まんぷく|85話ネタバレと感想。 萬平、自宅を担保に…不安!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』85話が2019年1月12日(土)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」85話!

もう不安ばかりが募る1週間が終わるんだけど…

ほっこりとは言えない雰囲気だね。

ラマちゃん
これは、もう今日、何かが起きるのよね…。

心配だわ…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」85話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」85話の予告あらすじ

ついに万能調理器が完成。

萬平さんも神部さんも感無量です。

しかし量産に向けた融資のメドは立たず、萬平さんは資金を集める方法を考えます。

そこで家に万能調理器を持って帰り、福ちゃんや子どもたちにジューサー機能で作ったリンゴジュースを振る舞います。

初めての経験に喜ぶ福ちゃんたち。

すかさず萬平さんはある相談を切り出すのですが…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」85話のネタバレあらすじ

「うちの金庫に、今、いくらありますか?」

銀行からの融資を打ち切られそうになった萬平(長谷川博己)は、何とか織田島製作所への融資だけでも続けられないか模索します。

明らかに織田島制作に入れ込み過ぎている萬平を真一(大谷亮平)は心配し、福子(安藤サクラ)にも「ほどほどにしてほしい」と話してほしいとお願いするような状況です。

その夜、「もうすぐ終わるよ。」という萬平の言葉に、真一の言葉を切り出せなかった福子は、「良かった。」と、言い聞かせる様に呟くのでした。

翌日、そのことを真一に報告する福子です。

真一も、ひとまずはその福子の言葉を受け止めます。

電話を切った福子が、パーラー白薔薇へ向かう準備を、慌ただしくしていると、鈴(松坂慶子)が、克子(松下奈緒)の家に行くという報告を受けました。

何やらタカ(岸井ゆきの)が相談したいことがあるというのです。

タカが鈴に相談?珍しいと福子は訝しがります。

克子の家では、忠彦(要潤)が、美人画を描くと言い出し、モデルの花村奈穂美(さとうほなみ)が、毎日通ってきていました。

そして、朝の9時から16時まで、お昼ご飯以外は、ずっと2人でアトリエに籠っていると言います。

タカは、そのことを不満に思い、騒いでくれそうな鈴に相談したのです。

しかし、克子は気持ちとは裏腹に、口ではきっぱりと「忠彦は職業画家」なのだからとはねのけます。

その頃、池田信用組合では、真一が萬平に「金庫には、ほとんど現金はない」という事が告げられていました。

新規の融資も追加融資も、しばらくは控えようと説得しますが、織田島制作の名前を出したとたん、強固に反論します。

萬平は、他の銀行にも融資をしてもらえないかと、片っ端からあたりますが、状況は芳しくありません。

萬平が追い詰められていることを、福子は知りませんでした。

何だって、一生懸命頑張れば、絶対に上手くいく。

萬平も福子も、そう信じていたのです。

そして、ついにその日がやってきました。

万能調理器が完成したのです。

萬平と茂(瀬戸康史)の協力なくしては、完成しなかった万能調理器を前に、織田島制作は、深く頭を下げ、お礼を言いました。

萬平も茂も感無量と言った表情です。

しかし、壁がまだありました。

商品化するための資金がありません。

真一も協力し、本当に端から端まで資金協力をお願いしましたが、どこも助けてはくれませんでした。

萬平は、もう一度、母店である梅田銀行にお願いをしてみようと言いますが、そのためには担保が必要になるはずだと言われてしまいます。

その夜、萬平は完成した万能調理器を持ち帰り、家族と一緒にその性能を確かめます。

そして、萬平は福子と鈴に、1つ相談をしました。

それは…。

万能調理器を商品化するための資金を融資してもらうために、自宅と土地を担保に入れたいと言い出したのです。

鈴は、即座に反対します。

さすがの福子も、萬平を窘めます。

織田島制作所への手伝いは、あくまでも「萬平の趣味」と思っていたから、何も言わなかっただけであること。

家や土地まで担保にするなんて、約束が違うと言います。

しかし、萬平は、この万能調理器は、必ず売れるから、家や土地を手放すことにはならないと言いますが、そんなことは信じられません。

真っ向から反対する鈴、あまりの事に言葉が出てこない福子に、萬平は言います。

8年前の、理不尽な追徴課税を受け入れたのは、自分のやりたいことに力を注ごうと思ったからだと。

しかし、思っても見ない巡り合わせで、信用組合の理事長になりました。

もちろん、理事長としての仕事も世の中の役に立ち、人々を笑顔にする仕事だと思っていたから、その事自体に後悔はないと言います。

そのうえで、織田島制作所を手伝って、萬平は気づいたと言います。

「僕が、本当にやりたかったのは、こういうことなんだって。」

萬平は、せっかく完成した人々を笑顔にする商品を、世に出せないまま埋もれさせるなんて、自分には耐えられないと、叫び、福子に頭を下げます。

鈴は、福子に、絶対に許してはいけないと制止します。

福子は、思い出していました。

萬平が、思わずつぶやいた言葉を。

『自分はこんなことしていていいんだろうか。』

『とにかく僕は、世の中の役に立つような仕事がしたい。』

『みんなが喜んでくれるような仕事を。』

8年前、本当の萬平に戻れと言ったのは自分だからと、萬平の願いを聞き入れました。

鈴は、福子の決断に項垂れてしまいます。

「必ず売れる。」

そう言う萬平の言葉を、福子信じることしかできないのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」85話の感想は?

黒猫葵
いやはや、これはなかなか…中々ですよ。

完全に家も土地も取られるフラグが立ちましたね~…。

でも、そうなってこそ、インスタントラーメンに行くんですよね…。

だって、朝ドラ「てるてる家族」では、

こんな感じでしたからね。

今の、理事長スタイルのままの訳がありません。

しかし、はっきりとあんなに公私混同するようでは、萬平さんの理事長職解任は時間の問題ですね…。

自ら辞めるのか、辞めさせられるのかは、今の所、わかりませんが。

さて、源ちゃんと幸ちゃんたちは、物御心つく前は、とんでもない暮らしでしたが、記憶があるうちは、もうこの理事長のご子息とご令嬢として生きてきたわけですから、転落した萬平さんによって、強いられる苦しい生活に耐えられるか…心配です…。

家族にも亀裂が…まぁ、その辺は福ちゃんが何とかしてくれるでしょう。

何だかんだいっても、あと2か月半、10週です。

来週1週間は、家も土地も取られての再出発が描かれることを考えると、その翌週にインスタントラーメンを思いついて…

残り8週…

インスタントラーメン作って、日清食品作って…カップヌードル作って…どこまで行くんですかね~…。

これは、どこまで考えてもわからないので、今日の放送内容に戻りましょう。

タカちゃんが鈴さんに相談したのは、間違いなく鈴さんなら騒ぎ立ててくれると思ったからかなと。

何だかんだ、一番鈴さんに似てますよね(笑)

というか、喋りと動きが完全にジブリのキャラクターみたいでした(笑)

「男は船で女は海って何⁉」の件です。

そして、今週はほとんど出てこなかった敏ちゃんが、福ちゃんを慰めるシーンがありましたね。

さすがに、こんなことになるとはと、責任を感じてしまいそうです。

来襲も、モヤモヤが続きそうですね…。

果たしてどうなるのか…物語も最後の山場に向けて、舵が切られたって感じです。

あ!

忠彦さんの美人画問題も、来週はついにヌードデッサンというところでしょうか…。

こちらも、ドタバタしそうですね…。

池田の辛さを、少し癒してくれるようなコメディタッチの騒動にしておいてほしいものですね。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」85話のネット上の反応や評価は?

◇萬平さんの大暴走

ドラまる
萬平さんは、絶対に売れる根拠を、少しでもかき集めるべきだよね…。
ラマちゃん
そのためにいるんじゃないの?世良って…。

それこそ、一般家庭でもって言ってたけど、省スペースで済むなら、厨房の広くない白薔薇のようなコンパクトなお店の厨房とかにも営業をかけてみるとか。

ひとまずは、受注生産にして様子をみるとか…お商売の知識がない鈴さんと福子に自分の気持ちだけで突っ走って、無理くり納得させちゃって失敗するのよね。

いや、まぁ、萬平さんもある意味お商売の知識ないけどね。

◇福ちゃんの表情が切なすぎる

ドラまる
う~ん。

福ちゃんは、そろそろ「保留」って言葉を覚えた方がいいのではないだろうか。

ラマちゃん
そうね。

混乱した頭で、承諾してしまうのではなく、「少し考えさせて」が言えるようにならなくちゃね。

そのうえで、世良なり、真一なり、牧先生なり、お商売のことわかってる大人に相談する時間を得なくっちゃね。

◇その他、意見・反応まとめ

ドラまる
それは、すごいよくわかるかも…

ほんと、すぐ使わなくなる家電の第1位と言っても過言ではないね。

ラマちゃん
正直、作る面倒を省くより、片付ける面倒を省いたものの方が欲しいのよね…。

私、ボタン一つで淹れたてなコーヒーメーカーじゃなくて、お湯を注ぐドリッパー派なのは、お手入れと片付けが楽だからだもの。

日常で使うって、そういう所な気がするのよね。

ドラまる
克子姉ちゃんの「何で私の所には、出てきてくれへんの?」は、そういうフラグか~。
ラマちゃん
これは、期待できるわね!

ドラまる
タカちゃんと鈴さん、似てきたね~(笑)
ラマちゃん
このタカちゃん、ジブリに出てきそうね!

◇次週予告まとめ

ドラまる
次週予告から、不穏だね~…。
ラマちゃん
敏ちゃんに、不安を漏らす福ちゃんが辛いわね…。

しかも、次週のサブタイトル「あとは登るだけです!」

完全にどん底に転落するってことよね(汗)

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

2018年度NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」第16週のあらすじは?

2019年1月14日(月)~1月19日(土)8時〜放送のドラマ『まんぷく』第16週「あとは登るだけです!」のあらすじをご紹介します

萬平さんは自宅と家財を担保にすることで、万能調理器への追加融資を取り付けました。

でもその直後、不況の影響で梅田銀行からの資金援助が止められてしまいます。

追加融資もストップし、これまでの貸付金の返還までも求められる事態に。

そのうわさが広まると、信用組合にお客さんが押し寄せて、取り付け騒ぎにまで発展。

動揺する福ちゃんたち家族の元には、自宅と家財の差し押さえが!

気丈にふるまう福ちゃんでしたが、内心はボロボロです。

萬平さんは家族、職場、ほれ込んだ万能調理器の危機的状況を乗り切るため、ある決断を…

公式サイトより引用

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」85話のネタバレ有りの感想と第16週のあらすじをご紹介いたしました。

ドラまる
いやはや…最後の山場を前に、穏やかな生活から、大きく舵を切ったね~。

サブタイトルをみても、完全にどん底に行くことがはっきりしてるよ…。

ラマちゃん
敏ちゃんには涙を見せる福ちゃんが切ないわ。

そんななか、香田家の美人画問題も、何だかドタバタしそう!

こっちは、コメディタッチでよろしくってかんじだわ!

黒猫葵
3連休の初日に、モヤモヤを残すなんて…憎いですね~…

でも、これはインスタントラーメンへの布石です!

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA