なつぞら|第14週・81話ネタバレと感想。 剛男、泰樹おんじへの視聴者の気持ちを代弁!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』81話が2019年7月3日(水)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」81話!

昨日は、なつと咲太郎も千遥と電話で話すことはできたんだよ! 

ラマちゃん
でも、親戚のお家を家出してからの事は、まだ何もわからない…というか千遥自身のことは、東京から来たと言う事以外は、まだ、ほとんどわかってないのよ…。

一体、どうなっちゃうのかしら。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」81話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」81話のネタバレあらすじ

【千遥と柴田家】

十勝の柴田牧場にやってきた妹の千遥(清原果耶)と電話で話すことができたなつ(広瀬すず)

13年ぶりに聞く千遥の声は、すっかり大人になっていました。

なつと咲太郎(岡田将生)は、その日の夜行で帯広に向かいました。

帯広支局に転勤になっていた信哉(工藤阿須加)にも連絡がつき、明日の朝、千遥に会いに行ってくれることになりました。

さて、十勝の柴田牧場では、富士子(松嶋菜々子)が、なつの好物で千遥をもてなしていました。

なごやかな夕食時、なつと咲太郎が到着できそうな時間を告げます。

どう見積もっても、早くて明後日の明け方だと言います。

「千遥は待つと言ってるんだ。そったらこと心配するこでねぇべ。」

泰樹(草刈正雄)のそんな言葉に、剛男(藤木直人)は、心配して言います。

「千遥と呼ぶのは、早すぎるんでないでしょうか?」

「なつはなつ。千遥は千遥。家族にさんとかちゃんなんてつけて呼べるか!」

そんな泰樹に、砂良(北乃きい)が言います。

「私は、半年間砂良さんでした…。」

「…そりゃ~…すまんかった。」

千遥は、そんなやり取りを見て、笑顔を浮かべます。

「僕なんて、まだ剛男なんて呼ばれたことありませんよ。いつも『おい』とか『あれ』とか。」

「千遥ちゃん、こういうじいちゃんだから気にしないでね~!」

千遥は、思わず吹き出し、もっと笑顔を浮かべて言います。

「すごいですね。姉は…こんなに恵まれて育ったんですね!」

その言葉に、皆が一瞬戸惑います。

「千遥ちゃんは、お父さんやお母さんの事は覚えてないの?」

「父や母のことは、全く。顔も思い出せないくらいで。」

剛男は、かつての戦友だった千遥の父との約束を話します。

もちろん、そのことは咲太郎が親戚に送った手紙に書いてあったので、知っていました。

そして、少しずつ自分の事を話してくれました。

6歳で家を飛び出した千遥は、とある人に拾われ、置屋に預けられたと言います。

置屋とは、芸者さんになるための修行をする場所です。

千遥は、そこでお酌と呼ばれる位置におり、修行していると言います。

千遥は言います。

自分は、とても恵まれていたと。

そこには、お母さんと呼ばれる女将さんがいて、いいお姐さんたちにも囲まれ、食べるものも着るものも何不自由なく育つことができたと。

「本当かい?本当に千遥ちゃんは、幸せに暮らしてたんかい?」

そんな富士子の言葉に、千遥ははっきりと目を見つめ、力強く言いました。

「はい。とても幸せです!」

思わず涙をこぼした剛男。

「よかった。それを聞いたら、なつや咲太郎くんだけじゃなく、奥原さんや奥さんも喜ぶよ。」

その時、天の声は言いました。

『ありがとう。柴田くん。でも私と家内は知っていました。ずっと見守っていましたから。』

「…でも、幸せでは、私は姉に敵いそうにありません。」

「よし!明日は、早起きして、一緒に働くべ!」

「はい!私にも教えてください!」

泰樹と千遥は、そう約束しました。

その夜、明美(平尾菜々花)と一緒に眠ることになった千遥。

明美は、夕見子(福地桃子)が、北海道大学に合格した時の写真を見せて、なつの顔を見せてあげました。

「こういう人だったんだ…。明美ちゃんに似てるね!」

「そうかな?でもだったら、嬉しい!千遥ちゃんにも似てるね!」

千遥は、富士子になつが作っている、漫画映画についても尋ねます。

「なつの夢だったんだわ。でも、詳しい事はなつに直接聞いてみて、その方が伝わると思うから。」

千遥は、そんな富士子の言葉に、また一瞬表情を曇らせるのでした。

その夜、富士子と剛男は、千遥について話していました。

「あの子は、本当によくしつけられてる。置屋といっても、ちゃんとしたところで、そんなに悪い所じゃなかったのかもしれないわね。」

「もし、このままここにいたいといったらどうする?」

剛男は、突然、そんなことを言いました。

「なつもいないのに?」

「幸せだっていってたけど、辛い事がなかったわけではないと思うんだよな…。」

そんな剛男の言葉に、富士子の眉間には皺が寄りました。

「芸者のことよく知ってるのね?」

剛男は、マズいとばかりに布団にもぐりながら言います。

「…ほ…本物は見たことない。」

「嘘!」

「ほんとだって…。」

そんな夫婦喧嘩は、さておき、朝になりました。

千遥は、約束通り、早起きして牛舎にやってきました。

着てきた服を汚してはいけないと、かつてなつが来ていた服を借りました。

おさげに、その服を着ている千遥を見て、悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)は、なつの昔を思い出して懐かしがっています。

「千遥!搾乳やってみるか!」

泰樹やみんなに見守れ、搾乳をしてみる千遥。

笑顔を浮かべ、作業を行う千遥。

その姿を、朝一番で到着した信哉は、嬉しそうに涙ぐんだような表情を浮かべます。

そして、思わず写真に撮りました。

フラッシュに気が付いた千遥は、突然険しい顔を浮かべます。

「ごめん驚かせちゃったかな…。」

「千遥ちゃん、この人、誰だかわかる?」

千遥は、困ったような表情を浮かべました。

「わからないよね。信哉だ。佐々岡信哉だ。小さいときは、信とか…なっちゃんや千遥ちゃんからは、『信さん』って呼ばれてた!」

「…信さん?」

「覚えてる?」

「…少しだけ。何となくですけど。」

信哉は、それでも嬉しかったのです。

そんな信哉とは反対に、険しい表情を浮かべ続ける千遥。

「その写真、どうするんですか?」

「どうもしないよ!ただ、撮りたくなっただけだから!」

「誰にも見せないで下さい!」

その強い口調に、驚く信哉と柴田家の面々。

「どうしても…写真が嫌いなんです。」

「わかった!ごめん!勝手に撮って!」

その翌朝、なつは、帯広の『雪月』を訪ねました。

雪之助(安田顕)に、十勝までの送迎をお願いしていたのです。

なつと咲太郎は、やっとの思いで、帯広まで到着したのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」81話の感想は?

黒猫葵
さて、千遥の今が少しだけ語られました。

家出してから、置屋という芸者さんのいるところに引き取られたこと…。

幸せに暮らしていたという千遥でしたが、その後のウッチャンパパのナレーションも気にかかります。

そして、まだ、一度も誰かから「覚えてる?」とか「〇〇だよ。」とか言われない限り、自分からは昔のことを話してないんですよね…

記憶が曖昧にしても、何となく不自然なほどに。

自分から発したことは、自分が芸者になってからのことだけなんですよね…。

何となく、千遥じゃないんじゃないか疑惑も、まだまだ拭いきれないですね…。

それこそ、剛男さんとウッチャンパパ的なやり取りも考えられますよね…。

苦労が祟って、病に伏して明日をもしれぬ本物の千遥が、この手紙を持って、北海道に逃げろ…的な?

写真を撮られることを拒んだのは、それがうっかり世に出ることで、逃げ出した置屋から追手が来るかもとか、実際に会ったら、偽物だってバレるかもとか…。

そして、ようやっと到着したなつと咲太郎、雪之助さんも優しいですね。

あんな早朝に送迎してくれるなんて…。

でも、多分、もう姿をくらましていますよね…。

明日が気になります。

さて、今日は剛男さんが、昨日視聴者が思っていたことを代弁してくれましたね~(笑)

「千遥と呼ぶのは、早すぎませんか?」

昨日のTL上も、この話題で、盛り上がっていましたからね(笑)

一応、よそから来たお嫁さんの砂良さんには、気を使って「さん」付けだったのかな(笑)

そして、可愛い娘をとった、婿の剛男さんを呼ぶのは、素直になれないのかな(笑)

それ以外は、最初っから家族扱いなのかな(笑)

そんな泰樹が可愛いかったです♪

更には、剛男と富士子の夫婦の会話も久しぶりでしたね~。

千遥が、このままここにいたいといったらどうするという、剛男は、最悪かくまってあげたいと思っていたのかもしれません。

多分、芸者さんを見たことないなんて言ってましたけど、召集されて、実際に戦地に向かう時、あの時代なら、芸者さんを呼んで壮行会見たいのは、よくあるシーンですよね。

富士子さんは、何だかんだで結構な箱入り娘ですから、千遥の言葉を、まるっとそのまま信じていましたが、剛男はそんな甘い世界じゃないことを、ある程度は見て知っていたでしょう。

だから、あの言葉が、全部本当とは、言われた時は信じましたが、少し落ち着いて考えた時に、さすがにないなぁと思ったのかもしれません。

辛くて、置屋を逃げ出してきたのかも…そんなことを考えたのでしょう。

ところが、どっこい、それが余計な方に飛び火してしまい、話が中断してしまいました。

この時に、少し冷静に話していたら、なつが来る前に、もしかしたら、逃げ出すかもって、注意深く子ども部屋を気にしていたかもしれませんね…。

って、逃げる前提で話をしていますが、あの写真の嫌がり方は、何となく、なつと咲太郎は直接会えないんじゃないかと感じています。

何は、ともあれ、明日を待ちましょう。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」81話のネット上の反応や評価は?

◇剛男、視聴者の気持ちを代弁

ドラまる
昨日、おんじへのツッコミがTLで盛り上がっていたわけだけど…
ラマちゃん
それを、剛男さんが突っ込んでくれて、面白かったわね!

◇信さん…

ドラまる
信さんが、本当に嬉しそうに千遥の姿を見てるのに、こっちも感激してウルウルしちゃいそうだったよ!
ラマちゃん
でも、本当に便利に使われてるわね(汗)

一度でも、本当に千遥ちゃんに会ったことがある人、なつと咲太郎はすぐには東京から向かっても到着できないから、その時に様子を見てもらうために、帯広支局に飛ばされたのね…信さんって思っちゃったわよ!

◇悠吉&菊介親子は画面を明るくする!

ドラまる
今日は、菊介のおいちゃんに、黄色い声援が飛び交いそうだったね(笑)
ラマちゃん
その直後の砂良さんの鋭いツッコミが素敵だったわ~!

◇泰樹おんじデレデレすぎ

ドラまる
千遥を気に入ってるのもあるけど…

その結果、なつが帰ってくるのが嬉しいっていうデレデレ感もあるのかな(笑)

ラマちゃん
そうね、ぞんざいに扱ったら、大好きななつに怒られちゃうからね(笑)

◇嫁の砂良さんがすっかりなじんでる!

ドラまる
砂良さんは、元々はっきりものを言う人だったから、ちょうど良かったのかもしれないね(笑)
ラマちゃん
それは、すごく思うかも♪

◇富士子と剛男の夫婦喧嘩

ドラまる
ここで、芸者さんと遊んだのかどうかに話が転がらなければなぁ…。
ラマちゃん
もう、富士子ちゃんったら、剛男さん大好きなんだから…。

◇千遥は何を思う

ドラまる
あの写真への怯えかたが、心配だね…。

千遥が心配だなぁ…

しかも、信さんが放送局に勤めてると聞いて、さらに警戒した感じがするよ…。

ラマちゃん
本当にいわゆる、お客を取らされそうになって逃げてきたか、身請けすることになって逃げたのか…

いずれにしても、置屋から逃げてきたんじゃないかって、思っちゃうわね。

そして、本当の千遥かどうかも、また疑惑が出てくるわ…。

◇雪之助さんいいひと!

ドラまる
いつ、連絡したのかしらね~…。
ラマちゃん
それこそ、信さんに足を頼んでも良かったんじゃ~…って思っちゃうけど…

その辺りの、線引きがよくわからないわね…。

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
これ、よく似合ってるね~!
ラマちゃん
悠吉さんも菊介さんも、そりゃ、懐かしくなっちゃうわね♪

ドラまる
そうかも!
ラマちゃん
なつが描いてるわけだし…千遥をイメージして描いたアニメーションって言われたら、妙に納得できるわね!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」82話の予告あらすじ

柴田家にきている妹の千遥に会うため、急いで十勝に向かったなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)。

早朝、帯広に着いたふたりは雪月に立ち寄り、雪之助(安田顕)の運転する小型トラックで柴田家に到着。

なつの到着を待ちわびていた富士子(松嶋菜々子)をはじめ、懐かしい面々との久々の再会を喜ぶなつ。

あとは千遥との再会を待つばかりのなつに対し、泰樹は思わぬことを口にする…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」81話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~やっと帯広までついた咲太郎となつだけど…。

千遥は、もういない気がするなぁ…。

ラマちゃん
そうね…。

今日の、あの写真への怯え方、何となく信さんへの警戒した態度が…気になるもの。

今の所、千遥が笑顔を見せたのは、今回初めてあった人だけなのよ…。

黒猫葵
信さんに、昔のことを、色々聞かれたら…ってところもあるのでしょうか…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA