まんぷく|147話ネタバレと感想。『まんぷくヌードル』 の新しい販路とは。【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』147話が2019年3月26日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」147話!

『まんぷくヌードル』が売れず、何となくざわざわした昨日。

でも、懐かしい顔の登場に嬉しい悲鳴も上がってたね♪

ラマちゃん
新しい販路を見つけようと奔走するみたいだけど、どうなるかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」147話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」147話の予告あらすじ

「まんぷくヌードル」の在庫を抱えたスーパーや小売店が、値引きして売ろうとするという話が伝わり、萬平さんは新たな販路を開拓することを決断。

営業部のリサーチで、深夜勤務の業界で夜食の需要があると考え、タクシー会社や消防署、警備会社などに売り込むことに一方、福ちゃんも地道な営業活動を続け、わざわざ人が集まる場所でヌードルを食べてアピール。

その結果…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」147話のネタバレあらすじ

【『まんぷくヌードル』の新しい販路】

満を持して発売された『まんぷくヌードル』ですが、当初予想の売り上げの三分の一ほどしか売れていません。

しかも、スーパーや小売店は、価格を下げて売り切ろうとするという話が萬平(長谷川博己)の耳に…。

萬平は、スーパーや小売店では売らないと言い始め、真一(大谷亮平)茂(瀬戸康史)岡(中尾明慶)に新しい販路を開拓するように指示するのでした。

そこで、岡は調査を行い、特別販売ルートを考えます。

それは、ホテルやタクシー運転手などの『深夜に仕事をしている人』をターゲットにするというものです。

『深夜に仕事をしている人』と聞いて、森本(毎熊克哉)も、病院や警備会社もターゲットに加えてはどうかと提案します。

萬平と真一からも、駅や消防署、警察署などを片っ端からあたってみようというのです。

世良(桐谷健太)は、それが大した売り上げになるわけがないと、やる気がなさそうです。

そして、珍しく茂も、世良の意見に賛成です。

しかし、盛り上がり始めた萬平と岡に、そういう言葉は、耳に届きません。

営業部だけでは手が足らないという岡に、萬平は開発部の社員にも手伝わせると言います。

まずは、『まんぷくヌードルの価値をわかってくれる人に届ける』、そこから始めようと、皆を鼓舞します。

茂は、納得しきれていないものの、企画開発部の社員にも営業を手伝うよう伝えます。

しかし、源(西村元貴)をはじめとする開発チームの面々は、自分たちの作った画期的な商品を手売りするようなことに、拒否感を示すのでした。

帰宅した萬平は、福子(安藤サクラ)にも、そのことを伝えます。

横で話を聞いていた鈴(松坂慶子)は、規模が小さすぎるのではと心配しています。

萬平も、本当の所は、じれったい気持ちでいっぱいでしたが、まずは、『まんぷくヌードル』の価値を理解してもらい、コツコツと市場を拡大していくしかないと考えていました。

「今は、我慢なんです。」

しかし、鈴は、「自分には時間がない。」とネガティブモードに入っているのでした。

さて、一方の茂は、珍しく萬平の考えについて行けていませんでした。

そんな茂を見て、タカ(岸井ゆきの)が驚くほどです。

いつもなら、深夜中仕事をすると聞いて、怒り始めるところですが、初めての茂の態度にびっくりしてしまい、それどころではありません。

茂にとって、『まんぷくヌードル』は、画期的な自信作です。

それが、不相応な価格のせいで売れていないだけだと信じていました。

それでも、茂は萬平の考えは理解できないものの、萬平のやることを信じると決めたと言います。

タカは、そんな茂を心配そうに見送るのでした。

【伸びぬ『まんぷくヌードル』の売り上げ】

お昼時、一人『まんぷくヌードル』にお湯を注ぐ福子は、作り始めた頃に話していたことを思い出しました。

《外でも食べたくなるようにする。》

これだと思った福子は、お湯を入れた『まんぷくヌードル』を手に、近所を練り歩きます。

主婦たちは、そんな福子にドン引きですが、近くを歩いている若者たちの反応は、少し違いました。

「おぉ!進んでなおばちゃん!」

「おぉ!かっこええわ!」

しかし、『まんぷくヌードル』の売り上げは一向に伸びません。

岡は、一度製造ラインを止めた方がいいと萬平に進言します。

もう、在庫がたまりすぎているのです。

その日の立花家の食卓では、深夜まで働いている源を、鈴が心配していました。

しかし、実際の所、夜に働いている人の方が、反応はいいようです。

福子は、いつまでもこの売り方をしていては、『まんぷくヌードル』は特別な人たちだけのものになってしまうと懸念していました。

萬平は、ホテルなどに売り込めれば、そこのお客さんにも広まり、口コミが広まっていくと考えていました。

「必ず転機は来る。」

そう信じていました。

福子は、思っていました。

『まんぷくヌードル』は、日本の食文化を大きく変える商品です。

深夜帯に働く人たち以外にも、大きな購買層があるはずだと。

そこへ帰宅したのは幸(小川紗良)です。

幸の派手なコートを見て驚く萬平ですが、幸は気にも止めません。

今日は、友達とボーリングに言ってきたという幸。

そんな幸の姿が、萬平には、とてもだらしなく見えていました。

授業をおろそかにし、遊びやバイトに明け暮れるために大学へやったのではないと叱り、『女の子』なんだから、だらしない生活をするなと言います。

しかし、そこに幸は反発しました。

「お父さん、『ウーマンリブ』って、知ってる?」

『ウーマンリブ』というのは、女性解放運動のことです。

「『女の子』だから、あれダメ、これダメなんてナンセンス!男女は平等やの。」

話がややこしくなりそう幸の話を、福子は制止しますが、幸は止まりません。

「お父さんは、画期的な商品を作ったって言うけど、若い私たちが何を考えてるかは、全然知らないやない。もう頭が古いんよ。」

「何!」

「幸、言い過ぎやぞ!」

食卓は、一気にケンカモード。

鈴は、「もう!ケンカは、私が死んでからにしてちょうだい!」と叫びます。

鈴の爆弾発言に、心配し始めた孫たち。

ケンカは、一気に収束するのでした。

その夜、萬平の怒りは収まってはいませんでした。

福子は、幸も「自由でいられるのは、あと1年」とわかっていると窘めます。

その時、電話が鳴りました。

源からです。

営業に言っていた『なにわタクシー』という会社が50ケース買いたいと言ってくれたというのです。

運転手さん達に大変好評だと言われ、大興奮です。

茂も電話口に出ると、萬平は頑張ってくれたお礼を言います。

しかし、茂は「お礼を言うのは僕の方です。」と言いました。

作るだけではなく、実際に『まんぷくヌードル』を必要としてくれているお客さんの顔を見て売ることができたおかげで、その価値を肌で感じることができたと言います。

「この50ケースは、本当に求められて売れた『まんぷくヌードル』だ!将来につながる50ケースだぞ!」

茂と源は、意気揚々と次の営業先に向かいました。

萬平と福子もその1歩を大いに喜ぶのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」147話の感想は?

黒猫葵
え~まず、新しい販売ルートの『深夜に働く人々』という点で、1歩前進しましたね!

そして、歩きながら、近所で『まんぷくヌードル』を食べてみる福ちゃん。

主婦からはドン引きされていましたが、たまたま歩いていた大学生の反応は…いい感じですよね♪

福ちゃん!

そこぉ!そこぉ!って気持ちでしたが、まだ気づいてくれませんでした…。

そして、友達とご飯を食べてきちゃった幸ちゃん。

てっきり、ここでご飯食べるとこみんなしまってたんよ~♪的なことを言って、あ!ってなるのかと思いきや、そうでもありませんでした(笑)

というか、ご飯いらないなら、連絡くらいしましょう本当に。

個人的に、今日の幸はちょっとイラっと来ていました。

幸が言う「ウーマンリブ」というのは、本来のそれとは違うと思うからです。

自分たちの権利だけを声高に主張するためのアクセサリーでしかないと思うからです。

萬平さんが「女の子」なんだからっていう言い方をしたことに対しての反論でしたから、その点は萬平さんが良くありませんでした。

でも、幸は、単純に自分が「遊んだりバイトする」っていうことに文句言われたのが気に食わなかっただけで、それを、それらしい新しい言葉でうやむやにしようとしたにすぎません。

良いんですよ?別に遊んだって、バイトしたって。

でも、大学生って、大学で勉強する人ってことですから、勉強は学生の義務だと思います。

『レポート』や『宿題』をうまくやる必要はありません。

このうまくって、どうせうまくさぼって体裁だけ整えてるって話ですから、自分でちゃんとやれって思います。

そのうえで余った時間を遊びやバイトに充てるのは自由ですけどね。

だから、「女の子だからダメ」なんじゃなくて、男でも女でも「自分のやるべきことをおろそかにして遊ぶのは良くない」んですよね(汗)

『ウーマンリブ』って言葉が、今日の幸を正当化する言葉には当たらないと思ってしまいました。

まぁ、現在でも、この誤った感覚は脈々と受け継がれていると思いますが(汗)

こんなことを思うのは、私も年を取った証拠かもしれませんね(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」147話のネット上の反応や評価は?

◇新しい販路のヒント

ドラまる
この間のヒストリアとかで、この後『カップヌードル』が売れていくきっかけを見てしまったから、今週のおはなしの中の伏線に気づきすぎて面白い(笑)

あ!ここ!ここにヒントが!福ちゃん!みたいな気持ちで、見てるよ(笑)

ラマちゃん
そうね。

もう、絶対売れるってわかってるから、ある意味萬平さん寄りの気持ちかも(笑)

◇弱る鈴さん

ドラまる
多分、本当に死にそうなときは、今の鈴さんみたいじゃないと思う。
ラマちゃん
やっぱり、きっとあの次週予告は壮大な夢オチとか、何か違う流れよね!

◇終わり際の電話にビビる

ドラまる
この半年で、多くの人が8:13~14になる電話にびくっとなるようにしつけられたよね(笑)
ラマちゃん
そうそう。

早ぷく、夜ぷくの人は、それぞれ終わる1~2分ね。

私もびくっとした1人よ(笑)

◇茂の成長

ドラまる
ただただ、萬平さんを信じてだけいた茂さんの成長だね。

まさか、最終週とは思わなかったけど(笑)

ラマちゃん
いい顔してたわね…。

でも、本当、もう少し早くこんな顔見れると思ってたんだけど(笑)

これからの『まんぷく食品』を支えなくっちゃね♪

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
うわ~!

いいキャスティングだね(笑)

ラマちゃん
うんうん!

これは、芸名もキャスティングの決め手だったに違いないわね(笑)

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
あさイチの受けが無いために、高瀬アナへの期待が(笑)
ラマちゃん
あさイチ受けが無いことを、いまだに受け入れられなくて、頭見て、ガッカリしてるわ(汗)

華丸さん、個人的にSNSで呟いて~…。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」147話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
まずは、新しい販路第1弾、深夜で働く人たちに届いたね♪

明日以降、また新しい販路が見つかるかな。

ラマちゃん
鈴さん、すっかり元気になってる気がするけど…

「長くない」って連呼してるうちは、全然大丈夫な気がするのよね。

黒猫葵
本当、一体どうなっちゃうのでしょうか。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA