なつぞら|第11週・62話ネタバレと感想。 雪次郎のお芝居への情熱に不安…。【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』62話が2019年6月11日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」62話!

昨日は、初の兄同士の対面だったね!

穏やかなシーンにホッとしたよ♪ 

ラマちゃん
今日は、雪次郎となつが、咲太郎の舞台を見に行くみたいだけど…。

大丈夫かしら…雪次郎の舞台熱が再燃して、トラブルを招かないといいんだけど…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」62話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」62話のネタバレあらすじ

【雪次郎に迷いの予感】

『白蛇姫』の仕上げが、やっと終わったその日、照男(清原翔)砂良(北乃きい)が新婚旅行で東京にやってきました。

また新しい家族が増えたなつ(広瀬すず)です。

それからまもなく、咲太郎(岡田将生)の劇団の公演が幕を開けました。

なつは、東京で初めて本物の舞台を見たのです。

一緒に行った雪次郎(山田裕貴)も真剣なまなざしで舞台を見つめます。

舞台では主演女優の亀山蘭子(鈴木杏樹)の熱演が輝きました。

舞台の終演後、なつと雪次郎は、すぐに咲太郎に声をかけました。

大興奮ななつと雪次郎は、感想を言います。

すると、咲太郎は、蘭子を2人に紹介してくれました。

大喜びのなつと雪次郎。

雪次郎は、芝居への情熱をありったけ乗せた感想を伝えます。

「あなた、今、何してるの?」

蘭子は、そんな熱を感じ取り、雪次郎に尋ねました。

雪次郎は、新宿の『川村屋』でお菓子作りの修行をしていることを話します。

なつも、それに補足しました。

「それで、よくお芝居辞められたわね。」

蘭子の言葉に、表情を曇らせる雪次郎です。

なつたちにとって、この出会いも…また、1つの運命かもしれません。

『風車』に帰ってきたなつは、興奮冷めやらぬまま、亜矢美(山口智子)に話し続けます。

いつもはへらへらしている雪次郎の真剣な表情に亜矢美は気が付きました。

ふんわりとした子どものような感想を並べ立てるなつと、手伝ってはいるものの、表現者としては、あまり理解していないらしい咲太郎とは違い、雪次郎は本当によく演劇について勉強していました。

本を読んでもわからなかったことが、蘭子の芝居を通じてわかったという雪次郎は、どこか遠い目をしていました。

【なつのステップアップ~トレース篇~】

その夜、なつは、蘭子の芝居を思い浮かべて、『白蛇姫』の1シーンを描きたくなりました。

仲(井浦新)井戸原(小手伸也)から、不合格を告げられた時のことを思いだしたなつ。

それからも、なつは、動画の線を綺麗に描く『クリーンナップ』の練習を続けていました。

それができなければ、どんなに気持ちを込めても、使い物になりません。

作画から、仕上げまで、『白蛇姫』の作業が終わると、なつたちは、嘘のように暇になりました。

彩色の仕事をしていた人たちが、次に目指すのは、『トレース』と呼ばれる作業を覚えることです。

作業が一段落して余裕のある今、その練習をするのです。

『トレース』とは、作画課から上がってきた原画から線をずらさずセル画に写す作業です。

これは、とても年季のいる仕事で、彩色よりも向き不向きがあると言います。

チーフの石井(梅舟惟永)は、皆に尋ねます。

「自信のある人?」

誰も手を上げられません。

「あら。挑戦したくないの?」

なつは、自信はありませんでしたが、挑戦はしたいと思い手を上げました。

「そう。なら、こっちに座って、やってみなさい。正確にね。」

なつは、緊張しつつも、作業を行ってみました。

皆に見守られながら、線を引いていくなつ。

石井は、少しずつやり方を指示していきます。

ひとまず描いてみた1枚を見て、石井は言いました。

「へぇ~…中々やるじゃない。そしたら、もう1枚、同じものを描いてみなさい。」

「同じものを?」

なつは、不思議そうにもう1枚描いてみました。

「それじゃ~、もう1回同じものを。」

こうして、トータル10枚同じ絵を描かされました。

それを描き終えた後、石井は言いました。

「そしたら、10枚全部重ねてみなさい。」

なつは、重ねてみてわかりました。

同じように描いたつもりでも、線はずれずっれなのでした。

まだまだということです。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」62話の感想は?

黒猫葵
さて、雪次郎のお芝居への情熱が…。

不安です。

帯広にいた頃には、こんなに近くに本物のお芝居がということもなかったのでしょうから、普通に部活を辞めて、修行をして、お菓子職人になるということに何の迷いもなかったのでしょうが、ここにきて、本物に触れすぎて、気持ちに抑えが効かなくなっている表情にぐっときてしまいました。

辛いですよね…。

『雪月』を裏切れない。

でも、『夢』も捨てきれない。

雪次郎どうなっちゃうんでしょう…。

自分のやりたいことをやってほしいけど…帯広でお菓子職人になってほしいという気持ちと…。

視聴者の気持ちも真っ二つになっちゃいそうです。

そんな雪次郎の熱を、蘭子だけが理解していたんですよね…。

どんな道を選択していくのか…。

今後の雪次郎からも目が離せません。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」62話のネット上の反応や評価は?

◇雪次郎が心配

ドラまる
雪次郎…お菓子もお芝居も好きだろうから、辛いよね。

しかも、多分、お菓子の修行、ちょっときつかったりしてさ…。

ラマちゃん
そんな時、思い出すのって、青春時代の素敵な思い出だったり、頑張ったことだったり。

それを舞台上でキラキラとやってる人が身近にいて…

雪次郎…頑張れ~って思うわね。

◇蘭子さんとの出会い

ドラまる
この一瞬の雪次郎に向けられた表情に、鈴木杏樹さんすごいなぁって思ったよ。
ラマちゃん
これから、声優さんの道を歩むらしいことが書かれていたから、まだまだ出番はあるのよね。

雪次郎は、憧れて追いかけてしまうのかしら…。

◇舞台俳優さん役にも憎い演出

ドラまる
泰樹おんじからの刺客だったとしたら、面白すぎるけどね…。
ラマちゃん
雪之助さんから頼まれて、おんじが放った刺客で、雪次郎を見張ってるかもしれないわよ~(笑)

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
まさかの、ここでチームNACSが出来上がるフラグ???
ラマちゃん
え!!!まさかの!

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、高瀬アナの送りあり!

確かに、夕見子ちゃんと咲太郎兄ちゃんの対面もいつかみたいかも!

高瀬さんの夕見子ちゃん推しな感じが好き(笑)

ラマちゃん
あさイチは、社長の登場!

なつを落とした時、大変だったみたいね~(笑)

でも、あれは、社長ならおとすわよね。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」63話の予告あらすじ

なつ(広瀬すず)はアニメーションのトレースという作業に挑戦する。

簡単そうで難しい作業に改めてアニメーションの奥の深さを実感する。

昼休み、なつが桃代(伊原六花)と話していると、アニメーターの下山(川島明)から、ファッションについて指摘される。

驚くなつ。

そしてなつは川村屋を訪れる。

信哉(工藤阿須加)の取材した迷子のニュースを見るとなつは、妹の千遥のことを思い出す。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」62話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
雪次郎も心配だけど、明日は、その辺にはふれないのかな?
ラマちゃん
下山さんがなつの服について、何か気づくみたいよ…。

それに、千遥についても、何か進展が?

黒猫葵
まだ、今週も序盤なのに、色々起こりますね~。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA