まんぷく|113話ネタバレと感想。世良の土下座にスッキリ!茂さんタカちゃんおめでとう♪ 【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』113話が2019年2月14日(木)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」113話!

遂に完成した即席ラーメン!

福ちゃんが思いついて、源ちゃんが意味づけをした、萬平と福子で「まんぷくラーメン」に決定!

ラマちゃん
みんな美味しいって言ってくれたし、その夜には、真一さんも来てくれて、「美味しい!」いただきました!

でも、何か神妙な面持ちで…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」113話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」113話の予告あらすじ

ついに萬平さんの即席ラーメンが完成!

「まんぷくラーメン」と名付けられ、試食した真一さんと世良さんは大興奮。

すぐにでも量産するよう訴え、売り出す手伝いを買って出てくれました。

そこで萬平さんは商品化に向けてパッケージのデザインを忠彦さんに依頼。

快諾した忠彦さんでしたが、不慣れなデザイン仕事に悩みます。

そんな中、臨月のタカちゃんに陣痛がきて…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」113話のネタバレあらすじ

とうとう新しいラーメンが完成しました。

名前は、萬平(長谷川博己)福子(安藤サクラ)で、『まんぷくラーメン』!

完成した夜に試食に来てくれた真一(大谷亮平)も美味しいと言ってくれました!

ところが、どこか神妙な面持ちで箸を置いてしまいました。

不安を募らせる萬平と福子に、真一は言いました。

「僕は、信用組合を辞める!」

そんな真一の突然の言葉に、驚いた福子は、ひとまず源(二宮輝生)幸(三宅希空)を子ども部屋に行くよう促しました。

真一は、萬平の発明は、革命的なものであり、すぐにでも会社を興すべきと勧めます。

そして、その会社で、自分も萬平の手伝いがしたいというのです!

さすがに気が早いと、萬平と福子も、真一を止めます。

しかし、真一の気持ちは、本気でした。

真一は、折衷案として、ひとまず信用組合は辞めないが、萬平の事は手伝いたい。

そして、行く先が見えてきて、正式に会社を興した時には、正式な社員になりたい。

それまでは、「給料はいらない。」と、真っすぐな瞳で告げました。

「給料はいらない。」

「でも…。」

「給料はいらない。」

大事なことなので、3回言いました。

その強い真一の気持ちを、二人は受け入れ、お礼を言いました。

そこへ、世良(桐谷健太)が訪ねてきました。

世良は、これまでこき下ろしていたのが、嘘のように、大慌てで、自分に『まんぷくラーメン』を売らせてほしいと言い出しました。

世良は、真一が言ったことを、コピペしたのではと思うほどに、同じことを言います。

すぐにでも会社を興して、量産体制に入るべきだと。

「それは、僕が言うた。それも僕が言うた。」

あまりの手のひら返しに、真一も呆れ気味です。

「立花くんが作って、僕が売る!最強のコンビやないか!」

そんな勢いの世良に、萬平はうなずきかけますが、そこで福子は黙っていません。

白薔薇で、散々こき下ろした世良を見ているからです。

「世良さん、前に私に言うたこと覚えてる?」

『悪いことはいわんから、立花くんにやめとけて言うとけ!福ちゃん!』

『萬平さんは、絶対に作ります。そして、その時、世良さんは、こう言うんやわ。「僕が悪かった。その即席ラーメン、僕に売らせてくれ!」って。』

福子の言葉を、世良は知らぬ存ぜぬを通そうとしますが、福子は負けていません。

「萬平さん、『まんぷくラーメン』の販売は、別の人に…。」

「ちょっと!待ってくれ!…そんなやり取りも…モゴモゴ」

「それなのに、『売ってやる?』。真一さんは、信用組合辞めてでも、手伝いたいって言うてくれてるのに…。世良さんは、『売ってやる?』」

完全に分の悪い世良。

真一も萬平も、もちろん福子の味方です。

「それは…あかんなぁ。」

「確かにねぇ。」

3人からじろりんちょされた世良は、ついに萬平に土下座をし、言いました。

「売らせてください!お願いします!」

「まぁ、いいんじゃないのか?(笑)」

「もう許してやれ、福ちゃん(笑)」

もちろん、福子も世良以外に頼む気なんてありません。

それでも、白薔薇での暴言の数々をチャラにするには、このくらいの報復は、必要ですよね。

さ~、『まんぷくラーメン』の販売に向けて、動き始めます。

できるだけ、斬新なイメージで売り出したいと希望する萬平は、まずはどのように包装するのかを考えました。

セロファンで袋詰めにし、一部分を見せるような形にしたいと考えました。

中身が見えた方が、安心するのではと考えたのです。

そこで、その包装のデザインを忠彦(要潤)にお願いしたのです。

この当時、セロファンで包装された食品は、ほとんどありませんでした。

驚く忠彦に、萬平は言います。

今までの写実的な画風の時の忠彦なら頼まなかったと。

でも、今の画風ならと考えたのです。

「包装デザインは重要です。商品のイメージを決めると言っていい。忠彦さん。お願いします。」

「…わかった。考えてみよう。」

さ~忠彦さんは、どんなデザインを考えるのでしょうか。

さて、白薔薇では、相変わらずの様子な吉乃(深川麻衣)岡(中尾明慶)森本(毎熊克哉)の姿がありました。

『まんぷくラーメン』の完成を喜びつつも、手伝わせてもらえなかったと、少しだけ落ち込んでいます。

吉乃は、そんな二人を励ますと、「今日は、何の映画、見に行くの?」と声をかけます。

『え?』

ついに、この日が来ました。

この3人の小さな恋のメロディを、見守っていたアキラ(加藤雅也)しのぶ(牧瀬里穂)も感激します。

しかし、二人のチョイスした映画は、残念なものでした。

森本の提案、『忠臣蔵』は、「時代劇は嫌い!」

岡の提案、『亡霊猫屋敷』は、「怖いのは嫌!」

吉乃に一蹴されてしまいました。

他に、代案が思い浮かばない岡と森本は意気消沈。

アキラは、「ほかにあるやろ…。『ミラノの休』…」とアドバイスしかけるも…。

残念、今日も映画デートは、出来なさそうです。

さて、萬平から包装デザインを頼まれた忠彦は、慣れないデザインという仕事に苦戦していました。

鈴(松坂慶子)克子(松下奈緒)タカ(岸井ゆきの)の反応は、冷たいものです。

しかし、頼ってきてくれた萬平をないがしろにできない忠彦と言い合いになってしまいます。

ところが、その時です!

お腹に異変を感じるタカ!

そう、陣痛が来たのです。

予定日より2週間も早い陣痛!

大慌てで救急車を呼び、香田家は、大パニック!

産科に運ばれたタカ、すぐに、茂(瀬戸康史)も駆けつけました。

もちろん、福子も駆けつけます。

分娩室に入って3時間以上、経っています。

不安にかられたその時、分娩室から、赤ちゃんの産声が聞こえてきました!

「産まれた!」

みんな、大喜びで、分娩室に入ります。

産まれてきたのは、元気な男の子です。

うっとりと赤ちゃんを見つめる中、突然、忠彦が開眼しました。

「これぞまさに、新しい生命の誕生…まんぷくラーメンの誕生や!ひらめいた!ひらめいたぞ!」

そう言うや、「うお~!」と、分娩室を飛び出して、アトリエに戻っていく忠彦を、克子たちは、茫然と見送りました。

そして、すぐに完成したデザインを、萬平と福子に見せました。

そのデザインは、とても斬新なものでした。

これまで、色んな大変なことのあった萬平と福子の人生をイメージした『荒波』、それを手に取りやすいポップな色合いで表現した、そのデザインを萬平と福子はすぐに気に入りました。

世良だけは、やや難色を示していますが、「商品棚に置いた時に目立つ。」という、真一の言葉に、ひとまず納得します。

忠彦は、「味付不要、調理不要」という言葉なども入れてくれていました。

そして…、決まっていない会社名の場所には、ひとまず「まんぷく食品」と入れておきました。

萬平と福子は、会社名「まんぷく食品」というのも、気に入りました。

会社名も決定!

遂に量産体制に入ります。

真一は、池田信用組合での最後の仕事として、量産のための融資を掛け合うと言います。

本当に、池田信用組合を辞めることを心配する萬平と福子でしたが、もう真一の決意は揺らぎません。

「僕は、『まんぷく食品』の社員になるんや!」

そして、2週間後。

大量のパッケージが出来上がってきました。

「いよいよ、ラーメンづくりだ!」

「はい!」

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」113話の感想は?

黒猫葵
昨日の真一さんの神妙な面持ちに、不安を感じた視聴者も、一安心…できないですね~(笑)

でも、萬平さんの商才のなさを、どうしても放っておけないんですよね…真一さん。

そして、真一さんの事ですから、好美さんには、きちんと話を通しているでしょう。

勝手には、決めていないはず。

どんどん、真一さんの萬平さんの右腕化が進んでいます。

そして、それは茂が欲しくてほしくてしょうがないのに…茂さん完敗ですね~(笑)

最初は、ひとまず辞めないって言ってたのに…退く道筋をきちんとつけて、最後の大仕事(まんぷく食品への融資)をこなして…

もう、萬平さんに真一さん抜きは、考えられないですね。

正式な社員になるまでは、「給料はいらない。」大事なこと過ぎて、3回も言ってましたね(笑)

そして、ついにドゲザ・セラの登場です!

塩の売り上げちょろまかした後、良い事も一杯してくれたものの、今一つ、信用が回復しなかった世良の土下座に、ちょっとすっきりしましたね!

あとは、最終回までおいたがなければ、真一さんのいう事を聞いてもいいかもしれませんね。

「許してやれ!福ちゃん♪」

福ちゃんじゃないけど許しま~す(笑)

忠彦さんの壇蜜さんモデル問題の意味が回収されました。

写実的ではない抽象的な絵を描き始めたことが、デザインをお願いするきっかけとなり、素敵なデザインになりましたね!

苦戦はしていましたが、タカちゃんの出産とともに閃きましたね!

これぞ産みの苦しみってやつです♪

しかし、閃いた瞬間、忠彦さんも雄たけびを上げていましたね。

昨日、萬平さんが雄たけびを上げ、今日は忠彦さん、まさか…明日は真一さんが雄たけぶんでしょうか(笑)

ちょっとだけ楽しみにしてみます♪

さて、そんな中、小さな恋のメロディに進展が…ありませんでしたね~(笑)

ラーメンの完成で、ついに映画に行けそうだったのに…。

岡と森本のチョイスが残念すぎる(笑)

この恋、来週に続くんですかね~。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」113話のネット上の反応や評価は?

◇まんぷく食品発足!

ドラまる
「まんぷく食品」いいね!

会社にすることで、偽物問題が絶対出てくるはずだから、そういうことに対応できるって真一さんや世良さんは考えたんだよね!

ラマちゃん
やっぱり、萬平さんには、この二人必要なのよね。

そして、たちばな栄養食品の時は、世良をもう少し真一さんも優しく扱ってたけど、すっかり扱い方を学んだ感じが草すぎるわね(笑)

◇真一さん…本当に大丈夫??

ドラまる
好美さんというキャラクターなら、そんな真一さんの願いもばば~んと受け入れてくれてそうだね!
ラマちゃん
そうなってくると、真一さんの再婚相手の女性が、手に職を持っていて、明るくてポジティブすぎる好美さんというキャラクター設定が生きてくるわね!

だからこそ、ここで真一さんが、信用組合を辞めて、手伝いと言い出しても納得いくもの!

本当…『まんぷく』の演出憎いわ~♪

◇ドゲザ・セラ降臨!

ドラまる
これまでのぜ~んぶに土下座だよね(笑)

いや、いいこともしてくれてるんだけどね~

最初の塩の売り上げちょろまかしが、ここまで尾を引くなんて(笑)

当たり前だけどね!

ラマちゃん
それでも、萬平さんと世良が二人で1つというのは、本当に納得がいくわ。

戦後の混乱期を生き抜くのに、黒さは必要だけど、朝ドラヒロインの夫に、その黒さは似つかわしくない。

だから、世良という黒さを引き受けるキャラが必要だったという意見に、すごく共感したわ!

そして、その上で、どこか憎めない。

こんな難しいキャラクターを演じた桐谷健太さんに拍手ね!

◇忠彦さんのデザインが素敵!

ドラまる
忠彦さんの画風チェンジの伏線が、こうして回収されたんだね!

いいデザインだよ~♪

ラマちゃん
タカちゃんの出産と同時に、ひらめく辺りも、忠彦さんらしくてよかったわね!

◇茂さん、タカちゃんおめでとう!

ドラまる
おめでたいね~!

松坂慶子さんがひいおばあちゃんだよ!

ラマちゃん
松下奈緒さんもおばあちゃんだからね!

何は、ともあれ、茂さん、タカちゃん、本当におめでとう!

◇残念過ぎる岡と森本

ドラまる
この恋、じれったいね~(笑)

もう少し、ひっぱるのかな?

ラマちゃん
どちらにしても、もう少し進展には時間がかかりそうね♪

早く何とかしてあげたいところだけど…。

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
あれは、拍手しちゃうよね!
ラマちゃん
一緒に万歳したわよ!

家で(笑)

ドラまる
だからこその、いいバランスなんだね~、
ラマちゃん
すごく腑に落ちたわ!

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナ、言いたかったんだね~!!!

ほんと、捻じ込んでたよ(笑)

ラマちゃん
あさイチもウキウキしてたわね!

あと1か月半、何が起こるのか、楽しみね!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」113話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
パッケージのデザインも完成して、ここから何がおこるのか…。

不安もあり、楽しみもあり…。

ラマちゃん
でも、次週予告では、福ちゃん倒れてたわ…

今週末は、そこで終わるのかしら…。

黒猫葵
今日は、ドントムーブサーズデーでした。

となると、ムーブは、土曜日、来週に続くが濃厚…。

どうなるんでしょうか!!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA