なつぞら|第14週・84話ネタバレと感想。幸せそうな天陽くんに安堵…泰樹おんじのお茶目さに救われる! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』84話が2019年7月6日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」84話!

昨日までの「はるぞら」で涙腺崩壊から一夜明けて…今日は久しぶりの天陽くんだね! 

ラマちゃん
でも、これも最後かもしれないわ…

そんなことは考えたくないけど、それもないとは言い切れないし…

奥様との結婚までの過程も語られそう…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」84話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」84話のネタバレあらすじ

突然、姿を消してしまった千遥(清原果耶)から届いた手紙を読み、その境遇と姿を消した理由を知ったなつ(広瀬すず)咲太郎(岡田将生)、そして柴田家の人々は、涙をこぼしました。

翌日、柴田家を訪れた信哉(工藤阿須加)もその手紙を読み、写真を残してしまったことに、すまないという気持ちを抱いていました。

咲太郎は、それでも、1枚の写真を残してくれた信哉に感謝を伝えました。

信哉が撮った写真の千遥は、本当に素敵な笑顔をしていました。

「本当に…いい写真を残してくれたよ。ありがとう。信。」

「千遥ちゃんの幸せを祈ることしかできないのかな…俺たちは。」

「今までと同じだよ。だけど、これからは確信をもって、祈ることができる。それだけでも嬉しいよ。俺は。」

さて、なつはというと…。

自転車に乗って、あるところを訪れました。

それは、天陽(吉沢亮)の畑です。

いつものように大きく手を振って呼びかけようとしたその時…。

なつの目に入ってきたのは、天陽に寄り添い畑作業をする女性の姿でした。

なつは、呼びかけることを躊躇います。

その時、天陽は気づきました。

「なっちゃん…。」

「久しぶり!」

なつは、聞いてはいたものの初めて目の当たりにする天陽の奥さんを見て、心はざわついていましたが、悟られぬよう、笑顔で言いました。

「天陽くん。結婚おめでとう。」

「ありがとう!やっちゃん!」

天陽は、奥さんを紹介してくれました。

奥さんは靖枝(大原櫻子)といい、朗らかになつに挨拶をすると、祝電をくれたなつにお礼を言いました。

「せっかくだから、上がってもらったら?」

そんな靖枝の勧めで、気まずいながらもなつは、天陽の家にお邪魔しました。

正治(戸次重幸)タミ(小林綾子)との再会も喜び…それでも、靖枝も含め、家族になっている山田家に、なつは居心地の悪さを感じていました。

食事の後、なつは、天陽と2人、いつも一緒に絵を描いていたアトリエに行きました。

そして、展覧会で賞を取ったという絵を見せてもらいました。

そこで、最近の十勝の近況も聞けました。

十勝農業高校演劇部で一緒だった番長こと門倉(板橋駿谷)とよっちゃんこと良子(富田望生)が青年団で演劇をやっており、そこで背景画を頼まれて描いているといいます。

そして、その舞台を手伝っていたのが、靖枝でした。

天陽と靖枝のなれ初めを聞かされ、なつは笑顔を浮かべるものの、内心は複雑な気持ちを抱きつつも、顔が見えている間は笑顔で別れました。

しかし、背を向けた瞬間から、表情から笑顔がこぼれていくようでした。

帰宅したなつは、まっすぐ泰樹(草刈正雄)の所に向かいました。

泰樹は、なつの表情を見てすぐにわかりました。

「天陽に会うてきたんか?」

「うん。」

「そうか。」

なつは、泰樹に尋ねました。

「じいちゃん。もし、私が、ここに残って酪農続けてたら、嬉しかった?」

「そったらこと考えんな。そったらこと考えるなつにはなってほしくない。」

なつは、泰樹にだけは、抱いた寂しい気持ちを吐露しました。

「なつ…。わしだって寂しい。お前がおらんようになって、ずっと寂しい。寂しくて、たまらん。人間は、一人で生きようと思えば寂しいのは当たり前じゃ。それでも、一人で生きなきゃならんときがある。誰がいたってもだ。家族といたって、一人で生きなきゃならんもんだ。だから、支えあう。離れていたって、支えあえる。わしとお前は、支えあってるべ。」

少し涙目の泰樹は、なつに言いました。

「千遥に会えんで寂しいのは、わしも同じじゃ。」

「じいちゃん…ありがとう。」

そして、一言余計にお茶目なことを言いました。

「天陽は、どうでもいいな。」

なつに笑顔が戻りました。

その夜、剛男(藤木直人)が咲太郎に報告していました。

一応、帯広にある旅館を当たってみたようですが、千遥の名前はなかったそうです。

今夜は、最後の夜です。

残念がる剛男でしたが、なつはもう少しいられるものと思っていました。

「なつも、仕事が忙しいようで…。」

「え?なつも帰っちちゃうんかい!」

こうなれば、もう剛男の耳に咲太郎の話は届きません。

盛大に残念がる剛男を窘める富士子(松嶋菜々子)

その時、懐かしい声が響きました。

「ただいま~!」

なんと、夕見子(福地桃子)が帰省してきたのでした!

「何さこの家は!女は働いて飯を作る。男は座って飯をまつ。相変わらず遅れてますもね!」

去る者がいれば、来るものもいる。

来週に続く!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」84話の感想は?

黒猫葵
天陽の奥さま、朗らかな子でしたね~。

それに、なれ初めを嬉しそうに話す天陽くんにホッとしました♪

天陽くんが幸せそうで、本当によかったです…。

でも、今後の出演は、ほぼないんでしょうか…それは、一視聴者としては、さみし~!!

時々、十勝で柴田家と仲良くしてる感じ、お願いします(笑)

さて、なつはおんじにだけ、複雑な寂しさを吐露するわけですが、そんななつと話すおんじが素敵すぎます♪

おんじが、少し涙目で、なつが上京して寂しいと素直に言うところに、キューンとしてしまいましたよ~!

千遥に会えないのも寂しいっていうのも、良かったです。

それだけでも、何だか「おんじ~!」ってテレビに叫んだのに、この後のオチのような一言が、本当に最高でしたよ(笑)

「天陽は、どうでもいいな。」

おんじ、男の子にそっけない(笑)

そして、縁側で話す咲太郎と信哉の穏やかな感じも良かったですね。

遠くで幸せを祈ることしかできなくても、ずっと生きているのか、元気なのか、幸せなのかわからないまま祈っていた日々を思えば、元気に生きてると確信をもって祈ることができて嬉しいという咲太郎の穏やかな表情が本当によかったです。

そして、信さんに写真を残してくれたことに、素直にお礼を言う感じ…信さん、少し報われたねって思いましたよ(汗)

全然足りないけど。

そして、剛男さんのなつが帰っちゃうことへの寂しがり方(笑)

そして、咲太郎へのそっけなさ(笑)

柴田家男子は、男の子に冷たいのかな(笑)

何だか、今日は、イケメン祭りでしたね~…

そして、締めは最強のイケメンのご帰還です(笑)

夕見子がいればな~という視聴者の声に応えるかのような登場が嬉しかったですね~♪

でも、あと3日くらい早く帰ってきてほしかったかも(笑)

今週は、十勝が多くて、嬉しかったですね~。

やっぱり、十勝ワイプ必要かもしれませんね(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」84話のネット上の反応や評価は?

◇もう、天陽くんが幸せならそれでいいよね!

ドラまる
やっぱり、もうあんまりでてこないのかな…。

まだ、ないこともないと思うんだよ。

なぜか、坂場くんが結婚相手本命みたくなってるけど、大穴の陽平さんっていう可能性も…。

そしたら、家族になるわけだし…でも、超気まずいけどね(笑)

ラマちゃん
千遥のお話が一段落したように、天陽くんとのお話もこれで一段落したのよねきっと。

ここからが第2章と考えた方がいいのかも…。

近況くらいは、陽平さんや柴田家の皆さんから、知らせが来るかもしれないけどね(汗)

◇泰樹おんじ素敵!

ドラまる
泰樹おんじ…やっぱり、1週間に1回はおんじの姿が、この物語には必要だと思うな…。
ラマちゃん
最後の「天陽はどうでもいい」が、お茶目すぎて(笑)

◇思いがけない近況に拍手!

ドラまる
いや~確かに、結婚したんだよって言うのかと思ったよ(笑)
ラマちゃん
でも、仲良く演劇を続けてるって知って、嬉しかったわね~。

雪次郎が劇団に入ったって聞いたら、驚きそうよね。

◇信さん、少し報われた日?

ドラまる
咲太郎がちゃんとお礼を言ってくれて良かった…。
ラマちゃん
なつは、お礼言ってるところ描かれてないしね(汗)…というか文句言ってるばっかりに見えちゃう(汗)

もっと報われてもいいと思うから、どこかで「結婚することになったんだ!」って素敵な奥さんを紹介してほしいわ…

その時には、奥原家専用アレクサを、卒業できるといいんだけど…。

◇最強のイケメン・夕見子の帰還(笑)

ドラまる
夕見子!!!!
ラマちゃん
月曜の朝ドラ送りは、この話題で決まりね!

送りを話す時間があるといいんだけど…。

ここで、夕見子の登場は、なつの背中を押すためだと思うし、雪次郎の近況を聞いて、どう思うのかちゃんと描かれると良いけど…。

何か、夕見子の登場、嬉しいわね♪

◇なつぞらアニメーションにやられる♪

ドラまる
B〇SSの缶みたいなおんじが、急に笑ったから、つられて笑っちゃったよ♪
ラマちゃん
ね~…商品名、隠れてる感じがしないんだけど…。

やっぱり、すごく目を引くアニメーションの時ってあるけど、楽しみよね♪

◇次週予告まとめ

ドラまる
ひとまず、月曜くらいまでは、十勝にいるのかな?

十勝滞在最後の夜は、きっちり描いてほしいな♪

ラマちゃん
そうね…。

雪次郎の近況を聞いた夕見子の反応も…って、文通とかしてて、とっくに知ってたりして(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第15週のあらすじは?

2019年7月8日(月)~7月13日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第15週のあらすじをご紹介します

天陽(吉沢亮)との決定的な別れを痛感したなつ(広瀬すず)の帰省は、終わろうとしていた。

そんな中、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰省してくる。

夕見子のハッキリとした物言いに富士子(松嶋菜々子)たちが振り回される姿を見て、なつはどこか懐かしさを感じる。

出社後、十勝でヒントを得た企画が正式に採用され、なつが初めて原画を務める漫画映画の制作が動き出す。

坂場(中川大志)の自分勝手な進め方に麻子(貫地谷しほり)や下山(川島明)は反発するが、なぜかなつは彼の情熱に心を動かされていく。

一方、兄・咲太郎(岡田将生)はテレビ時代の到来を見越して、洋画にアテレコする声優たちの会社を立ち上げようとしていた。

公式サイトより引用

「なつぞら」85話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)が帰省中の柴田家に、北海道大学に通う夕見子(福地桃子)が帰ってきた。

さらにはっきりとした物言いになっている夕見子に、富士子(松嶋菜々子)を始め、泰樹(草刈正雄)までもが振り回され、柴田家に賑やかな日常が戻ってくる。

夜、なつと夕見子が久しぶりに枕を並べていると、夕見子はなつの童話集を見て、思いも寄らない感想を口にする。

なつはそれを聞いて、あることを思いつき…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」84話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
来週は、何だかなつの新たな恋に急発進しそうかもね!

それが、麻子や下山との確執にならないといいけど…。

ラマちゃん
新たなキャラクターの登場も示唆されていて、また個性的なキャラに翻弄されそうね♪

夕見子との久々の再会にも、ちゃんと時間を割いてほしいわ!

黒猫葵
これは盛沢山な感じですね!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA