なつぞら|第9週・54話ネタバレと感想。 次週予告に登場・天陽くんで大盛り上がり!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』54話が2019年6月1日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」54話!

『東洋動画』に採用がきまったなつ。

今日は、お引越しがメインかな。 

ラマちゃん
結果を聞いた時の雪次郎の映像をぜひとも見たいところだけど…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」54話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」54話のネタバレあらすじ

【新しい生活】

なつ(広瀬すず)は、咲太郎(岡田将生)と一緒に新しい生活を始めようとしていました。

『風車』の2階に案内されたなつです。

2階には、咲太郎の部屋のほかに、3畳の部屋が、もう一部屋あるのですが…。

亜矢美(山口智子)の衣裳部屋になっていました!

咲太郎は、「自分は、どうせ寝に帰るだけだ!」と、この衣装を全部今の咲太郎の部屋に移し、その部屋をなつに使うように言います。

少し広い咲太郎の部屋になら、衣装を移しても、生活には困りません。

更に、亜矢美はこの部屋の服は好きに来ていいからと言ってくれました。

「それで、部屋代はいくらですか?」

亜矢美も咲太郎も、タダのつもりでしたが、それではなつが納得しないと考えた亜矢美は、まずなつの月給を尋ねます。

なつのお給料は『5000円』でした。

咲太郎は、その額に驚きますが、高卒の臨時採用ならば、そんなものだと言います。

「じゃ~食べ放題、着放題で1月1500円でどう?」

亜矢美は、いい落としどころを決めてくれました。

もちろん、それだって、とんでもない破格の値段です。

「よろしくお願いします!」

【『川村屋』からの卒業】

なつは、『川村屋』のマダム・光子(比嘉愛未)に、咲太郎と新しい生活を始めることを報告しました。

「あなたが、人のために無理しちゃだめよ!夢を追いかけるということは、女が働くということは、それだけで大変なことなんだから。しっかり、自分をもって、自分を支えていきなさいね。」

「はい。」

そして、光子は野上(近藤芳正)を見ると、にやりと笑って言います。

「まぁ、これからも新宿にいるんだから、寂しくはないわよね♡野上さん♪」

「いえ、私は、寂しくなど…。」

「これからもちょくちょく来ますから!来てもいいですか?」

「お客様で来られるなら、どなたでも歓迎します。ただし、ほかのお客様にご迷惑にならなければ。」

「いつでもいらっしゃい!」

光子と野上は、それぞれの言葉でなつを送り出してくれました。

「おめでとう。なっちゃん!」

なつは、上京して半年間『川村屋』で働きました。

『川村屋』の仲間とも、これでお別れです。

最後の皿洗いの日を終えました。

仲間たちは、優しく送り出してくれました。

ただ一人、雪次郎(山田裕貴)は寂しそうに拍手を送るのでした。

【咲太郎の手料理】

その翌日の定休日、なつは引っ越していきました。

雪次郎と佐知子(水谷果穂)に見送られます。

「あ!そうだ。今夜、なつの就職祝いするから、さっちゃんと雪次郎も来いよ!俺が美味い物食わせてやる!」

「え?お兄ちゃん、料理できるの?」

驚くなつに、咲太郎はにやりと笑います。

「何でもできちゃうんだ!」

「それなのに、何者でもないんですね…。」

なつは、引越しの荷解きをしながら、血のつながった家族との生活が始まることに、しみじみと不思議な気持ちを感じていました。

さて、その夜の事です。

咲太郎は、厨房に立つと、天丼を作り始めました。

それは、なつと咲太郎の料理人だった父の得意料理でした。

「修行してたみたいですね~!」

雪次郎が、興味津々という顔で、咲太郎の動作を見ています。

「雪次郎、人生は、何でも修行だ!」

そこへ、少し遅れてやってきたのは、信哉(工藤阿須加)です。

「なっちゃん、就職おめでとう!」

大きな花束をなつに渡してくれました!

「忙しいのにありがとう!」

信哉の来訪に、咲太郎が言います。

「これで、昔の家族も揃ったな。」

そんな咲太郎の言葉に、なつは言いました。

「千遥がいないけど。」

「千遥のことは言うな。」

「親戚の移転先探さないのか?」

信哉も心配して尋ねます。

「探してどうする。幸せを壊すのか?」

話は、そこで強制終了。

天ぷらの揚がるいい音が聞こえてきた頃、『風車』の扉が開きました。

そこには、煙カスミ(戸田恵子)レミ子(藤本沙紀)の姿が、お店の前に腹ごしらえをしようと思って、あてが外れたようです。

『風車』の休業理由を聞いて、なつにお祝いの言葉を贈ると、急遽就職祝いのご相伴にあずかることになるのでした!

皆で、咲太郎の天丼に舌鼓を打ちながら、話は咲太郎の将来について。

雪次郎はダンサーや役者を目指さないのかと尋ねます。

亜矢美やカスミも、昔から勧めてきたようなのですが、咲太郎は裏方の仕事が好きなようです。

自分の裏の仕事で、表の俳優たちが輝く、いい芝居をしてくれることで満足なのだと言います。

「咲太郎らしいと言えば、咲太郎らしいな。」

それを聞いて、なつは思いました。

「同じかも。私もそういう仕事がしたい。」

「本来、仕事ってそういうもんだよ。きっと。人目に触れない人たちの活躍で、物事の大半は作られているんだ。」

「何でもいい、自分を生かす仕事を見つけたものは、幸せだ!」

咲太郎は、そう言って、この話を締めました。

そして、なつの初出社の日。

亜矢美は、張り切ってなつのコーディネートをしてくれました。

その服に身を包み、なつは咲太郎の部屋を覗きました。

昨日の仕事が遅かったのか、咲太郎は部屋の扉があいたことにも気づかず眠っていました。

「いってきます。お兄ちゃん。」

小声で、声をかけると、なつは出かけていきます。

こうして、なつの新しい生活が始まりました。

思う存分、自分の絵に、命を吹き込むのでしょうか。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」54話の感想は?

黒猫葵
天丼美味しそうでしたね~。

材料が余分にあってよかったのですが、あれは、咲太郎の分もあったのでしょうか…。

咲太郎分と予備。

で、カスミさんとレミ子さんが来たから、咲太郎の分がないパターン?

まぁ、元々そんなに食べるつもりはなかったような気もしますが(汗)

あげものって、揚げてるとお腹一杯ですからね(笑)

今日は、咲太郎のどや顔が一杯でした。

さて、私の不満を1点。

やっぱり、雪次郎に合格を報告したファーストリアクションが見たかった!

絶対、なつよりも泣いて喜んでたと思うんですよ!

「すごい!すごいよ!なっちゃ~ん!」みたいな。

でも、そんだけ、興奮して喜んだのに、いざ『川村屋』での最終日を迎えたら、じわじわと寂しくなってきて…。

今日の寂しそうな拍手につながった方がよかったと思うのです…。

というか、ちゃんと『雪月』にも自分で報告したんですかね~…。

『川村屋』での仕事を、事前に話通してくれてたのは、雪之助パパなわけですし。

何となく、採用されて、浮かれポンチ感ばかりが、表現されてしまっている気がして、モヤモヤしてしまいました(汗)

野上さんは、なつのことを、拾ったけど飼い主を探さなくちゃいけないネコのような気持ちで接してたんですかね~…。

今日の、ちょっと情がうつって寂しそうな感じが、まさに、それでしたよね(笑)

とはいえ、徒歩で引越しできるくらいの距離ですからね(汗)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」54話のネット上の反応や評価は?

◇本日の雪次郎

ドラまる
これで、あんまり雪次郎も登場しなくなっちゃうのかな…。

出演頻度でいくと、ひよっこの三男くらいかなぁ…。

ラマちゃん
十勝味が…。

なんか寂しいわ。

今日は、いいこと言うし、寂しそうだしで…大活躍じゃない(笑)

でも、本当、採用の報告を聞いた時のファーストリアクション見たかったなぁ。

◇本日の咲太郎

ドラまる
何となく、雪次郎が咲太郎に、引きずられちゃうかもって思ったけど、結構、当たりが手厳しくなってるところを見ると、その心配は杞憂だったかな?

今日は、何だか、いいお兄ちゃんでしたね(笑)

ラマちゃん
こういう形で、なつを見守っていてくれていると、いい距離感かもしれないわね♪

◇『川村屋』との別れが寂しい

ドラまる
こんなにあっという間に、離れると思ってなかったから、寂しいなぁ。

マダムも素敵だし…野上さんのスパイスも聞いてるし…。

ラマちゃん
雪次郎の修行も、もう少し見たかった…。

川村屋の出演も、きっと減るわよね…。

寂しいなぁ。

◇亜矢美、なつとの暮らしが嬉しそう

ドラまる
何となく、娘ができたみたいで嬉しそうだよね(笑)

着せ替え人形ゲット的な嬉しさもある気がするけど!

ラマちゃん
そして、家賃の設定も絶妙に、なつが遠慮しなくて済むくらいにしてくれてる辺りが素敵だね!

◇信さんいいこと言った!

ドラまる
信さんは、これからもたまに出てきては、いいことを言う人っていうポジションを確立した感じがするよ(笑)
ラマちゃん
しかし、大きな花束だったわね~。

いいひとすぎるわ♪

◇次週予告まとめ

ドラまる
ひとまず、予告の天陽くんの姿に、大盛り上がりだね~
ラマちゃん
天陽くんの絵が認められたのか以っていう喜びと、天陽くんママの不穏な言葉…

何が起こるのから…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第10週のあらすじは?

2019年6月3日(月)~6月8日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第10週のあらすじをご紹介します

なつ(広瀬すず)はついに東洋動画に入社。

仕上課でセル画に色を塗る仕事を与えられる。

先輩の桃代(伊原六花)から手ほどきを受け作業を覚えていくが、緊張のあまりに手が震えてしまう。

そんなある日、なつは仲(井浦新)から誘われ、憧れの作画課の部屋を訪れる。

下山(川島明)たちとの再会を喜ぶ中、後輩を厳しく指導する女性アニメーターの麻子(貫地谷しほり)を目にし、なつは衝撃を受ける。

数日後、なつのもとを背景担当の陽平(犬飼貴丈)が訪ねてきて、十勝にいる弟・天陽(吉沢亮)の近況について語り始めた。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

「なつぞら」55話の予告あらすじ

ついに、なつ(広瀬すず)は、念願の東洋動画に入社。

早速、即戦力として仕上課でセル画に色を塗ることに。

なつが席に着くと、隣で作業していた先輩の桃代(伊原六花)から、挨拶もそこそこに手ほどきを受ける。

初めてのことだらけで要領を得ず、いざセル画に向かうも緊張のあまりに手が震えてしまうなつ。

昼休みになり、夢中になって絵コンテに見入るなつの元へ、仲(井浦新)と陽平(犬飼貴丈)がやってきて…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」54話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
遂に、アニメーター篇ってところかな?

十勝味がどんどんなくなってきて、ちょっと寂しいなぁ。

ラマちゃん
でも、来週は、天陽くんおエピが挟まるみたいだし、これは、楽しみかも!

少し、十勝のお話が描かれるといいわね♪

黒猫葵
アニメーターとしての1歩、どのように描かれていくのかしらね。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA