なつぞら|第17週・102話ネタバレと感想。雪次郎…北国へ帰ります。 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』102話が2019年7月27日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」102話!

昨日は、雪次郎の失恋をメインに描かれていたね…

そして、どうやら、いつの間にか「百獣の王子・サム」が出来上がったみたいなんだよね…。 

ラマちゃん
正直…先週のいつ作ってたのかしら…

それより、今日は天陽くんのはず!!

さ~誰にお帰りっていうのかしら~!!!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」102話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」102話のネタバレあらすじ

【『百獣の王子・サム』放送開始!】

昭和38年12月、なつ(広瀬すず)たちの作ったテレビ漫画が日曜の夕方に始まりました。

テレビの前に、咲太郎(岡田将生)亜矢美(山口智子)と、始まるのを3人鎮座しています。

そして、テレビに映った、『原画 奥原なつ』というテロップに大喜びです。

『川村屋』では、坂場(中川大志)も、その番組を見ており、近くの席の子ども達の反応を見ていました。

なつ達のこの苦難と冒険は、やがて未来のジャパニーズアニメーションの担い手たちへとつながっていくのです。

十勝の柴田家でも、もちろん大騒ぎです!

富士子(松嶋菜々子)は、すぐに電話で感想を伝えました。

照男(清原翔)砂良(北乃きい)の間に生まれた息子・地平も、大のお気に入りになったようです。

「なつの名前もちゃんと出てたね~。じいちゃんも思わず『お!』って声出してたわ~(笑)」

泰樹(草刈正雄)は、見終わるとあっという間に牛舎へ戻っていったと言います。

その牛舎では、泰樹が悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)に無茶ぶりをしています。

「お前らも、早くテレビ買え!遅れてるもな。」

菊介は苦笑いで言います。

「おやじ!労働組合作って、賃金上げさせるべ。」

「それより、わしは、もう引退したいわ。」

「そら困る!」

3人並んで、大笑いしていました。

「時間できたら、すぐ帰ってきなさいね~!」

「どら、変わろうか!」

剛男(藤木直人)は、なつと話したかったのか、富士子の背後までやってきましたが…

「したらね~。」

残念ながら、電話を切られてしまいました。

「電話代がもったいない!特に用事もないでしょ?」

「声を聞くのが用事だべさ…。」

さて、翌日のランチタイム。

なつは、桃代(伊原六花)と『喫茶りぼん』に来ていました。

色んな人に褒めてもらった『百獣の王子・サム』でしたが、なつは納得できていなかったのです。

やはり、漫画映画と比べると動きがぎこちない…そう感じていました。

「う~ん。でも、そんな中でも、なっちゃんらしいなぁって思うところは、一杯あったよ?」

漫画映画で培ったなつの技術とコマーシャルで培った猿渡(新名基浩)の迅速さでテレビ班は回っていました。

「じゃ~順調なんだ?」

桃代の言葉に、なつは表情を曇らせます。

というのも…。

坂場のこだわりに、制作進行の荒井(橋本さとし)が異議を唱えますが、坂場は相変わらず全く譲る気がないので、言い争いが絶えません。

見かねたなつが、原画の見直しを提案します。

例えば、トラの乱闘シーンは手間がかかります。

そのため、基本は土煙でもこもこさせつつ、所々に面白い表情をしたトラの止め画を出すというものでした。

茜(渡辺麻友)や猿渡も感心しています。

更に、サムがトラをやっつけるシーンでも、まずは画面いっぱいに星を出して、その次に伸びているトラを出せば、サムの強さも表現できるのではないかと提案しました。

「まぁ、テレビ漫画は子ども達もたくさん見てますので、暴力を振るう場面を、あまり見せたくないって言うのもあるんです。」

みんなが納得する中、こうすることで、丁寧に見せたいところに枚数をかけたいと、坂場のこだわりをも尊重する意見を提案します。

扱いにくい坂場を、操縦するなつ…そんな構図が出来上がっているようでした。

【雪次郎帰る】

そして、その頃、北国では…。

大きなカバンを抱えた雪次郎(山田裕貴)が、『雪月』に帰ってきていました。

妙子(仙道敦子)は驚き、大喜びで雪之介(安田顕)とよ(高畑淳子)を呼びに行きました。

懐かし気に店内を見渡す雪次郎。

その眼には、壁に貼られた『かもめ』のポスターが…。

『あの人の分まで、生きて、演じてほしいのよ。頑張ってほしいの。これからも。』

そんな蘭子(鈴木杏樹)の言葉がリフレインしていました。

そこへ、大喜びのとよと、嬉しさを隠すような雪之介もやってきました。

「なんだ、正月にはちっと早いんでないか?」

「クリスマスに間に合うようにって思ってさ。父さん、クリスマスケーキ作るべ。」

「何だ?お前。」

雪次郎は、無言のままポスターの前に立つと言いました。

「父さん言ったべや。諦める時は、潔く諦めれって。」

「諦めたのか?」

とよと妙子は、うろたえています。

「その芝居で、失敗したのか?セリフ忘れたのか?」

「そんなことで…」

「そったらことでねぇ!もう、悔いはねぇんだ。だから、決めたのさ。俺は、菓子屋に戻る。」

「バッカでねぇか!そったら、中途半端なことで、菓子屋になんてなれるか!」

「だったら、父さん。俺を鍛えてくれ。中途半端な菓子屋として、人間として、俺を鍛えなおしてくれ。…頼む。」

雪次郎は、雪之介に深く、深く頭を下げました。

「父さんの元で、…もう一度やってみたくなったんだ。」

「本気か?」

「本気だ。」

「逃げてきたわけでねぇんだな。」

「逃げてねぇ。捨ててきた!」

涙を浮かべつつも、力強い瞳で、雪之介に気持ちをぶつけるのでした。

その日、雪次郎はあるところに向かいました。

それは…天陽(吉沢亮)の家です。

引き戸の開く音に天陽は言いました。

「ん?どした?もう搾乳の時間か。」

「相変わらずやってんな!」

「雪次郎!」

まさかの顔に、天陽は驚きます。

「久しぶりだな!」

「帰ってきたのか!」

「おう!ずっとな!」

「ずっと?」

「これから、ずっとな。喜べ!」

無理に明かるく振る舞い、ハグを要求する雪次郎をあしらう天陽です。

天陽は、何か温かいものをと立ち上がりますが、あとで奥さんに挨拶をするからと、それを制止ました。

「倉田先生にもあいさつに行かねばな。」

「そりゃ~喜ぶな。よっちゃんや番長も呼んで、酒のむべ!みんな、お前に会いたがってるぞ。」

「あ!お前、なっちゃんのテレビ見た?」

「あ~…兄貴から聞いたけど、テレビなんて買えんからな。」

そう言って、お茶を濁す天陽に、雪次郎は切り込みます。

「欲しくもないんだべさ。俺もテレビに出てたのに…。」

「あ~声だけな。」

「知ってんのかい。」

「なっちゃんも、相変わらずやってんだなぁ~。」

「うん。なっちゃんは、相変わらずだ。どんどん先行くぞ!」

「脇目もふらずって感じだな。」

雪次郎は、なつには言えなかった気持ちを吐露します。

「俺は、結局なっちゃんには、追いつけもせんかった。」

「競争じゃないべ。生きるのは。」

「そだな。」

「おかえり。雪次郎!」

「ただいま。天陽。」

雪次郎は、改めてハグを要求してみました。

しかし、残寝ながら、それは拒否されてしまうのでした。

その夜、『風車』には、蘭子の姿がありました。

「そう…北海道に帰ったのね。別に…心から辞めろって言ったわけじゃないのに…。」

落ち込む蘭子に亜矢美は言いました。

「彼は、それもわかってましたよ。わかったから、辞められたんだと思います。」

なつも、雪次郎のことを話します。

「雪次郎くん。あれからじっくり考えて、気づいたそうです。自分が開拓者になるなら、演劇じゃなくて菓子屋だって。」

「俺は、少し残念ですけどね。」

咲太郎は、寂し気に『カモメ』のポスターを見つめます。

それは、蘭子もなつも同じでした。

「だったら、もうそれはがしたら?」

「うちは、思い出を捨てない店ですから。」

亜矢美は、ほほ笑んでケーキを差し出しながら言いました。

「あれは、残しておきましょう。メリークリスマス。」

「メリークリスマス」

蘭子もほほ笑んで、受け取るのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」102話の感想は?

黒猫葵
雪次郎帰っちゃいましたね…

でも、納得がいきません。

どのへんで、自分が開拓者になるなら菓子屋って思ったのか…全然わかんないんですよね。

いや、菓子屋のことも好きでしたから、そう思うこと自体には、全く違和感はないんですけど…

そこに至るプロセスがなさすぎる(笑)

まぁ、「アニメーションの時代だ!」って言ってる割に、「あれ?いつ作ってた?」レベルで完成してしまったテレビ漫画「百獣の王子・サム」も…。

雪次郎の話は気になりましたが、本来はそこがメインなんじゃ…この1週間で作ってるシーン半分もなかったような…(笑)

困ったんもんです…。

何か色々尻切れトンボ感が…。

しかも、雪次郎は天陽の所に何しに行ったかと思いきや、ただイチャイチャしてるだけでした。

天陽を出演させるためだけですね…あれは。

あ~…これで十勝味が…本格的な十勝ワイプはまだですか!!!!

まだ言うかって感じですね(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」102話のネット上の反応や評価は?

◇雪次郎帰る

ドラまる
十勝シーンが、どんどん減っていく流れになるのかな…

雪次郎が帰るって、そういう感じがする。

ラマちゃん
雪次郎ロスが始まるかも…。

◇お久しぶりの天陽くん

ドラまる
何となくさ…こうして、1人ずつイケメンたちがなつから離れていく感じもするね…

天陽くんしかり、信さんしかり、雪次郎しかり…

ラマちゃん
そして、誰もいなくなったりはしないんだろうけどね(汗)

天陽くんと雪次郎の北海道話が、これからも放送されますように…。

◇かわいそうな剛男さん

ドラまる
不憫な剛男さん…

でも、これも朝ドラあるあるかもね確かに(笑)

ラマちゃん
『声を聞くのが用事』

何か言い言葉ね!

◇牛舎も和気あいあい

ドラまる
なんだか、この牛舎のシーン、常にワイプでほしいなぁ。
ラマちゃん
そうね…

でも、雪次郎が帰った今、さすがにヒロイン周りの話が動くのかしら…。

でも、来週は坂場さんが主役っぽくない?

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
時間の飛ばし方が、どうも雑なんだよね(汗)
ラマちゃん
ずっと見てるから、そりゃ~何となくは気持ちもわかるけど…

「え?そこ突然?」ってなりがちよね(汗)

◇次週予告まとめ

ドラまる
色々予告でしんみりしてたけど…。

とりあえず、咲太郎が気になるな!

ラマちゃん
『風車』を出ていくような雰囲気だったけど…。

あら?

雪次郎のポンコツ恋愛観察が珍しく当たってしまったり??

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第18週のあらすじは?

2019年7月29日(月)~8月3日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第18週のあらすじをご紹介します

なつ(広瀬すず)が原画を担当したテレビ漫画「百獣の王子サム」は大成功となった。

東洋動画では新作の漫画映画を作ることになり、仲(井浦新)は下山(川島明)を監督に指名するが、下山は断り、坂場(中川大志)を推薦する。

坂場は社内では人気がいまひとつだったが、なつや神地(染谷将太)たちアニメーターの応援で、ついに坂場監督が実現する。

坂場は西欧を舞台にした話を元にした企画を通し、なつと神地が原画を担当、映画チームは活気を取り戻す。

そして坂場は、もし映画が成功すれば、僕と一緒になってほしいとなつに告白する。

そんな中、下山と茜(渡辺麻友)の恋仲が発表され、現場はさらに勢いづく。

公式サイトより引用

「なつぞら」103話の予告あらすじ

東洋動画の新年会で、大杉会長からテレビ漫画に力を入れるよう言われるなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)。

新年会後、自分が映画から外されたのは、仲から嫌われているからだと言い出す坂場。

だが、仲(井浦新)が才能を買っているはずのなつまで、テレビ漫画に異動させたことに疑問を持つ茜(渡辺麻友)。

桃代(伊原六花)が、二人が付き合ってると思われているからではと言い出すが、坂場は付き合ってないと否定して…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」102話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
…ちょ!!!!!

来週予告あらすじ見なきゃよかったよ!

ラマちゃん
何か色々気になるけど…

こうなってくると本当にサブタイトル『恋の季節』は先週じゃなくない?って思っちゃうわね!

黒猫葵
これは、何だか色々怒りそうですね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA