なつぞら|第9週・53話ネタバレと感想。じいちゃんそっくりな夕見子登場に歓喜♪ 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』53話が2019年5月31日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」53話!

咲太郎となつの言い争いに実りがない感じなんだけど、亜矢美さんが持ってきた咲太郎の絵を見て、なつは何か思うところがあったみたいだけど…。 

ラマちゃん
改めて、咲太郎に会いに行くのかしらね…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」53話のネタバレあらすじと感想は?

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」53話のネタバレあらすじ

【なつと咲太郎の仲直り】

なつ(広瀬すず)は、咲太郎(岡田将生)が、人のためにばかり生きていることが不思議でした。

しかし、亜矢美(山口智子)から渡された心の支えにしてきたという家族の絵を見て、改めて『風車』の2階に住む咲太郎に会いに行きました。

驚く咲太郎に、なつは昨晩の暴言を謝りました。

咲太郎もまた、なつが『東洋動画』の社長である大杉(角野卓造)に余計なことを言ったからだと謝りました。

しかし、なつは、それを否定します。

あくまでも、自分は実力で落ちたのだと咲太郎に言います。

そして、まだチャンスはあること、それに必ず受かること、必ず『漫画映画』を作ると咲太郎に宣言しました。

咲太郎は、そんななつを見て言いました。

「自分のために生きてないやつは、人の事も助けられない。今の俺じゃ、誰の力にもなれない。」

「お兄ちゃんは、そこにいるだけで、私の力だよ。お父さんの手紙とおんなじ。」

そして、父からの手紙を咲太郎に渡しました。

「お兄ちゃんが持ってて。今度はお兄ちゃんの番。私は、子どもの頃、その絵を動かしてたんだわ。まるで生きてるみたいに。頭の中で楽しんでたんだわ。お兄ちゃんのタップダンスと歌を思い出しながら。家族みんなに、命を吹き込もうとしてた。ありがとう。お兄ちゃん。その手紙と一緒に、お兄ちゃんが私を励まし続けてくれたんだよ。」

涙を浮かべた咲太郎は、手紙はなつが持っているように言いました。

「俺は、なつにもってもらう方がいい。ずっと命を吹き込んでくれ。」

こうして仲直りしたなつと咲太郎。

咲太郎は、自分の場所で頑張りました。

なつは、9月の試験に向けて、頑張りました。

【十勝では…】

さて、その頃の十勝では、6月の試験の結果を伝えるなつからの手紙がようやく届きました。

富士子(松嶋菜々子)から、残念な結果が伝えられると、剛男(藤木直人)照男(清原翔)明美(平尾菜々花)は、しょんぼりとした表情を浮かべます。

後ろで、泰樹(草刈正雄)も俯きました。

「そしたら、北海道帰ってくる?」

「それが諦めてないんだわ!すんごく元気なの。」

そして、9月にまたある募集を受けることを伝えました。

「何だ…帰ってこんのか。……帰ってきてほしいわけじゃねぇよ!」

ポロリとこぼれた本音をかき消すように、ツンツンする泰樹です。

家族たちは、そんな泰樹をニヤッと見ていました。

【そして9月の試験】

そして、秋の訪れを感じるようになった9月。

なつは、『東洋動画』の試験を受けました。

仕上げの面接に、大杉社長がくることはありませんでした。

「奥原さんは、どうしてもうちに入りたいですか?」

「はい!どしても、『漫画映画』が作ってみたいです。」」

そして、…今度こそ…。

『採用通知書』

「やった!やった、やった、やった!」

なつは、家族の写真に、通知書を見せました。

そして、すぐに十勝にも手紙を送りました。

十勝でも、なつの合格を大いに祝いました。

お誕生日席には、なつの代わりに、弥市郎(中原丈雄)砂良(北乃きい)親子からもらった木彫りの熊がいました。

「ちょっとでも帰ってこられたらいいんだけどね。」

「これから、忙しくなるだろうしな。」

「まぁ、帰ってこんのが、いい知らせじゃ。」

そんなことを言う、泰樹に富士子はお茶目な顔で言いました。

「すんごい強がり!」

「うるさい!」

そして、『川村屋』には、札幌の夕見子(福地桃子)からも、電話が入りました。

「電話代がかかるから、手短に。なつ、おめでとう!」

「ありがとう。夕見。元気」

「うん。元気。いい?なつ、負けんな?中に入ったら、負けんな?負けたら、つまらんよ?」

「負けんよ。特に夕見には、負けんよ?」

そんなことを言われた夕見子は、電話代がかかるからとそっけなく電話を切ってしまいました。

そんな風にすぐ照れる夕見子は、泰樹にそっくりだとなつは思いました。

さて、その夜のことです。

なつは、『風車』を尋ねました。

亜矢美にお願いしたいことがあったのです。

「私を…ここに置いてもらえませんか?」

『川村屋』の部屋は、あくまで従業員のための職員寮です。

『東洋動画』に採用が決まった今、『川村屋』の皿洗いは卒業です。

そうなれば、あの部屋は出なくてはいけません。

亜矢美は、そんななつの言葉を大歓迎しました!

なつは、次の1歩を踏み出したのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」53話の感想は?

黒猫葵
今日は、十勝味が一杯で嬉しいです♪

札幌いった夕見子も登場で嬉しい限りです♪

さて、合格しました~を雪次郎に言いに行くシーンも欲しかったです。

一緒に上京したのに…。

後見人の息子なのに…。

ちょっと冷たい…。

雪次郎は、絶対めちゃくちゃ喜んでくれるのに…。

それは、明日に持ち越しですかね~…

でも、佐知子さんとハグの勢いで向かいの部屋なんだから、行ってほしかったです。

まぁ、ちゃんと川村屋を辞めるなら、部屋を出なくちゃと考えて、亜矢美にお願いに行ったのは、1つ大人になったって思いましたけどね。

今日の見どころは、なつが受かって嬉しいけど、帰ってこなくて寂しい泰樹おんじと、泰樹おんじそっくりの夕見子ちゃんですね♪

あとは、お誕生日席になつの代わりに木彫りの熊ってのが良かったです。

そして、照男兄ちゃんが、めっちゃ恋をして浮かれハッピーな笑顔なのが、なんかすごい嬉しいです(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」53話のネット上の反応や評価は?

◇久しぶりの夕見子ちゃん

ドラまる
夕見子のじいちゃんそっくりな応援に、何かちょっとウルっとしちゃったよ~。

だって、一人で札幌で頑張ってるんだよ~(涙)

ラマちゃん
そうね…東京の方は遠いとはいえ、雪次郎がいて、咲太郎がいて、信哉もいて、全然知り合いがいない夕見子のほうが、本当はホームシックにかかっててもおかしくないのに…

って、まぁ夏休みをすっ飛ばしてるから、しれっと里帰りしてるかもしれないけどね。

◇かわいい泰樹おんじ

ドラまる
嬉しいけど、寂しいよねおんじ♪

受かったら、受かったで、嬉しいけど。

諦めたら帰ってくるかもって、思ってたよね(汗)

ラマちゃん
精いっぱいのツンデレ具合が、もうなんか、嬉しかった♪

◇ほっこりする十勝のみなさん

ドラまる
照男兄ちゃんに笑顔が増えた気がするんだよね…。

すっごい嬉しいよ♪

ラマちゃん
あ~…十勝が恋しいわ…。

◇本日のモヤモヤ

ドラまる
割とあっさり入社したよね。

もう少し、その辺の努力のシーンにも時間を割いてくれてもいいのになぁ…

ラマちゃん
そうなってくると、やっぱり昨日の15分の使い方が、大事だったんじゃ…って思うわね。

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
これはね、僕も思ったよ。
ラマちゃん
何となく、そんな感じよね。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬さんの愛のある送り大好きだなぁ。

咲太郎の危なっかしさは、「寅さん」だよね~。

ラマちゃん
あさイチは、ゲストさんがいたので、するっとしてましたが、華丸さんの言っていた「妹のいるお兄ちゃん」っぽさは、確かにって思ったわ♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

「なつぞら」54話の予告あらすじ

東洋動画の試験に合格したなつ(広瀬すず)。

川村屋のアパートを出て、亜矢美(山口智子)の家で、兄・咲太郎(岡田将生)とともに暮らすことにする。

光子(比嘉愛未)と野上(近藤芳正)たちは、それぞれの言葉でなつを送り出す。

引越しの日、なつは荷を解きながら、本当の家族との暮らしが始まることに不思議な感覚を覚える。

その晩、咲太郎は風車の厨房に立って、料理人だった父の得意料理をなつにふるまい始め…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」53話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~。

これからが、本当の東京篇ってことかな。

ラマちゃん
雪次郎が、めちゃくちゃ寂しがりそうね(汗)

ところでなつは『雪月』にも知らせたのかしらね…。

『川村屋』を世話してもらったんだから、ちゃんと報告しないとね。

黒猫葵
まぁ、明日、色んな人に励ましてもらって出ていくのでしょうから、そのあたりも回収されると思っています。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA