なつぞら|第17週・98話ネタバレと感想。『ヘンゼルとグレーテル』 まさかのお蔵入り!?【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』98話が2019年7月23日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」98話!

昨日は、仲さんとイッキュウさんの一触即発で終わってしまったね!

ラマちゃん
納得いく回答は得られるのかしら…。

それに雪次郎にも新展開??

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」98話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」98話のネタバレあらすじ

仲(井浦新)たちに呼び出されたなつ(広瀬すず)茜(渡辺麻友)坂場(中川大志)は、テレビ漫画の部署への異動を指示されました。

昭和38年、日本でも本格的な連続テレビ漫画が誕生しました。

フルアニメーションの映画と違い、30分のアニメを毎週作り出すために、止まった画をつかったり、動く部分を減らすなど、様々な手法が生まれていました。

「仲さんは、あれをアニメーションだと認めていますか?僕は、少なくとも東洋動画らしいアニメーションの作り方だとは思えません。仲さんは、どう思っていますか?」

坂場は、『東洋動画』のテレビ漫画への考え方を問いますが、納得のいく回答が得られません。

手を抜いているように見えるテレビ漫画に慣れてしまっては、日本のアニメーションは退化すると考えていたのです。

「もし、そうだとしても、やる価値はあると僕は思っているよ。アニメーションを見る子ども達にとって、フルアニメーションかどうかは、全く関係ないことだろ?面白いか、面白くないか、それだけの違いなんだ。坂場くんは、そう思わないか?」

坂場は、納得がいっていませんでしたが、「わかりました」と返事をするしかありませんでした。

そして、フルアニメーションの良さは『我々』が守っていくという仲や井戸原(小手伸也)の言葉に、坂場は大きくショックを受けるのでした。

部屋に戻ったなつと茜は、自分たちが異動になったこと、坂場の件を下山(川島明)堀内(田村健太郎)神地(染谷将太)に報告します。

神地は、坂場の意見に賛成し、全く同じことを言っていると、茜を呆れさせていました。

その日の夕方、帰り際の中庭で、なつは、坂場を見つけました。

「僕は、もう漫画映画を作れないだろうな。露木さんのあとに、次々と若手が抜擢されてるのに、僕には全くお呼びがかからない。僕たちの作った短編映画だって、いまだにお蔵入りしたまま、長編映画の付録として劇場にかけられるということもないだろう。僕に対する上層部の評価が低い証拠だ。というより、僕が嫌われているからですよ。」

「仲さんは、短編映画、褒めてくれたじゃないですか。」

「あの人は本音を見せないからな。あの人が描く絵と同じように誰にでもいい顔をしていたいんでしょう。」

坂場はすっかり落ち込んでいました。

「何をすねているんですか?あなたらしくない。」

「君のことも、それに巻き込んでしまったかもしれない。それが悔しくて。1本くらいは、君と長編漫画映画に挑戦してみたかった。この会社にいても、その可能性は、もうないだろうな。」

「そんなこと…まだ…」

「そんなことわかりませんよ!」

そんな2人の話を通りすがりに聞いていた露木(木下ほうか)が声をかけました。

そして、坂場をテレビへと助言したのは、自分だと。

「君は、全く新しい環境で演出家になったほうが、のびのびできるんじゃないかなって、そう思ったから。だから、テレビいってもくさるな!」

「そうですよ!テレビでもがんばればいいんですよ!」

しかし、そんななつの応援をかき消すような、思いがけない真実が告げられます。

「そりゃ~君は、多くのアニメーターからは、嫌われているよ。」

「え?」

「あれだけ、理屈で攻めたら、元々感性で動く芸術家肌のアニメーターたちから、そっぽを向かれたって、これはしかたのないことだ。それに、労働組合の幹部なんかやってるから、会社からだって煙たがられている。君の味方は、ほぼいない。もうゼロだな。」

辛辣ともいえる、露木の冷静な分析に、なつは念のため確認します。

「あの~…くさるなっていってるんですよね?」

「そう、だから、くさるな!くさったら負けだ。人に嫌われる勇気を持つことも演出家にとっては大事な資質なんだ。君は、生まれながらにして、その資質ってもんが備わってる。」

「それは…励ましですよね?」

「もちろん。新しい環境で自分を磨くチャンスだと思って、頑張れ。」

坂場は、小さな声で返事をしました。

露木は、そんな坂場に発破をかけると、なつに言いました。

「え~っと…あきちゃん?…ちがうな…ふゆちゃん…はるちゃん?」」

「残ってるのです。」

「あ~なっちゃん!坂場のことを頼むな。『内助の功』でしっかり支えてやってくれ。」

「…はい…わかりました。」

そう返事をして、なつはとんでもないことに気が付きました。

「今なんて言いました?」

「え?めちゃくちゃ噂になってるよ?ハハハ!じゃ~お疲れ!」

「噂って何ですか?」

「さぁ?噂なんて、気にしなくてもいいでしょう。」

2人の関係は、周りが思うようには、近づいていないようです。

数日後、新しい部屋に、テレビ班の作画室がおかれました。

そこにやってきた、とんでもなく口の悪い制作進行が、人手が足らず京都の会社からやってきたというのです。

ビビりまくるなつ・茜・猿渡です。

そして、その頃、雪次郎(山田裕貴)にも、人生の転機が訪れようとしていました。

なんと次の公演で主役に大抜擢されたのです。

ところが、すぐさま古参の劇団員から、異議申し立てが入ってしまいます。

蘭子(鈴木杏樹)に贔屓されての選出だと思っているからです。

反旗を翻した劇団員たちは、自分たちの意見を取り入れて、改めて配役を決めないのなら、この公演には協力できないとまで言い出しました。

蘭子は、出たくない者が無理に出ることはないと、それをつっぱねます。

レミ子(藤本沙紀)は、頭を抱えて『風車』のカウンターに座っていました。

若手の劇団員のほとんどがボイコットをすると言い、それを蘭子が認めてしまったからです。

「雪次郎との関係を認めたってことか!」

「ううん。そうは言ってないけど、そう思われたと思う。」

話を聞いていた咲太郎(岡田将生)は、噂は本当だったかとつぶやきます。

そして、同じ頃、劇団に不満を持っている若手劇団員たちが、雪次郎を呼び出していました。

雪次郎は、蘭子とは何の関係もないことを主張しますが、劇団員たちは、例え恋愛関係になくとも、蘭子から雪次郎が依怙贔屓をされていることは事実だと主張します。

そして、思いがけないことを言い出したのです。

「我々は君の力を買っている。我々こそが、君の実力を認めているんだ。我々と一緒に劇団を作らないか。」

それは、劇団『赤い星座』への裏切り行為でした。

雪次郎は、初めて見た蘭子の『人形の家』を思い出していました。

そして、はっきりと言いました。

「蘭子さんと共演することが…。亀山蘭子という女優と共演することが夢で、そのためにここにいます。だから、今は、辞めるわけにはいきません。」

「亀山蘭子が君の夢か。それなら、その夢を追いかける方が今の君には楽だもんな。悪いけど。俺たちは、先に行かせてもらう。」

ボイコットした劇団員たちは、みなその場を去っていきました。

なつは、レミ子に雪次郎の気持ちが純粋に芝居にだけ向かっているという事を、伝えます。

それを聞いた亜矢美(山口智子)は言います。

「だとしたら、余計に苦しい立場だね。」

「え?」

「やっかみだよ!亜矢美ちゃんも、売れ始めたころは、散々周りの踊り子にいじめられてたもんな~…。」

咲太郎の事務所に所属する松井(有薗芳記)島貫(岩谷健司)も同調します。

なつは、自分もさらされている恋の噂を面白半分に話す2人にムキになり、苛立ちをぶつけるのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」98話の感想は?

黒猫葵
今日は、恋の噂より、雪次郎主役抜擢より、それによるボイコットよりも、なんだか関西弁の口の悪い制作進行のいかついおっさんがきたことよりも、この衝撃以上のことはないんじゃないでしょうか?

『ヘンゼルとグレーテル』お蔵入り!

そんなことある?って感じですよね(笑)

あれがそこそこヒットしたから、何があったかわからない4年の間に、なつは認められて女性初のアニメーターになったのかと思いきや…

そして、むしろそんなことはどうでもよくて、マコさんが想いを込めて、置き土産にした作品がお蔵入り…

何かそっちの方がショックでしたよ…

あ~びっくりしたぁ。

しかし、ひとまずテレビで頑張ることになりそうですが、また癖の強そうな制作進行が来ましたね~…。

いや、言ってることは間違ってなかったですよ。

「おい!そこの3人!ぼ~っとしてないで手を出さんかい!」

その通り、イッキュウさんはいなかったですが、なつ・茜・猿渡さん、いるなら手伝えってそりゃ言われますな(笑)

ガチで、ぼさっと突っ立てましたからね。

まぁ、彼のインパクトにたじろいでいたんだとは思いますが(汗)

あとは、露木さんがなつを呼ぶ件よかったですね(笑)

露木さん…

あきちゃんは、「あまちゃん」と「てるてる家族」です。

ふゆちゃんは、「あさが来た」と「てるてる家族」です。

はるちゃんは、「春よ、来い」と「てるてる家族」です。

これは、てるてる家族のオマージュですね!

脚本家さん一緒ですもんね(笑)

ちなみに、なっちゃんは「てるてる家族」以外だと…誰かいましたかね~…。

ちょっとぱっと思いつきませんでした。

思いついた方がいたら、教えていただきたいです(汗)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」98話のネット上の反応や評価は?

◇『ヘンゼルとグレーテル』

ドラまる
なんかもやるな…。

これを知ってしまったら、どうして、先週末で本当に最終回にならなかったんだろうって思ってきちゃったよ。

ラマちゃん
そうね~あの完のまま終わった方がきれいだったかも…。

残りの2月半は、1週ごとに

「ゆきぞら2」

「咲空」

「ゆうぞら」

「信空」

「あさぞら」

「はるぞら2」

「イッキュウさん」

「神空」

「おんじの開拓史」

いくらでも、スピンオフ流しとけるわよ(笑)

あ!あと、「白蛇伝」と「ヘンゼルとグレーテル」ノーカット版とかね(笑)

◇窮地の雪次郎

ドラまる
は!

これがきっかけで…最初で最後の蘭子との舞台を終えた雪次郎が帰るってなって…

天陽くんが「おかえり」っていう。

ラマちゃん
そして、北海道で演劇集団を作って…

安田顕の息子の雪次郎と戸次重幸の息子の天陽がいきなり俳優になって…。

TEAM NACSになる???

まさか(笑)

◇露木の励まし?

ドラまる
木下ほうかさんいいね~(笑)

色々ぶっこんでいく感じが面白かったよ!

「君は嫌われてる」とかはっきりすぎるくらいよ(笑)

ラマちゃん
本当よね(汗)

それに、あの名前を呼び間違えるところもよかったわ~

脚本家・大森さんの「てるてる家族」オマージュよね(笑)

◇イッキュウさんは果たして…

ドラまる
イッキュウさんは、ちゃんと不器用なりに、なつのこと憎からずおもってるみたいだけど…

4年、何も進展してないってのが、らしいね(笑)

ラマちゃん
でも、まぁ、人も好きだけど、仕事はもっと好きなのよね(汗)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナ、ずっとあれが言いたかったんだよね(笑)

梅雨空からなつぞらへ♪

ラマちゃん
あさイチでは、まさかの『ヘンゼルとグレーテル』のお蔵入りに話が!

視聴者みんなが思ったことを取り上げてくれて、ちょっとすっきりしたわ♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」99話の予告あらすじ

主役抜擢へのやっかみから、劇団員達に呼び出されたと思った雪次郎(山田裕貴)だったが、実は新しい劇団の旗揚げの誘いだった。

蘭子(鈴木杏樹)を裏切ることはできないと断る雪次郎だが、稽古中に蘭子の口からとある事実を告げられる。

一方、新作「百獣の王子サム」の制作に携わるためにテレビ班に移ったなつ(広瀬すず)と茜(渡辺麻友)達。

だが、映画とは違い、簡略化された原画の数々を目の当たりにし、戸惑いを隠せず…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」98話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~雪次郎もなつもある意味人生の転機だね!

どうなっちゃうのかな~。

ラマちゃん
なつがテレビ班にっていうのは、会社なら当然なのかも…

多分、坂場とうまいことやってけるのはって思われたんだと思うわ(笑)

で、そのなつのガス抜きのための茜ちゃんじゃないかしら(汗)

黒猫葵
雪次郎が心配です。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA