まんぷく|86話ネタバレと感想。萬平も鈴も克子もタカも落ち着いて!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』86話が2019年1月14日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」86話!

ついに自宅と土地を担保にして、織田島制作所への融資を決めてしまった萬平さん。

ラマちゃん
サブタイトルが、もう不穏よね。

今週末には、また再出発って流れを考えると、これから色んな試練が待ち受けていそうね。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」86話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」86話の予告あらすじ

自宅と家財、土地を担保にして、町工場への融資金を確保したいという萬平さん。

福ちゃんはその願いを受け入れ、反対する鈴さんを説得していると、克子姉ちゃんが訪ねてきます。

連日モデルを呼んで、美人画を描く忠彦さんのことが気がかりなようで、福ちゃんは頭が痛くなるばかり。

そんな中、萬平さんの元に、資金援助を受ける銀行から連絡があり…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」86話のネタバレあらすじ

ついに自宅と土地を担保にして融資金を用意たいとお願いする萬平(長谷川博己)

8年前の不当な追徴課税を受け入れさせた時、元の萬平に戻ってほしいとお願いした福子(安藤サクラ)は、不安でいっぱいな心を隠して、それを承諾しました。

それを聞いた真一(大谷亮平)は、驚きます。

そして、鈴(松坂慶子)も納得しているのかと尋ねます。

渋々ながら、納得してくれたと萬平は返します。

しかし、自宅では、「納得してるわけないやない!」と鈴が叫んでいました。

福子は、そんな鈴を落ち着かせます。

鈴は、不安のあまり、「道頓堀の母」に占いで見てもらったと言います。

その時、言われたのは…「雨降って地固まる」でした。

最初に雨が降るということは、悪い事が起こると不安がります。

福子は、その後に地固まるなら、ゆくゆくはいい方向にいくということだろうと窘めます。

更に鈴は言います。

「また言われたわ。萬平さんは大器晩成やって。」

まだこれから大成するという事は、理事長になったことが最終的な成功ではないということです。

福子は、鈴の度が過ぎる心配性を窘め、克子(松下奈緒)のように、少しは楽天家になるよう言いました。

しかし、その時です。

外から、福子と鈴を呼ぶ声が聞こえました。

それは、克子とタカ(岸井ゆきの)でした。

2人は、梅田での買い物時に福引で当てたおもちゃを持ってきたのでした。

そして、話は忠彦(要潤)の美人画の事になりました。

もう3枚も絵を描き、和装→洋装→ノースリーブと、もう10月だというのに、段々と薄着になっていき、絵の雰囲気が「淫ら」になっているとタカは言います。

克子は、口では気にしていないと言い続けますが、完全に気にしています。

しかし、先日は、タカの味方になってくれた鈴も、今は気もそぞろです。

萬平が自宅と土地を担保にしたことで、鈴はもうそちらに頭が一杯でした。

福子は、鈴が余計なことを言わないように、何とか止めようとしますが、克子ももう誰の言葉も耳に入ってきません。

話もそこそこに、現在、家でふたりのはずの忠彦と奈穂美が気になって、帰っていきます。

鈴は、「私の話も聞きなさい!」と叫びますが、克子はそそくさと帰っていきます。

タカは、福子に「お母さんは楽天家だと思ってるかもしれないけど、そんなことはなぃ…」と、慌てて追いかけながら、言い残していきました。

鈴は、頭を抱えて、自室に戻っていきます。

何ともちぐはぐなやり取り、福子は頭が痛くなるばかりなのでした。

その夜、鈴は、源と幸に「アリとキリギリス」を読んであげています。

その日も遅くに帰ってきた萬平です。

明日には、梅田銀行の喜多村(矢柴俊博)が来ると言います。

理事長が家を差し出すという事は、よほど切羽詰まっていると思われるかもしれないと、ため息をつく萬平。

そんな萬平の背中を福子は、不安げに見つめていました。

子ども達の顔だけでもと見に行った萬平でしたが、中から絵本を読み聞かせている鈴の声が聞こえ、萬平は陰で待ちます。

中からは、自宅にある「アリとキリギリス」と学校で聞いた「アリとキリギリス」の話の結末が違うと、源が気にしていました。

鈴が読んであげた絵本の「アリとキリギリス」は、アリがキリギリスを見捨てていました。

学校で読んだ「アリとキリギリス」は、アリがキリギリスを助けてあげたと言うのです。

幸は眠たそうに、どっちでもいいと言いますが、源は気になって仕方がありません。

「本当の『アリとキリギリス』を読んで」とお願いする源ですが、自宅にないものをアレンジするという芸当を持っているはずのない鈴は、「そんなものはない」と、笑いながら突っぱねます。

そして、「理屈っぽい!萬平さんによく似てるわ。」と笑いながら言いました。

萬平は、そんな鈴の言葉を聞いて、嬉しそうに引き返すのでした。

翌日、梅田銀行の喜多村がやってきました。

人払いをして、話し合いが始まります。

喜多村は、険しい表情を浮かべ、池田信用組合で手に入れた担保物件とは何かと尋ねます。

萬平は、自分の家と土地であることを告げます。

驚いた喜多村は、「いい考えではない」と、わなわなしています。

理事長の自宅を担保にしたことがわかれば、池田信用組合の経営はズタボロで、融資計画が杜撰であると判断されると厳しく告げる喜多村です。

萬平は、喜多村を織田島制作所に連れていきました。

完成した万能調理器を見た喜多村は、こんな素晴らしい商品を小さな町工場作ったことに驚き、感動すると、萬平が、何に必死になって資金援助をしてほしいと懇願していたのかを知り、困った表情を浮かべるのでした。

そして、自宅の福子に萬平から電話がかかってきました。

「やったぞ福子!梅田銀行が資金援助をしてくれることになったぞ!」

嬉しそうな萬平の声に、福子も喜びます。

電話を終えた萬平は、喜多村と屋台にいました。

「これからも一緒に頑張っていきましょう!」

笑顔の喜多村と酒を酌み交わす萬平です。

自宅では、福子も嬉しそうな表情を浮かべます。

萬平の夢が叶う。

福子は、そう信じて疑わないのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」86話の感想は?

黒猫葵
喜多村さん、思った以上にちょろすぎましたね(汗)

ここで止めといてくれれば…。

いや~鈴さん、まだ道頓堀の母の占いを信用していたんですね~(笑)

また言われたという「萬平さんは大器晩成」、まだこれから大成するってことは、理事長じゃまだダメってことなのね~っていう鈴さんの表情が、個人的にはツボでした。

何というか、少女のようでしたよ!

そして、雨降って地固まる…

という事は、最終的になんとかなるけど、雨は降るということです。

先々を知ってる視聴者でも、ヤキモキしているのに、何も知らない鈴さんというキャラクターが不安になるのは、当然と言えば、当然です。

もっと些末なことなら、「克子姉ちゃんみたいに楽天家」にってのもわかりますが、今回の件は楽天的でいる場合じゃないですよね~。

むしろ、鈴さんレベルの慎重さが欲しい所だったと思いますぜ、福ちゃん…。

さて、楽天家と言われた克子の方も、問題勃発中です。

いやはや、タカちゃん、どうしてそんなに鈴さんに似ちゃったの?ってくらい、鈴さん化してますね~。

そして、以前なら、こんな話し合いの時は、いなかったタカちゃんが、この話の場にいるという事が、年齢を重ねたんだなぁって思いますね~。

お父さんの絵が「淫ら」になってる!って言う時の言い方が、またジブリのキャラっぽかったですね。

裸問題は、明日辺りやりそうですね…

これは、どう収集つけるんだろう…。

ただ、何となくですが、ふんわりとちょっとドタバタさせて終わる気がします。

というのも、多分ですが、この後、萬平は理事長を失職することになると思います。

その時、これまでは、自分が作ったものがあって、それを売って、ある程度の資産がありましたが、今回は自分では何も作っていませんので、本当に手元に何の資産もない状況になることが考えられます。

しかし、これまでとは違って、克子姉ちゃんの家に行くという事は、子ども達の転校問題なんかもありますので、池田には残るんじゃないかと思っています。

更に、インスタントラーメン開発に少し触れた「てるてる家族」の舞台が池田でしたので、インスタントラーメンを作るのは、池田のはずだからです。

恐らく、何もかも失った時、何だかんだ中小企業たちを助けてあげた萬平さんを助けるべく、敏ちゃんを通じて、小さいながらも住むところは確保できるのかなと思います。

でも、そんな生活を、だいぶ老齢の鈴さんに強いるのは可哀想だったり、もしかしたらタカちゃんのおめでたでひ孫誕生が先に据えていることから、克子姉ちゃんの家で生活をするんじゃないでしょうか。

その時、克子と忠彦がギスギスしてると、それもお願いできませんので、多少は爆発するかもしれませんが、何事もなく終わりそうです。

ん?雨降って地固まるの方は…こっちのことでは?

多分、鈴さんが道頓堀の母に聞いたのは、「娘の婿の今後」でしょうから、真一さん、忠彦さんと萬平さんの事がMIXしてるようなきがしますよ(笑)

さ~どうなることやら…。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」86話のネット上の反応や評価は?

◇万能調理器の資金援助はどうなるか…

ドラまる
確かに…世良が噛んでこないなんて…。

これは、金の匂いがしないということか…。

ラマちゃん
喜多村さんも、リンゴジュースとリンゴのすりおろしだけで懐柔されちゃったわね…。

なぜか惹きつけてしまう萬平さんの人柄が裏目に出た形かしら…。

◇今日の福ちゃん

ドラまる
スゴイよね~…。

何がすごいって、状況状況で、視聴者の見方や感じ方が変わるのに(例えば、鈴さんが可哀想だったり、福ちゃんが可哀想だったり…)、キャラ自体は、一切ぶれてないんだよね。

演出ってすごい…。

ラマちゃん
福ちゃんの妄信的な萬平さんへの信頼が、吉と出るか凶と出るかによって、見方が変わるのよね…。

今回は凶になりそうって、感覚的に思ってるから、鈴さんの心配にシンパシーを感じるのよね…。

あ~ハラハラするわ…。

◇今日の鈴さん

ドラまる
あの、アリとキリギリスの話って、一体何のフラグなんだろう…。

結末が違うっていうのに、何か意味があるのかな…。

ラマちゃん
占いによると、雨降って地固まるんだし、このハラハラが終われば、後は登るだけって信じていいのよね…。

◇今日のタカちゃん

ドラまる
言ってることは、若干幼い気もするけど、この話に混じれるほどには、年齢を重ねたんだね~…。

大げさに話すときが、どうしてもジブリのキャラっぽく見えるんだよね(汗)

ラマちゃん
でも、喜多村さんと話すとき、茂さんがいたのは、何でなのかしら?

早退?

まさかの??

◇朝ドラ受け・送りまとめ

ドラまる
今日は、祝日なので、あさイチの受けはなかったけど、真一さんが受けてくれたね!
ラマちゃん
相変わらずドタバタしてるレミさんの「織田島製作所」発言も面白かったわね(笑)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」86話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
何か、今日が穏やか過ぎて、今週末にとんでもないことが待っている気しかしないよ~…。

不安だな~。

ラマちゃん
福ちゃんが嬉しそう過ぎて、何だかいたたまれないわ…

でも明日は、香田家の問題に焦点が当たりそうな気がするわ…。

あの慌てて帰ったあとに、ヌードデッサンしてるのみちゃうんじゃないかしら…。

黒猫葵
もう、ずっとハラハラし過ぎて、まんぷくになってきましたよ…。

まだ、峠はこれからなんですけどね…。

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA