なつぞら|第4週・22話ネタバレと感想。天陽くんの怒りの矛先は「なっちゃんの演技」だった件 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』22話が2019年4月25日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」22話!

昨日は、天陽VS倉田で終わってしまったよ!

ラマちゃん
倉田先生は、天陽に何を語るのかしら?

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」22話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」22話の予告あらすじ

倉田先生(柄本佑)が指示する言葉の意味がわからないなつ(広瀬すず)。

演劇の稽古を見ていた天陽(吉沢亮)は倉田に疑問を投げかける。

すると倉田は、思わぬこと天陽たちに打ち明けた。

そのころ剛男(藤木直人)は、山田正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)に、今後は牛乳を農協が一括管理してメーカーに売りたいと説明。

ところが山田は、泰樹(草刈正雄)がそのことに反対しているのではないかと剛男にこぼし…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」22話のネタバレあらすじ

【天陽VS倉田…?】

なつ(広瀬すず)には、倉田(柄本佑)が求める演技ができません。

その時、舞台美術を作るために来ていた天陽(吉沢亮)が、倉田に疑問を投げかけます。

なつたちの演劇の稽古は、ますます白熱してゆきました。

「魂を作れとか気持ちを作れとか言われてもわかりません。なっちゃんのままではダメなんですか?他の魂を作らなくてはいけないんですか?」

部員たちは、部外者である天陽を制止しようとしますが、倉田は言います。

「…彼はよくわかっている。彼の言うとおりだ。

まぁ、俺の言いたいことも、ほぼ彼と同じようなことだ。

登場人物の気持ちや魂なんて、どこにもないんだ。

これは、ただの台本だ。

俺の魂は、入っているが、役の気持ちや魂なんて物は存在しない。

それは、これを読んだ、お前ら一人一人の中にしか存在しないんだ。

役の気持ちや魂を感じるのは、お前らの気持ちや、お前らの魂だということだ。

つまり、これを演じるためには、自分の気持ちや、自分の魂を使って演じるしかないんだ。

奥原は、自分の気持ちや魂を何も動かしていない。

ただ、ここに書かれている人物像をまねしようとしているだけだ。

それじゃあ、何も伝わらない。

奥原なつらしく、自分の気持ちや、自分の魂を見せるしかないんだよ。

それが、演劇を作るってことだ。」

倉田は、しばらく口を出さないから、自分たちで考えろと席を立ちました。

「なっちゃん。今ので分かった?」

雪次郎(山田裕貴)は、茫然とするなつに問いました。

「なんとなく…わかったような気もするけど…。」

天陽は、部員のみんなに、つい口を挟んでしまったことを謝りますが、雪次郎は天陽が言ったことは、いいことだったと言います。

「ごめんね。私をかばってくれようとしたんでしょ?」

「ついイライラしちゃって…。」

温厚な天陽にしては珍しい発言です。

「先生に?」

雪次郎が尋ねると、思いがけない返事が…。

「なっちゃんの芝居に。」

天陽は、倉田を怒らせてしまったのではないかと気を揉んでいましたが、「あの先生なら、喜んでるわ。」と雪次郎がフォローします。

「演劇って難しい…。」

なつは、そんなことをこぼすのでした。

【山田家の牛乳】

その頃、剛男(藤木直人)は、正治(戸次重幸)タミ(小林綾子)の元を訪れていました。

正治が、なつにこぼしていた、乳業メーカーの脂肪分検査への不信感について、様子を見に来たのです。

はっきり言って、メーカーの調査に対して、農協が口を出すことはできません。

そのうえで、農協が推し進めている牛乳の売り方を勧めます。

しかし、正治は、そうなれば助かると思っていますが、泰樹(草刈正雄)が反対していることが引っかかっていました。

剛男は、ひとまず質より量を重視して、作ることを勧めます。

正治は、複雑な表情を浮かべるのでした。

【なつ、演じることについて悩む】

そこへ、天陽が帰宅しました。

剛男は、なつの演劇の稽古の様子を尋ねます。

「なっちゃんは、何でも頑張るから!」

そう言って笑う天陽に、剛男は少し安心したようです。

その頃、なつはというと、子牛を相手に練習をしていました。

子牛は少々困り顔です。

そんななつを見てしまった泰樹は、慌ててなつに声をかけます。

「どうしたんだ。なつ。何か悩んでいるのか?」

演劇の稽古とは思わず、なつが何かを悩み牛に相談していると思ってしまったのです。

なつは、うまく説明ができず、笑ってごまかしてその場を去ってしまいます。

「何が…間違っているんだ…。」

後には、不安げな表情を浮かべる泰樹だけが残されたのでした。

さて、今日は、柴田家に雪次郎が遊びに来ています。

「自分らしく演じる」ことの難しさを語る雪次郎。

どうすればいいのかというなつの問いに返しました。

「想像力しかねぇと思うんだ。」

それは、セリフの裏で役が何を考えているのか、自分の経験や体験の中から、考えて想像するしかないと言います。

そこで、夕見子(福地桃子)がいい事を言いました。

「つまり、台本っていうのは、与えられた環境でしかなくて、その中で生きていくのは、自分自身っていうことだよ!」

雪次郎は、夕見子の言葉に感銘を受けますが、夕見子はあっけらかんとしています。

「その本に書いてあったから。」

雪次郎、あまり読み込んでいないのかもしれませんね…(笑)

雪次郎を見送るなつと富士子(松嶋菜々子)

なつは、演劇も大事だが、どうせなら酪農高校らしいこともしたいと言います。

「例えば、搾りたての牛乳をふるまうとか…。もっと十勝の酪農をアピールしたいんよ。」

富士子は、そんななつの背中を見つめ、何か考え込むのでした。

さて、また翌日の稽古です。

倉田の席を陣取り、稽古を見ている門倉(板橋駿谷)は、村長役の高木(重岡獏)を見て、村長らしい貫禄が足りないと怒っています。

その直後…貫禄たっぷりの村長に変貌した高木…ではなく、門倉が舞台に上がっていました。

「自分がやりたかっただけね。」

良子(富田望)は、呆れた顔をするのでした。

【富士子の思い】

一方、富士子は、雪月を訪れていました。

妙子(仙道敦子)に話したいことがあるというのです。

それは、なつが口にした「十勝の酪農をアピールしたい。」に協力してもらえないかと相談に来たのです。

「何か牛乳を使ったお菓子を配れないかと思って!」

富士子は、頑張っているなつを応援したいと考えたのです。

それは、なつのこんな言葉がひっかかったからでもありました。

「母さんや、みんなに親切にしてもらってる。」と。

妙子は、それの何がいけないかと思いましたが、富士子は言います。

「普通、母親に親切にされてるなんて思わないでしょう?」

まだ、なつの自分たちへの遠慮という壁を感じていた富士子です。

もちろん、実際問題、血はつながっていませんし、何年一緒にいようとも、本当の母親になれるとは思っていませんでした。

それでも、自分はなつの母だから、なつを精いっぱい応援する人でありたいと思っていました。

その頃、少しずつ倉田の言う「自分らしく演じる」ということを考え、初めて自分の感情を使って、芝居をしました。

昂ぶり、涙をこぼすなつ。

なつよ、下手でも伝わるものはあったぞ。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」22話の感想は?

黒猫葵
天陽くんが、倉田先生に怒っているのかと思いきや…。

まさかの怒りの矛先は、「なっちゃんの演技」でした(笑)

天陽くんは、やはりアーティスト気質なので、倉田先生とは通ずるものがあるのかもしれません(汗)

そして、なつよりも、雪次郎よりも、あの本を読みこんでいる夕見子ちゃんが、ちょっと面白かったです(笑)

夕見子は、あれだけ本を読んでいるだけあって、必要な情報を見つけ出すのがうまいのかもしれませんね♪

あとは、番長さんが村長役取っちゃってましたけど、あれは倉田先生的には大丈夫なんでしょうか?

あとで怒られないといいのですが…。

でも、あの村長だったら、多分、娘を嫁に出さなくても、強引に解決しちゃいそうですよね(笑)。

だから、あんまり貫禄が無い方が…。

倉田先生が戻ってきたとき、村長役がどうなっているかも見ものです。

そして、今日の一押しポイントは、やっぱり動揺する泰樹おんじではないでしょうか。

子牛を相手に練習するなつを見て、本気で心配する泰樹おんじの可愛さは、国宝級でした(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」22話のネット上の反応や評価は?

◇思いがけない天陽くん

ドラまる
僕も、てっきり、なつをかばうためかと思ってたから、今日のこのセリフは、思わず笑っちゃったよ。
ラマちゃん
ある意味、おんなじこと言っても、理解させられないよって倉田先生に教えてあげたってかんじよね(笑)

天陽くんの好感度が逆に上がっちゃったわ♪

◇倉田先生の真意

ドラまる
ただ偏屈な先生なだけだったら、やっぱり部員がついていかないと思うし、あれだけの部員がついて行ってるんだから、やっぱりいい先生なんだね。
ラマちゃん
そうね~。

でも、あれから、姿を見せないのが気になるわ…。

村長が変わって怒らないかしら?

◇動揺する泰樹おんじが国宝級に可愛い件

ドラまる
おんじの動揺した顔が、本当にかわいかったね(笑)

まぁ、事情知らなかったら、熱心に牛に相談してるって、心配にもなるよね!

ラマちゃん
あのおんじの表情は、ちょっとヒロインよね(笑)

◇富士子ママの思いに涙

ドラまる
思えば、剛男が急に連れてきたなつを、娘同然で育ててくれてるんだよね~。

本当は、本当のお母さんとして接したいと思うよね…。

ラマちゃん
それでも、なつの気持ちを大切にしながら、応援してくれる富士子さん素敵よ!

◇本日のイケメン記録

ドラまる
雪次郎と天陽のキャラの違いが、いいスパイスだね!
ラマちゃん
雪次郎はまだ夕見子ちゃん推しなのね~。

夕見子がいい事言ったっときのキャッキャウフフしてる感じがよかったわ!

◇この劇の村長に貫禄はいらないかもしれない件

ドラまる
そうだね~…。

確かに、間違いなく門倉の方が貫禄はあるけど…。

このお話の村長は、貫禄ない方がいいんじゃ…。

ラマちゃん
出たかっただけなのよ。

見守ってあげましょう(笑)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬さんは、よっちゃんについて何が言いたかったのかが気になるぅ~!
ラマちゃん
あさイチは、なつの提案、見に来てくれた人へ牛乳からの「ワンドリンク制」の話、「そこ~?」っていう目の付け所がシャープよね(笑)

でも、おんじについて受けて欲しかったかな~(笑)

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」22話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
感情をだすということが、わかったらしいなつの演技を、明日、倉田先生が見るのかなぁ。

きっと、本番に向けて、ここから急ピッチで進むんだよね。

ラマちゃん
まだ、天陽が舞台美術何も描いてないのよね。

明日で、完成するのかしら…。

黒猫葵
色々懸案事項がまだありますね(笑)

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA