まんぷく|105話ネタバレと感想。踊り狂う壇蜜先輩と恋に落ちた岡と森本に釘付け! 【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』105話が2019年2月5日(火)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」105話!

モデル問題は、まだまだ拗れそうだね。

ラマちゃん
その間に、即席ラーメンは、また1歩前進してくれるわよね!

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」105話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」105話の予告あらすじ

萬平さんの思いつきで、茹でた麺をさっとスープを漬けたものにお湯をかけたところ、あっさりおいしいラーメンができ、福ちゃんもビックリ。

続いてこのラーメンをどうやって常温保存するのか考えます。

一方、香田家では事件が。

忠彦さんの前でモデルさんがいきなり踊り始め、鈴さんたちは呆然。

どうしたらいいのかわかりません。 

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」105話のネタバレあらすじ

萬平(長谷川博己)の新しいラーメンの麺づくりの試行錯誤は、続きました。

そして、何日かして…。

研究所から、萬平の福子(安藤サクラ)を呼ぶ、大きな声が!

萬平に「食べてみてくれ!」、そう言われて差し出された丼のラーメンは…。

「美味しい!」

一体、どうやって作ったのでしょうか…。

萬平は、味は麺の表面についてさえいれば、お湯をかけた時に、スープのうまみが溶け出し、美味しいラーメンになる事に気が付きました。

「そんな簡単なことだったんですか!!」

福子も、驚きが隠せません。

「これは、1歩どころか、3歩?いや、10歩も20歩も前進です!萬平さん!」

美味しいスープができました。

美味しい麺ができました。

次は、どうやって常温保存するかです…。

福子は、提案しました。

「塩漬けはどうですか?塩漬けしたものは、腐りませんよ?」

…。

それから、数日後、克子(松下奈緒)の家で事件は起こったのです。

今日も来ているモデルの秀子(壇蜜)に、香田家のご婦人方、克子・鈴(松坂慶子)タカ(岸井ゆきの)は、ため息が止まりません。

鈴は、タカのお腹の赤ちゃんが元気に育っていること、夏にはおばあちゃんになる克子を励まします。

「孫は、可愛いわよ~♪」

しかし、今の克子には、逆効果なのでした…。

「余計、イライラしてきた…。」

さて、アトリエの忠彦(要潤)に、秀子は尋ねます。

忠彦の絵の、不思議な色づかいを気にしていました。

忠彦は、自分が戦争で目をやられて、『赤』と『緑』の区別がつかなくなった話、しかし、そこからそれを生かして頑張った話をします。

秀子は、忠彦の話に感心すると、急に立ち上がり、言いました。

「冒険しなくちゃ。先生、色使いだけじゃなくて、絵、そのもの概念をぶち壊すのよ!…退屈だわ、私。」

台所では、克子と鈴が食事の支度をしています。

すると、アトリエから、爆音の音楽が!!!

驚く克子と鈴を呼びに、アトリエを見張っていたタカが慌てて駆け込んできます。

駆けつけた香田家のご婦人方の目に、飛び込んできたのは、アトリエで踊り狂う秀子の姿!

「私を描いて!先生、私を描いて!既成概念をぶち壊すのよ!」

香田家のご婦人方は、あまりの光景に、言葉もなくただただ立ち尽くすばかりなのでした。

一方、その頃、萬平は福子のアイデア『塩漬け』を試していました。

そこに帰ってきた子ども達…。

源は、今日もからかってきた相手と喧嘩をして勝ったと言います。

しかし、そこへ、そのけんか相手の親がしゃしゃり出てきてしまいます。

ちょっとからかっただけなのに、3回も殴って、鼻血を出して泣いて子どもが帰ってきたと文句を言いに来たのです。

福子は、平身低頭に謝り続けました。

相手の親が帰った後、源(二宮輝生)幸(三宅希空)に、ケンカの原因を尋ねます。

子ども達をからかった相手は、源を『ラーメン』、幸を『小ラーメン』とからかったのだというのです。

福子は、今度から、そんなことがあったら、全部自分に言うように諭します。

そして、萬平のラーメンができた暁には、『ラーメン様』と言われ、みんながひれ伏すと励ましますが、子ども達は、「ラーメン様も嫌や~!」と、叫ぶのでした。

さて、そんな日の夕方、白薔薇には、岡(中尾明慶)森本(毎熊克哉)茂(瀬戸康史)の姿が。

スープづくり以来、お手伝いのお声がかからず、しょんぼりしている岡と森本を見て、茂は嬉しそうに笑みがこぼれます。

岡と森本は、ぴ~んと来ます。

茂は、自分が手伝いに行かれないものだから、自分たちが手伝えないのが嬉しいのだろうと怒りだします!

そんな時、店にやってきたのは…タカの妹の吉乃(深川麻衣)です。

偶然の遭遇に驚きながら、白薔薇のマスター・アキラ(加藤雅也)しのぶ(牧瀬里穂)に、吉乃を紹介します。

そして、そこには…突然、言葉少なくなった男が二人…。

吉乃から目を離せなくなっている岡と森本です。

茂は不思議がりますが、アキラとしのぶは、すぐにぴ~んと来て、にやにやと笑うのでした。

さて、萬平の塩漬けラーメンは、一体どんな塩梅でしょうか…。

…。

「あ~…塩辛い!」

萬平と福子は、『即席ラーメン』の保存には、『塩漬け』は適さないを覚えた!

次回へ、続く!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」105話の感想は?

黒猫葵
さて、嫌な話から、先に済ませてしまいましょう!

今日は、源と喧嘩した男の子の親が乗り込んで、文句を言いに来ました。

『ちょっとからかっただけなのに、3回も殴るなんて、どんな教育をしているのか』と。

え~っと…。

何にもしてないのに殴るのだったら、文句を言う筋合いがあると思いますよ?

でも、殴られたくないなら、からかわなかったらいい話では…?

からかうから、殴られたという因果関係が、はっきりしてるなら、『からかわなければ』いいんですよね?

「他人をバカにしてからかうなんて、お宅では、一体、どんな教育をされてるんですか??」

って、全まんぷく視聴者から、特大ブーメランが返してやりたいですね!

あのお母さん、白薔薇でアキラさんとしのぶさんに、撃退されたオバタリアンとは、違いますよね??

違うか…。あとで調べてみましょう。

さ、嫌な話は、ここまで。

まずは、香田家のモデル問題ですかね。

壇蜜さんのダンスが…。

踊りは苦手なんでしょうかね?

あのダンスシーンに、香田家のご婦人方とは別の意味で、立ち尽くしてしまいました。

いや、中々シュールでしたね。

明日には、次週予告で見られた、パッション忠彦さんが見られそうですね。

そして、今日の見どころは、もう、間違いなくあれですよね!

それは、恋に落ちた岡と森本ですよ(笑)

すごく、わかりやすく、恋に落ちていましたね!

しかし、泉大津でタカちゃんが手伝いに来たところ、タカちゃんを「子ども」と言っていた岡と森本…。

最終的に「可愛い」と言っていましたが、その目線は、妹を見る目でした。

そんな岡と森本が、更に年下のタカちゃんの妹に恋をするのだから、面白いものです(笑)

とはいえ、タカちゃんと出会ったのはタカちゃんが16歳の頃、吉乃ちゃんは25歳で出会っています。

まぁ、そこの違いは大きいですよね。

茂さんと岡と森本の年齢感がよくわからないのですが、大体同じくらいの年頃と考えた時に、茂さんが26歳で16歳のタカちゃんに恋をするのと、35歳前後の岡と森本が25歳の吉乃ちゃんに恋をするのでは、まぁ感覚が違いますよね(笑)

でも、この二人は、気づいているのでしょうか…吉乃ちちゃんに結婚を前提にアプローチする場合、茂が『義兄』になることに(笑)

とはいえ、同時に恋に落ちた二人、お互い正々堂々とアプローチするんでしょう。

この恋の行方に、目が離せません!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」105話のネット上の反応や評価は?

◇恋に落ちた岡と森本

ドラまる
ほんと、吉乃ちゃんラバーズいっちょ上がりだね!

すごくわかりやすく恋に落ちているというのに、茂さんが気づいてないのもいいよね(笑)

ラマちゃん
まぁ、すぐ気が付くんだろうけど…。

さて、この一本気な男たちの恋のバトル…茂さんとタカちゃんを不服そうに見つめていただけのタカちゃんラバーズとは違って、正々堂々とアプローチ合戦が見られるかもって思ったら、ちょっと楽しいわね!

恵さんをめぐっての牧先生と野呂さん以来の楽しみ展開だわ!

でも…。

あの恋のバトルを決定づけたのは、野呂さんが、戦争で召集されてしまったことで、余裕を持った牧先生が、ゆっくりと口説き落としたわけだけど…。

そうなると、この時代で同じような状況に持ち込むなら、岡さんと森本さんのどっちがかが、地方支社とか海外への転勤でもないと、決着つかなそうよね…。

でも、どっちかとは、結婚してほしいわ~…。

◇踊り狂う壇蜜パイセンに釘付け!

ドラまる
中々シュールなダンスだね…。

でも、タダのお色気担当で、かき回して、ささっといなくなっちゃうのかと思ってたし…。

意外と、エキセントリックで、動きの少ない萬平さんのラーメン作りをつなぐには、ちょうどいいかもしれないね(笑)

ラマちゃん
壇蜜パイセン、半端ないって…って感じね。

ちなみに2月7日(木)の「あさイチ」に出演されるみたいだから、このあたりのお話聞けるといいわね♪

◇腑に落ちない、子どものいじめ問題…。

ドラまる
手を出しちゃいけない…のかもしれないけど、殴られたくないなら、「からかわなければいい」良かっただけなんだよね。

何にもしてないのに、源ちゃんが殴ったというなら、しょうがないかもしれないけど、自分とこの息子にも非があるのに、しゃしゃってくるのは、違うよね。

ラマちゃん
そのうち、源ちゃんとさっちゃんがからかわれるの見ていて、味方になってくれる大人がいてくれたらいいわね。

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
高瀬アナがさみしいよ!

でも、愛ある朝ドラ送りに応援している視聴者が一杯だよ!

もう少し、話に乗ってくれてもいいのにね。

ラマちゃん
あさイチの和気あいあい加減を、分けてあげたいようね。

明後日のゲストが壇蜜先輩だから、そのあたりの意見が多い感じだったわ。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」105話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
…そういえば、萬平さんのラーメンについて、触れ忘れちゃったよ(笑)

だって、お湯をかけるだけで美味しいラーメンまでは、行ったんだよ!

良かったね!萬平さん!

本当に、忘れていたよ…。

ラマちゃん
そうだったわね。

踊り狂う壇蜜先輩と恋に落ちた岡と森本に、完全に持っていかれていたわね。

黒猫葵
ラーメン作りも忘れずに、応援していますよ!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA