なつぞら|第6週・32話ネタバレと感想。ノブの出番は、まだあったんじゃ! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』32話が2019年5月7日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」32話!

昨日は、アニメーション会社というものを始めて、足を踏み入れたね~…

アニメーターの人たちは、皆さんいいキャラだったよ!

ラマちゃん
そうね、でも、あのエピソードの『タイミング』が…いまいちだったわね…。

咲太郎が心配で、せっかくのアニメーション会社との出会いだったのに…。

あそこから、今日は、どんな流れになるのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」32話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」32話の予告あらすじ

東京でなつ(広瀬すず)は、兄の咲太郎(岡田将生)と再会を果たす。

しかし、咲太郎は再び行方がわからなくなってしまう。

北海道に戻り、酪農の仕事に精を出すなつ。

そんなある日、なつは照男(清原翔)から呼び出され、帯広で上映するディズニー映画のチケットを2枚渡される。

大喜びするなつに、なぜか天陽(吉沢亮)とふたりで行ってこいと促す照男。

そんなふたりのやり取りを泰樹(草刈正雄)が遠くから見ていた…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」32話のネタバレあらすじ

【十勝の厳しい冬】

なつ(広瀬すず)は、夢を見ていました。

十勝に帰ってきました。

見ていた夢は、大層な悪夢です。

逮捕された咲太郎(岡田将生)が、脱走して逃げてきて、一緒に逃げようと言い出します。

しかし、泰樹(草刈正雄)に見つかり、「なつは連れていかせない。」と、咲太郎は警察に突き出されてしまいました。

吹雪の中、連行される咲太郎を呼び続けるなつを、夢から起こしたのは、明美(平尾菜々花)が顔に落とした雪でした。

あの夏の日から、少し経ち、十勝は厳しい冬を迎えました。

なつの高校生活も、あとわずかです。

登校前、照男(清原翔)は、突然、ディズニーの映画のチケットをもらったからと、2枚なつに渡しました。

ずっと、見たかったディズニーの映画。

「ありがとう!明美と行くわ!」

そういうなつに、照男は言い出しにくそうにもじもじしています。

「あ!照男兄ちゃん、一緒に行く?」

「いや…天陽くんと行ったらどうだ?」

照男は、東京で陽平(犬飼貴丈)に世話になったのだからという、もっともらしい理由をつけて、なつに言いました。

何となく腑に落ちない様子のなつでしたが、天陽(吉沢亮)に来てみると約束するのでした。

泰樹は、そんな照男となつのやり取りを見て、複雑な表情を浮かべていました。

なつと富士子(松嶋菜々子)が、東京に行っていた、あの夏の日、泰樹は照男に『なつと結婚して、なつを正真正銘柴田家の家族にしろ』と言っていたからです。

さて、冬の間は、自転車が使えず、スキーと鉄道で登校します。

受験生で寝不足の夕見子(福地桃子)は、ふとした拍子に転んでしまいます。

あまり眠っていない夕見子を心配するなつですが、夕見子は言います。

「倒れるってくらいで寝た方が、少しの睡眠時間でも頭がすっきりするんだわ。まぁ…北大なんて行かなくてもいいんだけどね。」

「え?」

なつは、どうして夕見子が、わざわざ札幌の遠い大学に行きたいのか尋ねました。

「負けたくないから。『女のくせに』とか『女だからできない』とかいう、世間の目に。」

なつには、よくわかりませんでした。

「自分の生きる場所は、自分で選べる人間になりたい。」

そんな夕見子の背中をなるは、心配そうに見ていました。

なつが電車に乗ると、雪次郎(山田裕貴)と出くわしました。

『なつがいる!』

つまりは、夕見子がいるという事です。

反対行きの電車に夕見子を見つけて、声をかけますが、夕見子は知らん顔。

なぜ、反対の電車かって?

夕見子は、勝農とは反対の街の高校に通っているからです。

「夕見子ちゃ~ん!気づいて!夕見子ちゃ~ん!…君の名は~!!!!」

「今、呼んだべさ。」

【少しずつ動き始めた恋模様??】

今日は、太田先生(千鳥ノブ)の授業で、バターを作りました。

雪次郎は、柴田牧場では、いつになったらバターを作るのかということを、雪之助(安田顕)が気にしているとなつに話します。

なつも、泰樹の夢であるバターづくりをいつかはしてみたいと思っていましたが、今の所、作ったところで、流通方法が確立していないため、作るところまで至っていませんでした。

雪之助は、地元のバターを使ったお菓子を作りたいと考えていたので、雪次郎は勝農に入ったわけですが、だからといって、すぐに牛飼いになれるわけではありませんし、柴田牧場のバターを心待ちにしていたのです。

「それなら、牛飼いの娘と結婚した方がはやいべ。」

良子(富田望)は、呆れた顔で言いますが、それを聞いて、雪次郎はそわそわし始めます。

「え!?…夕見子ちゃんとか???いや、それなら、なっちゃんがつくった方が早いべ…」

その日の放課後でした。

なつは、天陽の家でスケッチをしていました。

「なっちゃんは、漫画映画作りたいのか?」

突然、そんなことを言い出した天陽です。

東京で、漫画映画の会社を見学させてくれた兄・陽平からの手紙に、そう書いてあったというのです。

そして、その会社が、大きな会社に丸ごと吸収合併され、陽平もそこに就職したと言うのです。

なつは、あの夏の日に、アニメーターの仲(井浦新)に褒めてもらったことを思い出しました。

「それでね、なっちゃんが、もし来たいなら、相談に乗るって。」

なつは、少しだけ揺れていました。

でも、恩義のある柴田家を捨てて、東京に行くなど考えられない事でした。

『牧場がやりたいから、行かない。』

『映画は見るだけでいい。』

なつは、自分にそう言い聞かせる様に反芻していました。

天陽は、なつのそんな心の中のモヤモヤを見透かしているようでした。

その頃、剛男(藤木直人)富士子(松嶋菜々子)の驚愕の声が響いていました。

泰樹の計画を聞かされたからです。

そう…。

『照男となつを結婚させること』

富士子は、自分たちになんの相談もなく、勝手にそんなことを考え、なつにはまだ話していないとはいえ、照男には話してしまったことを怒ります。

そして、泰樹の本音はわかっていました。

「父さん!何をそんなに怖がっているの???なつが本当のお兄さんにあったからかい?そんで、なつが、東京に戻ると言い出すとでも思ったんですか?」

泰樹は、そんな気持ちを見透かされたことを、否定するように考えを言います。

「本人たちが、それを望みさえすれば、それに越したことはないと思わないか?これなら、兄妹を捨てなくても『柴田なつ』になれるんだぞ!」

富士子は、ひとまず、この話は聞かなかったことにするといい、剛男にも泰樹にも、なつには言わないよう約束させました。

何も知らずに帰ってきたなつ…。

このことを知る日は、そう遠くないのかもしれません。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」32話の感想は?

黒猫葵
さて、夏から冬に大スキップしましたね…。

あの夢の感じは、咲太郎はまだ捕まったままなんでしょうか…。

やっぱり、この流れには、何となく納得がいかないというか…。

咲太郎からの手紙を受けて、あっさり『忘れてくれ』を受け入れすぎ感がすごいというか…。

まぁ、この咲太郎へのモヤモヤとアニメーターの未練が、最終的になつを上京に導くんだと思うんですが…。

そういう裏の設定的なものは、ちゃんと見え隠れしてるんですけが…今、この演出の流れだと、お兄ちゃんはただのおまけ感が…。

逆に、そうなってくると、お兄ちゃんの逮捕劇必要だったかい?っていう、気持ちにさせられてしまいそうです。

だいぶ、もったいないですね。

さ~そんなモヤモヤした気持ちは、このくらいにして、今日のクスリポイントを!

やっぱり、千鳥ノブさんの再登場ですね(笑)

嬉しくて、タイトルにまでつけちゃいました(笑)

だって、どことなく雰囲気が重いんですもん。

バターの癖は、夏強くて、冬弱いらしいですよ♪

どっちが美味しいかは…「好き好きじゃ」だそうです♪

そして、やっぱり、雪次郎の朝ドラなのかアニメなのかのオマージュですかね(笑)

「君の名は~!!」

まぁ、ぶっちゃけ両方ですね(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」32話のネット上の反応や評価は?

◇泰樹おんじの焦り

ドラまる
泰樹おんじが、この9年間でなつをかわいがり、いつの間にか依存するほどになっていったんだね…。
ラマちゃん
そう考えると、もう少し、子役時代がやっぱり長くてもよかったなぁ…って。

泰樹おんじと仲良くなる日々、この暴走を呼ぶまでに中を深めていくところがあっても良かったのかも…。

◇モヤモヤする気持ち

ドラまる
あそこから、一気に冬に飛んじゃったから、やっぱりモヤモヤするよね。
ラマちゃん
せめて、ウッチャンのナレーションで、その後語られて欲しかったわね。

その後、信哉くんから手紙が届いて、咲太郎は~みたいなね。

◇頑張れ咲太郎

ドラまる
寒そうだよね…。

あの夏のいでたちで、十勝の吹雪の中撮影したんだろうね…。

ラマちゃん
大変だったわね~。

そして、咲太郎のその後…気になるわ~。

◇頑張れ雪次郎!

ドラまる
何というか、雪次郎が画面にいるとホッとするね(笑)
ラマちゃん
「君の名は~!」

良かったわよ(笑)

そして、夕見子ちゃんのこと、相変わらず大好きすぎてて、ほっこりするわ♪

でも、もし付き合っても、しばらく遠距離恋愛よね…。

◇夕見子にもスポットライトを

ドラまる
夕見子の話、もっと見たいよね~。

すごく共感できるところが大きいよね。

ラマちゃん
雪次郎とのじれったい感じも、もう少し見たいなぁって思うわね♪

◇不憫な照男君

ドラまる
不憫枠って…。

でも、そんな感じだね(汗)

「花子とアン」の朝市枠だね。

ラマちゃん
素敵なお嫁さんが来ることを、今から期待してあげなくっちゃね。

◇本日の目の保養

ドラまる
やっぱり、きれいな顔だね…。
ラマちゃん
ほんとう…東京に行ったら、天陽くんの出番すくなくなるわよね…。

嫌だなぁ。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
あ~久しぶりのあさイチの朝ドラ受けだ!
ラマちゃん
ここまでで朝ドラよね~♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」32話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さて、泰樹おんじの目論見が、剛男と富士子にも伝わったわけだけど…。

照男は、なつとの結婚自体は、嫌じゃないんだろうけど…。

天陽くんと行ってくればのチケットの意味は??

最後の思い出にデートしておいでなのか…。

ラマちゃん
それとも、本当は、一緒に行きたかったのに、「照男兄ちゃん、一緒に行く?」で、照れて挫けちゃったのか(笑)

夏から冬までの間、泰樹おんじから、目論見を聞かされて、どんなことを思ってたのか…描いて欲しかったわね~…。

時間スキップは、効果的に使わないとぶつ切り感が半端なくて…。

何か、ちょっと「半分、青い」を思い出してきちゃったわ。

黒猫葵
何にしても、明日は、映画館デートでしょうか。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA