なつぞら|第3週・17話ネタバレと感想。誰か、泰樹おんじにお茶を持てい! 【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』17話が2019年4月19日(金)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」17話!

倉田先生の思惑が、まだ測りかねてるけど、きっといい方向に行く気がするんだよね~!

ラマちゃん
どうやら、まずは剛男の所に取材に行くみたいだけど…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」17話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」17話の予告あらすじ

演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)から「演劇をやれ」と言われたなつ(広瀬すず)。

すぐに断るなつだったが、演劇をやることが泰樹(草刈正雄)のためになるという倉田先生の言葉に、心が揺らぎ始める。

その翌日、なつと倉田先生は、農協にいる剛男(藤木直人)を訪ね、酪農の現状について質問する。

剛男は、酪農家が抱える問題をなつに説明するとともに、農協が目指す目標をなつに伝えた。

そしてなつは、ひとつの答えを導き出す…。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」17話のネタバレあらすじ

【柴田家の食卓】

雪次郎(山田裕貴)に呼ばれ、雪月にやってきたなつ(広瀬すず)は、演劇部顧問の倉田(柄本佑)から、「おじいさんの問題を表現するんだ。」と、突然言われます。

そして…。

そのために、取材をすると言い出し、それを手伝ってほしいと言われるのでした。

その晩です。

なつは、家族に、演劇のことは黙っていました。

「雪月のみなさんは、元気だった?」

富士子(松嶋菜々子)は、なつに尋ねます。

明美(平尾菜々花)は、今度は自分も連れて行ってとねだります。

「お土産があったでしょ。」

そういって、窘めるなつの言葉に泰樹(草刈正雄)が反応します。

こう見えて、超甘党のじーちゃんですから。

「ごめん!」

「じいちゃんの分も…食べちゃった。」

表情少ないながら、がっかりした顔をする泰樹。

夕見子(福地桃子)は、雪次郎が、演劇を続けているのか尋ねます。

そして、続けていることを知ると、「モテたいのかしら。」と嫌味を言います。

9年前、夕見子に猛アタックしていた雪次郎です。

夕見子としては、別にどうこうなりたいわけではなくとも、自分をチヤホヤしてくれる手駒は手放したくないのかもしれません。

「大体、長男なのに、『雪次郎』っていうのがおかしいのよ。跡取りはモテないっていうのをカモフラージュしてるんだわ。」

「跡取りはモテないの?」

「少なくとも、自由を求める女にはね。」

その横で、柴田家の跡取り・照男(清原翔)は、複雑な表情を浮かべています。

「夕見姉ちゃんの自由は、タダのわがまま!」

明美は、そんな憎まれ口をたたきます。

「明美ちゃん、上手いこと言う~!」

そう言って笑うのでした。

【倉田の取材大作戦】

翌日の放課後、倉田と一緒に農協に向かいました。

剛男(藤木直人)に、話を聞きに来たのです。

なぜか、剛男の上司・田辺(宇梶剛士)も同席し、何だか仰々しいことに。

なつは、率直に尋ねます。

「農協は、じいちゃんに手を焼いてるんですか?」

「これは、またストレートな質問だな…。」

「すみません。メーカーと直接取引したいというじいちゃんの考えは、間違っているんでしょうか?」

田辺は、丁寧に説明をしてあげました。

これまでとは違い、乳業メーカーが増え、酪農家の確保が競争になってしまったこと。

そして、その結果、牛乳の価格の決め方が問題になっていること。

牛乳は、脂肪分の割合によって、価格が決まります。

そして、その脂肪分の検査は、メーカーが行っており、その内容や、本当に正しく行われているのかを酪農家はわからないという状況でした。

農協は、その点を、是正したいと考えていました。

つまりは、農協で検査を行い、メーカーに卸すようにすれば、酪農家の不信感もなくなるということです。

どこの乳業メーカーも牛乳の量を、たくさん確保したいので、大きい牧場であればあるだけ、大事にされるでしょう。

その分、小さい牧場が大事にされなくなってしまうことも危惧していました。

農協としては、十勝の酪農家が一致団結し、日本一の酪農王国にしたいと考えているのでした。

その帰り道、剛男は、なつが演劇をしたいと思っていたことに驚いていました。

もちろん、なつにそのつもりはありません。

あくまでも「じいちゃんのためになる。」と、言われたからです。

そして、この問題について、自分で答えを見つけなくてはいけないと言われ、そうすると決めたこと。

だからこそ、もっとちゃんと知らなくてはいけないと思ったのでした。

現状、なつは、農協の考え方は正しいと思いました。

「しっかりしてよね。父さん。」

【泰樹と剛男のバトル】

家に戻ると、大きな高級車がとまっていました。

「こういうことは困ります。」

家の中では、富士子が封筒を差し出され、断っている姿がありました。

お客は、乳業メーカーのお偉いさんでした。

そして、その封筒は、たくさんの牛乳を卸してもらっているお礼でした。

「奥様封筒ですね!そういう付き合い方は、古いんじゃないですか?」

農協勤めの剛男にとっては、困るお金です。

そこへ、泰樹もやってきました。

「もらっておけ。人との付き合いに新しいも古いもあるか。どうして、お前たちは、乳業メーカーが悪いと決めつけるんだ。メーカーは、ちゃんと公平に牛乳を買っている。どうして、それを信じん?」

剛男と泰樹の諍いは、この点もあったのです。

『きれいごとだけで家族は守れない』と考える泰樹。

『清廉潔白でありたい』と考える剛男。

正直、そのお金があれば、家計がどんなに助かるかわかりませんでした。

泰樹は、家族のために、受け取るべきと考えていました。

そんな忖度みたいなことに大反発する剛男。

富士子は、どちらの気持ちもわかっていました。

それでも、公の職に就いてる剛男を思い、そのお金は返しました。

泰樹が、富士子が回している家計を思ってくれているのであれば、受け取るかどうかは、自分が決めると。

泰樹は、そんな剛男の態度と、富士子の行動に納得がいかず、その場を後にしてしまいました。

【何が正解なのか】

夕方の搾乳をしながら、なつは考えていました。

そして、泰樹たちのいない隙に、実際の所、悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)に、正直なところ、農協がやろうとしていることをどう思っているのかを尋ねました。

悠吉は、泰樹の気持ちはよくわかるが、助かる酪農家もたくさんいると思っていました。

菊介も、百姓というのは、そもそも価格交渉などは下手だと思っていたので、その点を農協が一手に担ってくれるというシステムはいいのかもしれないと思っていました。

なつは、心配していました。

悠吉一家も、自分の所の土地があって、畑があります。

それなのに、自分たちで牛を飼うことはせずに、しばた牧場に働きにきて、自分たちの畑を耕していました。

本当は、自分たちでも牛を飼いたいのではと。

しかし、悠吉は笑って言います。

自分は、農家の8男に生まれ、子どもの頃に奉公に出されたこと、そのあと、泰樹と出会い、牛飼いを覚えたこと。

「おやっさんと牛を飼ってるのが好きなんだべ!」

菊介も笑って言います。

柴田牧場は、自分たちの牧場も同じであり、どんどんでっかくしたいと思っていると。

「なっちゃん!この牧場は、おやっさんそのものなんだべ。だから、そうそう道を曲げられないんだ。」

その晩の泰樹は、食欲がないと言って、早く寝てしまいました。

そんなことは、なつが知る限り、初めてでした。

「いきなりメーカーと手を切れだなんて、じいちゃんにしたら、乱暴な話だ。」

照男は、泰樹の気持ちがよくわかりますので、剛男に意見します。

「別に、手を切れとは言っていない。酪農家とメーカーの関係を円満にしたいと考えてるだけだ。」

「でも、今だって、円満にやってるじいちゃんからしたら、そう受け取らんよ。」

なつは、謝りました。

自分が、この問題をひっかきまわしてしまったから、泰樹が意地になってしまったのかもと思っていました。

しかし、剛男は、そんなこと言うなら、自分がそもそもの原因だと。

しんみりする食卓を打破するために、富士子は笑いながら言います。

「大丈夫よ。開拓1世はしぶといのよ!」

そして、夕見子は、もっと不穏なことを言います。

「私もそう思う。状況は何も変わってないはずよ。じいちゃんが、これで変わるとは思えない。」

「嫌なこと言うなよ。」

その頃、食欲がないのは嘘な泰樹は、部屋でこっそり空腹を満たすため、饅頭にかじりついていました。

少し、神妙な顔で何かを考えている泰樹。

「…お茶が欲しいな。お茶が欲しい…。」

あ…そっちでしたか。

水分が無いと、お饅頭は辛いですよね…。

明日に続く。

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」17話の感想は?

黒猫葵
誰か泰樹おんじにお茶を!

お茶が無いと、お饅頭は辛いですよね(汗)

口の中の水分が!!

さてさて、これは、来週まで引きずりそうですね…。

明日に解決は、ちょっと見込めません。

まだ、ちゃんとおんじの考えを聞けていませんから。

今の所、農協の考えに賛成してるみたいですが、まだ正義の押し売り感が拭えない状況ですので。

でも、今日の終わりで、剛男がもっと話し合いをするという各異語が決まったみたいですから、少しはいい方に行きますかね?

そして、多分明日は、倉田先生が泰樹に取材に来るんじゃないかと。

そこで、今、泰樹が考えていることが明示され、それらを踏まえて、なつは来週答えを出すことになりそうです。

それを、演劇で表現ってのは、どうするんですかねぇ???

気になります!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」17話のネット上の反応や評価は?

◇今日の泰樹おんじ

ドラまる
何か、今日はずっと暗い雰囲気だったのに、このお茶の件で笑っちゃったよね(笑)
ラマちゃん
あと、お土産が残ってなくてしょんぼりする件とかね。

でも、あれは、ちょっとひどいと思ったわ。

家族みんなの分、持ち帰ったんじゃないの?

ちょっと意地悪よね。

◇ちょっと気になったこと

ドラまる
うんうん。

これは、夕見子ぶっこんだなぁっておもったよ(汗)

ラマちゃん
そうね…。

そして、何気にNACS大泉洋さんが、フィーチャーされてて(汗)

◇夕見子の恋フラグ!?

ドラまる
夕見子は、基本素直じゃないからね(笑)

でも、チヤホヤしてくれる雪次郎が、自分の方を向いてないのは、嫌なんだよ!

ラマちゃん
ツンデレね~。

そう言うところは、色濃く泰樹おんじを受け継いだのね(笑)

◇バトルの問題点

ドラまる
そうなんだよ!

農協は、弱者の味方で、正義ぶってるんだけなんだよね~。

正義だから、一致団結しなくちゃいけないから、我慢しろってことだけ、言ってるんだよ。

ラマちゃん
一致団結というなら、双方にメリットがなければ、そりゃ受け入れられないわよね。

どちらかの我慢の上でしか成り立てないシステムは、遠からず破綻するわよ。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナの頑張りは認めるけど、まだ夏空には早かったかもね(汗)

再チャレンジをお待ちしてます(笑)

ラマちゃん
ノブさんのピンチヒッターも、今日が最後。

手堅い受けだったわね♪

大吉先生の喉は、おんじ受けのため?

なわけないか!

誰か、大吉先生にもお茶を持てい♡

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」17話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~アイテム『農協の考え』を手に入れたなつの次の行動は?
ラマちゃん
早く重要アイテム『泰樹の考え』を手に入れないと、進まないわよ?

って、RPGゲームじゃないんだから!

黒猫葵
今週中にアイテムを集めて、来週それを踏まえて一つの答えを出すのでしょうか?

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA