なつぞら|第15週・88話ネタバレと感想。咲太郎、声優プロダクションづくりに着手! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』88話が2019年7月11日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」88話!

昨日は、高畑勲さんがモデルといわれている坂場さんと宮崎駿さんがモデルといわれている神地さんが運命の出会いを果たしたよ! 

ラマちゃん
今日は、何やら咲太郎に動きが!?

どうなっちゃうのかしら??

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」88話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」88話のネタバレあらすじ

【咲太郎声優プロダクションを作る!?】

なつ(広瀬すず)が短編映画作りに夢中になっていたある晩のことでした。

『風車』には、蘭子(鈴木杏樹)の姿が!

そして、そこにはレミ子(藤本沙紀)雪次郎(山田裕貴)の姿も。

『劇団赤い星座』の面々の揃い踏みに驚くなつ。

珍しくカウンターに咲太郎(岡田将生)の姿もあります。

どうやら、咲太郎が呼んだようですが…。

そこには、茂木社長(リリー・フランキー)の姿も。

さて、咲太郎が話し始めます。

実は、蘭子は『白蛇姫』に声をあてるようになってから、外画(=外国のテレビ映画)の吹き替えの仕事がたくさんくるようになっていました。

そして、テレビでは、そういう番組が増えており、そんな仕事も増えていました。

蘭子の付き人として、放送局を回るうちに、咲太郎は「これはチャンスかもしれない。」そう思うようになっていました。

「なつ、俺は、劇団をやめて会社を作ることにした!声だけのプロダクションを始めるんだ!声だけの俳優!声優だ!」

突然の咲太郎の言葉に、なつは、驚きを隠せないのでした。

その会社の所属第1号は蘭子です。

そして、レミ子や雪次郎もだといいます。

「みんなで劇団辞めちゃうの?」

「やめるわけね~べさ。俺もレミ子もやっと研究生から劇団員になれるところまで行ったんだから。」

「辞める必要はないんだよ。劇団の舞台をしながら、ラジオや映画にでるのと同じだ。俺の会社は、声の仕事だけを扱うだけってことだ。赤い星座だけはなくて、色んな劇団にも声をかけて役者を集めてるんだ。俺は、日本の劇団と役者を救いたんだ。声の仕事は、食えない役者の救いにもなるんだ!」

「どう思います?社長?」

亜矢美(山口智子)は、茂木社長に尋ねます。

「咲坊!俺は、いいところに目を付けたと思うよ!これからは、嫌が上でもテレビの時代になる。」

咲太郎は、藤政親分(辻萬長)にもあいさつに行き、その話をするとほめてもらったといいます。

そんな話題を見透かしていたかのように、藤政親分も『風車』にやってきました。

亜矢美が席に促すと、藤政親分は、今日は客で来たのではないといいます。

「咲太郎にお願いがあってきた。」

藤政親分に呼ばれてはいってきたのは、若干こわもてのおじさま2人。

それは、かつての咲太郎が付き人のようについて回っていた漫才コンビの2人です。

そう…盗品を質屋に換金に行かせて、咲太郎が逮捕される原因になった…。

咲太郎は、渋い表情を浮かべますが、藤政親分の頼みとあっては、断れません。

渋々、引き受けるのでした。

なつは、咲太郎の逮捕の原因となったおじさん2人を前に、不安そうな顔をするのでした。

【生みの苦しみを味わうなつ】

さて、季節は、初夏を迎えました。

なつたちは、『ヘンゼルとグレーテル』のストーリーが固まらず、生みの苦しみを味わっていました。

あとは、結末。

僅かなのに、欠けてしまっては、どうすることもできないピースの手がかりが全くつかめていませんでした。

「森なんですよ…。」

坂場(中川大志)がつぶやきます。

ひとまず決まっているストーリーは…

  • ヘンゼルを助けるべく悪魔の元に向かったグレーテル
  • あわやピンチというところに悪魔を裏切った魔女が味方に
  • 2人を連れて森に向かいます
  • しかし、悪魔がその森に自分の狼を差し向けます

こんな感じです。

そして、あとは、この森で何が起きるかということです。

「僕は、この話、子ども達が、いかにして森を信じられるかだと思っています。それは、つまり、自分の生きる世界・生活を信じられるかどうかです。どんなに恐ろしい世界でも、そこに生きるものが、自分の味方だと思えれば、子ども達は、未来を信じることができる。」

「森を味方にするってことですか?」

「ねぇ、なっちゃん。北海道に森はないの?」

そんな茜(渡辺麻友)の言葉に、なつは何かひらめきかけていました。

なつは、その夜、遅くまで、十勝を思い浮かべながら、森のイメージを描いていました。

そして、あの遭難しかけた日のことを思い出していました。

助けに来てくれたのは、砂良の父・弥市郎(中原丈雄)…だったはずなのに、抱きかかえているのは坂場!?

驚いたなつは暴れます…

そして…それは、居眠りをしたなつの夢…。

うなされるなつに気が付いた坂場が、なつに声をかけます。

夢と同じレベルの坂場のドアップに驚くなつです。

目を覚ましたなつは、ひらめきました。

十勝の深い森のなかで、木に魂を込めて木彫りを作っていた弥市郎の姿です。

「魔女が、森の1本の木に、魔法をかけるというのはどうでしょうか?その怪物が、ヘンゼルとグレーテルを助けるんです。」

「その怪物は何ですか?魔女が魔法をかけただけですか?」

「いえ、魔女の魂が乗り移ったんです。」

「魔女と森が一体化するのか!」

坂場も興奮気味にメモを取り始めます。

「その木に助けられたら、森を味方につけたことになりませんか?」

「あなたを信じましょう。」

「描いてみます!」

こうして、なつはイメージを描き、坂場はストーリーを作り、2人の作業は朝まで続きました。

皆の前で、なつと坂場は物語の結末を話しました。

  • 悪魔に狼を差し向けられたヘンゼルとグレーテルと魔女
  • 魔女は1本の木に魂を込め、怪物を作りました。
  • そして、狼を倒し、悪魔の塔も倒しました。
  • その時、崩れ行く塔の中から、今まで食べられた子ども達がよみがえり
  • その塔のあった場所に木の怪物はとどまり、元の木にように動かなくなります。
  • その枝には鳥たちが止まり、木の根元にいるヘンゼルとグレーテルに木漏れ日を注ぎ、包み込む
  • 森に平和がやってきた…。

「そこで『完』です!」

「面白い!」

神地(染谷将太)の言葉にお礼を言う、なつと坂場。

下山(川島明)も、この流れで進めようと促し、全員作業に移ります。

麻子(貫地谷しほり)は、言葉にならない複雑な思いを抱えた表情のまま自席に戻ります。

とんでもない『ヘンゼルとグレーテル』になりそうで、グリムさんに怒られそうだと…思わずにはいられないのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」88話の感想は?

黒猫葵
咲太郎!

ついに『〇二プロダクション』の創設ですか!?(笑)

ほぼ、確信に近い感じで、あのプロダクションがモデルだと思ってるんですけど…。

やっぱり、赤い星座から派生したプロダクションだし、モデルの「青〇プロダクション」を思うと…

会社の名前は…「赤二プロダクション」でしょうか…。

なんか…赤塚不二夫先生と空目する…(笑)

「東洋動画」も「東映動画」をもじってるので、もじりかたから考えると…これが濃厚!?

いや、わかんないですけどね(笑)

「ヘンゼルとグレーテル」の魔女の声を蘭子さんやるんですかね~…

この流れは。

レミ子と雪次郎がヘンゼルとグレーテルで…あのおじさんが悪魔とかやるんでしょうか…。

そんな感じにも見えますよね(汗)

というわけで、お話の物語もできたみたいで…

何と言うかジブリっぽい作品ですね~。

弥市郎さん…久々の登場かと思いきや、なつの夢の中でした。

弥市郎がなつを抱えて助け出すと、坂場さんになっているって…

『美女と野獣』ですか!?

弥市郎さん…野獣扱い!?

なんて、でも、あの夢が結末を考えるきっかけになったわけで、弥市郎さんグッジョブです。

お話面白くできましたしね…。

とはいえ、無表情すぎる麻子さんが心配すぎます。

まぁ…だって、ほぼなつと坂場だけですすめたも同然ですからね…。

一緒に組んでやれっていわれたのに、完全にスルーもいいところですからね…。

なんか…麻子さん辞めちゃいそうで…心配になります。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」88話のネット上の反応や評価は?

◇咲太郎が…あの某有名声優プロダクションを作る!?

ドラまる
これは…青二所属の声優さんの出演もあるかも?
声優さんというくくりでは、すでに山寺宏一さんが出演されてるけど…。

しかも、有薗芳記さんと所属声優の古川登志夫に雰囲気が似てて…

ラマちゃん
まさか…蘭子さんは…のちの「野沢雅子」さん??

だって、「亀山蘭子」さんだし…カメよ!亀!

野沢雅子さんといえば、ドラゴンボール…ドラゴンボールといえばカメよ!

◇麻子さんが心配…。

ドラまる
3人でやってみるように言われてるのに、夢中になりすぎて、全然麻子さんが見えなくなってるんだよね…。

2人は楽しいのかもしれないけど、振り回される麻子さんは、ちょっとかわいそうだよね…。

ラマちゃん
あんなに一生懸命お仕事してるのに…いきなり全否定された感じになって、あの表情も納得してしまうわ…。

東洋動画を去るフラグみたいに見えて…きついわ…。

これで、麻子さんがいなくなってしまったら…だれがこの暴走を止めてくれるのかしら…。

うまくいってる時はいいけど、いきなり車輪が外れたように大トラブルになる可能性だってあるしね…。

◇久しぶりの雪次郎

ドラまる
雪次郎!

お芝居がんばってたんだね!

ラマちゃん
劇団員になるなんて…。

がんばれ!

そして、もっと『風車』に来ていいのよ!

顔を見せて(笑)

というか…千遥の話とか、雪之介パパにお世話になったこととか話したのかしら…。

なんか、雪次郎の扱い的に心配だわ。

◇神地さんの宮崎駿味

ドラまる
どんどん、宮崎駿さんぽさが出てくるね(笑)
ラマちゃん
この段階で、ある意味坂場さんとなつの暴走を後押ししちゃう天才がきたって感じよね…。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
わくまゆアナの冷ややかなツッコミも楽しみの一つだったりするんだよね(汗)

でも、高瀬アナ、何でも日々勉強ですよね(笑)

ラマちゃん
短い中、少しでも朝ドラ受けをしてくれてありがとうございます!

また、お話したいときは触れてくださいね♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」89話の予告あらすじ

東洋動画では、なつ(広瀬すず)のアイデアにより脚本が固まり、ようやく短編映画の制作が動き出す。

坂場(中川大志)は新人の神地(染谷将太)とともに絵コンテの作業に進もうとするが、なんでも勝手に決めてしまう坂場のやり方に、麻子(貫地谷しほり)は違和感を覚える。

その頃、咲太郎(岡田将生)は、蘭子(鈴木杏樹)、雪次郎(山田裕貴)たち所属俳優をスタジオに集め、ある海外映画の吹き替えに臨もうとしていて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」88話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
麻子さんの苦しそうな表情が辛いね…

でも、坂場さんとなつの大暴走が、今はいい方向に行っちゃってて、みんな目をキラキラさせちゃってるからね~…。

ラマちゃん
自分の居場所はない…みたいに去ってしまうようなことにならないといいんだけど…。

そこは、井戸原さんや仲さんの出番じゃないかしら。

初めて仲さんが怒ったりして??

黒猫葵
そして、雪次郎も初のアテレコに挑戦するみたい??

これは、山寺さんの再登場もあるかも??

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA