まんぷく|110話ネタバレと感想。 萬平、チキンラーメンまで、あと何歩?【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』110話が2019年2月11日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」110話!

ついに、即席ラーメンの常温保存にまでこぎ着けた萬平さん!

ラマちゃん
完成した即席ラーメンは美味しいのかしら??

さ~今週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」110話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」110話の予告あらすじ

福ちゃんが天ぷらを作る様子を見て、ひらめいた萬平さん。

早速、蒸した麺にスープをかけ、油で揚げると、水分が蒸発したカリカリ麺が完成。

それにお湯をかけた所、麺が柔らかく戻り、食べたら味もおいしい。

これなら常温保存もできそうと、福ちゃんと子供たちは大興奮。

しかし喜ぶ福ちゃんらを尻目に、萬平さんは冷静です。

なぜかダネイホン作りでお世話になった近江谷先生に連絡し…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」110話のネタバレあらすじ

萬平(長谷川博己)のラーメン作りは、難航していました。

生地に味付けするのはやめようと考えた萬平は麺にスープエキスを麺に浸してしみ込ませてみました…。

でも、この方法は、麺の味が濃くなりすぎて、ダメ!

スープエキスにさっとつけるだけで、なんとか食べられるラーメンができたものの…。

今度は、常温保存の方法という壁にぶち当たります。

塩漬けは失敗。

天日干しも陰干しも失敗。

ついには、高野豆腐をヒントに、冷凍と蒸発を繰り返すことで、完全に水分を抜くことを考えましたが…これも失敗。

それでも、萬平は諦めなかったのです。

その夜、福子(安藤サクラ)の親友・敏子(松井玲奈)からのお裾分けの海老とサツマイモを天ぷらにしているところをみた萬平は叫びました。

「これだ!天ぷらだ!福子!」

そういうと、研究所へと駆け出していき、すぐに麺を作り始めました。

驚いた福子も、研究所に駆け付けると萬平が言います。

「あの泡は、何だと思う?てんぷらを揚げるときに出た泡だよ!水分が蒸発してるんだ!」

萬平の、たった3言の説明では、全く理解のできていない福子です。

しかし、萬平には余裕があります。

「福子。火は大丈夫か?」

福子が慌てて駆け付けたことで、てんぷらを揚げている火を心配する余裕さえありました。

天ぷらを揚げる作業を終えた福子は、源(二宮輝生)幸(三宅希空)に夕飯を出すと、自分も研究所に戻っていきました。

海老の天ぷらが、少しだけ焦げてしまったのは、ご愛嬌です。

さて、生地を作り上げ、麺にしていく萬平は、福子にもう少し詳しく説明します。

油の熱で、具材の水分が蒸発していくという現象によって起きるのが、てんぷらを揚げるときに出る泡です。

そして、それで麺を乾かすというのです。

蒸した麺にスープエキスをかけ、油で揚げてみました。

あっという間に、ぱりっぱりに水分が飛んだ麺。

萬平は、お湯につける前に、一欠けら味見をしてみました。

「!?…うまい!」

「え?ほんとに?」

福子も半信半疑で、食べてみます。

「美味しい!お菓子みたい!」

そのままでも、十分すぎるほど美味しい麺!

ここで、遂に本丸のお湯をかけて、2分待ってみることにしました。

見た目は美味しそうなラーメンに戻っています。

そして、その味は…。

「んっ?んっ!?んッ!んっ!美味しい!美味しい!!美味しい!!!美味しいです!萬平さん!」

麺もしっかり戻り、スープには麺を揚げた香ばしさが加わり、それは、美味しい、美味しいラーメンでした!

「源!幸!おいで!」

嬉しくなった福子は、部屋に戻っていた子ども達も呼びました。

子ども達も、一口食べて…

「美味しい!もっと欲しい!」

「美味しい!」

大興奮で、大喜びする福子・源・幸。

ところが…萬平は、また何やら考え込んでいます。

美味しいことは嬉しいのですが、なぜこの方法が上手くいったのかという理屈が、萬平には理解できなかったのです。

「どうしてだ!どうしてできたんだ!」

犬の遠吠えとともに、萬平の悩みは、夜空に響き渡るのでした。

さて、香田家では、吉乃(深川麻衣)茂(瀬戸康史)から、今日の岡(中尾明慶)森本(毎熊克哉)との映画デートの顛末が語られていました。

結果、吉乃が萬平のラーメン作りが面白くて、映画には行かなかった話をします。

「岡さんと森本さん可哀想…。」

タカ(岸井ゆきの)は、呟きます。

しかし、自分のお見合いを進めたい鈴(松坂慶子)は、ご機嫌です。

「映画になんか行かなくていい!」

茂も、岡と森本は、吉乃の相手にどうかと思ってはいましたが、「さすがに、痛々しかった。」と渋い表情を浮かべています。

しかし、吉乃は、「でも、萬平おじちゃんの目がきらっきらしてたんだもん。」と、あっけらかんと笑います。

それを聞くやいなや、「そんな高野豆腐みたいな作り方で、上手くいくわけがない。」と、いつもの調子です。

そんな鈴の言葉に、珍しく意見するのは、忠彦(要潤)です。

画風を変えた忠彦の絵は、当初家族には不評でしたが、今日はタカにも褒められて上機嫌だったのです。

「だんだん好きになってきた、お父さんの絵!」

照れる忠彦に、鈴はぴしゃりと言い返します。

「私は嫌い!意味がわからないもの!あんな絵が売れるとは思えない。それでいいの?克子?タカの子どもも生まれてくるのに。」

しかし、それには茂が反論しました。

「タカの子を養うのは僕です。お義父さんやありません。」

そんな殊勝なことをいう茂ですが、タカにはわかっていました。

本当は、萬平を手伝いたい茂の気持ちが。

もちろん、その気持ちが茂にはあります。

でも、思っていることと、行動に移そうとはしていないという事を、言って聞かせます。

そして、萬平を手伝いという気持ちは、吉乃も、克子(松下奈緒)も、忠彦も、そして身重の今でさえなければタカも、みんな同じ気持ちでした。

そんな中でも、鈴は「私は、ラーメン作りなんて嫌!私は武士のむす…」と、相変わらずの調子なのでした。

その時、香田家の電話が鳴ります!

相手は、萬平でした。

そして、茂への取次ぎをお願いされます。

萬平の用件…。

それは、『ダネイホン』づくりでお世話になった茂の母校・大阪大学の教授・近江谷(小松利昌)に、連絡を取ってほしいというものでした。

それから3日後、福子の家に、大阪大学に近江谷佐吉先生がやってきました。

『ダネイホン』を作っていた時に、『ガマガエル爆発事故』に巻き込まれた、あの先生です。

萬平は、近江谷に、完成したラーメンが出来上がった理由を、科学的に説明してもらいたかったのです。

近江谷は、顕微鏡で出来上がったラーメンを見ると言いました。

「これは!?麺が多孔質化している!」

多孔質化と言われても、ピンとこない萬平と福子でしたが、近江谷は細かく説明をしてくれます。

顕微鏡をのぞくと、麺の断面がスポンジのようになっていました。

つまり、油の熱で、麺の水分が蒸発し、麺に空洞ができ、お湯を注ぐと、その穴にお湯がしみていったのです。

だから、麺が戻ったのです。

「いや~しかし、よく油で揚げるなんて思いつきましたね!これは、画期的な発明ですよ!立花さん!」

自分の考えの科学的根拠がわかったことで、大喜びの萬平!

「じゃ~これで完成ですね!萬平さん!」

「完成?」

福子の喜びの言葉に、「?」マークを浮かべる萬平。

「何、言ってるんだよ、福子!これからだよ!」

福子は、不安そうな表情を浮かべます。

福子は、萬平の完璧主義な性格は、よくわかっていました。

でも、福子の収入だけでは、生活費が底を尽き始めていたのでした。

「あ~…どないしよ…。」

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」110話の感想は?

黒猫葵
今週の…それも、こんなド頭でいきなり完成とは…なりませんでしたね~。

ま~確かに、ひとまず、今日完成したのは、『常温保存可能で、お湯をかけたらラーメンになる麺』という段階です。

ここから、もっと美味しく、保管のしやすい形に改良していくことは、必要ではありますね(汗)

でも、ここがゴールだと思ってた福子的には、不安ですよね。

まして、生活費が足りないとなれば…。

でも、完成形が見えてきた今、開発にかかるお金については…。

ここで真打・真一さんの出番では!?

これまでは、雲をつかむような話でしたから、資金援助を受けるのも難しい話でしたけど、今なら…。

いずれにしても、航海で言うなら、ずっと水平線しか見えなかった海に、望遠鏡で覗いたら、島っぽいものが見えてきた位には行けましたかね!

そして、「なんかよくわからないけど、出来た!」ではなくて、「何が要因でできた」のかまで考える姿勢は必要ですよね!

困った福ちゃんのブラックアウトで終わってしまった今日…。

明日以降が心配です。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」110話のネット上の反応や評価は?

◇萬平さんとラーメン

ドラまる
ついに、原型ができたね♪

その科学的根拠もついて…え?まだこれから?

ラマちゃん
萬平さん…ここまで来たら、真一さんをたよるべきだわ!

◇近江谷先生!お久しぶりです!

ドラまる
お久しぶりの近江谷先生だね!

でも、萬平さん、茂さんに連絡をお願いするのに、名前がうっすらって…

ラマちゃん
何で~って思ったけど…でもまぁ、10年以上ぶりくらいなのかしら。

まだバリバリの大阪大学の教授ってことで、嬉しくなったわ!

そんなのりで、塩軍団を再登場させてくれてもいいんですよ?

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
実は、色々上がってくる「まんぷくif」な物語が大好きなんだよね♪

いつも楽しみにしてるんだ~!

ラマちゃん
私も昔、某漫画月刊誌を買ってた頃、好きで読んでたわ~。

それで、まんぷくの記事を描き始めた時に見つけて、すっごい嬉しかったのよね♪

ドラまる
鈴さんすごいなぁ。

しかも、半分くらいは成功した旦那もいるんでしょ?

だって、失敗はしたものの、そのあとも福ちゃんに学をつけさせて、咲姉ちゃん1人の収入でやっていけたってことは、ある程度の蓄えあったんじゃないかな。

ラマちゃん
そうなると、鈴さんは天才ハーレムね(笑)

ドラまる
キャンセルされても、キャンセルされてもめげない鈴さん、すごいね(笑)
ラマちゃん
今日の鈴さんへのスルースキル発動は、しょうがないわね(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」110話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
今日は、祝日だったから、高瀬アナもお休みで、あさイチもお休み。

でも、本当の完成の喜びは、これからだし、その時は、ばっちり受けたり送ったりしてほしいかな!

ラマちゃん
だから、平日にお願いしたいわね(笑)

そして、お金の問題が出てきて頭を抱える福ちゃん…明日が心配ね…。

黒猫葵
ひとまずは、大きな前進がありました。

ここからの展開も楽しみです。

そういえば、福ちゃんこと安藤サクラさんが、旦那様である柄本佑さんと「2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン」で夫婦揃って主演賞受賞というおめでたいニュースも飛び込んできました!

そんな安藤サクラさんの演技を楽しめる、「まんぷく」最高です♪

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA