なつぞら|第16週・96話ネタバレと感想。麻子の決意の表情…いい最終回でした…いやまだです! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』96話が2019年7月20日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」96話!

おんじは、本気のとんぼ返りだったね~。

風のようにやってきて、風のように帰っていったよ…。 

ラマちゃん
夕見子が甘えられる相手であるというのもあるけど、なつのひらめきにもおんじが一番だったのね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」96話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」96話のネタバレあらすじ

なつ(広瀬すず)たちの短編映画が完成に向かい、声を吹き込むアフレコの時を迎えました。

声優には、咲太郎(岡田将生)の事務所から、蘭子(鈴木杏樹)レミ子(藤本沙紀)が出演します。

そして、なつも坂場(中川大志)神地(染谷将太)麻子(貫地谷しほり)も、そして、仲(井浦新)も、その画に命が吹き込まれる瞬間を、固唾をのんで見守っていました。

なつたちは、そのアフレコを見つめ、夢中になっていました。

アフレコを終え、雪次郎(山田裕貴)は、蘭子に飲み物を渡し、絶賛します。

「そう。私の演じた魔女は、とてもいいキャラクターね。気持ちが自然にはいったのよ!絵もチャーミングだし、とても好きだわ!」

それを聞いた麻子は、感激のあまり、蘭子にお礼を言いました。

「ありがとうございます!」

突然、お礼を言われ、驚く蘭子に、なつは魔女のキャラクターは、麻子が考えたことを伝えます。

「魔女には、大沢麻子さんの魂が込められていたのね!」

「…はい!」

なつは、坂場を呼び止めました。

アフレコを見に来ていた仲の感想が知りたかったのです。

「きっと大丈夫ですよね?」

「あなたは、大丈夫ですか?これで満足していますか?」

なつは、少し考えて言いました。

「してません。もっとイッキュウさんと作りたいです。」

「それなら、私と同じです。」

短編映画を作り終えて、なつたちはしばしの休息を味わいました。

みんなでバレーボールを楽しみますが、どうも坂場は球技が苦手なようです。

「やっぱり、僕は抜けます!」

「ダメよ!できるまで何度でもやるの!」

「無理です!」

「あんたね!人には、散々、何度も描かせといて、自分は簡単に諦めるわけ?」

何回目かのラリーの後、坂場は頭ででしたが、ラリーを続けることができました。

そして、みんなでお弁当を広げて食べながら、なつと坂場はおにぎりとパンを交換していました。

そんな二人を見て、桃代(伊原六花)は、ニヤニヤ笑いながら言いました。

「おにぎりは落とさないでくださいね!」

「も~モモッチ!冗談が通じる相手じゃないでしょ!」

「通じますよ!僕だって、冗談は大好きです!」

「そうですか?」

そんなやり取りに、麻子が口を挟みます。

「なっちゃんこそ、冗談と真面目の境目がない人だもんね。」

なつは、みるみる驚きの表情を浮かべました。

「マコさん!」

「何よ。文句あるの?」

「今、『なっちゃん』って呼んでくれました?マコさんに初めて『なっちゃん』って呼んでもらいました!」

「『初めて』?そうだった?」

「何か嬉しい…。」

「何よ、泣くことないでしょ!」

下山(川島明)は、笑って言います。

「よかった。よかった。今度の短編で、みんなの気持ちがぐっと近づいたってことだね!」

そう、制作中はあんなにも言い合っていた麻子も坂場も、みんなが笑いあっていました。

そして、何となく神地と茜(渡辺麻友)の距離も近づいている予感です。

森の中を散策しながら、なつは、作画の前に来たかったとこぼします。

坂場は、今度は作る前に、こういう時間を取ろうと心に決めました。

そんな中、1人たたずむ麻子になつが声をかけました。

「マコさん、何見てるんですか?何か見つけたんですか?」

「見つけた。」

そう言って、振り返った麻子は、決意の表情を浮かべ、みんなに言いました。

「私、結婚するの。やっと、白馬にのった王子様を見つけました。」

そのお相手は、学生の頃に付き合っていた人で、一人前の建築家を目指していました。

そして、その相手が今度イタリアに行くことになり、それをキッカケにプロポーズされていたのです。

わかれるかどうするか悩んでいた麻子でしたが、『ヘンゼルとグレーテル』を作って、踏ん切りがついたといいます。

「それは、アニメーターをやめるってことですか?」

「そうよ。だから、私はこの作品をどうしても成功させたかったの。それで、自分にはこれしかないって思えたら、彼と別れることも決心がつくかなった思ってた。でも、実際は反対だった。仕事に満足したから、結婚してもいいと思えたの。この先、私がもっと何かを作るためには、ここで立ち止まることも大事なのかなって思えたの。なっちゃんやイッキュウさんと比べると、私には何か足りないような気がして…それが悔しくて。」

なつは、懸命に麻子を引き留めますが、麻子の決意は固いものでした。

「楽しめないのよ、あなたのようには、まだ。それがどうしてなのか、才能なのか、迷いなのか、ここで一旦立ち止まって考えてみたくなったの。」

「あなたは、いいアニメーターです。少なくとも、日本には、あなたのようなアニメーターは、まだそういないと思います。」

「ありがとう。そうやって、冷静に言われると、却って嬉しい!」

「マコさん…。必ず、戻ってきてください。」

「また戻ってきたくなるような、うらやましくなるような。もっとすごい漫画映画をこれから作ってよね。なっちゃん!」

しんみりした雰囲気をぶち壊すように、神地も挙手して言います。

「僕もガンバリマス!」

茜は、あきれて制止しますが、麻子も笑って言います。

「でも、勘違いしないでよね。私は、もっと幸せになるんだから!安月給のアニメーター暮らしとはおさらばするんだから!」

「うらやましい!」

思わず、桃代が叫びます。

「でしょ?」

いたずらっぽく笑う麻子、みんなが笑顔でした。

そんなみんなの姿を、下山はスケッチしていました。

「マコちゃんとみんなの…この幸せの瞬間を描いてるんだ。忘れないように。」

木漏れ日の降り注ぐ平和な森で、なつは、新たな誓いを立てました。

自分は、一生、アニメーターを続けていたいと…。

~完~

…いやいや、まだ終わりませんよ!

来週に続く!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」96話の感想は?

黒猫葵
いい最終回でしたね…。

って違う~!!

でも、下山さんの絵で鉄拳のネタ風に、本当に完結してしまいそうな勢いでしたね!

そして、麻子さんの決意の表情が素敵でした…。

あとは…なつの努力や成長した感が、もっともっと演出されていれば…。

今日の麻子さんとヒロインのやり取りが、もっともっと感動的だったはずなのに…やっぱり物足りない。

ここは麻子さんだけが素敵でも、どうしても成り立たないんですよね…。惜しいなぁと感じてしまいました…。

そして、下山さんの意味深な笑顔も気になるんですよ…。

これ、何か起こるフラグでは…。

なつと茜を、寂し気に見つめてるんですよね…。

これが、なつが坂場と、茜が神地といい雰囲気なのが、寂しいっていう話ならいいのですが…冷静に考えると、異動とかそう言う意味での、自分の手から離れる瞬間なのではと思うと…来週怖い!!!!

そうモヤモヤしてたら、まさかの次週予告で、不意の天陽くんの「おかえり!」ですよ~!!!!!!

何が?誰が?

雪次郎と蘭子さんの雰囲気も気になるし…

坂場さんの去るフラグまで…

今週終わった方がよかったんじゃ…。

そんなことを思ってしまいましたね(汗)

来週、怖い!

何事ですか~!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」96話のネット上の反応や評価は?

◇マコさん…おめでとう…でも、寂しい(涙)

ドラまる
マコさん、寂しいなぁ…。

でも、この『ヘンゼルとグレーテル』で満足できたんだよね…。

ラマちゃん
これからの東洋動画にマコさんタイプの人がいないことが、とんでもなく不安なんだけど…。

でも、何はともあれ、おめでとうとお伝えしましょう。

◇よい最終回でした…いや、まだです!

ドラまる
いや、正直、終わるのかなって思ったよ(笑)

そのくらい自然な『完』だったよね。

ラマちゃん
来週から、本格的なアニメーター編ってことなのかしらね…。

少し、時間がスキップしそうな予感もあるんだけど…。

◇本日登場の声優さん

ドラまる
今日の冒頭は、だいぶアフレコシーンに尺をとってくれてて、普通に見入っちゃったよね。
ラマちゃん
魔王もグレーテルもよかったわ~…。

そして、それに負けない蘭子さんとレミ子にも脱帽ね!

◇楽しいピクニック

ドラまる
楽しそうだったね~。

だからこその最終回感(笑)

ラマちゃん
神地くんは、この動きを経て「もののけ姫」を描くのかしら…。

でも、本当に仲のいい職場よね…。

◇次週予告まとめ

ドラまる
すごいな~天陽くんがうつったの、本当の本当に一瞬だよ!
ラマちゃん
誰へのお帰りなのか…多分週末よね…。

早くても木曜の登場かしら…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第17週のあらすじは?

2019年7月22日(月)~7月27日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第17週のあらすじをご紹介します

1963年、なつ(広瀬すず)は優秀な女性アニメーターとして注目されていた。

その実力を買われ、坂場(中川大志)と一緒に新設されたテレビ班に行くように仲(井浦新)から命じられる。

「鉄腕アトム」が大ヒットしたのを受け、東洋動画は本格的にテレビ漫画に進出することになった。

映画に未練を感じる坂場を励ましつつ、なつはテレビの世界に飛び込んでいく。

テレビ特有の効率優先のアニメ作りに戸惑いつつも、なつは新たな表現の開発に取り組む。

公式サイトより引用

「なつぞら」97話の予告あらすじ

昭和38年夏、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。

風車では、週刊誌に載ったなつの話で盛り上がっていた。

そんな中、咲太郎(岡田将生)が、劇団の中で雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。

雪次郎が気にしていないか、心配になったなつは部屋を訪ねる。

一方東洋動画では、大人気テレビ漫画の影響を受け、社内でもテレビ漫画を製作する班をつくる話が出て…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」96話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
映画から離れるのか~…。

今日の所、あのアフレコを見終えた仲さんについてが、全然触れられていないんだよな…。

ラマちゃん
そっちも気になるわね…。

それに、雪次郎と蘭子にも、何か起こりそうだし…。

天陽くんが出るし…

黒猫葵
来週の方が「恋の季節」感がありそうなんですが…

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA