なつぞら|第12週・69話ネタバレと感想。下山の優しさに心癒される【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』69話が2019年6月19日(水)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」69話!

大遅刻したなつだけど、会社の人たちは、どう受け止めるのかな? 

ラマちゃん
この受け止め方次第では、視聴者はまたモヤモヤしちゃうわね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」69話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」69話のネタバレあらすじ

【なつVS麻子!?】

千遥の行方が分からず、絶望したなつ(広瀬すず)でしたが、咲太郎(岡田将生)の後押しでキャラクターを描き始めたなつ。

夜通し描いたなつは、大遅刻をして、キャラクター検討会に飛び込みました。

既に牛若丸のデザインは仲(井浦新)の案になったことが、井戸原(小手伸也)から告げられました。

「君は出さないのか?」

なつは、まだいいのかと驚きます。

「そのために、遅刻してきたんだろ?」

仲も麻子(貫地谷しほり)も、そんな小手の言葉に苦笑いを浮かべました。

なつが描いてきたのは、牛若丸の母・常盤御前の絵です。

その流れで、次は、常盤御前を検討することに。

なつは、千遥への不安を抱えながらも、アニメーターとしての1歩を歩み始めました。

常盤御前の案は、どれも美人を描こうとしている人が多いと、仲は指摘します。

「この中では一番、この絵が母性を感じるんだ。」

そう言って、取り上げたのはなつの描いた常盤御前です。

動画担当の堀内(田村健太郎)は、その意見に疑問を抱きます。

「常盤御前が只の母親でいいんでしょうか。常盤御前は、牛若丸が母に会いたい一心で会いに来たのを、冷たく突き放します。それが、前半の山場にもなる。最初からいい母親の顔をしていたら、牛若丸が絶望しても、お客は感情移入できないんじゃないですか?」

小手は、その意見に賛同しました。

「最初は、悪者っぽく描かれているほうが、衝撃を与えるかな。そういう点では、この表情がいいんじゃないかと思うんだよね。」

小手が取り上げたのは、麻子の絵でした。

仲は、麻子にどうしてこういう常盤御前を描いたのか、理由を尋ねました。

「常盤ははじめ、その美貌と知性で1000人の女の中から選ばれ、侍女のような身分で召し抱えられたにすぎませんでした。そこから、源義朝の側室に上り詰めたんです。常盤御前は、強かで強い女性なんです。」

麻子の意見を聞いて、仲は、今度はなつに尋ねました。

「私は…。そんな怖い顔の母親を子どもに見せたくありません。」

なつは、怖い顔の母親が、あとから優しくなったとしても、子どもは納得するのだろうかという持論を展開します。

その結果、小手と仲は、2人ともの案が中途半端であることを指摘しました。

常盤御前の厳しさと愛情深さの両方を描き切れていないのでした。

その結果、常盤御前については、保留となりました。

その時、下山(川島明)は気が付きました。

なつの服装が数日前に着ていた『半分、青い』服と同じことに…。

下山は、これは異変だと、すぐに気が付き、なつに声をかけました。

「何かあった?」

「…別に…なんも。」

「『別に…なんも』…か。嘘だね!何かあった!明らかに、いつもと様子が違う!だって、その服装、前にも見たことあるもん!」

あれだけ、毎日同じコーディネートをしてこなかったなつが、同じ服を着ている。

つまり、コーディネートを考えられないほどの何かがあったのだと、下山は思ったのです。

「ついに、同じ服装できちゃうんだもん!まぁ、それは、許すけどさ。何かあったなら、話してみなよ。本官に話して楽になれ!」

その姿を見て、なつは下山が元警察官であることを思いだしました。

そこで、あくまでも人から聞いた話という事で、家出した幼い子どもについて、捜索願を出した場合、例えば何かあったら、そういう連絡は、その家族の所に来るものだろうかと。

そして、それは、奇跡のようなものかと尋ねました。

下山は、戦後まもないころ新米警察官として、派出所にいました。

当時は、戦後の混乱で、警察内部も混沌としていたことを伝えます。

それでも、その時、一緒に働いていた先輩が、逃げ込んできた少女を、新しくできた日本国憲法を学び、独断で助けたという話を聞かせます。

そして、その子は、その先輩の紹介で、とある旅館で元気に働いていると言います。

「奇跡なんてもんは、案外、人間が当たり前のことをする勇気みたいなもんだよ。その勇気を持っている人間は、どこにでもいるよ。」

なつは、その警察官の人は、下山ではないかと尋ねましたが、下山は笑ってはぐらかしました。

「そのお子さんも、そういう人に、助けられてるよ!きっと。」

なつは、下山の言葉に、少し救われていました。

「ゆっくりね!」

この言葉には、色んな意味が含められているようでした。

昼食を終えて、自席に戻ると、なつと麻子は、仲から呼び出されました。

そこで見せられたのは、なつと麻子の思いの両方を含めて、仲が描いた常盤御前のデザインでした。

「どうしたら、こんな絵が描けるんだろう…。」

仲は、なつが描いた常盤御前にモデルがいるのかと尋ねました。

なつは、北海道の母・富士子(松嶋菜々子)をモデルにしたことを話します。

「やっぱり、お母さんか…。いや、お母さんを描くことは悪い事じゃないんだ。でも、子どもというのは、お母さんに優しさばかりを求めがちだ。でも、お母さんも一人の女性だし、無い麺には、もっと怒りや苦しみ、悲しみだとか、子どもが見たくないものだって一杯持ってるはずだろ?」

なつは、自分が子どもの気持ちばかり考えていたことに気づかされました。

逆に、麻子は、生い立ちや理屈ばかりを考えていたことに気づきました。

「どれも、大事なことだよ!それに、なっちゃんの悩みは正しいと思う!子どもが見て、本当だと思ってくれるような絵を、僕らは探し続けていかなくちゃいけないんだから。子どもの力を侮ったら、それで終わりだ!」

なつは、会議の中で、生意気なことをいった点について、麻子に謝りました。

「謝らなくていいのよ。口に出したことは、仕事で責任をとっていかなくちゃいけないんだから。じゃないと、本当に認めるなんてできないでしょ?」

「仕事で認め合うしかないのが、アニメーターの辛い所だ。なっちゃんは、もうアニメーターなんだ!」

なつは、夢ではなく現実の…仕事となったアニメーターの世界の厳しさを、また一つ知ったのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」69話の感想は?

黒猫葵
…そうか…遅刻そのものはスルーですか。

ちょっとモヤモヤします。

あと、麻子となつの対決と煽ってた割には、別になんてことなかった(汗)

まぁ、生意気なことも言っていましたが、昨日・おとといの厚かましさを見てると、おとなしいなぁって思ってしまいました(汗)

今日は、下山さんのハートウォーミングな対応に(やってること的には、現代ならアウトかもしれませんが(笑))心癒されました。

あの話は、下山さん本人の話なんですかね…。

でも、自分の話は、他人の話として話し始めたのに、下山には、「自分の話ですか?」って、やっぱりデリカシーに欠けるんですよね…。

下山さんにも素敵な奥様がやってきて、幸せになってもらいたいですね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」69話のネット上の反応や評価は?

◇下山さんに癒される

ドラまる
下山さん、いいひとだね~。
ラマちゃん
この話が、何かの伏線になってくるのかしら…。

◇仕事としてのアニメーター

ドラまる
キャラクターデザインってのは、奥が深いね…
ラマちゃん
下山さんが、最後になつに言った言葉じゃないけど、「ゆっくり」そのあたりを学んでほしいわ…。

◇小ネタ

ドラまる
見た瞬間に、あ!ってなったよね(笑)
ラマちゃん
確かに半分青い服装だったわね(笑)

◇モヤモヤ

ドラまる
もう少し、マコさんのスパイスの効いた発言があるかと思ってたんだけどな~(汗)
ラマちゃん
そうね…。

社会人として、せめて遅刻については、きちんと咎められるべきだったわ。

そうじゃないと…何というか、逆にリアリティがないような感じがしちゃった。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」70話の予告あらすじ

前作「白蛇姫」のポスターを見ていたなつ(広瀬すず)は、自分がアニメーターとして頑張れば、ポスターに名前を載せることができることを知る。

そして、生き別れの千遥がそれを見てくれれば連絡があるかもしれないと、咲太郎(岡田将生)と信哉(工藤阿須加)、亜矢美(山口智子)に伝える。

日が変わり、下山(川島明)のもと「わんぱく牛若丸」のアニメーターチームが集まり、新たな作品つくりに向けて意見交換が行われる…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」69話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
下山さんの心癒されるお話だったね。
ラマちゃん
今日は、その一言に尽きるわ。
黒猫葵
明日も物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA