なつぞら|第10週・55話ネタバレと感想。新キャラ・モモッチ先輩が可愛い! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』55話が2019年6月3日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」55話!

ここからが、アニメーターとしての物語。

どんな日々が描かれるのかな。 

ラマちゃん
中々、手厳しい先輩もいそうだし、どんなことが起きるのかしらね。

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」55話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」55話のネタバレあらすじ

【『東洋動画』初出社!】

昭和31年10月、上京して、半年余り、なつ(広瀬すず)は、念願の『東洋動画』に入社しました。

多少の不安もありましたが、それよりも、何よりも、今、なつの目の前には夢に見た世界が広がっていたのです。

早速、なつの仕事場となる『仕上げ課』に案内されました。

『仕上課』では、作画の人たちが描いた絵を透明なセルロイドに書き写し、色をつけて、セル画にする作業を行います。

『書き写す』ことは『トレース』

『色を付ける』ことは『彩色』

この2つが、『仕上げ課』の仕事です。

人事の人から、仕上げ課の大先輩・石井(梅舟惟永)にバトンタッチされ、早速仕事の説明が始まります。

そして、そこでなつは、『漫画映画』が世界では『アニメーション』と呼ばれていることを知りました。

「映画館で、お客が見るのは、この『セル画』です。これを皆さんは作るのです!」

なつは、一層気が引き締まりました。

まず、新入社員たちは、彩色の仕事を行います。

夢に見た、その現場に、なつは目を輝かせていました。

早速、先輩である森田桃代(伊原六花)について、作業を教えてもらいます。

そして、早速振り分けられた作業の袋を開くと、初めて見る、本物のセル画に、なつは興奮していました。

パラパラとめくり、その動きに感動したなつは呟きます。

「なまらすごい…。どんな人が描いてるんだろう…。」

桃代は、袋に作画担当の人が書いてあると教えてくれました。

それを見てみると、その作画担当は、お世話になっている仲(井浦新)でした。

さて、彩色の作業にとりかかるなつですが、緊張しすぎて、手が震えて、上手く塗ることができません。

ちなみに、桃代を『先輩』『先輩』と呼んでいたなつですが、実は同い年であることも判明しました。

それでも、半年は先輩なので、4月の自分を見ているかのように、なつに色々アドバイスしてくれました。

やっと、色を付け始めたなつに、桃代はにやりと笑って言いました。

「慣れたら、『ももっち』って呼んで♪」

「『ももっち先輩』…。」

「先輩はいらないから!」

「じゃ~『ももっちさん』!」

「そのうち、さんも取ってね♪」

なつは、指導係の桃代と仲良くなれそうですね。

「あなたは、何て呼ばれたい?」

「そうですね…みんなからは、割と早めに『なっちゃん』とよばれることが多いです。」

すると、突然、桃代は先輩の顔になって、笑顔で言いました。

「よし、なっちゃん!慣れてきたらでいいんだけど、話すときは、手も動かそうか!」

「あ…はい。」

そうです、なつは、先ほどから興奮しすぎて、口ばっかりが動いており、手が全然動いていないのでした。

新入社員を見回っていた石井もやってきて、なつの彩色を見ています。

「あら!中々うまいじゃない!」

「ありがとうございます!」

「それで、何枚目?」

「1枚目です!」

「遅い!」

早速、注意されてしまいましたね。

桃代は、なつの興奮具合を見て、驚いていました。

正直、桃代は、高校で求人を見て、楽しそうだから応募してみたという感じでした。

なので、なつの熱量に驚いている部分もあったのです。

初日のお昼休みのチャイムが聞こえてくると、なつは、何とか1枚のセル画を完成させていました。

初日と考えれば十分だという桃代は、何枚完成させたかというと…『10枚』です!

「すごい…。」

「あなたもすごいじゃない!これが、やりたい仕事だったんだ?」

なつは、お昼休みに、食事をとるのも忘れて、『絵コンテ』を見ていました。

『絵コンテ』とは、映像の構図や、カメラの動きなどが書き込まれたものなのです。

そこへ、仲と陽平(犬飼貴丈)が、早速会いに来てくれました!

「『アニメーション』の世界へようこそ!」

仲と陽平は、自分たちの仕事も見に来ていいよと声をかけてくれました。

そして、その日の仕事が終わると、すぐに仲たちのいる部屋に向かいました。

そこは、『作画課』と呼ばれる、『アニメーター』たちの仕事場でした。

忙しそうに作業をする仲や陽平に、声をかけられずにいると、あの夏の日に会った、懐かしい顔とも再会しました。

元刑事という異色の経歴を持つ下山克己(川島明)です。

そして、その時、後ろに注意を配っていなかったなつがぶつかったのは、アニメーター・セカンドの大沢麻子(貫地谷しほり)でした。

なつよ…まぁ、あまり浮かれずに頑張りなさい。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」55話の感想は?

黒猫葵
さて、今日は、早速ですが、過去ヒロインである貫地谷しほりさんが登場しましたね。

表情だけみると、某頭痛薬のCMで薬を飲む前みたいな表情してましたね~…。

お届けしたい感じです(笑)

そのため、過去ヒロイン一覧を下に更新しましたので、ご覧になってください♪

そして、最後のウッチャンのナレーション。

まさに、それですね~。

だいぶ浮かれてますもんね(笑)

しかし、みんな可愛い格好で働いてますけど…。

彩色の仕事なら、割烹着でも欲しい所ですよね(汗)

亜矢美さんのお洋服を汚しちゃいそうで、ハラハラです(笑)

朝ドラヒロイン出演について

  • 第1話~:松嶋菜々子さん
  • 第54作目「ひまわり」:南田のぞみ役
    「なつぞら」では、なつの育ての母役(レギュラー)

  • 第2話:北林早苗さん
  • 第1作目「娘と私」:麻里役
    「なつぞら」では、回想シーンにてなつにお芋をくれるおばあさん

  • 第5話~:岩崎ひろみさん
  • 第55作目「ふたりっこ」:野田香子役
    「なつぞら」では、なつが通うことになった小学校の担任の先生

  • 第11話~:小林綾子さん
  • 第31作「おしん」:谷村しん役(幼少期)
    「なつぞら」では、なつの初恋の相手・天陽の母・山田タミ役

  • 第27話~:比嘉愛未さん
  • 第76作「どんど晴れ」:浅倉 夏美 → 加賀美 夏美役
    「なつぞら」では、東京でのなつを支える・マダム・前島光子役

  • 第30話~:山口智子さん
  • 第41作「純ちゃんの応援歌」:小野純子役
    「なつぞら」では、咲太郎を助けた元・人気ダンサーで現おでんや女将・岸川亜矢美役

  • 第55話~:貫地谷しほりさん
  • 第77作「ちりとてちん」:和田喜代美役
    「なつぞら」では、『東洋動画』の凄腕アニメーター・セカンド・大沢麻子役

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」55話のネット上の反応や評価は?

◇初出社、浮かれ模様

ドラまる
まぁ~…

確かに、よく口が動いてたね~(笑)

ラマちゃん
だからこそ、ウッチャンパパにも注意されるわよね(笑)

でも、これだけ浮かれさせてからの、貫地谷しほりさんに叩き落されるフラグだったりして…。

◇新キャラ・モモッちこと桃代ちゃん

ドラまる
いい先輩でよかったけど、それで浮かれすぎないといいね~。
ラマちゃん
そこは、きっと多分、次に紹介する麻子先輩がきっと(笑)

◇新キャラ・大山麻子さん

ドラまる
やっぱり、手厳しい人もいないとね…

今のところ、ヒロイン周りで、みんなが動いて、物語を動かしてる感じがすごいから、これで、すこしヒロインにも動きがでてくるかなぁ?

ラマちゃん
予告を見る限り、だいぶ手厳しそうだものね。

十勝のおんじポジションと思って見守るわ♪

そして、どこかでデレるでしょ♪

◇お久しぶりの登場・元刑事の下山さん

ドラまる
むしろ、下山さんこそ、よく覚えてたよね(笑)

あの夏の日に1回あっただけなのに!

ラマちゃん
相変わらずの警察官キャラだけど…

何か銭形警部オマージュなのかしらね…。

何となくね。

◇その他、意見・反応まとめ

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、川島さんへのツッコミ!

そんなに動きがなかったから、受けもあっさりめだったね!

ラマちゃん
でも、今日一、ほっこりしたのも、川島さんよね(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

「なつぞら」56話の予告あらすじ

東洋動画の仕上課に勤務するなつ(広瀬すず)は、仲(井浦新)に誘われ、作画課の部屋を訪ねる。

そこでなつは、仲と井戸原(小手伸也)のふたりが、東洋動画を支えるアニメーターだと下山(川島明)から教えられた。

そのとき、奥の方で男女の口論が聞こえてくる。

原画のキャラクターを捉えきれていないと指摘する麻子(貫地谷しほり)に対し、納得できない様子の堀内(田村健太郎)。

そんなふたりの様子になつは驚き…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」55話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~初出社で浮かれ気分だったなつだけど、修羅場な現場というものを目の当たりにしそうだね!

それを見て、何を思うのか…。

ラマちゃん
まずは、自分のお仕事を集中してできるようになってほしい所かしらね(笑)

あと、亜矢美さんのお洋服汚さないでね~…。

黒猫葵
早速、麻子さんの熱さが見られそうな予感です!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA