結果はどうあれ、大杉がいなければ自分が東京にいることはなかったのだからと苦笑いを浮かべます。

その時、仲(井浦新)井戸原(小手伸也)が、なつの所に大杉を連れてきました。

咲太郎(岡田将生)のことがあり、最初の試験で落としたことなど、すっかり忘れているように、テレビの好調を褒めます。

その後、坂場も紹介する仲。

大杉は、なつ同様、テレビの好調と絡めて、坂場に発破をかけます。

坂場は、テレビ漫画については、いまだに苦笑いを浮かべていますので、気まずそうな表情を浮かべます。

そんなことは気にも留めず、大杉はなつに向き直りました。

ところが、その時…。

「奥原なつ??」

なつの顔を見て、突然疑問符を浮かべました。

咲太郎のアカ疑惑で、なつを落とした大杉が、そのことを思い出しては厄介です…。

『まずい…』、そんな思いがなつ、井戸原、仲、その他事情を知る職員の間を走った時です。

「あ~あーたのお兄さん元気?いや~面接で落とさなくてよかったよ!」

仲、井戸原は、そんな大杉の笑いで、様々なことをかき消すように、連れて行きました。

これ以上、余計なことを思い出させないためです。

「落としたことは忘れてるんだ…。」

なつは、またもや苦笑いを浮かべるのでした。

さて、新年のあいさつを終え、いつもの仲間たちで『喫茶りぼん』で飲みなおしです。

坂場は、不服そうです。

「終わったな…これで。僕も君も、もう映画に戻れないという事だ。

「そうなの!?」

桃代(伊原六花)は驚きの声を挙げますが、坂場はそれを知らしめるために、仲と井戸原は、大杉に自分たちを紹介したのだと思っていました。

「それは、考えすぎじゃない?」

下山(川島明)は、坂場をたしなめます。

仲と坂場にひと悶着あるのは、間違いありません。

しかし、下山や茜(渡辺麻友)には、どうしても腑に落ちない点があるのです。

それは、なつが一緒にテレビに追いやられている状態になっていることです。

なつの才能を見出したのは、仲であり、とても可愛がっていました。

だからこそ、腑に落ちないのです。

なつは、茜も一緒なのだから、そういう事ではないと言います。

しかし、坂場は思っていました。

「茜さんは、いずれ戻れることもあるかもしれません。でも…君は…。」

言い澱む坂場に、桃代がずばっと切り込みます。

「あ!イッキュウさんと付き合ってるから!?」

「それは、あくまで噂ですけどね。」

即座に否定する坂場ですが…、どうも積極的に否定はしていないようです。

それは…坂場のなつへのだだ漏れの思いから考えればそうかもしれません。

「どうしてそんな噂が流れたんだろ…あ!ももっちが仕上課で流してるんじゃ!」

なつは、相変わらずの調子です。

坂場はなつに、仲に自分との関係を否定した方がいいと言いますが、なつは、それはできないと言います。

それを伝えることは、自分が仲を疑っていることになるからです。

「そんな人じゃないよ?仲さんは。」

下山も援護射撃をしますが、神地も仲を含む『東洋動画』の漫画映画にかかわる上層部の考え方に不信感を募らせていました。

仲の描くカワイイ動物の童話や寓話的な域を脱しない『東洋動画』の漫画映画は、ずっといまいちだと言います。

「あ~破天荒な『ヘンゼルとグレーテル』みたいな話が、また作りたいな~…今度はちゃんとした長編で…。」

なつは、それでも大杉の言った『テレビ漫画のパイオニアになれ』という言葉に、嘘はないと思っていました。

「あなたは、今のテレビ漫画に納得してるんですか?一番大事なのは、予算と期日を守ることですか?」

「それでも頑張るんです!」

なつは、帰り道、坂場の煮え切らない態度に、ため息をこぼすのでした。

「付き合ってるのか、付き合ってないのか…それくらいはっきりしてよ。」

思わず、『風車』の前を通り過ぎてしまいつつも、引き返して扉を開けると、そこは元『ムーランルージュ』の新年会が行われていました。

カスミ(戸田恵子)茂木(リリー・フランキー)は、雪次郎(山田裕貴)が帯広に帰った話を切り出し、角筈屋のビルにできる劇場に立ってほしかったと、雪次郎を惜しみました。

松井(有薗芳記)島貫(岩谷健司)は、亀山蘭子(鈴木杏樹)と雪次郎の間で、何かスキャンダラスなことがあったのではと勘繰ります。

そして、亜矢美にとっては、余計な一言を繰り出したのです。

「亜矢美にもあったしな~。」

しかし、藤正親分(辻萬長)は否定します。

「あれは…美しい悲恋だ。その悲恋が、岸川亜矢美を一躍ムーランのスターにしたことは間違いねぇ。新宿で知らねぇもんはいねぇだろ。」

「やめてくださいよ~。そんな昔の話。」

なつは、亜矢美が結婚しないのは、その話が関係しているのではと思い、どうしてもその話を聞いてみたいと、お願いをしてみるのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」103話の感想は?

黒猫葵
とりあえず、今日の見どころポイントは、大杉社長という爆弾がなくなったという事でしょうか。

すっかり、テレビ漫画の功績を認めてるみたいですから、これ以上無駄に思い出したりもしないでしょう。

スゴイですね~…入社してから、約10年の爆弾ですよ(笑)

さて、そして、相変わらず煮え切らない関係を続けているなつと坂場(笑)

この関係も…もう何年ですかね~。

でも、まだなつと天陽のなが~い何にもない関係よりは短いですけどね(笑)

あ~あ。

風車に雪次郎がいなくて、さっそく寂しかったですよ…

十勝味が足りぬ~!!!

ラストにかけて、十勝感は、ほぼなくなってしまうんですかね…。

それは嫌だなぁ~。

まぁ、その辺は、もう少し様子見で…

今週のサブタイトルは、プロポーズですからね(笑)

そして、明日は、亜矢美さんの恋物語が語られるんでしょうか…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」103話のネット上の反応や評価は?

◇煮え切らぬ恋

ドラまる
すごい、この反応に納得しちゃったよ~!!
ラマちゃん
そうか…この考え方なら、今日の坂場の態度に、すごい説明がつくわね…。

そうなると、告白の返事を5年も引き延ばしてることになるわよ…(笑)

◇もやっとポイント

ドラまる
色々気になるところもあるよねえ~(笑)
ラマちゃん
HPの予告見ちゃってからの、今日の茜ちゃんにすこ~しもやっとするのよね(汗)

気になるけど、これからのストーリーを待つという人は見ないで~(笑)

すぐに気になるという人は、HPの予告を見てください♪

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、久しぶりにゆっくり受けてくれたね~!

しかし、社長がっていうのは、本当に春菜さんがゲストかと思ったよ(笑)

ラマちゃん
そうね(笑)

そして、坂場となつの恋模様を話していたら…スピーチが長くなってしまったみたい(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」104話の予告あらすじ

風車では、カスミ(戸田恵子)や茂木社長(リリー・フランキー)達が集まり、亜矢美(山口智子)が、かつてムーランで踊り子だった頃の悲しい恋の話がはじまる。

それを聞いていたなつ(広瀬すず)は、今も結婚していない亜矢美の気持ちに思いを巡らせる。

年が明け、テレビ漫画の「百獣の王子サム」が大人気となり、ますますアニメーションの仕事に追われるなつ達。

そんな中、同僚の茜(渡辺麻友)が結婚することになり…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」103話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
え?

茜ちゃんが結婚!?

お相手は????

ラマちゃん
もうその話に触れるのね…。

みんなの反応が気になるわ~!

黒猫葵
明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA