なつぞら|第11週・66話ネタバレと感想。千遥が見つかった!? 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』66話が2019年6月15日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」66話!

さぁ、昨日、アニメーターの試験に、あっさり合格したわけだけど、これからどんな日々が待ってるのかな。

…まだ3ヶ月半くらい話あるんだけどね(汗) 

ラマちゃん
これから、精進するのよきっと。

今日は、信さんがくるみたいだし、千遥ちゃん探しに、何か進展が…?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」66話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」66話のネタバレあらすじ

【なつ、作画課へ異動!】

なつ(広瀬すず)は、出勤札を作画課にぶら下げました。

麻子(貫地谷しほり)に机を案内されます。

その席に座ったなつは、興奮が抑えきれませんでした。

なつは、晴れてアニメーターになったのです。

昭和32年の夏を迎えました。

次回作は『わんぱく牛若丸』に決まりました。

そして、井戸原(小手伸也)仲(井浦新)から、提案がありました。

みんなから、キャラクターを募集するということでした。

例として、仲が考えた牛若丸のデザインを見せられ、牛若丸でも、他のキャラクターでもいいので、デザインを考えてみてほしいというのです。

脚本が1人1人に配られ、お盆明けまでに、好きなキャラを選んでデザインをしてみてほしいと言います。

「みんな!奮って参加するように!」

なつは、麻子に参加するかどうか尋ねました。

「参加するわよ?どうして?」

なつは、突然の出来事に、誰かに相談したかったのですが、あてが外れてしまいました。

そんななつに、麻子は相変わらずのスパイスの効いた返しをします。

「あなた、期待されてると思ってるの?」

「思ってません。」

「なら、楽でいいじゃない。」

その直後、茜(渡辺麻友)からも声をかけられました。

「なっちゃんも参加するでしょ?」

「せっかくですから。」

茜も、誰かに相談したかったようでしたが、あてがはずれてしまうのでした。

その時、突然、スピーカーから『東洋行進曲』が流れます。

皆が、慌てて、さっと身だしなみを揃えると、ドアに向かって立ち上がりました。

それは、社長の大杉(角野卓造)の来襲を知らせるものでした。

ピリリとした、高説を聞かされ、皆、苦笑いを浮かべます。

「しかし、アータ、ここは若い女の子もたくさんいていいね~!」

今なら、セクハラ発言で、一発アウトな発言を繰り出し、ぐるりと社員を見渡す大杉は、ふとなつに目を止めました。

一瞬、表情が歪む大杉ですが、なつはさらりと会釈だけします。

大杉は、何事もなかったかのように、話を続けます。

「お母さん、昔はこんな漫画映画を作っていたのよと誇れるような仕事をしてください!」

その日の昼休みの事です。

なつは、大杉の言葉に憤っていました。

あの大杉の発言は、つまり、お母さんになった頃には、アニメーターを辞めているという事になるからです。

「違うの?」

なつは、結婚しても、子どもを産んでも、アニメーターの仕事を続けたいと思っていました。

せっかく、努力してアニメーターになったのにと、ぷんすかしています。

「『辞めろ』って言わせなきゃいいんじゃないの?」

突然、後ろから、声をかけてきたのは、麻子でした。

「会社から、『辞めないでくれ』って引き止められるようなアニメーターになればいいんじゃない?だったら?まだ、何もできないのに、文句ばっかり言ってないで。期待してないけど。」

立ち去る、麻子の背中に茜は言いました。

「あんな風になりたいの?」

茜も、中々、言う時は言うようです…。

【千遥見つかる!?】

その夜、早速台本を開いて、どのキャラクターをデザインしようか悩んでいました。

なつは、今、幸せでした。

仕事に悩めば悩むほど、実感するようでした。

牛若丸の母・常盤御前を、富士子(松嶋菜々子)をイメージして描きました。

なつの鉛筆を描いても、今は、なつの夢を表現するかのような、そんな時でした。

「なつ。」

咲太郎(岡田将生)が声をかけました。

「下に信哉が来てるよ。」

それは、妹・千遥の行方を捜してくれている信哉(工藤阿須加)の来訪でした。

千遥が見つかったというのです。

同じ千葉県内の船橋にいるというのです。

川谷としという、なつと咲太郎の母と一番仲の良かった従姉妹さんが、千遥を引き取ってくれていました。

その旦那さんである、川谷幸一の行方を追った方が早いと考えた信哉は、そのルートをたどりました。

そして、やっと見つけた知り合いの1人が、今の住所から届いた年賀状を持っていたというのです。

幸一は、戦争で足をケガしてしまい、そのため、元々の農業ができなくなってしまい、引越しをしたことがわかりました。

信哉は、その住所までは訪ねてみて、それらしい女の子も見かけましたが、声はかけなかったといいます。

「千遥かどうかは、わかんなかったの?」

「僕の記憶では、わからなかったんだ。」

「そりゃしょうがないよ!5歳の時に別れたきりなんだから!」

亜矢美(山口智子)は、信哉をかばいます。

「ねぇ、お兄ちゃん、会いに行こう!」

咲太郎は、複雑そうに頷きます。

「会うのがダメなら、見るだけ!とにかく千遥が、無事なことを確認したい。」

「わかった。すぐに行こう!」

そんな興奮気味の二人を亜矢美と信哉は制します。

「家にいそうなときの方がいいんじゃないか?」

そんな提案に、なつは言いました。

「お盆…。8月15日しよう。その日なら、思い出してくれるかもしれない。」

それは、終戦記念日でした。

その提案に賛成する、咲太郎と信哉。

「覚えてればね。」

「千遥だって、忘れるはずない。あの辛かった日々を。」

そんななつの言葉に、信哉は言いました。

「つらいことばっかりじゃなかった。楽しいこともいっぱいあった。」

4人で過ごした日々を思い出します。

あの時、辛い中にも幸せは確かにありました。

「よし。8月15日、会いに行こう。」

8月15日。

今年も、その日はやってきました。

咲太郎となつは、信哉に教えてもらった住所の方へと向かいました。

たどり着いたものの、そこからどうするかは、ノープラン。

その時、住所に書かれた部屋の扉があきました。

中からは、千遥と同じ年の頃の女性と、足を引きずる男性が。

その男性が川谷幸一であることを察知したなつは、駆け寄ろうとしますが、咲太郎が制しました。

アパートの前に立つ2人に気が付くと、会釈をして立ち去ります。

なつと咲太郎に気づく風ではありませんでした。

その背中に、なつは、思わず声をかけてしまいました。

「千遥?」

驚いて振り向く2人。

果たして、この女性は、千遥なのでしょうか…。

来週に…続けよ。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」66話の感想は?

黒猫葵
色々、モヤモヤ、言いたいことはあるけど、あんまり言うのも何なので、一つだけ文句を。

まずは、信さんを労ってください。

昔なじみというだけで、無償で探してくれてんだから。

「千遥かわかんなかったの?」

まずは、そこじゃない。

第一声は、「忙しいのにありがとう信さん。」ではないかと。

忙しいのは、自分だけとか思ってそうな雰囲気が漏れ漏れで…

もう少し、演出として、応援したくなるようにしてほしいです。

さて、麻子さんは、今日もピリリと辛いでしたね(笑)

でも、今のなつには、あのくらい突き放してくれる人が必要かと思います。

良くも悪くもなつは鈍感なので、あんまり響いて無いようですが…。

そして、おっとりしてるだけかと思いきや…茜も意外とスパイス効いてますね(笑)

あんまり、麻子とうまく行ってないんでしょうか(汗)

ハラハラしちゃいます…。

さ~とんでもなく気になるところで、終わってしまった今週ですが。

多分、あの女性は、千遥じゃなさそうですね。

確か、千遥が引き取られた川谷さんちには、千遥と同じ年の頃の女の子がいるって話だったような気がしていますので、その実の娘さんのほうですよね…多分。

というか、本当に千遥なら、キャスト発表されてそうですもんね(汗)

そのあたりのことを考えると、今回は残念ながらってところですよね。

そして、高校卒業くらいで家を出たか、農業ができなくなって育てられないとなった時に、違う家に引き取られたり、孤児院に入っていたりで音信不通か、いずれにしても、ここで手掛かりが途絶えるのではないかと思っています。

その結果、なつは、漫画映画の仕事で一旗揚げようと、更に必死になりそうな気がします。

ポスターとかにスタッフとして名前が載り、その映画がヒットすれば、目に留まるかもしれないとなんていって。

それが、来週のサブタイトル「千遥のために作れ」になっていそうですね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」66話のネット上の反応や評価は?

◇あの子は千遥なのか…

ドラまる
多分違うよね…。

ちなみに、あの女の子は、現シーブリーズのCMに出てる池間夏美ちゃんだね!

ラマちゃん
シーブリーズつながりね!

敢えて、役名がクレジットされてない辺りが、憎い演出だわ~♪

◇今日も麻子さんは、ピリリと辛い

ドラまる
麻子さんの感じが心地いいね~(笑)

なつには、麻子さんタイプの、びりりと言ってくれる人が絶対に必要だね。

ラマちゃん
マダムも言ってくれてる方だったけど、やっぱり優しかったしね。

ピリリと発破をかけて言ってほしいわ!

◇茜も中々、言う

ドラまる
もっとおっとりしてるのかと思いきや、中々言うね(笑)
ラマちゃん
この3つ巴は、中々面白そうね(笑)

◇信さん、お疲れさまです。

ドラまる
奥原兄妹の労いが、とてもじゃないけど足りないから、みんなで信さんを労おう!

っていうか、なつの北海道の居場所を突き止め…。

東京になつが来た時に、咲太郎の手掛かりを突き止め…。

千遥の行方の手掛かりまで突き止め…。

信さん、すごすぎる。

ラマちゃん
きっと、人当たりが良くて、心を開かせるのね…

だから、情報が集まってくる…。

記者としては、すごいスキルだと思うわ!

そうして、バンバン出世して、幸せに暮らしてほしいわね。

◇本日のモヤモヤ

ドラまる
やっぱり、モヤモヤを抱えてる視聴者多いね…。

今日は、特にひどかったもんなぁ…。

ラマちゃん
咲太郎もナチュラルに失礼だから、兄妹だな~って思うわね。

あんまり、ヒロインがそっぽ向かれるような演出にはしないでほしいんだけどね…。

ちょっとギスギスしてるから、子ども時代の空白の9年間の回想を放送してみてはどうかしら。

小学校卒業くらいまでは、粟野咲莉ちゃんで描けそうじゃない?

アニメーターになって、目標達成したし(汗)

って、そんなこと思わせちゃうわよね。

今の展開。

◇次週予告まとめ

ドラまる
来週には中川大志くんが登場するんだね!
ラマちゃん
蘭子さんの十二単姿も気になるわ!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第12週のあらすじは?

2019年6月17日(月)~6月22日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第12
週のあらすじをご紹介します

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は、生き別れた妹・千遥がいるはずの住所を訪ねる。

部屋から出てきた少女に息をのみ、やっとの思いで声をかけるも人違いだった。

千遥の手がかりを一切失い、落胆するなつ。

しかし咲太郎らから励ましを受け、なつは悲しみを忘れようとアニメ制作に集中する。

ある日、東洋動画では仲(井浦新)や下山(川島明)らアニメーターが集まり、新作映画のキャラクター検討会を行っていた。

あるキャラクター像をめぐって、なつと麻子(貫地谷しほり)の意見が激しくぶつかり、2人は闘志を燃やす。

公式サイトより引用

「なつぞら」67話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は、12年前に生き別れになった妹・千遥がいるはずの住所を訪ねる。

その住所には、一軒の木造アパートがあった。

不意にそのアパートから出てきた若い女性の姿に二人は息をのむ。

「千遥」と声をかけるなつ。

そして、なつと咲太郎はその女性の部屋に通され、ある話を聞かされる。

その言葉に衝撃を受けたなつはその部屋を飛び出してしまう。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」66話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
来週のあらすじ…。

だよね~って感じだね。

ラマちゃん
まぁ、ひとまずは、新たなイケメン投入みたいなので、楽しみましょう!
黒猫葵
来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA