なつぞら|第15週・85話ネタバレと感想。 泰樹がついに「咲太郎」と呼んだ!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』85話が2019年7月8日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」85話!

先週は、たっぷり十勝で…面白かったなぁ…。 

ラマちゃん
そうね…千遥や天陽くんとのお話が一段落して…ある意味やっと、アニメーションに傾いていくのかしら…

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」85話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」85話のネタバレあらすじ

なつ(広瀬すず)が、初めて原画を任されたその頃、行方のしれなかった妹・千遥(清原果耶)が柴田家に現れました。

しかし、千遥は、なつと咲太郎(岡田将生)を待たずに、去っていきました。

2人に宛てた手紙を残して。

そして、話としては理解していた天陽(吉沢亮)の結婚という現実を、実際に目の当たりにしたなつは、初恋にピリオドを打ちました。

泰樹(草刈正雄)にだけは、寂しさを吐露し、少し笑顔の戻ったなつ。

明日には東京に帰るという最後の夜、柴田家には懐かしい声が響きました。

「ただいま!なにさ、この家は。女は働いて飯を作り、男は座って飯を待つ!相変わらず遅れてますもね〜。」

突如、札幌の北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰省してきたのです!

夕見子は、富士子(松嶋菜々子)から連絡をもらい、帰ってきたのです。

富士子と剛男(藤木直人)は、日も暮れてからの帰宅に、帯広から一体どうやって帰ってきたのかを気にします。

夕見子は、友達にドライブのついでに送ってもらったと言います。

しかも、相手は男の人!

「どういうつきあいなの!」

富士子も剛男も、心配して、色々聞き出そうとしますが、夕見子の興味は千遥にしかありません。

「で、千遥ちゃんは、どうしたの?」

「今は…いない。自分の場所に帰ったわ。」

ひとしきり、ここまでの流れを聞いた夕見子は、驚きます。

そして、その結婚が、本当に千遥の意思なのかという疑問をぶつけます。

更には、女が自由に生きられず、当たり前のように周りのお膳立てで結婚していくのが当たり前と思っていることに警鐘を鳴らします。

「もっと普通を疑え!」

「いい加減にしなさい!」

相変わらずの前衛的な夕見子の持論に、振り回される柴田家。

咲太郎は、そんな柴田家を見て、笑ってしまいます。

「なつ。お前は、本当に面白い家で育ったんだな。」

さて、今日はなつ、夕見子、明美(平尾菜々花)の3人で枕を並べます。

夕見子は、千遥からの手紙を見て、更には咲太郎も家族の絵を描いていたことを聞き、なつが絵を描くことは必然だったのだと、ため息を漏らします。

その時、ふと夕見子は気が付きました。

なつが、童話集を読んでいることに。

今度の仕事のことを話すなつは、短編映画の原作を決めかねていました。

その時、ふと、夕見子が言いました。

「そういえば、あんたら兄妹って、『ヘンゼルとグレーテル』みたいもね。兄と妹の話だよねこれ?ほら、深い森に連れて行かれた時に、パンをちぎって落としていくべさ。あんたらにとって、そのパンが絵なんだわ。」

なつは、難しい夕見子の話は、いまいち理解できません。

「パンを落とす代わりに、絵を描いてんの!それが、家に帰るための道しるべなんだわ!だけど、そのパンは、鳥に食べられてしまって、兄妹は帰り道を見失ってしまう。その鳥が…そう!時の流れなんだわ!そう、時が流れて、子どもはいつしか子どもではなくなっていく。ね!ぴったりっしょ!なつがやるなら、これしかないべさ!」

なつは、千遥が自分と咲太郎の絵を描いていた時を、想像し、思い浮かべました。

「ヘンゼルとグレーテル…」

何かのインスピレーションになったでしょうか…。

その頃、咲太郎は居間で剛男と泰樹と富士子とお酒を飲んでいました。

剛男は、気まずそうに咲太郎に言います。

「君らを、こんな運命にしてしまったのは、私かもしれん。」

「そうですよ。だから、俺は心から感謝しています。」

その言葉に、剛男は安堵したような表情を浮かべました。

そして、泰樹が初めてその名を呼びました。

「咲太郎。」

「はい…。」

「お前は、ここまでよくやったな。よく頑張って生きてきた。この先も、胸張って生きりゃいい。」

咲太郎は、こぼれそうな涙を隠すようにお猪口を煽りました。

東京へと帰る朝、なつは愛おしそうに搾乳をしていました。

「なっちゃん!腕はなまってないな!」

悠吉(小林隆)が、声をかけます。

「本当に、今日帰っちゃうのかい?」

「これ以上いたら、東京に戻りたくなくなっちゃうしょ。」

それを聞いた菊介(音尾琢真)が言います。

「それなら、戻るな!このままここさ、いろ!漫画映画が作りたければ、ここで作ればいいべさ!この菊介さんが手伝ってやっから!」

「お前に、何ができんだ!」

「なっちゃんの、肩もみくらいできるべや!」

そんな悠吉・菊介のいつも通りなやり取りに、なつは笑顔を浮かべました。

「それ聞いて、やっと戻る気になったわ!」

「そりゃ、ね~べやなっちゃん!」

泰樹は、そんな3人を…なつを、寂しそうに見ていました。

なつの出発より、一足先に登校してしまう明美のみつあみを結ってあげました。

そして、なつは、富士子にお願いをしました。

千遥が置いていったピンクのワンピースを置いていくこと。

それは、いつか千遥が取りに来てくれたらいいなぁという願いでした。

なつは、一人一人に挨拶をしていきます。

夕見子は、そのうち、東京にも連絡をすると約束しました。

「咲太郎!」

「はい!」

「しっかりしろや!」

泰樹から、咲太郎にも渇が入りました。

「はい!最後に怒られた(笑)」

その言葉に、笑いがこぼれ、なつは言いました。

「それじゃ~いってきます!」

「いってらっしゃい!」

こうして、なつの短い里帰りは終わりました。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」85話の感想は?

黒猫葵
おんじが…おんじが…泰樹おんじが咲太郎って呼んだよ~~~!!!

多分、なつの帰省から、初めてのはずです。

少なくとも、ドラマ内では呼んでいません。

あの咲太郎の驚き具合を見ても、やっぱり、ずっと呼ばれてはいなかったと思います。

おんじが、咲太郎を認めた瞬間ともいえるかもしれません。

そして、そんなおんじの言葉に泣いちゃいそうな咲太郎が、隠すようにお猪口をぐっと煽る姿に、月曜の朝から泣かされてしまいそうでした(笑)

さて、やっぱり、照男と咲太郎が、お互いを「兄さん」って呼ぶのが、ツボなんです。

夕見子も相変わらず夕見子で良かったですね~。

しかし、これは、突然、夕見子が上京してくるフラグでしょうか?

何せ、上京してから3年とか経ってるんで、夕見子も就職活動の時期だと思うのですよ。

夕見子は十勝に戻らぬよう…というか、素直じゃなく、雪次郎のそばにいるために、東京の会社を受けに来るのでは…。

それは、それで、正直良いなぁと思うのですが…役者志望の雪次郎をどう扱うのか…。

むしろ、夢を追って褒め、自分が働くと言い出すのか…。

突き放すのか…。

ちょっとそんな展開を期待してしまいます!

しかし…十勝おわっちゃった…またしばらく十勝の風景はお預けでしょうか…。

お預けなんでしょうね…。

しょうがないですが…。

そして、夕見子から言われた『ヘンゼルとグレーテル』は、なつにピンときたんでしょうか…。

あれが、今週のお話のキーポイントになりそうですね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」85話のネット上の反応や評価は?

◇相変わらずの夕見子

ドラまる
夕見子は、やっぱり必要だね~♪

何か、先週もやっとしたところを、一気にまくし立ててくれた感じ(笑)

ラマちゃん
やっぱり、締まるわねぇ~(笑)

でも、今日の登場は、何よりも『ヘンゼルとグレーテル』のひらめきと東京にあらわれるかもフラグを立てていったって感じね♪

◇泰樹おんじが咲太郎って呼んだ!

ドラまる
何か、クララが立った的な感動があったよね…。

おんじが名前を呼ぶって、ちゃんと認めた時だからさ!

ラマちゃん
ちょ!シーっ!

その理屈で行くと、まだ名前で呼ばれてない人がいるんだから…。

娘の夫というのは、また複雑な関係なのかもしれないわね(笑)

これは、夕見子やなつ、明美の旦那さんも大変そうよ♪

でも、咲太郎に会って、兄としてがむしゃらに生きてきた咲太郎をを、少しだけ自分に重ねたのかもしれないわね…。

だからこそ、なつをよろしく頼むぞっていう気持ちを贈ったのよね♪

◇次期朝ドラヒロイン?千遥ちゃんこと清原果耶ちゃん!

ドラまる
十勝をバックにした千遥…素敵だったね~。
ラマちゃん
いい形で、いつか遭遇してくれるといいんだけど…。

まだ、希望はあると思っているわ。

◇ヘンゼルとグレーテル

ドラまる
この夕見子の話が、何かのひらめきにつながるのかな?
ラマちゃん
これは、今後の夕見子の登場のフラグにもなるといいんだけど…。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、あさイチはウケなし!

そんな日もあるよね!

ラマちゃん
朝ドラ送りは、土曜のこと!

仕方ないっしょ!思ったくちです(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」86話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)が東京に帰ってきた。

二人は、十勝での出来事を亜矢美(山口智子)に報告。

亜矢美は、千遥の心の内にあるものを察し、落ち込む二人を元気づける。

翌日、なつが東洋動画に出社すると、下山(川島明)、麻子(貫地谷しほり)、坂場(中川大志)から、宿題だった短編映画の企画案を求められる。

そこでなつが、帰省中にヒントを得た企画について話し出すと、皆興味を持ちだし…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」85話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
先週からの十勝篇、終わっちゃたね~…。

寂しいなぁ。

ラマちゃん
十勝ワイプの導入、何とかならないかしらね…。

でも、何となく、近々夕見子が東京に来るんじゃないかと期待しちゃうわ♪

黒猫葵
短編映画の作業が再開されるということは、染谷くんも登場しそうですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA