なつぞら|第6週・36話ネタバレと感想。振られたのは、照男ではなく泰樹おんじの巻【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』36話が2019年5月11日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」36話!

天陽の告白がありそうだけど、照男の気持ちを勘違いした泰樹おんじの暴走が始まりそう…。 

ラマちゃん
これは、来週に向けて、また気になるところで終わっちゃいそう…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」36話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」36話の予告あらすじ

スキー大会の翌日、天陽(吉沢亮)の家に行く約束をしていたなつ(広瀬すず)。

出かけようとすると、泰樹(草刈正雄)が話があると引き留めた。

そこで泰樹は、なつに結婚話を持ちかける。

突然の話に驚くなつは、泰樹が薦める相手の名前を聞き、さらにショックを受ける。

そこに照男(清原翔)が現れ、取り乱すなつを落ち着かせ、天陽の家に向かうよう促した。

その場を走り去ったなつは、天陽の家に向かい雪原の中を歩き出すが…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」36話のネタバレあらすじ

【泰樹の目論見がなつにばれる】

スキー大会の翌日、なつ(広瀬すず)は、作業中の泰樹(草刈正雄)に、天陽(吉沢亮)の所に行ってくると言いました。

照男(清原翔)となつを結婚させたい泰樹は慌て、話があると呼び出します。

なつを呼び出した泰樹は、突然、話を切り出しました。

「なつ、お前、結婚する気はあるか。」

「何、突然。…まぁ、いつかはね。」

「照男はどうじゃ?」

なつは、泰樹の突然の言葉でさえ、驚いていたのに、その勧めてきた相手を聞いて、表情が凍りつきました。

「何言ってんのさ?からかわないでよ。」

「からかってなどいない。わしは、本気でそう考えている。」

泰樹が、本当にそう考えている事を知ったなつは、大きなショックを受けました。

照男に、そんなことを考えさせたら、もう家族に戻れない、泰樹は自分から、大事な家族を奪ったと、なつは、泰樹を責めました。

なつの大きな声に、小屋の前を通りかかった、富士子(松嶋菜々子)は悟ってしまいました。

泰樹が、なつに、あの『目論見』を話してしまったことを。

「なつ、わしは、お前と本当の家族に…。」

「それは、私を他人だと思ってるからでしょ!」

泰樹は、自分が恐れていた弱さを、なつに指摘されショックを受けました。

見かねた照男は、なつに懸命に声をかけます。

「大丈夫だ、なつ。何も変わらない。何も変わってないから。」

そして、泰樹の方を向いて言いました。

「じいちゃん。俺はダメだった。なつのこと、どうしてもそんな風には思えなかった。なつは、…なつは、やっぱり妹にしか思えないよ。じいちゃんをがっかりさせたくなかったから、今まで言わなかったんだ。なつは…、なつのことは、なつに任せよう。」

そして、なつにも言いました。

「なつも、じいちゃんのこと、少しはわかってやれ。」

そう言うと、天陽と約束をしているのだからと、向かうよう促しました。

「少し、時間を置いた方がいい。」

照男は、天陽から告白されれば、また流れが変わると思っていました。

【なつ、遭難?】

さて、スキーで天陽の家に向かうなつです。

ところが、なつの心の中を表すような、荒天の中、ショックが隠し切れないなつは、座り込んでしまいます。

その頃、落ち込む泰樹に富士子は声をかけます。

「お汁粉作ったから。」

富士子は、泰樹になつに勝手にあの目論見を話したことを窘めます。

「すまん。」

いつになく素直に謝る泰樹です。

「もう、元に戻れんかもしれん。なつの言う通りじゃ。なつの心は、もう戻らんかもしれん。」

「それを、受け入れるのも家族の務めでしょ?何があっても、受け入れる。それが家族っしょ。」

泰樹は、落ち込みながらも、お汁粉をすすりました。

富士子は、落ち込んで何も喉をとおらないのではと心配していたので、その点については安心するのでした。

さて、その頃、天陽の家では…。

「なっちゃん来てないよね?」

天陽は、正治(戸次重幸)タミ(小林綾子)に尋ねていました。

「この雪じゃ、こられんべや?」

「約束してたの?何時ころって?」

「いや…時間は言ってなかったけど…。きっと…まだでてないよな…。」

なつは、天陽の家にたどり着いていませんでした。

なつは、雪の中、うずくまってしまった後、動けなくなってしまっていました。

剛男(藤木直人)が、仕事から帰宅しました。

「いや~危なかった。外は、もう何も見えないわ。」

「…なつ、見なかった?」

「え?」

照男は、なつの行き先を知っていましたし、なつの足なら、もうとっくに着いているはずだと信じていました。

そして、帰りが遅いのは、この吹雪で帰れなくなってしまったのであろうこと。

そして、天陽に告白され、喜んでいるのだろうと、信じていました。

19時になっても、なつは帰ってきませんでした。

さすがに遅いと心配する家族たちに、夕見子(福地桃子)が余計なことを言います。

皆、この吹雪で足止めを食っているだけだろうと、思っていましたが、先ほどの騒ぎを知っているだけに、何となく不安が立ち込めています。

その頃、なつは、見知らぬ家の、囲炉裏のそばで寝かされていました。

ひとまず、生きていてよかった…。

ここが、どこだかわからないけど、空が晴れるのを待って、来週に続けよ…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」36話の感想は?

黒猫葵
泰樹おんじの暴走も、なつの涙には勝てませんでしたね。

あっという間に、しゅんとしていまいした。

そして、今日の照男の一言…。

登場人物紹介がミスリードすぎる(笑)

多分、おんじのために、そう思ってみようと試みてはみたけど…『ひそかにそうなる(なつと結婚する)ことを望んで』たのかなぁ…(汗)

全方位の優しさで自分の気持ちを抑えて、本当は好きだったけど…って言うよりも、やっぱり、妹から女に見ようとして失敗した感じの方が…強かったかなぁって気がします。

どっちにしても、照男兄ちゃん男前という感想です。

そして、相変わらずの地雷踏男の剛男(笑)

あとは、どの家にも電話のない時代ってのを痛感しましたね~…。

今回の事も、家に電話があれば、そっちになつ行ってる?ですむ話でしたからね。

いやはや時代を感じますね…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」36話のネット上の反応や評価は?

◇男前の照男兄ちゃん

ドラまる
照男…いい子だね…。

いいお嫁さんが来てくれるといいんだけど。

ラマちゃん
そこが心配よね。

この報われなさ加減を癒してくれる素敵なお嫁さん募集中よ!

◇ある意味振られたおんじ

ドラまる
段々、おんじが、最終回間近の真田昌幸になってきたね。
ラマちゃん
なつとの絆が切れませんように。

◇相変わらず地雷を踏みぬく剛男

ドラまる
もう、こういう役周りなんだね剛男は(笑)
ラマちゃん
そうね…。

しょうがないわ。

彼の役回りは、なつを十勝に連れてきたことで、満了したのねきっと(笑)

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
ちょ!?
ラマちゃん
このたった数行で、受けたキュン死具合がわかっていいわね(笑)

◇次週予告まとめ

ドラまる
次週予告の男衆のわらわらで、ひとまずなつは無事というネタバレ…(っていうか、朝ドラのこんな序盤で、ヒロインが無事じゃないわけがない。)

よかった(汗)

助けてくれた人がいる感じだけど、これから、どう絡んでくるんだろう…。

ラマちゃん
天陽くんの天使の微笑みだったけど…

切ない微笑みだったわね…。

何となく天陽とは、どうにもならない…なれないような気がするわ…。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第7週のあらすじは?

2019年5月13日(月)~5月18日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第7週のあらすじをご紹介します

天陽(吉沢亮)に会いに行く途中、吹雪の中で気を失ってしまったなつ(広瀬すず)。

なつを助けたのは、森の奥でひっそりと暮らす弥市郎(中原丈雄)と砂良(北乃きい)親子だった。

翌朝、帰宅途中でなつは、美しい雪景色に出会い、アニメーターになりたいという思いを強く抱く。

その夜、なつは家族に東京へ行きたいと打ち明けようとするが、泰樹(草刈正雄)を気遣い、嘘をついてしまう。

そのころ、富士子(松嶋菜々子)と照男(清原翔)は弥市郎を訪ね、小屋で過ごした一夜、なつが一心不乱に絵を描いていたことを知らされる。

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」36話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
照男兄ちゃん、男前だったね…。

きっと、朝になってもなつが戻ってこなくて、一番取り乱すよね…。

天陽の家に、向かわせた自分のせいだって。

ラマちゃん
そうね…次週予告では、おんじが泣いてるし…。

東京篇に一歩ずつ進んでいくのね…。

黒猫葵
まずは、なつを助けてくれる人が気になります!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA