なつぞら|第12週・71話ネタバレと感想。中川大志くん演じる坂場くんへの反応は!? 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』71話が2019年6月21日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」71話!

ついに登場した中川大志くん! 

ラマちゃん
なつとはシーブリーズのCMでもカップルになってることから、恋のお相手かと気になってしまうわね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」71話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」71話のネタバレあらすじ

【大型新人・坂場登場!】

なつ(広瀬すず)は、『ライブアクション』に参加しました。

『ライブアクション』とは、俳優が実際に演技をしたものを撮影し、アニメーションの資料にすることです。

『ディズニー』でも、この手法が取り入れられており、『東洋動画』でも、この作品を機会に、取り入れようとしていました。

そんな緊迫した雰囲気に緊張しまくっている人がいました。

演出助手の坂場一久(中川大志)です。

カチンコが上手に鳴らせず、そのあまりにぶきっちょさに、現場からは諦めにも似た笑いが起きていました。

この不器用な青年は、この後、アニメーターになったなつに、大きな影響を与えることになるかもしれません。

『霊感です。』(by語り)

『東洋動画』、総天然色、長編漫画映画の第二弾『わんぱく牛若丸』の作画作業が始まりました。

この作品から、『3つ穴のタップ』と呼ばれるものが、動画用紙を固定するために使われるようになりました。

重ねた紙がずれる心配がなくなり、これが日本のアニメーションにとって、大きな技術革新になりました。

アニメーターの机には、鏡があります。

自分の顔を写し、表情を確認しながら、書いていくのです。

馬にでも、何にでもならなくてはいけません。

そして、作業も佳境に入ったある日…。

下山(川島明)のもとに、坂場がやってきて言いました。

「この動画、これでいいんですか?この動画の動きはおかしくないですか?」

下山班は、そんな坂場からの突然の指摘に、はてなマークが飛び交います。

そして、その動画用紙は、なつが描いたものでした。

「何かおかしいですか?」

「おかしくないですか?と僕が聞いてるんです。」

何だかちぐはぐな会話に、話が一向に進みません。

なつは、その動画のシーンについて説明をします。

その絵は、牛若丸が馬に乗る練習をして、坂を下っていくシーンでした。

そのため、なつは、馬も牛若丸も怖がって走り、牛若丸は『前につんのめる』ような態勢になっていました。

坂場は、そこが、納得がいかなかったのです。

「怖がっているのに、どうして『前につんのめってる』んですか?怖がっているなら、『後ろに仰け反る』のでは?リアリティがなくないですか?」

「それでは、スピードが出ているように見えないじゃないですか。」

「どうしてですか?」

なつは、言われていることが、今一つ理解できません。

「表情で説明されていれば、それでいいんでしょうか?」

「は?」

なつは、そっと、麻子(貫地谷しほり)に、ヘルプの視線を送りますが、麻子はそっとガッツポーズをして、目配せで『もっと言ってやれ』と告げました。

なつは、懸命に説明をしますが、段々と劣勢に…。

牛若丸が仰け反らない理由は、わんぱくな牛若丸の性格という事で、脳内処理できたようですが、馬も同じなのかと尋ねられます。

なつは、その一言に、妙に納得が行ってしまいました。

そこで、下山がストップをかけました。

これ以上は、話が進まなそうだったからです。

「その疑問は、露木さんのもの?君のもの?」

坂場は、露木(木下ほうか)も同じように疑問を持っていたが、最初にそれを感じたのは、自分だから聞きに来たのだと言います。

それを聞いて、下山は言いました。

「わかった。直すよ。露木さんにそう言っておいて。」

部屋を帰ろうとする坂場に、納得のいかないなつは言いました。

「リアリティって何ですか?アニメーションのリアリティって、実際の人間や動物の動きをそっくり同じに描くってことですか?それって、子どもは楽しいんでしょうか?アニメーションにしかできない動きをするから、楽しいんじゃないでしょうか?」

そんななつの一言は、坂場にさらに火をつけたようです。

「子どもが見るものだから、リアリティは無視しても良いってことですか?」

「いえ、そんなことは言っていません。」

心配そうに仲(井浦新)井戸原(小手伸也)も覗いています。

「僕には、まだよくわからないんです。皆さんのやろうとしていることが。」

「は?どういうことかな?」

「現実的な世界のリアリティを追求しようとしているのか、アニメーションにしかできない表現を追及しようとしているのか。どこに向かっているのか、わかってないんです。すみません。新人なもので。これからも教えてください。」

坂場が部屋を後にすると、張り詰めていた糸が切れたように、作画課は脱力しました。

「しかし…すごい新人が入ってきたね…。」

堀内(田村健太郎)は、坂場の言っていたことは、自分も思っていたと言います。

現在の日本のアニメーションは、時代劇にディズニーの手法を適当に取り入れたものだと言います。

そして、そのことは、仲も井戸原も感じていた事でした。

何せ、日本にとって始めたばかりのアニメーションには、明確な作り方も、定まっていないのですから。

世界で人気のディズニーの手法だから、取り入れてみてはいるものの、それだってもう古いかもしれないと井戸原は言います。

そして、自分たちが今できることを模索しながら、やるしかないのだと諭されました。

ここで、麻子から、なつへ、きついスパイスが飛んできました。

「それと奥原さん…。あなた、まさか『鵯越の逆落とし』が何なのか、そんなことも知らないわけじゃないわよね。」

「え?…知ってますよ!そんくらい!」

目を泳がせながら、自席に戻るなつをみて、みんな思ったようです。

『知らないな。こいつ。』

さて、坂場が自席に戻り、報告すると…露木は驚きました。

「よく、プライドの高い絵描きたちを納得させたな。」

「いえ、わからなかったので、聞いただけです。」

露木は、意外と使える…そんなことを思ったような表情をするのでした。

その日の昼休み、お昼を抱えて中庭に行くと、仕上課時代の先輩・モモッチこと桃代(伊原六花)と会いました。

なつは、今日の出来事を桃代に話しました。

ちなみに、坂場のパーソナルな情報は桃代から聞けました。

坂場は、東大出身で、哲学を専攻していたらしいのです。

そういう情報は、仕上課にはすぐ回ってくると言います。

さすが、腰掛さんが多いということでしょうか…。

なつは、そんな人に生意気なことを言ってしまったと思いましたが、言葉強めに桃代に言いました。

「すご~~~~く変な人だった。」

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」71話の感想は?

黒猫葵
さ~坂場くんの本格始動となったわけですが、あの話し方は、単純にイライラされそうですね(笑)

でも、今日浮き彫りになったのは、何となく薄々思ってはいましたけど、露木さん、アニメーションの演出やる事そのものに納得がいってないんですね。

今日の表情や言葉からは、『漫画映画なんて子どもだましなもの。何で俺が…』って滲み出ていました。

さすがは、木下ほうかさんです(笑)

そして、アニメーターを見下してましたね(笑)

だけど、多分、絵を描く人に、『アニメーションとは』みたいな感じで丸め込まれてて、本当は鬱屈していたのかなと思うと、今回、坂場くんが描き直させたことに味を占めて、自分の力を固辞するために、坂場くんを何度も襲撃させそうですね…。

結果的に、それがいい方向に進むんだと思いたいところですが…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」71話のネット上の反応や評価は?

◇坂場くん第一印象は!?

ドラまる
う~ん…

直球で言うと「変な人」「奇人」って感じかな!?

ラマちゃん
天才とそれは紙一重よね~。

でも、ここに高畑さんモデルのキャラがいるということは、宮崎駿さんモデルのキャラはどこにいるのかしら…

◇なつの知らなかった『鵯越の逆落とし』h4>

ドラまる
僕だって…もちろんしってたよ~♪(口笛)
ラマちゃん
ジー…。

わかりやすく説明してくれる人がいるの、ありがたいわね~♪

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
これは、思ったね~!

そんな朝ドラも新しかったかもね♪

ラマちゃん
もう少し、ヒロインに感情移入できるとそんなこと思わないのかもしれないけどね(汗)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
確かに、あのパン1個で足りるのかなぁって思ったよ(笑)

そんな独特な注目点、好きだなぁ!

ラマちゃん
そうね!

今日は、坂場くんかパンくらいしか受けるところなかったもんね(笑)

でも、それであの数分を膨らませる華大さんすごいわ~♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」72話の予告あらすじ

坂場(中川大志)からの言葉に、不安になるなつ(広瀬すず)。

友人の桃代(伊原六花)を誘って川村屋を訪れると、奥のテーブルで熱心に本を読む坂場の姿があった。

なるべく近寄りたくないなつだったが、桃代に強引に引っ張られ、坂場と同じテーブルにつくことに。

嫌がるなつを面白がる桃代は、さらにけしかけ、なつが坂場に聞きたかったことを聞かせる。

その時、光子(比嘉愛未)が、やって来て…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」71話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
明日は、久しぶりの川村屋みたいだね!

坂場となつのやり取りも気になるけど…。

ラマちゃん
光子がお客様のなつの所にやってくるところを見ると、何か話があるんだと思うけど…。

ここ最近の雪次郎が心配すぎて、良くない話じゃないといいんだけど…。

黒猫葵
今週も明日でおしまい!

来週に向けて、事件の匂いでしょうか…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA