まんぷく|61話ネタバレと感想。鈴の扱い上手な真一・忠彦・萬平!【NHK朝ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵
2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説・安藤サクラ主演『まんぷく』

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』61話が2018年12月10日(月)に放送されましたね。

ドラまる
「まんぷく」61話!

無事、釈放されて帰ってきた萬平さんたち!

でも、喜んでばかりもいられないみたいだね…。

ラマちゃん
萬平さんは、福ちゃんたちのアドバイスを得て、萬平さんはどんな結論を出すのかしら…。

さ~今日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」61話のネタバレあらすじと感想は?

「まんぷく」61話の予告あらすじ

萬平さんたちが進駐軍から釈放されて帰ってきます。

しかし喜びもつかの間、塩の専売局から取引停止の連絡が。

無実になっても「たちばな塩業」の悪いイメージは払拭できません。

立ち尽くす萬平さんに、福ちゃんは「ダネイホン作りに専念すべき」と提案します。

「他に競合のないダネイホンなら売れる」と考えたのです。

賛否両論の中、萬平さんの出す結論とは…

Yahoo!テレビ番組表より引用

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」61話のネタバレあらすじ

無事に釈放された萬平(長谷川博己)たち、たちばな塩業の社員と世良(桐谷健太)が、帰ってきました!

やっと萬平たちが帰ってきて、福子(安藤サクラ)鈴(松坂慶子)は大喜びです!

翌日の朝ごはんも喜びのごちそうで、みんな大喜びで食べます。

もちろん、進駐軍の牢で出た食事も、決してまずいものではありませんでしたが、それでも、鈴のご飯が一番だと、和気あいあいとしていました。

そんな萬平を見て、福子は「お母さんの扱いが上手くなった。」と笑います。

真一(大谷亮平)も、早くに出勤してきて、仕事ができると嬉しそうです。

しかし、その時、電話がなりました。

その相手は、塩の専売局です。

喜びも束の間、専売局からは、「塩の取引を控える」と言われてしまったのです。

でも、現状として塩づくりは難しい状況でした。

萬平たちがいない間、海岸の鉄板や釜の手入れが行き届かなかったのです。

こんなものはすぐに直せるという萬平に、福子は意を決して提案しました。

「もうお塩づくりはやめませんか?」

福子は、競合のいないダネイホンなら、売れるのではないかと考えたのです。

早速、特別顧問の鈴と経理・営業担当の真一と話し合いを行います。

現状をまとめると…

  • ・塩を作っても、いつ取引再開がされるかわからない状況では、売ることができません。
  • ・塩はよそでも作っている会社があるが、ダネイホンはたちばな塩業のみです。
  • ・塩づくりは天候に左右されますが、ダネイホンは関係ありません。
  • ・塩は、専売局という役所での買い取り額上限がありますが、ダネイホンの価格はこちらで決めることができます。

そんな現状を考えての福子の提案でした。

鈴は真っ向反対、「塩屋の女将なんてまっぴらだ」と言っていたことすら忘れていました。

真一は、現状を考えると、賛成だと言います。

そこへ、釈放を聞いた克子(松下奈緒)忠彦(要潤)タカ(岸井ゆきの)が、飛び込んできました。

嬉しそうに、帰還を喜ぶ3人に、社員全員、身体を壊すこともなかったと報告します。

すると、忠彦は、それはそれでお祝いするとして…と、何かを取り出しました。

それは、以前、鈴が家出した時に、忠彦が書いてあげていた絵でした。

「肖像画ですよ。お義母さん。」

驚く福子たちに、笑いながら顛末を説明する克子とタカを尻目に、鈴はその素敵な肖像画に大喜びです。

萬平や真一も、まるで観音様のようだと褒めると、忠彦もそんな気持ちで書いたと言います。

すっかり、鈴の扱いが上手になった婿たちに、福子や克子は、笑いを堪えています。

鈴は、素直に忠彦に喜びと感謝を伝えました。

ひとしきりの感動を終えると、タカは言いました。

「神部(瀬戸康史)さんは、どこにおるの?」

忠彦は、穏やかな表情から一転、父親の顔を見せるのでした。

タカは、早速神部に、忠彦から結婚の許しが出たことを報告します。

喜ぶ神部は、タカの手を取り、感激しています。

その様子を物陰から見つめる忠彦は、タカの笑顔が見たい一心で言ってしまった事を後悔するような、でも喜ぶタカに今更撤回などできないといった複雑な表情を浮かべるのでした。

その頃、克子から福子にも、その話が伝わっていました。

福子は、鈴の肖像画も吹っ飛ぶ大ニュースに笑いが止まりませんでしたが、まさかの萬平を上回る鈍感さで、タカと神部が想い合っていることに気が付いていなかったのでした。

一方、鈴は、仏壇の咲(内田有紀)に、忠彦に描いてもらった肖像画を、見せて喜びを報告していました。

そこに、真一が、話があると入ってきました。

そして、自分も毎日、咲に話しかけていると言い、本題を伝えました。

「咲なら、こう言うてると思います。『観音様なら、みんなの事を見守ってあげて』って。」と。

塩づくりはやめましょうと、進言しました。

「え?認めてくれた???」

福子の驚きの声をあげます。

真一は、鈴の説得に成功したのです。

あとは、萬平を説得するのみです。

萬平は、その夜、源を寝かしつけながら、塩づくり日々を思い出していました。

部屋に戻ってきた福子に、そのことを話す萬平です。

福子だって、もちろん萬平と同じくらい塩づくりには思い入れがありました。

でも、福子は萬平には「発明家」であってほしかったのでした。

塩を鉄板で作るための装置を開発したのは萬平ですが、塩は昔からあるもので、たくさんの人が作っています。

しかし、「ダネイホン」は、萬平が一から考えて開発した商品です。

今まで世になかった本当の発明品だと、福子は萬平に伝えます。

「辛い思いをしている人は、日本中にいますよ。萬平さん。」

決心した萬平は、翌朝、社員たちに告げました。

「塩づくりは辞めて、ダネイホンの製造販売に専念する。」

ざわつく社員たちに、萬平は更に続けました。

「社名も『たちばな塩業』→『たちばな栄養食品』に変更する。」

それは、萬平たちの新たな門出となるのでした。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」61話の感想は?

黒猫葵
喜びも束の間、塩取引を停止されてしまいましたね…。

ここで、ダネイホンも作ってて、売れててよかったってなるわけですね。

ひとまずは、その門出を応援しましょう!

さてさて、すっかり鈴さんの扱いが上手くなった婿たちが、本当に微笑ましいです。

3ショットで鈴さんを「観音様」という姿に、福子と克子でなくとも笑ってしまいますよね。

あの場にいたら、口を押えて我慢してしまいます(汗)

でも、本当に素敵な肖像画でしたね~…。

そして、ついに神部に結婚話が伝わったわけですが、素直に喜んでくれてよかったですよ(笑)

でも、忠彦の後悔の表情が秀逸でした。

あの、後悔とも、でも今更撤回もできないというジレンマが最高でした。

克子から、その話を聞いた福子が、「え?っていうか、2人はそんな間柄だったの?」に衝撃でした。

産気づいた時の、神部とホノ字3兄弟のケンカの内容は、聞こえてなかったんですね~(笑)

まさかの萬平さんレベルの鈍感さでした。

でも、それで、何となくここまでの、「福子~…いやそれは…違くない?」っていうモヤモヤを生み出してきた本質が見えたような気もしますね。

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」61話のネット上の反応や評価は?

◇鈴さんの扱いが上手になった婿3兄弟(笑)

ドラまる
鈴さんが嬉しそうで何よりだったよね(笑)

本当に上手くなってるよね!

ラマちゃん
咲姉ちゃんも、写真で笑いをこらえてるかもしれないわね(笑)

◇苦悩する忠彦さん

ドラまる
いい後悔の表情だったよ。

でも、このあと順調に2年半が経つとも思えないし…。

ラマちゃん
このことをホノ字3兄弟が知る日はいつ頃来るのかしらね…。

そこも見たいわ。

◇新たな門出

ドラまる
安定はしたものの、売り上げが頭打ちだった塩づくりに見切りをつける、いい塩梅を作るための、逮捕劇だったのかなぁ…。

でも、いい潮時になったのかもね。

ラマちゃん
福子のマネジメント力が、少しずつ開花するのを見守りましょうね!

◇今日の鈴さん

ドラまる
都合の悪い事を、忘れていくのも、ある意味才能だね~。

テレビの前で、「いやいやいや!」って、言っちゃったよ(笑)

ラマちゃん
でも、ある意味お茶目ともいえるのかもしれないわね。

何にしても、上手に扱うという事が、大事なんだなぁって思ったわ。

◇今日の源ちゃん

ドラまる
うん。

いい癒しだったよ!

ラマちゃん
もう源ちゃん、聞き上手ね♪

お父ちゃんや、おじさん達を見習って、鈴さんを癒すのよ(笑)

◇あさイチ・朝ドラ受けまとめ

ドラまる
残念。

でも、西郷どんも、来週最終回だから、しょうがないね(汗)

ラマちゃん
うんうん。

明日に期待しましょう!

2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

朝の連続テレビ小説「まんぷく」はNHKオンデマンドで視聴可能です。

放送当日の正午から配信が開始され、各回2週間無料配信しています!

NHKオンデマンドはこちら

また、朝の連続テレビ小説は、放送回数も充実しています。

地上波放送
  • 【NHK総合】8:00~8:15
  • 【NHK総合】12:45~13:00
BS放送
  • 【BSプレミアム】7:30~7:45
  • 【NHK総合】23:30~23:45

実は、BS放送の方がちょっと早く放送しているんですね!

しかも、割とニュースの青枠が無かったり、放送変更や中止も少ないので、じっくりドラマを楽しみたいという方には、おすすめかもしれません。

またBSプレミアムでは、こんな放送も!

  • 土曜日9:30~11:00は1週間分一挙放送!

忙しいあなたも、割といつでも追いつくことが可能ですので、お楽しみいただければと思います!

※放送時間は、予告なく変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事では、2018年度後期NHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」61話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
たちばな塩業改め、たちばな栄養食品の門出だね!

頑張れ!福ちゃん、萬平さん!

ラマちゃん
まずは、ダネイホンの味改良よね。

ところで、そろそろ、誰か全部混ぜなくてもいいんじゃないかってことに気が付かないのかしら…。

黒猫葵
その辺の改良も描かれるといいですね!

明日も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA