なつぞら|第2週・12話ネタバレと感想。 泰樹おじいちゃんのデレデレ顔が可愛い!【NHK朝ドラ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』12話が2019年4月13日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「なつぞら」12話!

なつが、十勝に来て、あんなに強くお願いしたのは、初めてだったね!

その熱さが泰樹おんじを動かしたよ!

ラマちゃん
今日も泰樹おんじの名言が飛び出すかしら!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」12話のネタバレあらすじと感想は?

「なつぞら」12話の予告あらすじ

離農寸前の天陽(荒井雄斗)たち一家を助けてほしいと泰樹(草刈正雄)に願い出たなつ(粟野咲莉)。

なつの思いを感じた泰樹は天陽の畑を見に行くと言う。

なつととにも畑を訪れた泰樹は、いくら耕しても作物は育たない土地だと言うが…。

それから9年。かつての荒地は一面の美しい畑に生まれ変わっていた。

その畑に馬に乗って駆けて来るのは、18歳になったなつ(広瀬すず)であった。

Yahoo!テレビ番組表より引用

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」12話のネタバレあらすじ

【泰樹、山田家の土を見に行く】

なつ(粟野咲莉)は、泰樹(草刈正雄)に、天陽(荒井雄斗)を助けてほしいとお願いしました。

それは、十勝にやってきてから、初めて強く願ったことでした。

剛男(藤木直人)悠吉(小林隆)菊介(音尾琢真)は、冷や冷やしていましたが、とある日、泰樹はなつに言いました。

「今日、その土を見に行く。」

泰樹は、なつのお願いをきいてあげることにしたのです。

なつは、深々と頭を下げ、泰樹にお礼を言うのでした。

学校を終えて、なつと天陽は、大急ぎで畑に走ってきました。

畑の真ん中に佇む泰樹は、難しい顔をしています。

「やっぱりだめだ…。この土では、どんなに耕しても、作物は育たん。」

「本当にダメなの?」

「このままではダメだ。」

泰樹は土地を見回して言います。

「このくらいの土地は、いくらでも開墾してきた。」

天陽は、笑みをこぼしますが、泰樹は厳しい現実も告げます。

「お前が頑張れても、親はどうだ?」

そう、どうにかなるかもしれない土地も、天陽1人の頑張りでどうにかできるものではありません。

泰樹は、天陽に、今日の夜、天陽の両親に会いに行くと言いました。

【泰樹、吠える】

そして、その夜、なつたちは、天陽の家に集まりました。

富士子(松嶋菜々子)は、ジャガイモや干物、そしてバターをお裾分けします。

剛男も、とても裕福とは言えない、その家をみて、山田家の苦労に共感しました。

正治(戸次重幸)タミ(小林綾子)は、思っていた以上に苦しい生活を吐露します。

そして、天陽が何を言ったかはわからないが、子ども同士の話であり、大人が真剣に話すことではないと、すっかり諦めモードでした。

「なぜ、真剣に話してはならんのだ?」

そんな正治に、泰樹は問います。

子どもの事情だからと蔑ろにしていいものではないと。

そして言いました。

「あの土ではダメだ。今年も作物は育たんだろう。来年もダメだろう。土はちょっとやそっとじゃ良くならん。でも、やる気があるなら、手はある。3年か5年はかかるかもしれん。それでもやる気はあるか?」

狼狽する正治に、天陽は言います。

「僕はやりたい!僕が頑張るから!」

しかし、その無茶な提案に正治は、尻込みします。

泰樹は怒鳴ります。

「事情なんかくそくらえだ!

大人の事情で、この子らは、どうなった?

この子らに、何をやったんだ大人が!

今は、せめてこの子らが何をやりたいのか、子どもの話だと思わず、そのことを今こそ、きちんと大人が聞いてやるべきだろう!」

張り詰めた空気の中、陽平(市村涼風)も天陽に味方してくれました。

そして、タミも本当はこの地を離れたくない正治の気持ちを代弁しました。

家族のために、諦める覚悟をしていたことを。

正治は覚悟を決めました。

とある日、多くの近隣の人が、集まってくれました。

正治の土地をどうにかするために、泰樹は人手を集めてくれました。

そして、宣言します。

「何年かかっても、ここを豊かな土地に生まれ変わらせる。

この荒地を我々の子孫に誇れる美しい我が里の風景に変えんじゃ!」

まずは、切り株をどける作業。

なつには、みんなが歌っているかのように見えました。

開拓者の力強い歌が聞こえてくるようでした。

そして、泰樹は天陽に馬を用意しました。

天陽が、立派に馬を育てて、稼げるようになったら返すようにと。

なつは、泰樹に飛びつきました。

「おじいちゃん!大好き!」

泰樹は、嬉しそうになつの頭を撫でました。

こうして、泰樹の指導の元、懸命に土地を耕し、9年の月日が流れました。

青々とした畑の間を馬に乗ってやってきたのはなつ(広瀬すず)です。

「天陽くん!」

「なっちゃん!」

天陽(吉沢亮)は、この十勝の地にいました!

なつの人生は、まだまだこれから。

今は、青い春を迎えたばかりです。

ああ、なつよ、大いに生きよ。

来週に続けよ!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」12話の感想は?

黒猫葵
泰樹おんじ~(涙)

今日も、渋カッコイイ泰樹おんじ!

正治が覚悟を決めて、泰樹おんじの一声で、あんなに人手が集まってくれるなんて…

それだけでも、何だかウルっとしてしまいました。

そして、今日はチームNACSの戸次さんと音尾さんの共演シーン!

これで、チームNACSポーカーのワンペアですよ(笑)

ひとまずスリーカードを目指して、楽しみにしたいものです(笑)

…ポーカーに5カードって、概念はあるんでしょうか?

4カードにジョーカー的な…。

もし万が一、同じ画面に5人が揃ったら…ロイヤルストレートフラッシュよりも最強かもしれません(笑)

さて、泰樹おんじのイケメン伝説に更なる1ページ、馬を用意して、天陽に出世払いしろってのが、また憎いですなぁ。

なつの「おじいちゃん大好き!」に出れた顔がたまりません!

しかも、なつが、「おじいさん」ではなくて「おじいちゃん」って呼んだんですよ!

ここで、子役さんは退場です。

一気に9年の月日が流れました…。

天陽くんが吉沢亮くんになりました…。

いや~、やっぱりきれいな顔です…。

もう大好きすぎます…。

世の中のなっちゃんと呼ばれてる女子が、少し羨ましいかもしれません(笑)

なので、嬉しい半分、子役ちゃんたちの出番終了が、寂しいです。

まぁ、ひとまず来週予告に泰樹おんじがいたので、安心しました。

そして、前ヒロインの福ちゃんのリアル夫・柄本佑さんもいたので、これは楽しみですね~♪

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」12話のネット上の反応や評価は?

◇泰樹おんじのイケメン伝説

ドラまる
すごいなぁ、おんじ!

苦労して開墾したおんじの言葉だから、響いたんだよね!

ラマちゃん
真田丸見てるみたいな、錯覚にも陥ったけどね(笑)

◇デレる泰樹おんじ

ドラまる
本当、デレデレだね~(笑)

このタイミングでの「おじいちゃん」は、あざといって言われちゃうよ~(笑)

でも、子役ちゃんの最後のセリフとしては、最高だったかも!

ラマちゃん
泰樹おんじのでれっでれの表情がたまらないわ~♡

◇天陽くんの美形さにくらくらする朝

ドラまる
子役くんもかわいかったけど、成長した姿も、いいね~♪
ラマちゃん
本当、かっこいいわ~!

来週も彼の姿を楽しみに応援していくわ!

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「なつぞら」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつきやすいので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」第3週のあらすじは?

2019年4月15日(月)~4月20日(土)8時〜放送のドラマ『なつぞら』第3週のあらすじをご紹介します

昭和30年初夏、なつは牧場を手伝いつつ、農業高校に通っていた。

ある朝、母牛が産気づき、泰樹は出産の準備をするが、生まれた子牛は息絶えようとしていた。

動揺する泰樹たちの前で、なつは思わぬ行動で子牛の命を救う。

一方、柴田家では酪農の経営をめぐり、泰樹と剛男がぶつかっていた。

家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。

倉田のアドバイスは意外なものだった!

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2019年度前期NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」12話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
泰樹おんじ、今日もかっこよかったね!

でも、9年の月日が流れて、意見できるのは、なつだけになってるっぽいね(笑)

ラマちゃん
何にせよ、子役ちゃんたち、本当にお疲れ様でした!

来週からは、イケメンがたくさんになるし、それを楽しみましょう!

黒猫葵
来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA