まんぷく|146話ネタバレと感想。『まんぷくヌードル』発売!懐かしい顔が登場! 【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』146話が2019年3月25日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」146話!

ついに完成した『まんぷくヌードル』!

ラマちゃん
でも、中々思ったような売り上げがあがらないみたい…。

おかしいな。

世良の「絶対売れへん」のお墨付きなのに…。

さ~ついに最終週、見逃すことなく一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」146話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」146話の予告あらすじ

ついに発売された「まんぷくヌードル」。

発売してすぐに、仲間たちから絶賛され、萬平さんと福ちゃんの苦労は報われたかと思われましたが、売り上げが全然伸びません。

原因は100円という「値段の高さ」と指摘され、社内では価格を下げる提案も出ますが、萬平さんは決して認めません。

しかし、その後も売り上げは伸び悩み、福ちゃんが変装してスーパーで市場調査を行うと…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」146話のネタバレあらすじ

【仲間からは大絶賛!…なのに、売れぬ『まんぷくヌードル』】

ついに『まんぷくヌードル』が発売されました!

そんな立花家には、懐かしい仲間たちから、絶賛する連絡が入ります。

いまはちんどん屋を営んでいる加治谷(片岡愛之助)

大興奮で電話をかけ、その苦労を労います。

電話を切った加治谷は、「大成功…おめでとう。立花くん。」と呟きます。

その姿は、過去の過ちを悔い、本当に良かったと感じているようでした。

次は、レストランを営んでいる野呂(藤山扇治郎)です。

こちらも、大興奮で美味しいと絶賛します。

福子(安藤サクラ)も、そんな野呂にお礼を言います。

横にいる鈴(松坂慶子)も、その声を嬉しく思うものの、どこか歯切れが悪い感じです。

「美味しいのよ…それなのに…。」

その頃、『まんぷく食品』の会議室では、幹部たちが頭を抱えています。

そう、満を持して発売された『まんぷくヌードル』の売り上げが芳しくないのです。

当初、売り上げ予想の3分の1だと、営業部長の岡(中尾明慶)から報告があがります。

真一(大谷亮平)も、「あんなに大々的に宣伝してもか…。」と項垂れます。

小売店からは、値段が高いと言われていますが、萬平(長谷川博己)は、断固として『100円』を譲りません。

開発チームの面々も、不安を隠し切れない様子です。

さすがの萬平も、焦っていました。

発売から2週間経っても、『まんぷくヌードル』売り上げは伸びません。

変装した福子は、スーパーで何気に他のお客さんに勧めてみますが、やはり『100円』という価格に渋い顔をする人ばかりです。

この状況にハラハラしているのは、『まんぷく食品』の社員たちばかりではありません。

香田家では、デザインを担当した忠彦(要潤)の弟子・名木(上川周作)が、「自分のデザインのせいで売れないのでは。」と、泣いていました。

忠彦は、名木を励まします。

「やっぱり、僕のデザインのせいでしょうか…。」

「違う。僕も『まんぷくラーメン』の時に同じ経験をした。今の名木くんの気持ちはようわかる。でも、あのデザインがいいと思ったから、僕も萬平くんも採用したんや。」

その日の食卓では、いつもは萬平の考えに反対意見など持たない茂(瀬戸康史)でさえも、『100円』の値段にこだわる萬平についていけなくなっていました。

忠彦は、生きている間には、その才能をほとんど評価されなかった画家のゴッホを例えにだして、励まそうとしますが、皆からはけんもほろろに却下されてしまいます。

「そこまで待てません。」と茂。

「萬平さんや茂さん死んでから売れても意味ないやない。」克子(松下奈緒)

「お父さんの例え話は壮大すぎる。」タカ(岸井ゆきの)

「ゴッホと比べたら、また名木くんが大泣きするで。」と鋭いツッコミの大介。

忠彦も言葉を鞘に引っ込めるのでした。

その翌日、ランチを食べに白薔薇へやってきた世良(桐谷健太)は、『まんぷくラーメン』の時と同じく、『まんぷくヌードル』を客に出していることに驚きます。

アキラ(加藤雅也)しのぶ(牧瀬里穂)は、あの頃と変わらず、萬平と福子を応援していました。

しかし、『まんぷくラーメン』の時と違い、ほとんど注文が入らないのでした。

【鈴の夢枕に咲登場】

一方、立花家もどこかどんよりとした雰囲気です。

そんな時、鈴が突然、昨日夢枕に座った咲(内田有紀)の話を始めます。

鈴の夢に現れた咲は、鈴の体を心配してくれました。

そして、『まんぷくヌードル』の売れ行きを心配する鈴に言いました。

「お母さんは、もう何十年も生きるわけやないでしょ?穏やかに余生を過ごすことを考えて!お母さんも、もうすぐこっちにくるんやから!」

福子は、咲がそんな不吉なことを言うわけがないと、窘めますが。

鈴にとって今回の病気は、今後の生き方を考える機会になったようです。

そこへ帰宅してきたのは幸(小川紗良)です。

「おかえりなさい!」と振り向いた鈴はびっくり仰天!

幸は、派手なコートを着て帰ってきたのです。

アルバイト代を貯めて買ったという幸、「今どきの子は、みんな、これ位着てる。」と笑うばかりです。

鈴は、時代の移り変わりに、目を丸くしていました。

福子は、驚きはしたものの、比較的受け入れているようでしたが、若い世代の感覚に、感心するような表情を浮かべるのでした。

【新しい販売ルートの開拓!?】

その頃、『まんぷく食品』には、激震が走っていました。

小売店やスーパーが、『まんぷくヌードル』を値下げして売ると言い出したのです。

しかし、萬平は、値引きは絶対に許さないと譲りません。

そんな萬平を真一・岡・茂も説得を試みますが、萬平は『まんぷくラーメン』の時の、失敗を教訓にしていたのです。

安い値段で売り出したものを値上げするのは、容易ではないこと。

そして、『まんぷくラーメン』の時に、値崩れを起こして、大変だったこと。

萬平のいうことは、わかるものの、それではどうすればいいのかわかりません。

すると、突然萬平は言い出しました。

「小売店やスーパーでは、『まんぷくヌードル』は売らない!全く別の販売ルートを考えろ!100円で『まんぷくヌードル』を買ってくれるお客さんは必ずいるはずだ!必ず!」

果たして、どうなってしまうのでしょうか…。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」146話の感想は?

黒猫葵
中々売れませんね…。

この当時の100円って、もう今とそんなに変わらないイメージなんですが、まだ高いんでしょうか…

でも、それから数十年経って、30円位しか寝あがってないんだから、すごい話ですよね。

(我が家の近所では通常は138円位ですかね。)

でも、この売れなさ具合が、更なる販路を開拓しようとするきっかけになったのでしょうから、結果的にいい塩梅に転ぶんですよね~きっと。

って、結果を知ってるから、ドキドキはしつつも、大丈夫と思っている自分がいます(笑)

しかし、鈴さん、すっかり良くなった感じがしますが…。

これからは、今でいうところの終活に進むんでしょうか…。

先週末の不吉なシーンが、早い所杞憂だよと思いたいのですが…どこまで引っ張るんですかね~。

さて、今日は幸ちゃんの派手なコートにもヒントがありそうです。

いわゆる若い世代の感覚についていけない鈴さんや福ちゃん。

これは、当然萬平さんもついていけないものと思います。

この、感覚の違いが、何かのきっかけになるかもしれませんね♪

さて、今日は懐かしい顔が!

野呂さんは、比較的最近出てましたけど、今日はだいぶ久しぶりの人が登場しましたね!

加治谷さんです!

萬平さんの無実を信じて、泉大津の進駐軍の所に来て以来ですから、だいぶ久しぶりですね!

すっかり、おじいちゃんになっていましたが、いまだにチンドン屋さんで現役バリバリというのですから、結構な天職だったんでしょうね~。

今週は、最終週ですから、少しずつ、そんな懐かしい顔が、たくさん見られるかもしれません!

これは、塩軍団、もう1回、出てきちゃおう!

って期待しちゃいそうです。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」146話のネット上の反応や評価は?

◇懐かしい顔の登場

ドラまる
過去に色々あったけど、いまだに嬉しい時に連絡をくれて喜んでくれる加治谷さん。

時が解決してくれた部分も大きいんだろうね。

というか73歳設定らしいよ!

まだ、現役バリバリで着ぐるみ来てたよ!すごいね!

ラマちゃん
野呂さん、本当に缶詰に入ってたんじゃないかってくらい若かったわね~。

その後、素敵なお嫁さんが来たのか…気になるわ(笑)

◇今日の世良

ドラまる
世良、あんなワンカットなのに、また絶好調だったね~(笑)

ちょっとシュンとした気持ちの今日、視聴者が総ツッコミだったよね!きっと(笑)

ラマちゃん
でも、そんな世良の感じが、ちょっと安心するわね(笑)

◇売れぬまんぷくヌードル

ドラまる
何気に、新しい販路の開拓先のヒントがちりばめられていたんだね!

さ~早く気づいて!

福ちゃん!

ラマちゃん
福ちゃんが気づけば、萬平さんの耳に入るものね!

◇今日の名木さん

ドラまる
師匠に抱きしめられたいのか、頭を撫でててほしいのか、必死な名木くんに対して、絶対に手を伸ばさない忠彦さん(笑)
ラマちゃん
最終回までには、1回位、喜びのハグがみたいかしら(笑)

◇鈴さんに終活の勧め?

ドラまる
咲姉ちゃん…って、思ったけど、確かに鈴さんの天邪鬼ぶりを考えたら、妥当な励ましかもしれない(笑)

でも、これが、何となく今でいう終活を始めるきっかけになるのかな…。

ラマちゃん
それとなくお別れを言ったり…物を託したりとかかしら。

でも、お葬式は夢オチとかであってほしいわ。

「もう、お母さんが変なこと言うから、リアルな夢を見てしまったわ~。」的な。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
あさイチの受けがないのが、本当にショックで…。

とはいえ、春休みは必要だよね…。

ラマちゃん
明日の朝から、ひよっこ2とまんぷくで送りが大変ね高瀬アナ(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」146話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
さ~誰か今日の録ぷくを萬平さんに見せてあげて!

新しい販路のヒントがいっぱいだよ!

ラマちゃん
本当よね!

でも、結構ガンコな萬平さんだから、新しさに目を向けられるかしら…。

それに、鈴さんに死亡フラグが立ちすぎてるから、これはへし折られるんじゃないかしら!って、言い聞かせてるわ(笑)

黒猫葵
これは、最終週も落ち着かせてくれなさそうですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA