なつぞら|第14週・79話ネタバレと感想。千遥が十勝へ!キャストは清原果耶ちゃん!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』79話が2019年7月1日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」79話!

先週は、雪次郎の乱からの土曜日のこれからの展開のフラグのまき散らしの詰め込みに怒涛だったね~。 

ラマちゃん
今日から「なつぞら」も後半戦!

柴田牧場にやってきた少女は一体誰なのかしら!?

さ~今週一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」79話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」79話のネタバレあらすじ

【さ~て今週のなつぞらは?】

昭和34年の5月です。

『東洋動画』への入社から3年。

なつ(広瀬すず)は、2本の漫画映画で動画を描き、順調にその腕前も上げていました。

そんなある日、下山(川島明)麻子(貫地谷しほり)とともに呼び出されたなつです。

「大事な話があるんだ!」

一体、どんな話なのでしょうか…。

堀内(田村健太郎)茜(渡辺麻友)は、また喧嘩でもして、注意されるのではと冷や冷やしていました。

その頃、北海道で大きな出来事が近づいていました。

【上司たちからの大事な話】

さて、呼び出されたなつと麻子に、仲(井浦新)井戸原(小手伸也)は、こんな話をしたのです。

「短編映画ですか!?」

驚くなつに仲は続けます。

「長編の仕事がない時に、若手の育成を兼ねて、大体20分弱の短編映画を作ることになったんだ。それでマコちゃんに原画を任せたい。」

下山は、自分も『白蛇姫』の後の短編で鍛えられたと笑います。

「ぜひやらせてください!」

そして、なつが呼び出された理由とは…なんと…。

「なっちゃんにも、思い切って原画をやらせてみたいと思っているんだ。どうだろう一緒にやってみてもらえないだろうか。女性で原画をやるなら、絶対にマコちゃんだと思ってるんだけど、同時になっちゃんの力も試してみたくなったんだ。」

複雑な表情を浮かべる麻子でしたが、そこは上司である仲たちが決めたことです。

「私に、断る理由はありません。一緒にやれといわれるならやるだけです。」

「マコさん!ありがとうございます。よろしくお願いします。」

もちろん、丸任せではなく、下山も監修としてつくからと、2人を安心させます。

さて、題材は何かと問うと、井戸原が言います。

「それも、自分たちで考えるんだ。何をやりたいか考えて、企画を出してくれ。」

さらには、演出部からも一人若手がつくと言います。

演出部の若手といえば…この人しかいません。

坂場(中川大志)も、部屋にやってきました。

まずは、3人で話し合い、企画を考えてほしいといわれ、元気よく返事をするなつなのでした。

早速、3人で中庭に集まり、話をします。

ところが、まずは話を作るのか、原作を立てるのか、どんな話をやるのか、考える時間も与えてもらえぬまま、坂場は自分の考えを告げ、どんどんと話を進めていこうとします。

そんな坂場の姿に、なつと麻子は不安を覚えるのでした。

【柴田家に大事件!】

さて、その頃の十勝はというと…。

1人の少女が牧場を訪れていました。

泰樹(草刈正雄)は、ふと人の気配に気が付きますが、その少女は、さっと姿を隠し、泰樹が視線をやるころには、姿が見えませんでした。

牛舎の中で作業をしていた悠吉(小林隆)も、ふと少女が通り過ぎたのに気が付きますが、気のせいかと、スルーされました。

菊介(音尾琢真)も不思議そうな顔をしています。

家の外では、身重の砂良(北乃きい)が、洗濯物を干し、富士子(松嶋菜々子)の薪割も変わり、張り切って家事をこなしていました。

間違ってお腹を割ったら大変だからと、斧を取り合う2人の顔は、笑顔です。

嫁姑もうまくいっているようで何よりです。

そんな二人を井戸の影から見つめる少女は、母屋から照男(清原翔)の姿が見え、見つかると後ずさった瞬間、バケツを蹴ってしまいました。

「何だ?誰かいんのか?」

洗濯物の影で見えない人影に、念のため、斧を持ってそっと近づく照男。

しかし、そこには、見知らぬ少女の姿が。

「誰だ?」

その少女は、砂良を見て言いました。

「お姉ちゃん?」

「え?なんて?」

砂良にとっては、身に覚えのない少女ですから、その返答は当然です。

「あ…。いえ、何でもないです。道に迷ってしまって…。」

富士子は、すぐに感づきました。

「あなた、もしかして、千遥ちゃん?」

驚いて振り向くその少女に、砂良も照男も目を見開きます。

「ごめんね。私はなっちゃんじゃないんだわ。」

「奥原なつって人を探しに来たんでしょ?私たちは、9つからの家族だけど、今でも、ここは奥原なつの家で間違いないんだわ。ここを探してきてくれたんでしょ。ずっと待ってたんだわ。本当に、あなたが千遥ちゃん?」

その少女は、こくんと頷きました。

千遥(清原果耶)でした。

「よく来た!よく来てくれた!」

泰樹のもとにも、照男が駆けつけ、千遥が来たことを話します。

「じいちゃん!来た!なつがずっと探してた妹が。実の妹が!」

「何だって!」

大歓迎で迎え入れられた千遥に、なつのことを話し、千遥のことも尋ねます。

東京からやってきたという千遥に、東京のどこへ住んでいるのかと尋ねると…少し言いにくそうにしています。

そして、その答えを聞く前に、泰樹が母屋に戻ってきました。

泰樹も満面の笑みで、千遥を出迎えると。

「おい!なつには連絡したのか?」

富士子は、すぐに電話をかけようとします。

ところが…。

「あの!お願いがあります。姉には知らせないでください。すみません。それはいいんです。」

驚く柴田家の面々に、千遥は続けます。

「姉が無事だとわかれば、それでいいんです。姉には会いたくないんです。」

「えっ?」

「すみません。許してください。このままで…。」

富士子は、千遥の気持ちがわからず、色々と尋ね、なつの気持ちを伝えます。

しかし、黙りこくってしまった千遥を見て、泰樹はそれを制止します。

千遥には、何か思うところがあると、感じたのでしょう。

「そうやっていうもんでねぇ。喋りたくないことだってある。何も聞かんでいい。ここに来てくれただけで、十分だ。ここはな、なつのうちだ。ということは、妹のあんたのうちでもある。好きにしてればいい。」

その頃、東京の『東洋動画』には、北海道から電話だとなつが呼び出されていました。

なつは、突然の、それも会社への電話にとても驚いていました。

泰樹は、無理に話を聞こうとしては、すぐにでも発ってしまうと思い、まずは千遥の気持ちを受け止めました。

そして、時間稼ぎのために、家を案内し始めます。

その隙に、富士子はなつに連絡をしたのです。

「なつ…落ち着いて聞いてね。今、千遥ちゃんがうちに来てるんだわ。」

なつは、あまりの驚きに、上手く言葉が出ないのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」79話の感想は?

黒猫葵
いやいや、普通に千遥ちゃんでしたね…。

先週末、いろんな予想が飛び交っていたんですよ。

実際、前々作の「まんぷく」では、戦地に言っていた要潤さん演じる忠彦さんの復員シーンを描く際、それっぽい描写から「忠彦さんか!?」と思いきや、後に萬平さんの右腕となる神部が盗みに入ったというシーンが描かれ、日を改めて夜遅く帰ってきて、家族を気遣った忠彦さんは危うく鈴さんに綿棒で叩かれそうになるという…。

なので、今回も千遥と見せかけて、大学3年か4年になり、授業も少なく5月の祝日と休講日を兼ねて、ふらりと帰ってきた夕見子なのでは?…からの、おんなじ様な服装でやってきた千遥が数日後やってくるのではなんていう2段構えが(笑)

しかし、もう週も早々に千遥ちゃんが登場したので、今週の真ん中くらいで、一旦千遥ちゃんは帰ってしまいそうですね。

連絡をもらって飛び出したとしても、3日はかかる計算でしょうから、なつと咲太郎は、十勝にはやってくるものの、会うのは難しいかもしれませんね。

そんなに長居できる状況でもなさそうですしね。

再会は、まだ先になりそうですね。

ただ、ここで泰樹おんじと話すことで、どうして会いたくないのか…くらいはわかるといいのですが…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」79話のネット上の反応や評価は?

◇泰樹おんじの愛がたまらん

ドラまる
久しぶりに出てきて(あんまり喋らない感じで数秒の登場シーンはあったものの)、いい所かっさらっていくよね~おんじ♪
ラマちゃん
本当…正直、今日の前半の所、あんまり思い出せないのよね。

◇NHKさんの演出も憎い!

ドラまる
いきなり、先週末に藤木直人さんのアニメーションが採用されて…

それが、今日につながってるのが、本当すごいなぁって…。

ラマちゃん
なつが、剛男さんとあの1本道を歩いたのも5月だったのね~…。

5月は転機の時期扱いかもしれないわね。

◇下山さんの一言にも恋フラグが??

ドラまる
もう、みんな坂場さんとの恋フラグを面白がっているよね(笑)
ラマちゃん
あの理屈っぽい感じは、一休さんって感じだけどね(笑)

◇いまだ語られぬ実の母が気になる

ドラまる
確かに、これはお母さんのキャストが気になっちゃうよね…。

でも、登場は…ないんだろうな…。

ラマちゃん
そうね…。

絵の感じしかわからないけど…ワンチャンあるなら…なつの出産のときに、痛みの中で朦朧とした中での回想とかかしらね…。

◇千遥の心中が気になる

ドラまる
千遥は、どうしてなつに会いたくないのかな…。

咲太郎にも会いたくないでいいのかな?

ラマちゃん
そのあたりを、時間稼ぎしている間に、おんじにだけ打ち明けてくれるといいんだけど…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」80話の予告あらすじ

富士子(松嶋菜々子)からの電話で、なつ(広瀬すず)の妹、千遥が十勝の柴田家に来ていると言われたなつ。

千遥が富士子に伝えた言葉になつは激しく動揺する。

千遥に会いたいなつは、すぐにでも十勝に帰ろうと、会社に許可をもらい早退。

知らせを聞いた咲太郎(岡田将生)も、すぐに風車へ。

妹の消息がわかったことに安堵する。

そのころ十勝では、千遥が柴田家の面々に対し、なつたちが来る前に帰ると告げていた…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」79話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~…なつと咲太郎は千遥に会えるのかな…。
ラマちゃん
これは、難しいかもしれないわね…。
黒猫葵
でも、少しおんじたちと過ごすみたいだし、少しでも笑顔が見られたらいいですね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA