なつぞら|第17週・101話ネタバレと感想。蘭子さんの精いっぱいの愛情に涙… 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』101話が2019年7月26日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」101話!

さ~昨日の昼ドラの続きだよ! 

ラマちゃん
違うから!

でも、本当にそんな終わり方だったのよね…でも、これは朝ドラ…きっとドロドロはせずに行くわよね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」101話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」101話のネタバレあらすじ

大役を終えた雪次郎(山田裕貴)は、想いを寄せる蘭子(鈴木杏樹)に、2人きりの打ち上げをと自宅に誘われました。

そこで、思いをぶつけました。

そして、自分が主役に抜擢されてから、今日に至るまでの出来事を話しました。

劇団を辞めていった虻田たちから、新しい劇団に誘われていたこと。

それを断ったこと。

自分の夢は、蘭子と芝居をすることであること。

新しい演劇は、蘭子と作りたいということ。

蘭子を裏切ることは決してないということを。

ところが…蘭子の口から飛び出したのは、思いもよらぬ言葉でした。

「やっぱり、勘違いしてる。あなたを今日、ここに呼び出したのは、ダメ出しをするためよ!あなたの演技は最悪だった!最低、最悪!下手すぎて、舞台の上で、何度も笑いそうになったわ!今更、撤回したってだめよ!あなたの勘違いした言葉を聞かされたあとだもの!気持ち悪いったら、ありゃしない!悪いけど、あなたとは、もう何も一緒にできないわ!その虻田さんたちのところに行って。そこで、その新しい演劇を創ったらどうなの?アマチュアはアマチュアらしくね!早く出てってちょうだい!」

雪次郎は、何も言えず、頭を下げると蘭子の家を後にしました。

しかし、その言葉を吐いた蘭子の表情は、とても悲しいものでした。

「愛の言葉は…眠らせないでね…♪夢と…♪」

歌声は、少しずつ涙交じりになっていくのでした。

傷心の雪次郎は、『風車』へと帰ってきました。

雪次郎の早い帰還に、心配していたなつ(広瀬すず)レミ子(藤本沙紀)は驚きます。

亜矢美(山口智子)だけは、いつもと変わらぬ声で、迎え入れました。

『風車』のカウンターで浴びるように、ただ黙って日本酒を飲む雪次郎…気が付けばカウンターで眠ってしまっていました。

そんな雪次郎が目を覚ますと、2席向こうでなつも寝ていました。

「なっちゃん…。」

なつは、二日酔いの雪次郎に水を差しだします。

雪次郎は、少しずつ話し始めました。

「俺…蘭子さんを傷つけてしまったんだわ。」

「雪次郎くんが、蘭子さんを?」

「蘭子さんにね、俺…はっきり好きだって告白したんだ。」

急展開になつは驚きます。

「辞めてった劇団員から、一緒に演劇を創らないかって言われたことも話した。正直言って、迷ったんだわ、そん時…一緒に今まで、演劇を学んできた仲間から、お前の力を買ってるって言われて…一緒に新しい劇団を創りたいって言われて…本当はすごく嬉しかったんだ…。正直言って、心が動いたんだわ…やってみたかったのさ…みんなと。そういうとこ…蘭子さんにも見抜かれたのかもしれないのに…。蘭子さんに怒られながら、俺、そう思ったんだわ。なまら怒られた…。アマチュアはアマチュアらしく、そっちの仲間んとこ行けばいいって。したけど…。蘭子さんを好きなのも、ずっと一緒に芝居がしたかったのも…本当なんだわ。」

「ねぇ…したら、これからでも自分に正直になればいいんでないの?」

「もう…遅い。俺がいたら、気持ち悪いと。下手くそすぎて、使えねぇともはっきり言われた。もう一緒にはできねぇと。」

引き戸の向こうで、全部聞いていた亜矢美は、たまらず声をかけました。

「それは…嘘なんじゃないかな。」

「え?」

「雪次郎くんを、そっちの劇団に行かせるために、嘘ついたんだよ。きっと。」

そこへ、咲太郎(岡田将生)もやってきました。

階段の陰で、やはり聞いていたようです。

「俺も、そんな気がするな。蘭子さんは、反対に、お前の力を認めてくれたんじゃないのか?お前なら、蘭子さんから独立しても、芝居をしていけるって。」

「その方がいいよって…精一杯の愛情を示したんじゃないかな…なっちゃんはどう思う?」

「私は…わかりません。ただ、つまり…自分といたら、雪次郎くんが不幸になるって…蘭子さんはそう思ったってことでしょ?蘭子さんにとって、生きることは舞台に立つ事で、そのために、誰も、自分の犠牲にしたくないって…本気で、そう思って、生きてるとしか思えない。」

「かなわねぇよな…。」

雪次郎は、ふらふらと店をあとにします。

「これからどうすんのさ?」

「わかんねぇ…。わかんねぇけど、もう一度、正直な気持ちを考えてみるよ。」

「何があっても、私らは、お互い応援しあう仲間だからね!」

雪次郎は、振り返りなつに言いました。

「なっちゃん…。俺、気づいたんだけど。なっちゃんも気づいてることかもしんないけど…亜矢美さんは、咲太郎さんのこと好きなんでないかい?男して。」

「え?何ばかなこといってんの?」

「そう思わんかったかい?今まで…。亜矢美さん…あんなに魅力的なのに…。」

「変なこと言わないでよ…。」

「ごめん…。じゃぁな。」

少しだけ、いつもの雪次郎のような気もしつつ、なつは心配そうに雪次郎の背中を見送ります。

そして、少しだけ複雑そうな表情を浮かべ、うつむくのでした。

それからも、なつのテレビ漫画への挑戦は続きました。

果たして、なつには、誰かに正直な気持ちを告げる日は来るのでしょうか…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」101話の感想は?

黒猫葵
蘭子さんの精いっぱいの愛情に、涙でしたね…。

雪次郎の心の揺れにちゃんと気が付いてくれてたんですよね…。

あの厳しい言葉の後、泣き崩れる蘭子さんが…。

そして、そんな蘭子の愛情に気が付けない雪次郎の若さも、亜矢美さんや咲太郎がそばにいて、真意を伝えてくれる人がいて…よかったの~…。

なんて思いながら、公式ツイッターを開いた時の私の悲鳴・…。

え~上の新しい出演者の発表ですよ(笑)

しかも、役名が『大清水洋』って(笑)

これで、ナックス5人ってお茶を濁す気ですか!!!!!

それはダメ!絶対(笑)

でも、おそらく19週のみの出演のような気がするので、大泉洋さんが出たとして、ロイヤルストレートフラッシュというわけにはいかなそうですね…。

でも、4カードくらいは、実現しますかね…。

期待して待っていましょう!

さて、雪次郎、帰郷フラグが立ちました。

雪次郎は、天陽くんに会いに行くのでは…

ふと思ったのが、天陽くんのあの送別会での告白の意味を聞きに行くのかなぁってきになってきました。

ところで…今週のサブタイトルは「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」

テレビ漫画の話、ほぼしてなくないですかね?

そして、先週よりよっぽど「なつよ、恋の季節が来た」ですよね(笑)

サブタイトルがずれてる気がしてなりません(笑)

昼ドラ「ゆきぞら2」は、明日最終回なんですかね~…。

来週は、誰が主人公なのか…予告が気になってしまいます(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」101話のネット上の反応や評価は?

◇蘭子さん…。

ドラまる
蘭子さんの涙がせつなかったね…
ラマちゃん
このあと、どうなってしまうのか…。

まだ気になりどころがあるわね…。

◇雪次郎…ポンコツ恋愛考察を考える

ドラまる
いや…さすがに…ないよね?
ラマちゃん
う~ん…。

ないかな…。

でも、単純な母子とも違うから、色々感じるところはあるのかなぁ…。

とはいえ、雪次郎の恋愛考察…ずっとポンコツだからね(笑)

◇再来週…ついにあの男が!!!

ドラまる
来たね~!

終盤に向けて、楽しいネタを…

ラマちゃん
あと、1人…何とか5人揃い踏まないかしら…。

だって、朝ドラ100作品目よ!

そんなお祭りがあってもいいと思うわ…

北海道の地に5人、何とかそろってほしいわ~…。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、山ちゃんがゲスト!

なつぞらの話も、声優さんという仕事の話も聞けて、面白いなぁ~!

ラマちゃん
今日は、ついつい目が言っちゃって…タイピングの手が止まるとまる…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」102話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)たちの作ったテレビ漫画「百獣の王子サム」の放送が始まった。

十勝の柴田家では富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、そして泰樹(草刈正雄)も、なつの活躍を喜んでいる。

東洋動画のテレビ班では、演出の坂場(中川大志)と制作進行が言い争いが増す。

その間で、なつも新しいアイデアを出し、作品づくりの中核を担うようになる。

その頃、帯広の雪月に、大きなカバンを抱えた雪次郎(山田裕貴)が現れて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」101話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~…

いつの間にか、「百獣の王子・サム」も完成したみたいだよ(笑)

あれ?いつ作ってった?

ラマちゃん
そして、帯広には雪次郎が…これは帰省?それとも…。

あ~どうなっちゃうの~!!!

黒猫葵
ここまで引っ張った、先週末の予告の天陽くんは明日出ますよ!!!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA