なつぞら|第7週・42話ネタバレと感想。卒業… 天陽のなつへのはなむけの言葉が切ない【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』42話が2019年5月18日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」42話!

泰樹おんじに、ちゃんと自分が東京に行きたい本当の理由を話せたわけだけど…。

ラマちゃん
今日は、天陽との関係にも、1つの区切りかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」42話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」42話の予告あらすじ

自分の夢を追うために東京に行きたいと家族に打ち明けたなつ(広瀬すず)。

泰樹(草刈正雄)から認められ喜ぶなつは、真っ先に天陽(吉沢亮)のもとへとかけつけ報告する。

天陽の父・正治(戸次重幸)は、なつが陽平(犬飼貴丈)と同じアニメーションの世界を目指していることを知り、なつとつながっていられることに安堵する。

ただタミ(小林綾子)は、天陽のなつへの気持ちを推し量ってしまい…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」42話のネタバレあらすじ

【なつの東京行きが決まった朝】

泰樹(草刈正雄)に、東京行きを認めもらったなつ(広瀬すず)は、翌朝、天陽(吉沢亮)に真っ先にそのことを報告しました。

天陽の表情は、優しくも切ない笑顔でした。

なつは、天陽に会えてよかったと言いましたが、天陽の笑顔の裏の切なさに気づくことはありませんでした。

その日の昼食も天陽の家でごちそうになるなつ。

タミ(小林綾子)は、なつが陽平(犬飼貴丈)の会社を目指していることを聞き出します。

正治(戸次重幸)は、なつが東京に行ってしまっても、陽平を通じて、つながっていられることに安堵していました。

食事のあと、なつは、天陽を連れて、森の奥に住む、弥市郎(中原丈雄)砂良(北乃きい)を尋ねました。

そして、早速、木彫りをする二人の絵を描き始めた所に、戸を叩く音が…。

「こんにちは!」

その声は、よ~く聞き慣れた声です。

「照男にいちゃん!」

「なつ…天陽も…。」

照男(清原翔)は、気まずそうな表情を浮かべます。

「牛乳を届けに来ました…。」

「別に頼んでないけど…。」

家に戻ったなつは、照男にその意味を尋ねますが、照男はなつを何とか振り切ろうとします。

しかし、鈍感ななつでも気づいてしまいました。

照男が、砂良に想いを寄せていることが…。

「はんかくさい…。」

なつは、砂良に照男のことを、どう思っているのか聞いてくると駆けだそうとします。

そんななつを制止した照男は、なつに、勢いだけで行動するなと窘めます。

「目標達成には、時間をかけることも大事だべや。気を付けろ。」

「うん…。でも、照男兄ちゃんは、時間をかけすぎるところがあるから、気を付けれ。」

あの泰樹の目論見以来、何となく気まずい雰囲気のあった照男となつでしたが、そんなほほえましいやり取りの中で、ここも本当の兄妹になれたのかもしれません。

【それぞれの3月】

そして、瞬く間に時間が過ぎ、3月になりました。

今日は、夕見子(福地桃子)の出陣式です。

明日の試験に備えて、富士子(松嶋菜々子)が付き添い、札幌へと向かいます。

「頑張ってこい。」

泰樹も、言葉少なくではありますが、激励して送り出しました。

東京にいくまで、なつは酪農に精を出しました。

酪農は、なつにとって、人生そのものです。

農業高校で学んだことや、十勝で培われたことのすべてが、なつを作っています。

そして、これからも、それは、なつを支えていくでしょう。

幼いころからの生活は、やがて、かけがえのないふるさとになるのです。

十勝の卒業式は、春といっても、雪の中で迎えます。

卒業式の日、勝農演劇部の面々は、顧問の倉田(柄本佑)に向けて、農業高校のうたを贈ります。

雪次郎(山田裕貴)は、涙ながらに頭を下げ、皆もそれに習います。

倉田は、卒業していく教え子たちに言いました。

「いいか!お前らの、魂の舞台の幕は、これから上がるんだ。北海道でも、東京でも。魂は1つ!それを、目一杯育てろ!よし!じゃあ、お前ら、もう思い残すことはないな。」

倉田が、話を締めようとしたその時でした。

「良子~!!!」

「門倉、どうした…。」

倉田が驚くのも無理はありません。

突然、番長こと門倉(板橋駿谷)が、良子(富田望生)の名を叫んだのです。

「卒業したら、言うべと思ってたんだ。居村良子~!俺の~嫁になってくれ~!」

「ごめんなさい!それはできない!」

まさかの、速攻NGに、番長はくらいつきます。

「俺は諦めね~ぞ!」

「番長、選ぶ範囲が狭すぎる。」

「だめ!よっちゃんは私のもの!!」

「なっちゃ~ん!」

門倉は、仰々しく泣き、倉田はそんな門倉に肩を貸してあげるのした。

【なつのもう一つの卒業】

そして、なつには、もう一つの卒業が待っていました。

卒業式のあと、なつは、天陽の家に向かいました。

そこには、可愛い子牛が1頭。

あの妊娠していた牛が、無事に子牛を出産したのです。

「初乳は飲ませた?」

興奮していた山田家の面々は、うっかりしていました。

なつは、すぐにその準備に取り掛かります。

そんなもろもろを終え、帰宅するなつを、天陽は引き留めました。

駆け寄った勢いで、思わず雪の上に転ぶ天陽となつ。

天陽は、決心したように言いました。

「なっちゃん!俺は、待たんよ。なっちゃんのこと、ここで。帰るのは待たない。なっちゃん。俺にとっての、広い世界は、ベニヤ板だ。そこが、俺のキャンバスだ。何もないキャンバスは広すぎて、そこにむかってると自分の無力ばかり感じる。けど、そこで生きてる自分の価値は、他のどんな価値にも流されない。なっちゃんも、道に迷ったときは、自分のキャンバスだけにむかえばいい。そしたら、どこにいたって、俺となっちゃんは、何もない広いキャンバスの中でつながっていられる。頑張れ!頑張ってこい!なっちゃん。」

天陽から差し出された手を取ることは、なつに取って、天陽からの卒業を意味していました。

一瞬のためらいの後、なつは天陽と握手をするのでした。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」42話の感想は?

黒猫葵
天陽くんの切ない笑顔から始まったのに…。

照男兄ちゃんのわかりやすい砂良さんへのアプローチや、門倉から良子へのプロポーズ、速攻NGからの倉田先生が番長に肩を貸すところで笑かされてしまいました。

そして、またラストの天陽くんからなつへの言葉に、ジーンして…

次週予告の1幕に叫びました!

感情の行き来が、激しい!

ちなみに、次週予告の私の興奮ポイントはというと…

一瞬うつりましたよ!

ついに、ついに…チームNACSポーカースリーカードの日が!!

同じ画面に、雪之助さん、正治さん、菊介さんが…。

いつ来るんだろう、このシーン(笑)

楽しみすぎます。

あ~…森崎リーダーと大泉さんの出演発表はいつですかね(笑)

同じ画面に5人が揃ったら…

ロイヤルストレートフラッシュですかね(笑)

そんな日が来るかは、わかりません(笑)

さて、今日のテーマは、間違いなく卒業ということになるんだと思いますが、来週早々に東京へ行っちゃうんですかね?

月曜か火曜の頭くらいは、十勝にいて、夕見子ちゃんの結果だの、送別会だのと、もう少し十勝にいそうな感じですね。

卒業式のシーンも、まぁあっさりしたものでしたが、ノブ先生も出してほしかったなぁ(笑)

倉田先生のいい話の後に、門倉の良子への告白。

窘める雪次郎と倉田先生がいい味出してました(笑)

でも、諦めない宣言した番長ですが、東京に行った後、猛アピールを繰り広げた結果、十勝に帰ったら、結婚してるかもしれませんよ~(笑)

何となく、その気があるっぽい雰囲気の良子でしたし、でも、どうせなら、もっと熱烈にアプローチされたい願望もあるかもなんて(笑)

いや、もっと思いがけない人と結婚してくれてもいいですけどね♪

天陽君は、まぁ、事実上告白したも同然ですが、天陽くんは、あくまでなつを主体にして、なつが東京で頑張る邪魔にならないようにはなむけの言葉を贈りました。

それが、「待たない。」という言葉。

まぁ、現実的に遠距離恋愛が始まったとして、天陽くんが東京に行くことは、絶対に考えられないし、なつがアニメーターを諦めない限り十勝に戻ってくることも考えにくい。

そうなると、必然的にこれ以上、進むマスが無いですからね。

この当時に、別居婚なんて、考えもつかないでしょうし。

となると、やはり、なつの結婚相手から、天陽くんのカードは消えたとみて、間違いないように思っています。

いや~まだわかんないですけどね。

とはいえ、昨日のあさイチでは、東京篇になって、出番は減るものの、もうしばらくは出番があるようなので、出てくれた日はニコニコしたいと思います(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」42話のネット上の反応や評価は?

◇本日の天陽くん

ドラまる
天陽くんのきれいな、切ない笑顔が…

僕もキュンキュンしちゃったよ…

切ないなぁ。

でも、これでこそ、天陽くんなんだろうね。

ラマちゃん
うんうん。

これで、ほぼほぼ十勝篇は、クライマックス。

来週頭で、出発するまでの日が、淡々と描かれて、東京に行くんだろうけど…。

天陽くんの出番が減るのよね…。

寂しすぎるわ。

◇倉田先生素敵です

ドラまる
今日も、いい感じに涙涙の生徒達をまとめて、番長を慰めて。

これで、出番終わりなのかなぁ…。

ラマちゃん
いえ、調布から新宿に買い物に来た先生と再会したなつに、「今、妖怪漫画を描く先生のアシスタントをしている。」って言われたらいいんだけど(笑)

電車で1本だしね(笑)

って、京王線って走ってるのかしら…。

◇照男兄ちゃん、可愛い

ドラまる
砂良さんとの出会いは、ある意味、なつとの気まずさを払拭するためでもあったのかもしれないね。

照男兄ちゃんがわかりやすく恋に落ちたら、なつだって安心だし(笑)

ラマちゃん
うんうん!

この恋の行方が気になるから、週の3分の1くらいは、十勝の様子を流してほしいわね。

◇泰樹おんじ、いい顔です

ドラまる
泰樹おんじは、なつしか目に入ってないかと思いきや、この間のおみやげが「もったいなくて食えん…(パク)」から、ちゃんと可愛いと思ってんだなぁってなって…。

からの、今日の「頑張ってこい。」は、ジーンとするよね。

ラマちゃん
孫娘が2人も春からいないと思ったら、そりゃ寂しくもなるわよね。

◇番長は、一瞬の登場でも、印象に残る(笑)

ドラまる
なんというか、出ると、何か事件を起こす男だね~(笑)

これは、まだ、続きがありそうな気がしない?

ラマちゃん
そうね~。

あの速攻NGは、よっちゃんの乙女心のような気がするもの(笑)

倉田先生が、ちゃんと慰めてたのが良かったわ~。

◇夕見子ちゃんかっこいい!

ドラまる
いい顔で、出陣していったね~!

きっと立派に成果をあげてくると思うよ!

ラマちゃん
しかし、なつが東京、夕見子が札幌、富士子さん準備大変ね。

とはいえ、東京への付き添いは、きっと雪之助さんかしらね。

◇次週予告まとめ

ドラまる
次週予告のメインは、NACSメンバーが揃ってたシーンだよね!

これに、叫んで、本編の内容吹っ飛ぶっていうね(笑)

ラマちゃん
はやぞらしてて、これで本編の内容が頭から吹っ飛んだから、改めてほんぞらしたわよ…。

このシーンがどこででるのか、楽しみだわ!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第8週のあらすじは?

2019年5月20日(月)~5月25日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第8週のあらすじをご紹介します

昭和31年春、アニメーターになる夢を叶えるため、なつ(広瀬すず)は雪之助(安田顕)・雪次郎(山田裕貴)親子と一緒に上京を果たす。

雪次郎が菓子修業をする新宿・川村屋を訪ね、エキゾチックな雰囲気を身にまとうマダム・光子(比嘉愛未)と再会。

なつは光子の好意で、川村屋に住み込みで働くことになる。

新生活を始めたなつは、兄・咲太郎(岡田将生)をよく知るクラブ歌手・カスミ(戸田恵子)に誘われ、近所のおでん店・風車を訪ねる。

なつが女将の亜矢美(山口智子)に兄への思いを話すと、なぜか亜矢美は動揺する。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」42話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
十勝篇のクライマックスだったね…。

寂しいなぁ。

ラマちゃん
色味が緑と白から、すごくカラフルになりそうね!

東京篇の人たちも楽しみだけど、やっぱり、天陽くんやおんじの出番が減るのがさみしいわ…。

黒猫葵
ひとまず、月曜日は、きっと上京前の切ない時間が流れるんでしょう。

明美ちゃんが、寂しくなっちゃいそうで、心配だったりします。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA