まんぷく|127話ネタバレと感想。奥田瑛二さん素敵!鈴が萬平を認める! 【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』127話が2019年3月2日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」127話!

昨日は、世良が協力してくれることになったけど、どんな策を持ってくるんだろう…。

ラマちゃん
今日は、福ちゃんのリアルパパ・奥田瑛二さんの登場もあるはず!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」127話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」127話の予告あらすじ

福ちゃんは、「まんぷくラーメン」の製造法を他社に公開しようとする萬平さんの考えを叶えるよう世良さんに頼みこみました。

その思いに動かされた世良さんは、伝手を使って、元食糧庁の長官をしていた衆議院議員の土井垣先生を紹介してもらうことになりました。

萬平さんは早速東京に向かい、世良さんと一緒に土井垣先生に対面しますが…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」127話のネタバレあらすじ

『まんぷくラーメン』の特許を公開し、誰でも安い特許料で使えるようにしたい。

そう言い始めた萬平(長谷川博己)福子(安藤サクラ)に、世良(桐谷健太)は、猛反発します。

真一(大谷亮平)は、萬平の話を聞いて賛同しますが、世良はそんな『きれいごと』は通らないと断言します。

萬平と真一は、粗悪品を作っている会社にパートナー契約の打診に行きますが、元々粗悪品を作るような連中です。

世良の言う通り、そんな話に乗ってくるはずもありませんでした。

しかし、福子は、様々な世界の裏側も覗いている世良なら、喧嘩をしないでも、これを収める方法を考えてくれるのではないかと思います。

福子は、世良にお願いをしました。

「助けてほしい。」と。

福子の情熱にほだされた世良は、「わかった。この世良勝夫に任せとき!」と、言ってくれたのでした。

そんないい話のあった夜の事です。

香田家には2人の男が、訪ねてきていました。

吉乃(深川麻衣)に想いを寄せる、岡(中尾明慶)森本(毎熊克哉)です。

茂(瀬戸康史)に言われた通り、忠彦(要潤)に挨拶に来たのです。

結局、まだ告白もできていなかったというのに、忠彦からの「うちの娘が好きなのか。」という質問のために、思いがけず告白したような形になってしまいました。

忠彦と克子(松下奈緒)は、吉乃の気持ちを確認します。

今の所、二人に対して、悪印象ではないことを吉乃は両親に伝えました。

しかし、この不思議な状況…どう収集をつけるのか、さっぱりわかりません。

忠彦は、男はこの2人だけではないと、歓迎しない態度を崩そうとはしません。

そこで茂は、助け舟を出しました。

「せやけど、今日、2人に会うて、悪い奴等やないということはわかったでしょ?せやったら、2人もチャンスをやってください。」

忠彦は、茂の提案に難色を示しますが、茂は続けます。

「あとは、成り行きに任して。吉乃ちゃんは、ちゃんとええ人を見つけますから。」

そう、茂は、別に吉乃に今ここで2人のどちらかを選ぶという形ではなく、吉乃自身が、2人のどちらかと付き合いたいと思えばそうすればいいし、他の誰かが良ければ、そうできるような提案しました。

これなら岡と森本にもチャンスはあります。

後は、2人の努力次第です。

苦渋の表情を浮かべる忠彦でしたが、きっぱりと岡と森本に言いました。

「わかった。それなら、折を見て吉乃に告白しなさい。」

茂とタカ(岸井ゆきの)は、ポカーンとしています。

「折を見てって…。」

「もう、告白してるやん。」

さ~この三角関係の終着点は、どこにあるのでしょうか…。

さて、東京にいった世良から電話があったのは、それから5日後の事でした。

世良は、東京商工会に赴き、衆議院議員の『土井垣』という人を紹介してもらったというのです。

『土井垣』という人は、元は食糧庁長官を務めた人だと言います。

そして、もう会う約束を取り付けたというのです。

世良は、自分の素晴らしい働きを恍惚の表情を浮かべ、語ります。

萬平は、受話器を耳から外し、福子、鈴(松坂慶子)、真一に、留守を頼みました。

「聞いてんのか!立花くん!」

もちろん、聞こえていません。

萬平は、翌日、朝一番の列車で大阪をたち、夕方には、東京についていました。

神楽坂の料亭で、登場を待つ萬平と世良。

世良も珍しく緊張の表情を滲ませています。

何せ、紹介してもらっただけで、会ったことも見たこともないため、どんな人かも想像がつかないのです。

萬平も緊張した面持ちで、その時を待っていました。

そして、やってきました。

衆議院議員で、元食糧庁長官の土井垣隆三(奥田英二)です。

緊張の会食の時間が流れますが、本題に入らない事には進まないと感じた土井垣です。

事前に世良から土井垣の秘書に、今回の趣旨の説明はあらかたしてくれていたようで、それらは土井垣の耳にもはいっていましたが、まずは、本人の口から話を聞きたいと促しました。

萬平と世良は、自分たちが発明した『まんぷくラーメン』の売り上げが、ありがたいことに好調であること。

しかしながら、その結果、食べた人の健康を害しかねない粗悪品までもが、世に出回ってしまったことを話します。

その経緯から、自分たちが特許を開放することをきめたものの、どこの会社も「粗悪品の何が悪いのか」と、パートナー契約を結ぼうとはしてくれなかったことを伝え、もう土井垣のような力のある人の協力が必要と考え、助けてほしいというお願いを伝えました。

土井垣は、『自分たちの利益を下げて』でも、『消費者のため』だけに活動しているわけではないことは、もちろん見抜いています。

萬平は、それも、包み隠さず話します。

しかし、自分たちの利益が最優先ではなく、萬平の願いは、『即席ラーメン』という新しい商品が、消費者に安全で便利で美味しい食品であることを認知してもらい、それらが浸透することで、その便利さが多くの人の助けになってほしいということでした。

土井垣は、鋭い視線を萬平にぶつけると言いました。

「なかなか面白い。面白いな君たち!」

そこで、土井垣はアドバイスをしました。

それは、『即席ラーメン』というもの業界を形にすることだと言います。

「『即席ラーメン』の協会を立ち上げるんだ!」

土井垣の提案は、こんな感じです。

  • その協会に入会することが、『即席ラーメン』の製造販売の条件とすること
  • ただし、入会した場合は、その製造特許を無償で使わせる

そのくらいしなければ、協会はまとまらないと。

さすがに、それでは『満腹食品』の売り上げが…と焦る世良ですが、萬平に迷いはありませんでした。

「わかりました。おっしゃる通りにいたします!」

そう言う萬平をみて、世良も腹をくくりました。

土井垣は、そんな萬平を、興味深げに見つめています。

「食糧庁が色々いってくるだろうが、君の考えていることに間違いはない。食糧庁が決定すれば、業者は従わざるを得ない。」

お礼を言う萬平と世良ですが、不思議に思っていたことがありました。

「どうして、初めて会った私たちにそこまで…。」

「それは…『まんぷくラーメン』が大好きだからだ!」

そう言うと、高らかに笑い、褒め称えてくれたのでした。

『即席ラーメン』の協会が発足したのは、それから1か月後の事でした。

そして、会長には、萬平が就任したのです。

更に嬉しいことは続きます。

「引っ越す!?」

鈴が驚きの声をあげます。

何と池田信用組合の理事長を務めていた頃の家が、空き家になったというのです。

そこで、あの思い出の家に引っ越すことを決めたのです。

鈴は、思わず大きなため息を1つ。

でも、それはいつものネガティブなため息ではありませんでした。

「たいしたもんやわ。お前の旦那様は。」

鈴は、本当に福子と萬平のことを心配していました。

でも、本当に目指す場所への道を見つけ、世の中の人たちに喜びをもたらした萬平に、心底感心していました。

「あんたの萬平さんは偉い!私の想像をはるかに超えた、すごい人やった。」

鈴はまもなく70、萬平は50、福子も40になることを思い、このまま穏やかな余生を過ごしたいとほほ笑みました。

福子は、その夜、鈴が萬平を認めてくれたことを嬉しそうに報告しました。

鈴にとっては、穏やかな余生かもしれません。

しかし、萬平はいたずらっこのような笑顔で言います。

「でも、まだ僕は50だ。まだまだこれからだろう?福子。」

福子も、そんな萬平を見つめて笑うのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」127話の感想は?

黒猫葵
ええ、最終回でした…。

え?違う?

まだ、何か起こるの~…心臓がもたないかも(笑)

とはいえ、来週はずいぶん時間がスキップするようです。

穏やかな日常は、スキップ。

これは仕様とはいえ、まだまだハラハラしてしまいそうですね。

さ~今日も色んな事がありましたね。

まずは、土井垣先生が、かっこよすぎです。

出番は、これだけなんでしょうか…。

でもまぁ、萬平さんが最初に逮捕された時に、口添えしてくれた偉い軍人さんの麿赤児さんも1話のみの出演でしたもんね(汗)

しかも、助けてくれた理由が、「まんぷくラーメン」が大好きだから(笑)

最初から言ってよ~って言いたくなるくらい、お茶目で素敵でしたね♪

更には、鈴さんが萬平さんをちゃんと認めてくれました。

鈴さんも70歳。

本当に穏やかな余生を過ごしてほしいです。

萬平さん、僕は50だからまだまだって、あんまり危ない橋は、もうやめてくださいね(笑)

そして、今日も、世良は雑な扱い(笑)

自分の功績を電話で鼻高々に話しているのを、萬平さんが受話器外してて聞いてないのは、もはやお約束ですね(笑)

受話器から聞こえてくる世良の声が切なかった(笑)

って、笑い過ぎですね。

笑うしかないと言えば、岡と森本です。

今日の茂さんは、GJだったんじゃないでしょうか。

あれなら、吉乃ちゃんにとっても、岡さんと森本さんにとっても、ベターな流れですよね。

しかし、克子姉ちゃんも忠彦さんと同じような神妙な顔してましたけど、タカちゃんの時は、タイミングについては、タカを諭したものの相手に関しては、無関心でしたよね~…。

出会い方で言えば、よっぽどタカちゃんと茂さんの方が、今日の態度にふさわしいような…。

なんせ、元泥棒(笑)

そして、結果的に、もう気持ちは伝わってしまっているのに、折を見て告白するって、ちょっと難易度が(笑)

頑張れ!岡さん、森本さん!

な・の・に!

来週は、何と11年スキップします(笑)

これは、ナレ失恋疑惑が…

もしくは、どっちかと結婚してるかも???

ちなみに、今日のOPは、岡さんと吉乃ちゃんが並んでいました。

そして、よ~く考えると。

岡さんは、本当の一番最初のキャスト情報解禁からその名前があったんですよね…。

それを考えると…最初からこれを想定してのキャストだったんでしょうか…。

月曜の朝のナレーションは、要注意ですね(笑)

最後は、今日の小さすぎて見逃しそうな萌ポイント(笑)

色々、作法とかに疎そうな萬平さんが、世良さんをちらって見て、真似してるとこですね。

座布団から降りて、お願いするときとが特にわかりやすいです。

萬平さん…(萌)となりました(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」127話のネット上の反応や評価は?

◇福ちゃんのリアルパパ・奥田瑛二さん演じる土井垣先生


※違います(笑)

ドラまる
同じ画面ではないけれど、親子共演とは、豪華だね~。

福ちゃんは、お父さんがいなかったから、ある意味お義父さんへの挨拶だったね(笑)

ラマちゃん
こんなすごい人も、幸せにしていた『まんぷくラーメン』が尊いわ!

「大好きだから」の言い方が、お茶目で、本当絶妙だったわ!

◇今日の鈴さん

ドラまる
この年頃の鈴さんが、いきなり出れるから、みんな死亡フラグかと思って、動揺してたよね。

すごく感動的なシーンなのに…

ハラハラしちゃったよ…。

ラマちゃん
要所要所、煙たがられてる時もあったけど、何だかんだ、お茶目な鈴さんだもの。

127話にして、鈴さんが萬平さんを本当に認めてくれてよかった♪

◇今日の世良

ドラまる
安定の雑な扱いがいいね(笑)

必要なことは聞いたし、必要なことは言ってるし(笑)

ラマちゃん
いい仕事したんだけどね(笑)

このまま最終回まで、ちょうどいい好感度を維持してほしいわ。

◇岡と森本の小さな恋のメロディ

ドラまる
まだ引っ張るね~。

でも、来週は11年のスキップが待ってるから、月曜の冒頭くらいでははっきりするかもね。

本編での楽しみのためにOPのネタバレを避けるため、OPは耳だけ向けよ(笑)

ラマちゃん
もう告白しちゃってるけど、改めて、各々が告白するのかしらね~…。

それとも、「俺たちを選んでくれ!」とか言ってしまって、「男らしくない!」って、両方振られてたりして(笑)

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
そうそう!

ここだよ!ここ!

萬平さんかわいかった!

ラマちゃん
昔から、苦手だったものね(笑)

世良がいることの心強さよ…。

ドラまる
まだ、何かやる気だよ!

萬平さん(笑)

ラマちゃん
これは、あの丼すらいらないあいつの登場よね♪

◇次週予告まとめ

ドラまる
今日の予告は、最後の忠彦さんの言葉で締められるね。

「カオス」だったよ(笑)

ラマちゃん
鈴さんの生存は確認。

岡も森本も指輪をしてる!?

どう転んでも、11年後は幸せってことね!

源ちゃんが大きくなってる!ということは、当然幸ちゃんも!

茂さんの丸メガネは、萬平さんコスかしら(笑)

真一さんに年取った感がないのに、福ちゃんと萬平さんは、ずいぶん年取った感じが(笑)

これは、色々見逃せないわね!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第23週のあらすじは?

2019年3月4日(月)~3月9日(土)8時〜放送のドラマ『まんぷく』第23週のあらすじをご紹介します

「まんぷくラーメン」が発売されて11年。

即席ラーメンの市場には350社以上が参入し、ついに倒産する会社が。

萬平さんは危機感を抱き、新商品の開発を考えます。

一方、福ちゃんは子育てに一段落して、充実しながらも時間を持て余す日々。

萬平さんから相談を受け、昔同行したアメリカ視察を思い出します。

即席ラーメンを入れる丼がなく、商談相手がラーメンを砕いて紙コップに入れ、お湯をかけていたのです。すると萬平さんに突然のひらめきが・・・

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」127話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
ついにラスト1か月をむかえた「まんぷく」…。

あと4週間で終わっちゃうなんて…。

でも、このまま穏やかに終わるわけなんてないよね!

ラマちゃん
新しいキャストも発表されているし、この後は、新しいキャストを紹介しちゃうわよ!
黒猫葵
ラマちゃんに言われてしまいましたが、その予定です!

どうぞ、更新を心待ちにしていただけると幸いです!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA